みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/12/01

「お世話様です」は失礼?正しい使い方と言われた場合の返し方

「お世話様です」は使う相手や、場所を間違えるとマナー違反となります。
その理由はこの言葉が、有償で仕事を依頼した人へのねぎらいの言葉として使われるからです。

「お世話様です」には「感謝」と「ねぎらい」という二つの意味があります。
心のこもった便利な言葉ですが、使い方には注意が必要です。

ここでは「お世話様です」の正しい使い方と返し方を、例文を基にして紹介してまいります。

Large business 3380350 640  1

「お世話様です」の意味・類語

意味

ピンポーン!
「宅急便です!」

「はい、いつもお世話様です」
これは日常よく使う言葉です。

広辞苑によれば、「世話」とは、人のために尽力することや、人に面倒をかけることを言います。
普段よく使われる「お世話様です」という言葉は、役務を提供してくれた相手に対して使う言葉です。

この言葉の意味は二つあります。
一つは、面倒をみてもらったことへの「感謝」の意味です。

もう一つは尽力してもらったことに対して「労をねぎらう」という意味です。
「お世話様です」と言うフレーズは、役務を提供してもらったことに感謝して、その労をねぎらう言葉でした。

類語

「お世話になります」
この言葉は、感謝の気持ちを伝える丁寧な言葉として、もっとも良く使われています。

感謝を伝える類語としては他に次のようなものがあります。
「ご面倒おかけします」「お手数おかけします」

感謝と言うよりは、労をねぎらうことにウエイトを置くと次のようになります。
「お疲れ様です」「ご苦労様です」

感謝とねぎらいの二つの気持ちのバランスを考えて、このような類語をうまく使い分けてくださいね。

<下に続く>

「お世話様です」は方言?

この言葉は、関東以北でよく使われ、関西では使用頻度が少ないのですが、それでも日常的に使われている会話言葉です。
大阪では何でも略称しますので「お世話様」で切ることが多いです。

大阪では「おおきに」と言う言葉が「お世話様です」の意味で使われているという説があります。
今でも、商売人が客に向かって「まいどおおきに」と使っていますが、若い人はあまり使いません。

「お世話様です」は地域に根ざした方言ではありません。
「お世話様です」は方言ではなくて、話し言葉として全国で使われている常用語でした。

<下に続く>

上司や目上の人に「お世話様です」は失礼?

この言葉は上司や目上の人はもちろん、顧客や得意に対して使うことは失礼に当たります。
その理由は「お世話様です」の持つ二つの意味にあります。

二つの意味とは「感謝」と「ねぎらい」でした。
「感謝」は良いのですが「ねぎらい」とは、本来仕事を頼んだ商売人や、目下の人に対してその労をねぎらう言葉です。

なので、上司や目上の人に使うことはマナー違反です。
「お世話様です」を使うのは、親しい友人や仲間までにしましょう。

<下に続く>

「お世話様です」の正しい使い方と例文

  1. 早い荷物
  2. 内装工事
  3. お祭りの世話役
  4. 飛行機のアテンダント
  5. 同窓会の受付役
  6. 仕事上のパートナー

使い方・例文①:早い荷物

ピンポーン「宅急便です!」
昨日頼んでおいた荷物がさっそく我が家に届きました。

配達の人が大汗をかいて荷物を玄関に運んでくれました。
「お世話様です!こんなに早く荷物届けていただいて、ありがとうございました」

配達の人への一言は「お世話様です」や「ご苦労様です」を用います。
感謝の一言が配達の人を元気にします

使い方・例文②:内装工事

内装工事が一段落してお昼になりました。
「お世話様です。お茶とお茶菓子を用意しましたので、どうぞこちらの部屋でお弁当を召し上がりください」

内装工事や庭仕事を依頼した人には苦労をねぎらって「お世話様です」や「お疲れ様」を使います。

使い方・例文③:お祭りの世話役

夏祭りや町内会の盆踊りではいつも世話をしてくれる人がいます。
家族で出かけたとき、顔を合わせると御挨拶をします。

「今年もお世話様です! 楽しませていただきまーす」
お祭りのときには軽い御挨拶が相応しいのですね。

使い方・例文④:飛行機のアテンダント

飛行機が目的地に到着して、機体の出口に、アテンダントが並んで挨拶をしてくれます。
「ご搭乗ありがとうございました」

大急ぎで去って行く搭乗客が多い中で、一言、挨拶を返す人もいます。
「お世話様でした」

アテンダントの表情が一気にほっこりしてますよ。

使い方・例文⑤:同窓会の受付役

同窓会「お世話様です」

小学校の同窓会の会場受付でのシーンです。
「ギャー!あんた○○ちゃんやんかー、おひさー。受付お世話様でーす」

「ガー!××ちゃんやんか!待て、会費や会費、忘れんうちにまず会費やで」

「お世話様です」を使うことが許される上限の会話でした。
「お世話様です」は親しい友人や仲間に対して、堅苦しくなくお礼を言うのに適した日常用語でした。

使い方・例文⑥:仕事上のパートナー

「お世話様です」は、仕事を共有している仲間であれば、社外のパートナーとして、友達に対するように気軽に使うことが許されます。

「お世話様でした。あなたの同時通訳で大変助かりました」
これは通訳へのお礼とねぎらいの言葉です。

「夜遅くまでお世話様です。お得意との二人きりの会話は疲れます。あなたに同席いただいたおかげで、仕事が進みました」
同席をしてもらった社外の仕事仲間へのお礼の言葉でした。

