お金のコトをもっと身近に|みんかね

NISA(小額投資非課税制度)とは。初心者向けにメリットデメリットをわかりやすく解説

Large pexels photo 241544 1
目次

一時期ニュースやCMなどで話題になった、NISA(ニーサ)
NISA(ニーサ)とは、あなたの資産の一部を運用する際に活用できる制度で、期間限定で税制上の優遇を受けることが出来ます

日本では、「お金を運用する」というと言葉に対してあまり良いイメージをお持ちでいない方が多いかと思います。
寧ろ「怪しい」「危険」「健全でない」など負のイメージの方が強い場合もありますが、リスクをしっかり把握することで安全かつ効率的に資産を増やすことが出来ます。
NISAは資産を増やすための手法の一つですが、国税庁のホームページにもしっかり記載されておりますので、全く怪しい制度ではありません。
NISAを正しく理解して資産運用に取り入れましょう。

NISAとは


NISAとは一言でいうと少額投資非課税制度のことを言います。
日本に住んでいる方向けの制度で、決められたルールの中で株・投資信託トレードを行って儲けが出た際、この運用益に対する納税が免除されます。
2014年(平成26年)から2023年(平成35年)まで、10年間口座開設が可能、5年間NISA制度を利用することができます。

通常の一般口座での株取引や投資信託トレードで年間20万円以上の利益を得た場合、所得税(20%=15%+住民税5%)×復興所得税2.1%=20.315%を納税しなくてはなりません。

NISA制度を利用すると、この所得税×復興所得税として納税する20.315%分がお得になるということなのです。

具体的には、NISA口座で上場企業の株式や投資信託を購入して得た配当所得や購入した株や投資信託を売却して得た譲渡所得が非課税の対象となります。譲渡所得とは、株や投資信託を売却して得られた利益のことを言います。

<下に続く>

NISAと従来の株や投資信託(一般口座)の違い

最大のポイントは、上述した税制の違いです。
ほかにもNISAと一般口座はトレードに関するルールが異なりますので、これについては次項のメリット・デメリットにてご説明致します。

NISAのメリットとデメリット

デメリットとしてご紹介している項目も運用スタイルによっては影響を受けずに済むことがありますし、メリットとしてご紹介している項目も同様で、運用スタイル次第では恩恵がない/少ないとなるケースもありますので、NISA制度、ルールをしっかり理解しましょう。

NISAのメリット

所得税なし!NISAの運用益はまるまる儲けとなる

NISA口座でのトレードは、非課税税制が適用されることで運用益がまるまる儲けになる、という点がメリットです。大きな利益が出れば出るほど、その恩恵も大きくなります。
運用益が20万円以下の場合はNISAのみならず一般口座でも非課税となりますので、NISAならではのメリット、ということではなくなります。

確定申告が不要である

一般的な会社員の方で、会社で源泉徴収している方は、NISA制度を利用することで、利益が出た場合でも確定申告をする必要がありません。
確定申告?大したことないのでは?と思わるかも知れませんが、とんでもないです。
確定申告は面倒な手続きがたくさんありますので、自分で確定申告を行うのはなかなか大変です。税理士に依頼すると手数料が掛かってしまいますので、せっかくの利益も目減りしてしまいます。確定申告なし!というのは時間・お金のセーブに直結しますので、有難いルールです。
ただし他に年間20万円以上の雑所得がないこと、年収が2,000万円以下であることなど、確定申告が不要となるにはいくつか条件がありますので別途確認、注意が必要です。

NISAのデメリット

信用取引が出来ない

一般口座は信用取引が出来ますが、NISA口座では信用取引が出来ません。
信用取引とは、
・持っているお金、証拠金以上の取引が出来る「レバレッジを効かせた取引」
・株価が高い時に売り、株価が安い時に買い戻して差額で利益を出す「空売り」
のことを指しますが、NISAではこれが出来ません。

したがって、NISAでは現物株を対象とし、株価が安い時に買い、株価が高い時に売り、その差額で利益を得る取引スタイルとなります。
信用リスクは、現物株の取引よりもハイリスクハイリターンとなることが多いため、
ローリスクローリターンを好む方にとっては、特にデメリットにはなりません。

株・投資信託の買付け上限枠がある


一般口座では、余剰資金、運用資金があれば取引に100万円でも1,000万円でも投入することが出来ますが、NISAは買い付け可能な金額=120万円の上限枠があります。
もっと多くの資金を運用したい方や信用取引をしたい方、トレード回数が多く、延べトレード額が多い方には不向きです。この場合は、一般口座のトレードをメインとしつつ、大きな運用益が出そうなトレードの一部をNISAで行う、など、口座を分けてトレードをする、という方法もあります。

年間120万円の運用と聞くと金額的に少ないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、中期的なスパンで見れば年120万円×5年間=600万円の運用が出来る、という捉え方も出来ます。そもそも株や投資信託で大きなお金を運用するつもりがない方にとってはデメリットになりません。

