みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/12/02

「恋愛しない」男女別の理由や恋愛事情と海外の反応も紹介

近年「若者の恋愛離れ」などということがあちこちで言われるようになりました。
しかし実際には、現代という時代は若者に限らず昔みたいに男女ともに恋愛にのめらなくっている時代のようです。

ここでは以下に、現代の若者が恋愛しない理由を男女別に掘り下げて考察したり、海外の反応なども紹介していきます。

Large pexels photo 247195renaisinai01
目次

恋愛しない男女が増えている!

現代という時代は、様々な価値観が大きくシフトして違う位相に入りつつある時代とも呼ばれます。
そういった時代の流れの中にあって、恋愛や結婚にに対する人々の考え方も近年大きく移り変わってきています。

大昔は、恋愛するのが当たり前、結婚するのが当たり前、離婚するのは欠陥人格者、というような画一的な決めつけの価値観が世の中を支配していましたが、時代とともに古びて形骸化し、デメリットの方が大きくなり、今ではそのような価値観の人はかなりの高齢層しか残っていないほどです。

当然、時代の風に最も敏感な若者層ではこの価値観のシフトは最も顕著であり、「恋愛しない若者」男女は年々増えて若者では、むしろマジョリティになってきています。

<下に続く>

若い男女の恋愛事情

恋愛しない若者

恋人がいない人の割合

近年においては、「若者の恋愛離れ」というよりも全体的な傾向としては急速な「日本人の恋愛離れ」が明確に見られます。
ブライダル産業は完全に斜陽産業で火の車の経営実態の企業だらけですし、一昔前までは盛況だった「婚活パーティー」などの婚活イベント系も、特に男性の参加者が極端に減る一方で、どこも閑古鳥が鳴いているのが当たり前の有様になっています。

最新の調査によれば、20代の若い男女で、「現在恋人がいる」人の割合は、女性で44%、男性に至っては、30%に留まる結果になっています。
つまり若い20代では、恋人がいない人の割合は、女性で56%、男性で70%ということになります。

完全に「恋愛していない状態」の方がマジョリティですね。

交際を望まない人の割合

このように20代の若者層においては、男女ともに恋人がいない人の方が多数派であり、今では通常の状態になっています。
では、なぜ恋人がいないのでしょうか?

単に本当は恋人がほしい(恋愛がしたい)けどモテないとか、いい相手がいないという理由からでしょうか?
それとも、まったく恋人が欲しくないから作らないだけでしょうか?

20代に調査した最新の結果は驚くべきものです。
「恋人は欲しくない」とか「交際を望まない」と回答した20代の男女は、男性で実に56%、女性でも34%に上りました。

この結果から特に男性はその過半数が、「欲しくないから恋人を作っていない」という理由だということがわかります。

<下に続く>

恋愛しない、その理由は?【女性編】

では、恋愛しない理由をみていきましょう。
恋愛しないのには、以下の8つの理由があります。

  1. めんどくさい・煩わしいから
  2. 一人が気楽で好きだから
  3. 親や家族が大好きだから
  4. 友達がいればいいから
  5. 過去に恋愛でトラウマを負ったから
  6. 恋愛することに消極的だから
  7. 男性を尊敬できないから
  8. 仕事が忙しい・仕事が楽しいから

続いて、女性が恋愛しない理由を、それぞれ詳しくみていきます。

女性が恋愛しない理由①:めんどくさい・煩わしいから

現代の若い女性が恋愛しない理由でも最も多いものが、「めんどくさい」というものです。
恋愛すること以前に、出会いのために割く労力自体がとてもめんどくさい感じたり、付き合う前の恋愛の駆け引きのような心理戦も、煩わしくてしたくない、といった声が多いです。

対人しか存在しなかった昔の社会と違い、今はスマホやパソコン等でネットを通して様々なコミュニティと繋がれる時代です。
対人に労力を割いて苦心するコミュニケーションの仕方、駆け引き自体がめんどくさく感じてしまう時代なのかもしれませんね。

女性が恋愛しない理由②: 一人が気楽で好きだから

現代女性が恋愛しない理由で多い理由の1つに、「一人が好きだから」というものが挙げられます。
近年は、女子一人でも牛丼屋に入ったり、ラーメン屋に入ったりできる女性が増えました。

