お金のコトをもっと身近に|みんかね

おつり投資アプリのトラノコとマメタスを比較!手数料や初期費用の違いなど

Large money 2156131 640
目次

おつり投資サービスとは

おつり投資サービスとは、クレジットカードでの支払いの際に生じたおつりに当たる部分の金額を自動で投資してくれるサービスのことを言います。例えば、780円のものを買う際に1000円を出せば220円がおつりになります。実際のクレジット払いではおつりは発生しませんが、1000円で払ったということにして、その220円を自動で投資用の口座に送金し、投資してくれるという仕組みです。

もちろん、投資である以上は期待されるリターンに見合ったリスクを抱えることになります。リスク許容度は人によって違いますが、どの程度のリターンとリスクの運用をするかというのは基本的に選ぶことができるので、安心してください。しかし、どれだけ安定した投資対象に投資したとしても元本割れの可能性はありますのでご注意ください。

下記の記事でその他のおつり投資のサービスも紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。
こんなにも小額で資産運用が?おつりで投資ができるFinTechアプリ

<下に続く>

マメタスとは

null

投資一任型のロボアドバイザーサービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供するウェルスナビ株式会社が始めたおつり投資のサービスです。マメタスはWealthNavi for 住信SBIネット銀行のアカウントでログインし、別会社の家計簿アプリであるMoneytreeと連携し、買い物の明細を取得します。そして、「100円で支払ったおつり」、「500円で支払ったおつり」、「1000円で支払ったおつり」の中から毎月投資するおつりの金額を設定します。

あとは、クレジットカードで買い物をするだけです。また、今後は運用レポートをアプリで確認できるようになるようです。運用はWealthNaviで設定しているポートフォリオで行われます。

現状、マメタスを利用するためには、
1)WealthNavi for 住信SBIネット銀行の口座を持っていて
2)最低投資金額である30万円を入金した上で
3)自動積立の設定をしていること
が必要です。

トラノコとは

null

トラノコとはTORANOTEC株式会社が提供するおつり投資サービスです。セブン銀行やニッセイキャピタルがトラノコのスポンサー企業となっています。投資は5円から可能で、5円以上は1円刻みで投資が可能となっています。

運用はリスクを抑えて債権多めのファンドとなる「小トラ」、バランス重視のため債権に加えて株式にも投資する「中トラ」、リターン重視で株式多めのファンドである「大トラ」の中から選ぶことができます。これらのファンドは原則としていつでも切り替え可能です。

運用は運営会社であるTORANOTECのファンドマネージャーが行います。5円から始められるということでハードルは非常に低いです。しかし、300円の月額利用料があるため、本当に少額で投資を続けていると赤字になってしまう可能性も高いです。現在、最初の3ヶ月は月額利用料無料のキャンペーン中なので、お試しでおつり投資を始めるのもアリです。

また、トラノコには資産形成シミュレーションや、相場の解説をしてくれるウィークリー解説などの投資サポート機能も充実しています。

トラノコは現在web版のみ利用可能ですが、スマホアプリも開発中とのことです。

<下に続く>

マメタスとトラノコの違いを比較

運用方法の違い

WealthNaviはノーベル賞受賞の理論をもとに作られたアルゴリズムを売りに運用をしています。サービス開始2016年1月19日から2017月4月末までの運用実績はリスク許容度3の場合で14%の成長をみせるなど安定していると言えます。

一方で、トラノコの運用は人手によって行われています。現在、運用部長と運用部のファンドマネージャーがファンドを管理しているようです。運用部長は運用経験27年で、日経マネーのファンドマネージャーランキング店頭株部門1位などの受賞実績がある方とのことです。

初期費用の違い

マメタスは最低投資金額30万円が必要です。なぜなら、 WealthNavi for 住信SBIネット銀行で自動積立の設定を行うには、最低投資金額である30万円をWealthNavi for 住信SBIネット銀行の口座に入金している必要があるためです。そのため、いきなり30万円を投資に回すのに気が引けるという投資初心者にとってはハードルが高いかもしれません。

一方で、トラノコは最低投資金額が5円からとなっています。これは今までの投資サービスの中で最安値だと思います。そのため、投資を始めるハードルとしては非常に低くなっています。貯金がなかなかできない人はトラノコを使って強制的に投資に回すことで貯蓄を増やすという手もあるかもしれませんね。

おつりとかではなく、ある程度まとまったお金を簡単に運用したいという方向けにはロボアドバイザーというサービスがあるので、そちらを検討してみるのもいいかもしれません。
おすすめロボアドバイザー比較!AI(人工知能)活用の日本のロボアドで投資信託・資産運用の時代へ

連携している家計簿サービスの違い

マメタスはMoneytreeとの連携のみですが、トラノコはMoneytreeの他にもMoneyForwardとZaimとの連携が可能です。すでに家計簿サービスを使っているという方はそのまま使えるトラノコの方が始めやすいですね。

手数料の違い

マメタスは預り資産の1%年率手数料となっています。ゆえに、最低投資金額30万円から始めたとして、1年で3000円以上の手数料がかかることになります。また、ETF経費が年率0.14%を上限にかかります。

一方で、トラノコは月額300円(税込)の利用料が徴収されます。ゆえに、1年で3600円が必ずかかります。それに加えて、運用報酬が預り資産の0.3%(税抜)と監査費用が年率0.1%(税抜)、ETF売買手数料が年率0.1%(税抜)かかります。さらに、出金する際には出金手数料として300円(税込)がかかります。

トラノコに10万円を投資したとして、年率3%の運用成績をあげたとします。そのとき預り資産は103,000円になり3,000円の含み益になります。しかし、月額手数料だけで3,600円がかかるため、600円の赤字になります。さらに運用報酬やその他の手数料がかかります。そのため、始めるハードル自体は低いものの、利ざやを得るためにはそれなりの金額を投資する必要があります。

手数料の一覧表

サービス 手数料
マメタス 預り資産3000万円まで1%/年
3000万円を超える部分に0.5%
ETF経費0.14%/年上限
トラノコ 運用報酬0.3% 監査費用等0.1%/年上限
ETF売買手数料0.1%/年上限
月額利用料300円
出金手数料300円

おつり投資アプリのトラノコとマメタスを比較!手数料や初期費用の違いなどのまとめ

いかがでしたでしょうか。

おつり投資は投資のハードルを下げるとともに、貯金が苦手な人にとっては嬉しいサービスになりそうです。
投資に興味はあるけど始められていないという方はおつり投資を始めて普段のお買い物で投資をしてみませんか?

Thumb img 0313
written by
慶應義塾大学在学中にモスティープレイスにジョイン。株式のスイングトレードに熱中しています。
関連記事
おすすめ記事