何度も株や投資信託の「買い」 → 「売り」出来ない

一般口座では取引可能な証拠金の範囲内であれば、好きなだけ株や投資信託を買ったり売ったりすること出来ます。株を購入する場合、その株の金額分が担保として取引可能証拠金から減額されますが、株を売却することで証拠金が復活する形となるため、基本的に延べ投資額に制限がありません。
NISAの場合は何度も株の購入→売却を行うことが出来ません。
FXや株の取引経験者が勘違いしやすいポイントなのですが、NISAは「証拠金120万円の枠内でトレードする」だけでなく、買った株や投資信託の金額が累積されていき、累計購入額が120万円に到達するとその年のNISAの取引は終了となります。

なお、株や投資信託を購入して減額された分のNISA残枠は、同一年内に復活することはありませんが、次の年には再度NISAで年120万円の株や投資信託の購入が出来ます。

確定申告で損失繰越が認められない

株や投資信託、FXなどのすべての取引を通算した時に損失が出た場合、確定申告をすることで損失を3年間繰り越すことが出来ます。つまり損失を出した翌年以降3年間は、利益から損失額を控除することが出来る節税効果あるのですが、NISAのトレードで出た損失を次年度以降に繰り越す手続きをすることが出来ませんので注意が必要です。

損益通算が出来ない


一般口座では損益通算が出来ますが、NISAは損益通算が出来ません。
損益通算とは、株、投資信託、FXなどの為替取引、それらすべてのトレードの結果、損失と利益を一緒に計算することが出来る、という意味です。

例えば、思惑通りに株価が推移し、株のトレードで55万円(年間)の利益を出した一方で、FX(為替取引)では逆行してしまって36万円(年間)の損失を出したとします。

この場合、株の利益とFXの損益を通算(相殺)することが出来るので、
株の利益55万円 ― FXの損失36万円 = 19万円
を年間の利益として確定することが出来ます。

株の利益は課税対象となる20万円を超えて55万円となっておりますが、FXの損失である36万円を株の利益から差し引くことが出来るので、通算すると年間の利益19万円となりまして、納税義務がなくなるのです。
この損益通算がNISA口座には適用されません。

NISAで損失を出し、且つ一般口座やFXなどで利益を出した場合ですが、NISAの損失を一般口座やFXの利益と相殺することが出来ません。そのため、一般口座やFXの利益に対してはまるまる20%の税金がかかってくる、という点がデメリットとなります。

<下に続く>

NISA始めるには

NISAを始めるためには、証券会社でNISA口座を開設し、ネットバンキングや提携ATMなどから余剰資産となる貯蓄や運用資金を証券会社の口座へ入金します。
殆どの証券会社ではインターネットから口座開設手続きが可能です。口座開設に必要な書類は、証券会社によって異なりますが、申し込み申請書など証券会社指定書類のほか、住民票、マイナンバー、本人確認書類(免許書、保険証、パスポートなど)が必要となることが多いです。
(証券会社によってはマイナンバーがあればOKというところもあります)

ジュニアNISAとは

現在はジュニアNISAと言って0歳~19歳の人も口座開設が出来ます。
通常NISAとは異なり、年間80万円まで、8年間株や投資信託の購入が出来ます。
非課税期間は5年間ですが、18歳までは払い出しに制限が入り課税されてしまいますので、小さなお子様名義の口座を開設する際などは注意が必要です。
現在は定期預金をしてもほとんど金利が付きませんので、主にローリスク投資信託商品などでお子様向けの貯蓄をローリスク運用したい方にとってはおススメの制度です。
20歳未満のお子様、親族の人数分、トレード可能な金額が増えるため、もちろん大きくリターンを狙うトレードをすることも出来ます。

<下に続く>

NISA(小額投資非課税制度)とは。初心者向けにメリットデメリットをわかりやすく解説のまとめ

いかがでしたでしょうか?
2017年現在、私たちは超低金利時代に生きています。銀行に普通預金をしていてもお金は全く増えませんし、定期預金をしても超微増といった程度です。
そればかりか、物価は上がる一方、つまりインフレ状態であるわけですから、物価上昇=貨幣価値は下がることを意味しています。
貨幣価値がどんどん下がっているのにも拘わらず、銀行の普通預金へ貯蓄のつもりで長期放置していると知らないうちに損をしていることと同じことになってしまいます。
これに対応するには、インフレに対抗する、つまり、運用して資産を増やしていくほかはありません。

NISAは、投資した株の株価が下がれば元本割れしてしまうというリスクはあるものの、株価が上がれば節税効果も高いことからしっかりリターンが得られます。

NISAは手軽に自分で出来る資産運用の一つです。一般口座との違いをしっかりと理解し、インフレに対抗できるよう資産運用に活用してみてはいかがでしょうか。
株や為替の取引経験がある方は、少額投資と割り切って年間120万円の枠をフルに使い、ハイリスクハイリターンで取引するもよし、初めての方や手堅い運用を好む方はローリスク運用タイプの投資信託で着実に利益を出していくもよし、NISAでしたらあなたの目的にあった取引で節税しながら資産運用できます。

NISA口座を開設する場合は、資料請求や口座開設で現金が貰えるなどキャンペーンがたくさんあります。SBI証券は最大100,000円もらえるキャンペーンが、楽天証券では最大なんと110,000ポイント(1ポイント=1円として楽天市場で買い物できます)もらえるキャンペーンがありますので、是非併せて利用されると良いと思います。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事