こういった単独行動が好きなマイペース女子の場合、気楽、気儘に好きな事をやったり好きな場所へ一人で行くことが最も楽しめてストレスになりません。
「群れたがらない女」は、カップルで常に相手に合わせて行動するのはとても疲れるようです。

女性が恋愛しない理由③:親や家族が大好きだから

現代の女性が恋愛しない理由の一つに、「親や家族と一緒にいるのが好きだから」という理由があります。
親と友達みたいに子供の頃から接している近年多く見れる「親ラブ族」は特に女子に多く見られます。

このような女性は、恋人とデートするよりも親や家族で出かける方が楽しいと感じるので、彼氏と行動すると窮屈さだけが強調されて楽しめないのです。

女性が恋愛しない理由④:友達がいればいいから

女性が恋愛しない理由の1つに、とても仲の良い女友達がいるから、彼氏は要らないというものがあります。
特にレズビアンとかいうものではないのですが、一卵性双生児のようにとどこへ行くでも一緒に行動する友達関係の女性はいます。

精神的にとても強い共依存関係にあるパターンです。
このような女性にとっては、その友達がまず対人関係のすべてであり、そこに男性の恋人の入る混む余地は無いのです。

女性が恋愛しない理由⑤:過去に恋愛でトラウマを負ったから

女性に多い恋愛しない理由として、「前の恋愛を引き摺っている」とか「過去の恋愛のトラウマで恋愛したくない」といったものがあります。
これは、過去に死ぬほど好きな男性がいたけど、酷い振られ方をしてまだ未練が残っている、とか、過去の恋愛で浮気されたとか、暴力を受けたとかで、心に傷を負ってしまったパターンなどが挙げられます。

こういった何らかのトラウマを恋愛に関して抱えている女性は、とても次の恋愛をするモードにならないわけです。

女性が恋愛しない理由⑥:恋愛することに消極的だから

女性が恋愛しない理由として多く見られる理由に、恋愛に消極的だから、といったものが挙げられます。
これは、仮に好きな男性ができて片思いで思い続けていても、「振られたら恥ずかしい」とか「告白する勇気が出ない」といった消極的な理由で、自分の中だけで思いを終わらしてしまうパターンです。

これは浅い友達関係の場合には、告白した時点で関係が絶ち切れてしまうのが怖くて消極的になってしまうといった理由です。

女性が恋愛しない理由⑦:男性を尊敬できないから

女性が恋愛しない理由の1つとして、「男性を尊敬できないから」といったものが挙げられます。
この手の女性は、今までにかなり酷かったり質の悪い男性とばかり付き合ってきた経験値からモノを言っている人も多く見られます。

付き合ってみて、男性のだらしなさやダメなところを増幅して学習して、「男は全部ダメな生き物」という価値観が出来上がってしまっている女性です。
このような固定観念ができてしまうと、恋愛することはなかなか難しくなるでしょう。

女性が恋愛しない理由⑧:仕事が忙しい・仕事が楽しいから

これは、男性に最も多く見られる恋愛しない理由なのですが、近年では女性においても多い理由です。
仕事が忙しかったり、キャリアアップして仕事が楽しくてしょうがない、といったものです。

人間、仕事モードの脳になってしまうと、すべて仕事中心に物事を考えたり行動するようになるので、恋愛などは二の次、後回し、って感じになってしまいがちです。
仕事が忙しいだけでなく、面白くてのめりこんだ状態になると、女性でも「男なんてどうでもいいわ」と考えるようになるのでしょう。

<下に続く>

恋愛しない、その理由は?【男性編】

恋愛しない人

では、恋愛しない理由をみていきましょう。
恋愛しないのには、以下の8つの理由があります。

  1. 仕事に夢中・仕事が忙しいから
  2. 一人の時間と空間を邪魔されたくないから
  3. 恋愛自体がめんどくさいから
  4. コスパが悪いから
  5. 恋愛してるぐらいなら趣味の時間に回したいから
  6. 女性に生活や経済を振り回されたくないから
  7. 単純にお金がないから
  8. 恋愛は2次元、性欲は風俗等で事足りるから

続いて、男性が恋愛しない理由を、それぞれ詳しくみていきます。

男性が恋愛しない理由①:仕事に夢中・仕事が忙しいから

男性が恋愛しない理由として挙げるもので一番多いものが、「仕事が忙しいから」というものです。
朝から晩までハードスケジュールで、頭のことも仕事で24時間支配されていると、男性では特にそれ一色の生活になりがちです。

