お金のコトをもっと身近に|みんかね

家電は自粛傾向!?ふるさと納税のお礼品でまだお得にパソコンがもらえる自治体

Large pexels photo 59628
目次

ふるさと納税でパソコンがもらえるって本当!?

ふるさと納税は、2008年に交付されて、世間ではもう知らない人がいないぐらい広まっている税制です。
しかし、ふるさと納税をしたことがある人は意外と少ないのです。興味を持たれていても、手続きが面倒だと思われている人も少なくありません。
また、制度自体よくわからない人もいます。

今さら聞けないふるさと納税を簡単に説明しますと、自分の好きな自治体を選んで納税できてお礼をもらえることもある仕組みです。
ネーミングから、自分の生まれ故郷や育った自治体に納税するような感じを受けますが決してそうではありません。

ですので、お礼品を見定めてから寄付する自治体を見つける人が今では大半を占めていて、家族で楽しくお礼品を選ぶことも話題になっています。
また、純粋に生まれ故郷などに寄付する人も当然いらっしゃいます。

もう一つの大きなメリットは、寄付した分だけ税金が差し引かれますので、現住所で納税する金額が減ることです。
収入によって計算しなければいけませんが、寄付した分税金がお安くなって、お礼品をもらえるとってもお得な税制がふるさと納税です。

<下に続く>

ふるさと納税でもらえる意外なもの


ふるさと納税という呼び名ですので、寄付をしてもらえるお礼の品も、ふるさとに関係があるものだと思われがちです。
各自治体の特産品でお米やお肉や魚介類は、その代表的なものです。

自治体によっては、ふるさと納税獲得のために特産品だけでなく創意工夫したお礼品があります。
地域の温泉宿の宿泊券やお食事券で、観光客の増加も図る自治体や自慢の工芸品をお礼品にしている自治体もあります。
ゴルフ場の利用券やスキーチケットなどはユニークですね。静岡県磐田市では、ピアノやギターのほか自転車やバイクまでラインナップしています。

ふるさと納税のお礼の品は、家電・旅行・装飾品・ファッション関係など、今ではあらゆるものをお礼の品として選ぶことができます。
中には、寄付する自治体と全く関係のないものもたくさんあります。
そんなお礼品の中から、人気のパソコンがもらえる自治体やパソコンの機種などまとめてみました。

ふるさと納税でパソコンをもらおう!

ふるさと納税でパソコンがもらえるなんてかなり意外な気がしますが、実際にもらえるのです。
では、どの自治体がどんなパソコンをお礼品としているのかを紹介します。
(2017/3/4現在)

山形県米沢市

「Z-46 Lenovo ThinkPad X260 12.5型 コンパクトモバイルノート スタンダードパッケージ」がもらえます。
寄附金額は、160,000円です。
ここでは、他にも「Lenovo ThinkPad」のシリーズが合計で6種類あります。
寄付の金額は異なりますが、興味のある方は早めに寄付をしたほうがいいでしょう。

また、米沢市ですが「Z-72 NEC LAVIE Direct NS(e)2017年春モデル 15.6型液晶搭載のスタンダードノート」がもらえます。
寄附金額は、180,000円です。他にも「NEC LAVIE」のシリーズが合計で14種類もあります。
寄付の金額は異なりますが、種類が豊富ですので、自分に合ったパソコンを選ぶことができるのが嬉しいポイントです。

長野県喬木村

「EPSON 28-F01 14型ノートPC Endeavor NY2500S」がもらえます。
他にもタブレットを含めて5種類の「Endeavor」シリーズを選ぶことができます。

長野県飯山市

「マウスコンピューター組み立て体験と名前印刷付き14型ノートパソコン」をもらうことができます。
飯山市は、パソコン関係のお礼品が充実して、パソコン本体や周辺機器まで種類豊富です。

現在、確認できた自治体は以上です。
今回、いくつものふるさと納税サイトを調べましたが、パソコンのお礼品を辞めた自治体がいくつかあるみたいなので、。

<下に続く>

ふるさと納税のお礼の品で家電などは縮小傾向!


ふるさと納税は、地方の自治体にとって、税収を増やすことができる優れた手段です。
一方で都市部、特に東京23区などの税収が減るなどの問題が起こっているのも事実です。

自治体によっては、その地方の特産品や名物だけでなく、加工食品やスイーツなども取り入れる自治体も増えています。
また、地元の工芸品などをいかしたファッション関係や雑貨など創意工夫をこらして納税者に喜ばれるよう取り組んでいるところも多くあります。

高額な家電品などに対しては、ふるさと納税の意義から逸脱しているとの批判があり、自治体が自粛し始めている傾向が表れています。
この件につきましては、賛否両論あるのですが、批判される側は萎縮しがちになります。

結果、パソコンを含めた家電品がふるさと納税サイトから姿を消しつつあります。
賛同されている方からすると納得がいかないかもしれませんが、興味を持たれているお礼品は早めにもらっておくほうがおすすめです。
納税者にとって価値があって喜ばれる税制は、残念ながらほとんど見当たりません。
そんな税制の中でふるさと納税は、寄付する側も寄付される側も喜ぶことができる数少ない税制です。
ふるさと納税を楽しく活用しましょう。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事