みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

Yahoo japanカードのクレジット機能と登録方法とは?

Large credit card 1080074 640

null

クレジットカード、と一言で申し上げても、実はその機能は種類によって全く異なります

クレジットカードがあった方が何かと便利だろうから新しいカードを作ってみようと思っても、どのクレジットカードを作ってもよいという訳ではありません。

もちろん、発行するだけであれば問題はないのですが、しっかりと判断しなければおトクな活用をすることができません。

それぞれの人のライフスタイルや生活環境に応じて適したものを選んだ方が、爆発的にメリットを生みだすことができます。

ということで、今回はいくつも世に溢れているクレジットカードの中で、「Yahoo! japanカード」について、基本スペックから利用法まで、ご紹介してみたいと思います。

Yahoo! japanカードとは?

それぞれのクレジットカードにはそれぞれの特徴がありますが、今回ご紹介するYahoo! japanカードは、その名の通り、Yahoo! japanのサービスを利用するにあたって効果をより発揮することが目的とされています。

ご存じの方も多いでしょうが、Yahoo! japanとソフトバンクは業務提携をしています。ということで、Yahoo! japanのサービスを利用すると、必然的にTポイントを効率的に貯めることが念頭に置かれることになります。

Yahoo! japanカードの特徴ということで、まずは次の三点を挙げることができます。

一つ目が、年会費が永久無料であるということ。クレジットカードに抵抗を感じてしまうポイント、クレジットカードのデメリットとして挙げられがちなポイントがやはり「年会費」でしょう。

買い物などで便利な機能を利用できる反面、毎年一定額を徴収されることには誰しもが抵抗を覚えるでしょう。そんな中、Yahoo! japanカードの年会費は永久無料という強みがあります。

二つ目が、Tポイントをザクザク貯めることができるという点。クレジットカードの利用で貯めることができるのはもちろん、Yahoo! ショッピングなどでの買い物は常に優遇されたポイントレートで、Tポイントを受け取ることができます。

広い使い道が用意されているTポイントをザクザク貯めて、生活に活かすことができるのは大きな特徴と言えるでしょう。

三つ目が、国際ブランドを選択できる、という点です。JCB・VISA・MasterCardの大手三種類から、お好みのブランドを選択することができます。

それぞれのカードによって審査の厳しさが違いますが、例えば海外旅行が多い方はJCBを避けたりするというように、各自のニーズに合わせることができます

せっかく自分の生活スタイルに適したクレジットカードを作ろうと思っても、どうしても国際ブランドで納得できないこともあるでしょう。

Yahoo! japanカードでは、そのようなジレンマが生まれないように、利用者が選択できるように準備が整えられています。

<下に続く>

Tカードやクレジットとしても使えるYahoo! japanカードとは?

概説

Yahoo! japanカードの表面には、それぞれのカードごとにTカードの番号が割り振られています。

この番号がT会員としての意味をもっていますので、Tポイントと提携している店舗で、Tカードと同じようにポイントを貯めたり、利用したりすることができます。

ただし、専用ページでTカードの番号登録や個人情報を登録しておく必要がありますのでお忘れないように。

Tポイントの貯め方・使い方について

まず、Yahoo! japanカードで買い物をしたときのポイント付与の方法についてご紹介しましょう。

第一に、「クレジットポイント」という形で、カードの契約者であるという意味での特典ポイントを獲得することができます。

カードでの支払いをしたのであれば、どの店で利用したとしても、100円につき1ポイントのレートで、Tポイントを獲得することができます。これが根底のサービスです。

そして、ここからがYahoo! japanカードの魅力を発揮する点です。というのも、「クレジットポイント」は場所を選ばずに獲得できるポイントでしたが、Yahoo! ショッピングかLOHACOを利用して買い物をしたときには、さらに特別に「利用ポイント」を獲得することができます。

クレジット会員の特典として、100円につき1ポイントのレートで受けとることができます。

さらに、Yahoo! ショッピングとLOHACOに関しては、ここを利用して買い物をしてくれたことに対するサービスという意味で、さらに「ストアポイント・LOHACOポイント」を付与してくれます。これも、100円につき1ポイントのレートです。

ということで、Yahoo! japanカードでYahoo! ショッピング・LOHACOを利用すると、100円につき3%の還元率で、Tポイントを獲得することができるのです。

しかも、これは特に期間を選びません。ベーシックに3%の還元率が実現されているのです。ネットショッピングが主流となっている昨今、これを活用している方も非常に多いと思われます。

その利用先の中でも、Yahoo! ショッピングはかなり大手でしょうし、利用者も多いはずです。どうせネットショッピングで「家に居ながら買い物ができる」というメリットを享受するのであれば、それに合わせてTポイントもおトクに集めてみてはいかがでしょうか?

