お金のコトをもっと身近に|みんかね

今話題の人気のふるさと納税おすすめサイトを特徴と一緒にご紹介!

Large pexels photo 212932 1 1
目次

ふるさと納税が今人気!

一定額までなら税額控除を受けることができるふるさと納税、税金面でお得なだけでなく自治体によっては返礼品が豪華なこともあり人気ですよね。
普段ご自身では買わない地方の特産品などを返礼品としていただくこともできるので、お取り寄せギフトなどのように楽しむこともできそうです。

更に2015年の税改正により年間で5つの自治体までならふるさと納税をしても確定申告を行わなくてすむワンストップ特例という制度ができました。
確定申告に手間を感じてた方などはこの制度ができたことにより、ふるさと納税がより身近に感じたかもしれません。

<下に続く>

でも実際どこのふるさと納税がいいのか悩む場合も


「ふるさと納税をしてみたい!」と考えても実際、どこの自治体のふるさと納税にするかや支払いや手続きはどうしたらいいのかなど悩んでしまうこともあるかと思われます。
人気のふるさと納税先を手軽に知りたいと考える方もいますよね。
人気の納税先はすぐに定員に達してしまうこともあるので、効率よく探す必要もありそうです。

その場合は、返礼品や地域などから納税先を探すことができ、納税まで行うことができるふるさと納税サイトを利用してみましょう。
納税先を選ぶところから実際に納税をするまで一つのサイト上で行うことができるので手軽です。

また、人気の返礼品ランキングなどの特集を組んでいることもあります。「こんなのがもらえたらいいな~」と見ているだけでも楽しいかもしれません。
今回は人気のふるさと納税サイトをご紹介します。

今回はふるさと納税の人気サイトを4つご紹介!


ふるさと納税サイトといっても複数あります。一体、どれを利用したらいいか迷ってしまうかもしれません。それぞれのサイトに特徴があるので、特徴を理解してご自身に合ったサイトを利用するといいかと思われます。
今回は特に使いやすく人気が高いサイトを4つご紹介します。ご参考ください。

さとふる

ソフトバンクグループが運営しています。
ふるさと納税サイト上で支払いまでしてしまうことを考えると、大手企業の運営サイトで申し込みたいと考える方も多いかもしれません。

さとふるは支払い時にクレジットカードを使用することができますし、サイトもスマホに対応しているので見やすいです。
デメリットがあるとすれば、契約している自治体数が少ないという点かもしれません。

しかし、その分魅力的な納税先を厳選しているともいえるので簡単に自治体を選んで納税をしたいと考えている方には合っているのではないでしょうか。

さとふる

ふるさとチョイス

株式会社トラストバンスという会社が運営しているサイトです。
ふるさとチョイスの特徴は全自治体と契約しているという点です。自分自身の目で納税先を検討したいと考えている方にはオススメかと思われます。

ただ、ふるさとチョイスは2017年3月時点でサイトがスマホに対応していないので、スマホで手軽に納税先を選ぶということはやりにくいかもしれません。
自治体によってはクレジットカードによる納税に対応していないこともあるので注意が必要です。

ふるさとチョイス

わが街ふるさと納税

こちらは株式会社サイネックスという会社が運営しているふるさと納税サイトです。
株式会社サイネックスは官民協働事業のパイオニアとして地域情報を発信してきた会社です。

そのため、ふるさと納税以外にも旅行先の情報、地域の病院や学校情報などもCityDO!というコンテンツで発信しています。
既にCityDO!を利用したことがあるという方には向いているのではないでしょうか。

また、わが街ふるさと納税もふるさとチョイス同様に全自治体と契約を結んでいますので、すべての納税先からご自身の納税する自治体を選ぶことが可能です。
たくさんの選択肢の中から選びたいという方には合っています。

わが街ふるさと納税

ANAのふるさと納税

航空会社であるANAもふるさと納税サイトを運営しています。
ANAのふるさと納税で魅力的なところはなんといっても寄付金額100円につき、1マイルがもらえるところです。

普段からANAでマイルを貯めている方は利用をしてみるといいかもしれません。
契約している自治体はまだ少ないですが今後増えていくことも考えられます。

ANAのふるさと納税のようにサイト利用にメリットがあるサイトもオススメです。
このようなサイトならふるさと納税で税額控除、返礼品、サイト特典と3つも得することができます。

ANAのふるさと納税

ご自身のニーズに合ったサイトを選ぶのが◎

ふるさと納税サイトにはいくつかありますがサイトごとで契約している自治体数やクレジットカードの利用の可否などが違います。またサイトの利用自体に特典がついているふるさと納税サイトもあります。

例えば、全部の自治体から納税先を選びたい場合には全自治体と契約しているふるさとチョイスやわが街ふるさと納税の利用が適しているでしょう。反対に厳選された中から納税先を選びたいという場合にはさとふるなどのような契約数が少ないサイトを選ぶといいでしょう。

またANAのふるさと納税のようにサイトの利用特典で選ぶのも一つの方法です。
ご自身がどのようにふるさと納税をしたいかを考えてニーズにあったサイトを利用するのがオススメです。

<下に続く>

今話題の人気のふるさと納税おすすめサイトを特徴と一緒にご紹介のまとめ


いかがでしたか?
ふるさと納税は一定額までであれば全額寄付金控除を受けることができます。
また、税金面で優遇されているだけではなく、自治体によっては地元の特産品などといった魅力的な返礼品をくれるところもあります。
更に2015年の税改正で年間5つの自治体までならふるさと納税をしても確定申告の手続きが不要になりました。そのため、今までよりも手軽にふるさと納税をできるようになったかと思われます。

今、ふるさと納税を行っている自治体は1,700以上あります。それら一つ一つをご自身で調べるのはかなり大変でしょう。そのような場合はふるさと納税サイトの利用が手軽で便利です。
ふるさと納税サイトは納税先の紹介が掲載されているだけでなくサイト上で納税まで行うことが可能です。人気の納税先が特集されていたりするので通販サイトやカタログギフトを選ぶような感覚でふるさと納税先を選ぶことが可能です。

ふるさと納税サイトはいくつかありますが、契約している自治体数やクレジットカード支払いに対応しているかどうかなどが違います。
ご自身の好みにあったふるさと納税サイトを利用すると良いかと思われます。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事