みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

クレジットカードの比較で重要なポイント還元率の見方を解説!

Large money card business pocket 51122credit01

クレジットカードのポイント付与率とポイント還元率の違いとは?

null

クレジットカードの新規入会案内などでよくこんな文言を見ませんか?

「利用額100円に付き1ポイント!」

「ああ、それがポイント還元率でしょ」という人がよくいますが、実際はこれは間違いです。
この××円につき~ポイント付与されるというものは、「ポイント付与率」といい、還元率ではありません。
あくまでも、利用額に対して付与されるポイントの比率を示す数字なのです。

これに対して、ポイント還元率というのは、次のような定義となります。

『ポイントを金券と交換した際に、そのクレジットカード利用額に対して得られる金券の交換比率』

つまり、そのクレジットカードの1ポイントが、金券と交換するときにどれくらいのレートになるかがポイント還元率というわけです。

例えばA社のクレジットカードのポイント付与率は、1000円の利用額につき1ポイントだったとします。
そして、このポイントを金券に交換する際のレートが、1ポイント=5円
だとすれば、このクレカで1000円利用するたびに、5円の金券と交換可能だということになります。

つまり、このクレジットカードのポイント還元率は、

5円÷1000円=0.5%ということになるのです。

一方、B社のクレジットカードのポイント付与率は、100円の利用額につき1ポイントという規定だとして、このポイントを金券に交換するときのレートが、1ポイント=1円だとすれば、このB社のクレジットカードのポイント還元率は、

1円÷100円=1.0%となります。

このポイント還元率は、クレジットカードの利用額が少額のうちは、それほど変わらないように思えますが、利用額が大きくなると、大きな差がつきます。

<下に続く>

ポイント還元率が高いか?安いか?を見極める基準とは?

このように、現代においては、色々な決済やショッピング、飲食店での支払いもクレジットカードで済ます人も増えており、そういった場合には、利用額も年間数十万~100万円超なんて人もザラにいます。

そのように利用額が大きくなれば、ポイント付与もそれなりに多くなり、その際に貯まったポイントを現金化できるポイント還元率の大小はとても大事になってきます。

では、一体、どの程度のポイント還元率であれば、そのクレジットカードは、「高還元率」であるということができるのでしょうか?

一般に、ごく平均的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%だと言われています。

つまりそれを超えるもの、例えばポイント還元率が1%や1.5%のクレジットカードはかなりの高還元率だと言えるわけです。

ですが、これはあくまでも、そのクレジットカードが年会費無料であるか、または、有料であっても、還元した総額から年会費を差っ引いても、十分プラスである場合に限ります。

加えて注意しなくてはならないのは、クレジットカードによってはその入会案内の際に、「ポイント還元率=10%!!」などといった、超高還元率の公告のものがあります。

これらは、実際には、ごく限られた提携ショップのみの還元率であって、その他ほとんどの店においては、還元率は0.5%以下なんてものがほとんどです。

派手な広告文句だけで食いつくのは危険なので気を付けてください。

null

<下に続く>

いくらポイント還元率が高くても結局損をしてしまうクレジットカードもある?

クレジットカードを作る際に、どうしてもポイント還元率の高いものに目が行きがちですよね。

ですが、落とし穴もあります。

せっかく、ポイント還元率が高いクレジットカードを作っても、カード選びには慎重を期さないと、結局は損をするなんて話はざらにあります。

ここでは、以下に、気を付けなくてはならない点について列挙していきます。

1.「ポイントの有効期限」の罠

ポイント還元率の高いクレジットカードでも、まず注意しなくてはならない点は、「ポイントの有効期限が短くないか?」という点です。

カードによっては、僅か1年間で無条件にポイントが失効して0になってしまうカードもあるので要注意です!

ポイント有効期限のない「永久不滅ポイント制」のクレジットカードか、もしくは、1回でも利用したら有効期限が切られないという条件付き無期限のクレジットカードがオススメです。

2.たいして使う機会が無いのに、年会費が高い!

これもトラップになりやすい点です。
年に数回しか利用しない種類のカードで、いくら還元率が非常に高いからといってクレジットカードを作ったとしても、結局は、ポイント還元額-年会費=赤字になってしまっては元も子もありません。

この手のカードは、長く保持すれば保持するほど、累積赤字は多くなり、非常に損します。

3.クレジットカードの決済が「リボ払い専用」になっていないか?

これも、長く使えば使うほど損をするので気を付けてクレジットカードを作らなくてはなりません。

2~3%というような高還元率を謳っているクレジットカードは「リボ払い専用」のカードも多いのが特徴です。

リボ払いは、いくら利用しても、毎月ほぼ一定の支払額返済額なので、とても便利なのですが、その便利さ故にとても大きな落とし穴があります。

知らず知らずのうちに、利用額で獲得したポイント還元額よりも多くの利息をリボ払いによって払っていた、なんてことは、よく起こり得る事態なのです。

リボ払い専用のクレジットカードには注意が肝要です。

4. 貯まったポイントはどのように交換するのが効率的?

クレジットカードを利用してそのたびごとに付与されるポイントが貯まると、様々なものに交換可能になります。

ざっくりと3つに大別すれば、キャッシュバックや電子マネー、マイルなど「現金に近いものに交換する」ケースと、商品券や割引券などの「特定店舗で使えるチケットと交換する」ケース、それに、利用料金や次の年会費に充てる「クレジットカードの支払い用に決済する」に分けられます。

この交換のために必要なポイント数を示す数字を「交換率」といい、クレジットカード利用で付与されたポイントを交換する際には、この交換率のできるだけ高いものに交換するほうが効率的でしょう。

<下に続く>

どんなクレジットカードを選べば、ポイントが貯まりやすいか?

ズバリ、「年間利用額に応じて還元率が上がる」制度を持つクレジットカードを選ぶと、お得です。

このようなシステムは「ポイント優遇サービス」といい、他にも、一定の利用額毎に、ボーナスポイントが付与されるサービスが受けられたりします。

このような、顧客優遇制度を持っているオススメのクレジットカードの具体例を以下に挙げておきます。

・三井住友VISAカード→ボーナスポイント付与サービス。
・JCBカード→一定利用額以上の条件クリアで、最大70%アップ。
・ライフカード→年間利用額に応じて大幅アップ。
・MUFGカード→年間利用額に応じて20~50%のアップ。

以上の4つのクレジットカードは特に優れたお客様優遇制度を持っていてオススメです。

三井住友VISAカードのボーナスポイントはステージに分かれていて、それぞれの買い物累計金額に応じてボーナスポイントが付与されます。

null

<下に続く>

クレジットカードの比較で重要なポイント還元率の見方を解説!のまとめ

クレジットカードのポイント還元率を主題に、どのようにすれば効率的に貯まったポイントを交換できるか?またポイントが貯まりやすいか?などを考察してきました。

いかがだったでしょうか?

せっかく貯めたポイントは有効に活かしたいものですね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line