Tポイント提携先を利用する

一番わかり易い例を挙げるとするならば、例えばTSUTAYAでの利用が思い浮かぶのではないでしょうか。

もちろん、TSUTAYAの店舗で所定の手続きを行う必要はあるのですが、本人確認などをすることによって、Yahoo! japanカードにTSUTAYAの会員のデータを搭載することができます。これによって、レンタルサービスなどを利用することができます。

他にも、例えばウエルシアではTポイントを貯めることができます。しかも、商品によっては期間限定でかなりおトクに数十ポイントものTポイントの還元が定められている場合があります。

このように、街にはたくさんのTポイント加盟店がありますが、これらの全てのサービスを利用することができるのです。

他のポイントへの交換

Tポイントをザクザク貯めることに特化したカードのはずなのに、Tポイントを使う予定があまりない、と言う方はあまり考えられないのですが、そのような方以外であっても、例えばかなり貯まったTポイントを、他のポイントに還元することによってさらに幅広い利用方法があるとするならば、是非利用してみたくはありませんか?

例えば、SuicaポイントとTポイントは、相互に交換することができます。Tポイント100ポイントにつき85ポイントのSuicaポイントに移行が可能です。

さらに、ジャパンネット銀行を活用することによって、Tポイントを現金に交換することもできます。

ただ、移行の際にはいくらか減殺されることになってしまいますので、そのままTポイントとして活用する先があるのであれば、そちらを優先すべきでしょう。

ただ、かなり貯まったTポイントを現金に還元して、生活の足しにするという利用法まで用意されているのです。

<下に続く>

Yahoo! japanカードの利用状況はウェブ明細に登録すると確認できる?

null

社会の利便化の恩恵をかなり受けている部分ではあるのですが、利用明細や口座の情報などを、逐一送付されてくる明細書で確認する必要はありません。

Yahoo! japanカードの会員であれば、会員専用のオンラインサイトが用意されているので、ここにアクセスすることで全ての情報を随時確認することができます

このように、オンラインサイトで会員情報が管理されているので、利用状況を確認したい場合はもちろん、会員情報を変更したいときにもここから簡単に作業を行うことができます。

加えて、キャッシングを利用したいときや、カード本体を紛失してしまったときの手続きなども、こちらからいつでも申し込むことができます。

特典の案内なども掲載されていますので、積極的にクレジットカードを活用したい方にとっては、こまめにチェックすることができるのでありがたいことでしょう。

<下に続く>

Yahoo! japanカードで利用できる保険・保証とその審査とは?

基本的なこと

クレジットカードを利用するときに気になるのが、ショッピング保険が利用できるのかどうか、という点でしょう。

クレジットカードに貴賤の差を見出すわけではありませんが、やはりハイスペックなクレジットカードほど、このような補償制度などはしっかりしているもの。

年会費が無料のカードでは、どうしてもこういったプラスアルファ的なサービスは期待できないのが通常です。

ところが、Yahoo! japanカードでは、「ショッピングガード保険」というものが利用できます。

もちろん、保険を利用できるにはあれこれと細かい条件を充たす必要があるのですが、基本的にYahoo! japanカードを利用した買い物について、購入した日から90日以内に盗難・偶然の事故などが原因で損害が発生したときに、あらかじめ定められた範囲内で補償が行われることになります。

細かい利用条件や除外ポイントについては、公式ホームページをご参照下さい。該当頁はこちら

しかも、この保険は、いったんは入会した日から1年以内が限度であるとされているのですが、その後は自動継続されるのが原則です。

したがって、Yahoo! japanカードを利用する限り、買い物保険がデフォルトでついてくることになります。ちなみに、年間の最大支払い限度額は1,000,000円までで、国内・海外の異同を問いません。一見メリットが分かりにくいかもしれませんが、実はかなり評価されるべきポイントと考えられます。

プラチナ補償について

Yahoo! japanカードがデフォルトで備えている保険のメリットもかなり大きいのですが、Yahoo! japanカードではさらに補償制度を整えることができます。

月額490円(税抜き)がかかってしまうのですが、その代わりにかなり広い範囲で商品に関連した補償をしてくれることになります。初回申込みの方限定で、初月無料なので一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