よく男性の脳はシングルタスクで1つのことに熱中すると他が疎かになるといいます。
まさに仕事にのめり込んでいる男性がその状態であり、恋愛するほどの時間やエネルギーがあればより仕事に回したいとか、仕事の為に体調を整えたいと考えるのは普通のことです。

男性が恋愛しない理由②:一人の時間と空間を邪魔されたくないから

男性は女性以上に「自分だけの時間」を大事にする傾向が強いです。
どんなに忙しい中でも、しっかりと自分一人になる時間と空間を欲しがちであり、それがないとストレスフルな生活になってしまいます。

恋愛をすると、何事も恋人のペースに合わせなくてはならなくなったり、自分ひとりの時間も大幅に削られてしまいがちになります。
このことを恋愛との天秤にかけた時、一人の時間を邪魔されるぐらいなら恋愛しなくてもいいや、と考える男性は非常に増加してるのが実情です。

男性が恋愛しない理由③:恋愛自体がめんどくさいから

現代の女性が恋愛しない理由でも上位に入っていた「恋愛自体がめんどくさい」という理由が男性でも多く見受けられます。
やはり、これは現実の対人だけでなく、ネットコミュニティなど人との関わり方が大幅に変わって選択肢も多様になってきた現代だからこそ増えてきた理由なのでしょう。

恋愛における男女のまどろっこしい駆け引きや、対人交渉術のようなものがバカバカしく感じるのが今の時代なのです。

男性が恋愛しない理由④:コスパが悪いから

現代の男性が恋愛をしない理由として多いものに「恋愛はコスパが悪すぎる」といったものがあります。
恋愛は、お金も時間も大量に消費するので、割に合わない、コスパが悪いという意見は若くなればなるほど多くなります。

デートを数回すると、お金が無くなり、借金やカードローンで生活しなければならなくなるのは馬鹿らしいという男性の意見は20代で特に目につきます。

男性が恋愛しない理由⑤:恋愛してるぐらいなら趣味の時間に回したいから

男性が恋愛しない理由として多いものの1つに「趣味に忙しくて恋愛してる暇はないから」というものがあります。
男性は「◯◯マニア」とか「××オタク」と言われるほど、好きな事や趣味に没頭する人は多いです。

このような人は、数少ない休日はすべて趣味に充てたいと考えている人が多く、お金も趣味には糸目を付けずに使いたいと考えています。
結果、恋愛にかける時間もお金もない、余裕がない、という回答になるわけです。

男性が恋愛しない理由⑥:女性に生活や経済を振り回されたくないから

いつの時代でも恋愛は男性の領域ではなくどちらかといえば女性の領域です。
多くの男性はもともとあまり恋愛そのものに熱心ではありません。

まして、男女が付き合い始めると、男性が仕事が忙しくても突然「今会いたい」と言ってきたり、どこかに行きたいとダダをこねたりする男を振り回す女が多いのは世の常です。
一度こういった振り回す女性と付き合ってうんざりした思いをする男性は、それが原因で生活を振り回されるぐらいなら、恋愛しなくていいと考えるようになるわけです。

男性が恋愛しない理由⑦:単純にお金がないから

現代の男性が恋愛しない理由に、「単純にお金がないから」というものがあります。
つまり、恋愛自体はする気はあっても、現実問題としてワーキングプアなどで自分が毎月生活していくのに精いっぱいで、とても恋人を作ってデートをするような費用はない、という切実な理由からです。

日本の労働者は現在、40%以上が非正規雇用であり、ワーキングプアの比率も若い世代になればなるほど大きくなります。
たしかに、衣食住に追われる切迫した経済事情であれば、恋愛どころではないですよね。

男性が恋愛しない理由⑧:恋愛は2次元、性欲は風俗等で事足りるから

現代の若い男性が恋愛しない理由で多いものに、恋愛は二次で十分だし、性欲は風俗やソープなどで自由に処理できるからというものがあります。
二次というのは、二次元、つまりバーチャルな存在ということです。

