みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/12/02

履歴書で職歴が書ききれない場合はどうする?記入方法や履歴書選びのコツ!

履歴書は就職の必須アイテムです。しかし転職回数が多くて履歴書で職歴が書ききれない場合はどうすればようのでしょうか?職務履歴が多すぎると転職には不利なのでしょうか。職歴が書ききれない場合の記入方法や履歴書選びのコツ、おすすめの履歴書まで一挙にご紹介しましょう。

Large helloquence 51716 unsplash  1
目次

履歴書で職歴が書ききれない時の記入方法 

履歴書持参で面接する人

 
就職する時の必須アイテムが「履歴書」です。
「履歴書」の「履歴」はその人のそれまでの経歴のことです。

履歴書は氏名や年齢、住所、連絡先などの基本情報、そして学歴、職歴や持っている資格、趣味や特技などを書き入れる仕様になっています。

氏名、年齢などの基本情報は誰も同じ程度のボリュームですが、学歴と職歴はその人により記入するボリュームが変わります。
特に職歴に関しては、違いが大きい項目です。

何度も転職を繰り返している場合は記入欄が不足してしまうこともあり得ます。
では、もし記入欄が不足した場合のはどのように対処すればよいのでしょうか。

<下に続く>

履歴書で職歴が書ききれない時は省略してもいい?

履歴書の書き方がわからない人

履歴書で職歴が多すぎて書き入れない場合、職歴を省略してもかまわないのでしょうか。
本来、履歴書には事実に基づいた内容であれば自由に記載してもよいものです。

ただし、当然ですが、全ての項目で正しい内容を書かなくてはいけません。
もしウソを書いた場合、採用後に発覚すれば懲戒の対象になり解雇されてしまいます。

持っていない資格を持っていると書いたり、学歴を詐称したり、悪質だと判断された場合は、もしウソがバレれば私文書偽造などの犯罪になってしまうこともあり得ます。

職歴を偽ることも同様です。
勤めたことが無い会社に勤めていたと書くことはもちろん、勤めていた会社を書かないことも転職回数をごまかすことになり、ウソをついたと解釈されても仕方ありません。

ただし、短期間のアルバイトなどは記載せず、面接時に「短期のアルバイトは省略しています」と申告してもよいでしょう。
しかし、いくら短期間でも正社員とした勤務した経歴を職歴の記載欄が不足するからといって、職歴を省略することはやめましょう。

面接時に時系列で空白の期間の理由を聞かれて、答えざるを得なくなった場合に、隠していたと解釈されて心象が悪くなる可能性があります。

<下に続く>

履歴書で職歴が書ききれない時の対処法  

では、転職を繰り返した場合などで履歴書の職歴が不足する場合にはどどうすればよいのでしょうか。
その対処法をいくつかご紹介しましょう。

  1. 転職用の履歴書を使う
  2. 職務経歴書を作る
  3. 学歴の記載を工夫する
  4. 職業の記載を工夫する

続いて、書ききれない時の対処法を、それぞれ詳しくみていきます。

書ききれない時の対処法①:転職用の履歴書を使う

履歴書には、新卒採用に向けて大学などが作っている様式のものや、一般就職用のJIS規格のものなど、いくつかの種類があります。
その中で、転職回数の多い場合に向けて、職歴の記入欄が広めになっているものがあります。

その分、志望動機や自己PR欄などが狭くなっていますので、短い文章で上手にPRできるように注意するひつようがあります。
できれば、職向経歴書を付けることが望ましいでしょう。

書ききれない時の対処法②:職務履歴書を作る

転職回数が多く、履歴書の職業欄に書ききれない場合、一番のおススメは「職務経歴書」を作成して履歴書と一緒に提出することです。

職務履歴書とは「仕事」にたいする能力、経験、実績、スキルなどを転職先に伝える書類です。
履歴書には会社名・支社名、入社・退社の時期ていどしか記入しませんが、職務履歴にはその会社での部署や職務の内容、取り組んでいたプロジェクトやそこで取得した資格など細かく記入します。

このように職務履歴書を書くことで自分の能力を転職先にPRできる可能性があります。
最近は、職業欄が不足していなくても中途採用者には履歴書に加えて職務履歴書の提出を求められることも多くなっています。

書ききれない時の対処法③:学歴の記載を工夫する

もし、職業欄がほんの数行不足する程度なら「学歴」の記載方法を工夫することで対処できます。
履歴書の学歴の記入には

「○年4月 ○○○高等学校入学」
「○年3月 ○○○高等学校卒業」と記入するので記載欄が最低2行は必要です。

それを
「○年4月 ○○○高等学校入学   ○年3月 同行卒業」と書けば1行で書くことができます。

この書き方で、小・中・高校・大学と工夫すれば、合計4行が省けることになります。
あるいは、小学校の入学・卒業、中学の入学までを省略して中学の卒業からを記入することでもよいでしょう。