こちらも詳細については公式ホームページをご参照頂きたいのですが、特に魅力的なものをご紹介しておきます。

例えば、携帯電話が水没してしまったとき。キャリアの保証がきけばそれで対応可能ですが、そうではなく一定額を支払わなければならないこともあるでしょう。

そのようなとき、支払った金額を補償してくれるのです。また、Yahoo! japanカードで購入した交通手段を利用しているときに事故にあったときに、お見舞金が支払われます。

他にも、海外旅行に関するものや、日常の買い物に関連した内容まで、全18種類の補償制度が整えられています。

公式ホームページの該当頁をご参考に、加入するかどうか、是非ご判断下さい。

<下に続く>

Yahoo! japanカードのその他の便利なクレジット機能とは?

家族カード

他のクレジットカードと同様、Yahoo! japanカードでも家族カードを活用することができます。

一つのご家庭で発行枚数が増えると請求書や支払いが面倒になるのでは?と思われるかもしれませんが、家族カードではそのような面倒はしっかり回避することができます。

それぞれの家族カードの利用料金などは、合わせて本会員の一本化されて請求されますので家計の管理も安心して行うことができます。

それに、付与されるTポイントも分散されることはありません。つまり、家族のそれぞれが利用できることでシチュエーションが拡大するだけではなく、それらの利用分のポイントが全て合算されるので、非常に効率的にポイントライフを堪能することができます。

一応、カードのカラーリングは赤と黒の二種類が展開されているようです。お母さんは赤、お父さんは黒、というように、カラーバリエーションをもたせても面白いかもしれませんね。

家族カードについても、基本的に本会員のカードと同様の方法で使用することができますので、特に不具合はないでしょう。

Yahoo! japanカードを申込むときにあわせて家族カードの申し込みをすることもできますし、後から家族カードが必要になったときに申し込むこともできるのでご安心ください。

ETCカード

今ではほとんどの方が利用しているのではないでしょうか。高速道路を利用するときに、逐一料金所でストップするという煩雑さを避けるために、ETCというサービスが展開されています。

そして、Yahoo! japanカードでも、ETCカードを発行することができます。なお、車載器の搭載は、別途行う必要があるのでご注意下さい。

ETCカードの利用についてはいくつか注意していただきたいポイントがあります。というのも、まずはETCカードを発行するのに、1枚につき500円(税抜き)の年会費がかかるということです。

Yahoo! japanカードでは、5枚までのETCカードを申込むことができるのですが、最大の5枚を発行したときには、合計で2,500円(税抜き)の年会費が要求されることになります。

また、あくまでもETCカードは付属的な意味合いのカードです。つまり、Yahoo! japanカード本体を解約したときには、ETCカードも当然に解約されることになります。

名義変更などの条件が変更されたときにも、この影響を受けるのでご注意下さい。

さらに、ETCの利用に特化したものです。したがって、ショッピング機能・キャッシング機能を利用することはできません。

ヤフオク!を活用!

null

今や日本最大級と言っても過言ではないオークションサイト、それがヤフオク!です。落札専門の方、出品専門の方、どちらも上手に活用する方、さまざまでしょう。実際の店舗で買い物をするのはもちろん良いことでしょうが、どうしても値段の面で融通が利かないでしょう。

あるいはもはや市場で見つけることができないような商品であったとしても、ヤフオクなら、奇跡的に誰かが出品してくれているかもしれません。

このように、画面の向こうにいる誰かと、誰でも簡単に取引をすることができ、自分のニーズに合ったものを、希望の金額で出品することもできるので大変便利なものです。

Yahoo! japanカードをもっていると、このヤフオク!を、便利に活用することができるのです。

まず、ヤフオク!はネットでの取引である以上、しっかりと出品者についての情報が確認されている必要があります。悪質な出品者がいては、オークション全体の信頼に傷がつきかねません。

この対策のために、出品するには原則として本人確認をする必要があります。ところが、Yahoo! japanカードを契約している方は、カードの契約をする段階で、しっかりと本人確認がとれています。

ここから、いちいち本人確認をするまでもなく、気軽にオークションで出品することができるのです。

さらに、オークションで「Yahoo! かんたん決済」の方法で落札したときには、代金をカードで支払うと、しっかりとTポイントを獲得することができます。

オークションでもTポイントが貯まる。落札価格に満足しきれなかったとしても、Tポイントで還元されるのなら満足できてしまうことがあるかもしれませんね。

ちなみに、オークションで落札した商品についても補償制度が整っています。しかも、オークションでは中古品も多く出回っていますが、この中古品の補償までしてくれるのです。

安心してヤフオク!を利用できるのはもちろんですが、カード全般に対する安心感も生まれてきませんか?