「計画書の編集お世話様です。良い物に仕上げたいと思っております。ご協力よろしくお願いします」
仕事上のパートナーには、堅苦しい言葉よりも「お世話様です」が仕事をお願いする、 柔らかい雰囲気の言葉になります。

<下に続く>

「お世話様です」「ご苦労様/お疲れ様です」の違い

意味の違い

「お世話様です」には 二つの意味がありました。
一つは、面倒をみてもらった事への「感謝」の意味です。

もう一つは尽力してもらったことに対して「労をねぎらう」という意味です。
「お世話様です」には感謝とねぎらいという二つの気持ちが込められています。

一方で「ご苦労様です」や「お疲れ様です」は「苦労」や「疲れ」に対する「ねぎらい」の気持ちを伝える言葉です。
二つには感謝というニュアンスは強くは含んでいないのです。

このニュアンスの違いが、これらの言葉に、決定的な使い分けを必要とすることになります。

使い分け方

先ほどの配達の例文です。
配達の人が大汗をかいて重い荷物を玄関に運んでくれました。

「お世話様です!こんなに早く荷物届けていただいて、ありがとうございました」
これは早く届いたことへの感謝の気持ちを伝える例文でした。

大汗をかいた労をねぎらうことをメインにしますとこうなります。
「お疲れ様です。こんな重い荷物運んでいただいて、ありがとうございました」

先ほどの内装工事の例文です。
内装工事が一段落しました。

「お世話様です。お茶とお茶菓子を用意しましたので、どうぞこちらの部屋でお弁当を召し上がりください」
これは感謝を伝える例文でした。

工事の苦労をねぎらう気持ちをメインにするとこうなります。
「ご苦労様でした。三時のお茶とお菓子を用意しましたので、どうぞこちらの部屋で一休みしてください」

感謝とねぎらいの両方を伝えたいときには「お世話様です」を使いましょう。
苦労をねぎらいたいときには「お疲れ様です」や「ご苦労様です」を使いましょう。

「ご苦労様です」や「お疲れ様です」は基本的には、報酬を伴う仕事を依頼した相手に使う言葉です。
なので、親しい友人やパートナー仲間に対しても、できれば、使うことは避けた方が良いでしょう。

上から目線ととらえられて、誤解を招きます。

<下に続く>

「お世話様です」「お世話になっております」の使い分け方

 
「お世話様です」には丁寧語の「お」以外、相手を敬う言葉がどこにも含まれていません。
その上、これは略式の会話用語です。

お世話になった上司や得意先にお礼の言葉のつもりで「お世話様です」と言ったとします。
相手の表情が険しくなり、あなたの品格とマナーが問われ、築き上げたリレーションはその一言でお終いになりかねません。

「お世話様です」が使えるのは、仕事を依頼した相手から、親しい友人までです。
最悪は「良く働いていただき、お疲れ様でした」という、ねぎらいの言葉と受け止められるのです。

上司やお得意様には礼儀正しく「お世話になっております」を使いましょう

<下に続く>

「お世話様です」と言われた場合の返し方

「お世話様です」は儀礼的な言葉ですので、必ず答えないといけないというものではありません。
にっこり笑って「どうも」とか「こちらこそ」で良いと思います。

「またよろしくお願いします」と返すのも、商売上手がよく使うセルフです。
ただし、ビジネスでお得意に仕事を収めたときなどに「お世話様です」と丁寧に言われたときは、お返しの言葉が必要です。

「こちらこそお世話になりました」が正攻法の答えです。
「ご満足いただければ良いのですが」

場面に応じた返し方は人それぞれ、その場の雰囲気に合わせて、上手な使い方を考えてくださいね。

<下に続く>

「お世話様です」を使う際の注意点

基本は目上や上司、ましてやお得意には使わないことです。
使うときの注意点は次のようになります。

上から目線にならないように注意しましょう。
お金を払っているときでも、労をねぎらうのには細かい心配りをしましょう。

便利な言葉は諸刃の剣です。
相手の受け止め方次第で人を傷つける刃物になります。

友人など親しい仲にも礼儀ありです。
お礼を言うときは、早口でなく、言葉に心を込めましょう

<下に続く>

「お世話様です」は失礼?正しい使い方と返し方・まとめ

「お世話様です」には二つの意味がありました。
「感謝」と「ねぎらい」です。

「労をねぎらう」のは親しい友人までで、上司や得意先に対してこの言葉を使うのはマナー違反となり、NGでした。

「お世話様です」を丁寧に、敬意を込めて表現すると「お世話になります」になりました。
「お世話になります」と「お世話様です」を上手に使い分けて、良いリレーションを作り上げてくださいね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line