小学校の入学・卒業、中学の入学の3行が省略でき、高校、大学を1行で書けば、学歴は合計で3行で済ますことができます。
また、応募する会社から指示がないかぎり最終学歴だけを書いてもかまいません。

書ききれない時の対処法④:職業の記載を工夫する

学歴の工夫と同じ様に、職歴も入社と退社を同じ行に書くことで、記載欄の不足に対応することができます。
ただし転職において、それまでの職歴はとても重要なものです。

転職の場合、学歴で重要視されるのは最終学歴と履修科で、それまでの小・中・高等学校についてはそれほど注視されません。
しかし、職歴については勤務先、職務内容、勤務期間などが直接採用の可否に影響します。

ですから、職務経歴を簡素に書くなら職務経歴を添付することをおすすめします。
ただし、何年も前の学生時代のアルバイト、試用期間で終わった仕事などは省略してもさほど差し支えはないでしょう。

ただし、省略した職歴があることを面接時に事前に伝える方が、誠意が伝わり転職回数の多さを隠していたと思われ、印象を悪くすることも防げます。

<下に続く>

履歴書で職歴が書ききれいほど多いと不利になる?  

履歴書の職業欄が不足した人

履歴書の職歴欄が不足するほど転職が多いことは再就職にはやはり不利になる可能性があります。
終身雇用が当たり前の時代の長かった日本では、やはり転職があまり多いのは歓迎されません。

たとえ、自己都合ではなく勤務先の倒産やリストラであっても同じです。
ひとつの会社で長続きしないと言うことは、忍耐力が無いと見なされる可能性があります。

20代ならアルバイトを含めずに3~4回以上、30代で5~6回以上も転職しているとやはり不利になると考えてよいでしょう。
ただ、一度の就職期間が長く一定のスキルが身についていれば一概に不利になるとは言えません。

転職で得たスキルをちゃんと伝える工夫をしておけばかえって有利になる可能性もあります。

<下に続く>

職歴が多く書ききれない人におすすめの履歴書

転職が多いなどの理由で、履歴書の職歴記載欄が不足する場合の対処法として、転職用の履歴書を使うことがあります。
ここでは、おすすめの履歴書を具体的にご紹介しましょう。

おすすめの履歴書①:A3サイズの履歴書

履歴書には、A4サイズのものもありますが、職歴が多い場合はやはりA3サイズのものを使うことをおすすめします。
A4サイズのものより紙面が広い分、記載欄も多くなります。

コクヨ 履歴書 A4(A3二つ折り) 大型封筒3枚付 3セット シン-5JNX3
366円

おすすめの履歴書②:転職者用履歴書

転職する場合は、やはり転職用の履歴書がおすすめです。
こちらのセットには履歴書を折らずにそのまま入れることができる封筒と、郵送にも対応できる定型封筒の2種類が入っています。

アピカ 転職者用履歴書用紙 SY26 A4(見開きA3) 『 2セット 』
669円

おすすめの履歴書③:自己PR欄の広い履歴書

転職の場合、初めて就職するとき以上に自己PRが必要になります。
転職回数が多いと採用側は人物の資質に、より注視します。

転職するには転職する理由があります。
そしてその転職でどう成長したかをしっかりアピールしましょう。

アピカ 自分を売り込む履歴書 SY36 A4(見開きA3)
545円

おすすめの履歴書④:職務履歴付きの履歴書

やはり転職にはこの職務履歴付きの履歴書が一番のおすすめです。
転職をする時は、職務履歴を付けることはと有利になるでしょう。

職務経歴書で経験・能力をアピールできる!★【日本製】 A4片面 履歴書用紙セット★(転職者用)
279円

<下に続く>

履歴書に書ききれない職歴を武器にする方法

履歴書の書き方に成功

履歴書の職歴欄が足りないほど転職を繰り返していることは、今の日本ではやはりあまり歓迎されないのが現実でしょう。

しかし、履歴書の書き方でネガティブな印象の転職をポジティブなものに変えることは可能です。

そのためには、転職の理由、身に付けたスキルなどを書き入れてしっかり自己PRをすることが必要です。
職務履歴もそのために使えるツールひとつです。

自分の今までの仕事を振り返り、未来を掴むために履歴書をしっかり仕上げていきましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line