<下に続く>

Yahoo! japanカードは海外でもクレジットが使えるの?

国内での使い方

ネットショッピングやオークションでポイントを貯めることができるだけでもかなりありがたい話ですが、どうせTポイントを貯めるのであれば、更におトクな活用をしてみましょう。

例えば、水道代などの公共料金の支払いについて。口座から引き落としをしている方が多いでしょう。ところが、Yahoo! japanカードでこれを支払うと、なんと公共料金の支払いにも、その代金の1%につき、Tポイントが還元されるのです。

さらに、例えば自動車税などは分かり易いでしょうが、これをYahoo! japanカードで支払うと、Tポイントが付与されます。

税金にもTポイントがつくというのは不思議な気もしないではありませんが、クレジットカードの利用という意味では他のショッピングと同じとして扱ってくれるようです。固定資産税・住民税などについても同様の扱いがされます。

ちなみに、今はやりのふるさと納税についても、Yahoo! japanカードならTポイントの対象となります。特典が豪華なふるさと納税の更なる特典として、Tポイントをご検討してはいかがでしょうか。

このように、ショッピングやオークションという利用法は、どうしても利用が偏りがちになってしまいますし、結局「贅沢」の部類に入る利用法でしょう。

これに対して、公共料金などの支払いというものは、どうしても避けることができないもの。

そして、普通に支払っているだけでは減額などされないのが当たり前ですが、Yahoo! japanカードを活用するとこれを実質的に割り引くことができるのです。

それならば、毎月確実にTポイントが増えていく上に、家計にも優しいこの手段をどうして利用しない手があるでしょうか。

海外での使い方

国際ブランドを選択できることからも明らかなように、メインどころのブランドは利用できますので、海外での買い物にももってこいです。

ただ、支払方法は「1回払い」もしくは「リボ払い」の二種類のみで、分割での支払いは認められていません。

指定がなければ1回払いが選択されるのですが、カードを発行するときに自動リボを登録している方はリボ払いになってしまいます。

リボについては所論ありうるところですが、手数料がかかってくることになりますので、計画的な利用を心掛けるようにしましょう。

また、海外でATMを利用することも、現地通貨をキャッシングすることも可能です。いちいち現金を持ち歩かなくても、安心して旅行を堪能することができます。

<下に続く>

Yahoo japanカードのクレジット機能と登録方法とは?のまとめ

このように、非常に有能な「Tポイント」を貯めることに特化したYahoo! japanカード。

Tポイントを貯めることができるという分かり易いポイントに目が行きがちですが、実はそれ以上に、クレジットカードとしての魅力が溢れていることに気付いていただけたでしょうか?

このようなクレジットカードですが、紛失してしまったり盗難にあった場合には、すぐに対応するようにしましょう。暗証番号がわからなければ使われる恐れはあまりない、というような悠長なことは言ってられません。

クレジットカードは個人情報の集約されたものです。情報の管理はしっかりとするよう心がけましょう。

国内の紛失の場合→0120-71-5971

海外の紛失の場合→81-92-474-9195

これが窓口の電話番号ですので、どこかにメモしておくなど、迅速な対応がとれるようにして置いてください。

暗証番号をわすれたときでも、24時間照会することができます。

暗証番号問い合わせ→0570-058200

また、Yahoo! japanカード特有の問題として、Yahoo! japanの登録IDを失念してしまうことがあるでしょう。

これを忘れてしまうと、会員ページにアクセスすることができなかったり、ヤフオクなどの活用ができなくなってしまいます。このようなときには、「ログインできない場合のお手続き」のページから自分のIDを検索することができますのでご安心ください。

Yahooのクレジットカードだから気楽に作れる、という認識で凭れる方も多いと思います。もちろん、そういった敷居の低さというものがある意味において人気の秘密であると言うこともできるでしょう。

だからこそ、どうしても意識がいかない方も多いのですが、あくまでもクレジットカードですので、しっかりとした管理をすることを忘れないようにしてください。

そして、その上で、Tポイントをどんどん貯めて、生活におトク感をプラスしてみてはいかがでしょうか。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line