性欲の方は、いくらでもそういったビジネスは存在していますね。
非常に割り切った合理的な考え方とも言えます。

<下に続く>

「恋愛しない」を貫く方法

では、「恋愛しない」を貫く方法をみていきましょう。
「恋愛しない」を貫く方法には、以下の4つのものがあります。

  1. 恋人がいるフリをしてやり過ごす
  2. 恋愛しない主義を公言してしまう
  3. 告白相手に無理難題を突き付ける
  4. 見た目をダサダサにする

続いて、「恋愛しない」を貫く方法を、それぞれ詳しくみていきます。

恋愛しないを貫く方法①:恋人がいるフリをしてやり過ごす

恋愛をしたくない人が、「恋愛しない」を貫くのにうまい方法とはどのようなものがあるのでしょうか?
最も手っ取り早く有効な方法としては、「恋人がいるフリをする」というものです。

パートナーがいるとわかって口説いてきたり、誘ってきたり、ましてや告白してきたりする人はまずいません。
20代後半以降の男女であれば、ダミーの結婚指輪を常にはめて既婚者のフリをしていれば、余計な誘いもないでしょう。

恋愛しないを貫く方法②:恋愛しない主義を公言してしまう

恋愛したくない人が「恋愛しない」を貫く方法としては、いっそ最初から「私は(僕は)恋愛しない主義だから」と公言してしまうという手もあります。
これは、受け手によっては変人扱いされることもありますが、それでも誘われたり口説かれたり告白されたりというリスクはガクンと減るでしょう。

変な人と思われても、意としない交際をするよりはマシ、と考えている男女にオススメの方法です。

恋愛しないを貫く方法③:告白相手に無理難題を突き付ける

「恋愛しない」を貫く有効な方法としては、告白してきたり誘ってきた相手に対して、無理難題や高いハードルを突き付けるといったものがあります。
例えば、誘ってくる男性に「私、年収3000万円以上の男じゃなきゃ付き合わないって決めてるの」とか、告白してきた女性に「俺様の後ろを常に三歩下がって歩き、俺の許可なしに喋りかけないって条件が飲めればいいよ」などといった、無体な無理難題を条件に答えるのです。

このようなリアクションを取れば、それでもいいから付き合ってという人はまずいなくなるでしょう。

恋愛しないを貫く方法④:見た目をダサダサにする

恋愛したくない人は、まずわかりやすく見た目をダサくカッコわるく冴えない風にすれば、モテませんから、恋愛に巻き込まれるリスクもガクンと減ります。
男性なら、ワザと女性の前でシャツインにしたり、ダサダサのカラーベルトにしたり、女性なら、すっぴんを晒したりダサいメガネをしたりといった感じにすれば、勝手にドン引く異性が増えるので、楽に恋愛しなくて済みます。

<下に続く>

恋愛しないに対する海外の反応

日本では特に草食系男子や最近では絶食系男子などといって、恋愛しない若者が激増中ですが、海外ではどうなのでしょうか?
「日本人の若者の恋愛離れ」の記事に対する海外の人々の反応は、意外なことに賛同や共感の方が圧倒的に多く、やはり海外でも若くなれなるほど日本と同じく恋愛離れに共鳴する声が多くなっています。

多く見られる反応としては「欧米でも、文明が発達するとともに、現代では女性は男性を特に必要としなくなっているし、男性も特に女性を必要としていないから、日本も当然の時代の流れだと思う」というものです。
それと、「日本人の場合、調査結果を見ると男女ともに、特に女性が相手の異性に対する年収などの条件の要求水準が高すぎる」といった声が多く見受けられます。

<下に続く>

恋愛しない人生はあり?

現代は、もうそろそろシンギュラリティも起こってきて本格的にAIがあらゆる分野に台頭し、それと同時にあらゆる価値観や人生観自体が大きく揺らいで変わろうとしている時代の渦中にあります。
そういう時代にあっては、例えば一夫一婦制のような結婚制度自体も社会のシステムに全然合致しなくなってきつつあります。

何が正しくて、何が間違っている、かは、法に触れたりしない限りは各々の個人の価値観や人生観に委ねられる時代です。
こういった潮流の中では、大昔の時代ならありえなかった「恋愛しない人生、生き方」といったものも、1つのライフスタイルとして十分アリと言えるでしょう。

<下に続く>

「恋愛しない」に関するまとめ

恋愛しない男女

昨今やたら叫ばれている「日本人の恋愛離れ」をはじめとする「恋愛しない」ことについて、様々な角度から考察を進めてきました。
全てが移り変わろうとしていて、先の全く見通せない時代です。

こういった時代にあっては、古い価値観は形骸化し、多様な価値観の容認が好むと好まざるに関わらず求められるわけです。
恋愛しないというライフスタイルも、現代においては市民権を得ていると言って良いでしょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line