みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

仮想通貨のICOとは?IPOとの違いやメリット・デメリットを比較!

Large stocksnap gvk5g8bt96  1

ICOとは

null

近年仮想通貨のニュースが飛び交うようになり、ICOについてのニュースも見られるようになりました。

ビットコインなどの仮想通貨は聞いたことがあっても、ICOについては内容を知らないという人も多いです。

ICOとは、Initial coin offeringの略称であり、新規公開株の仮想通貨版だともいわれています。

具体的な内容としては、上場を未だしていない仮想通貨を市場に売り出すことで資金を集めることです。

大まかな仕組みは新規公開株と同じような所が多く、飛躍的に価値があがり高リターンを得ることができる一方、リスクが伴う可能性も高いです。

ICOから有名となった仮想通貨の例

今や仮想通貨の主流となっている「イーサリアム」もICOから資金を調達していました。

そのほかの仮想通貨には、ファクトム、オーガも挙げられます。

<下に続く>

ICOとIPOの違い

大まかな仕組みとしては、ICOと新規公開株(IPO)は似ています。

しかし、ICOと新規公開株の違いとしては、次のような大きな違いが存在するのです。

仮想通貨と株

双方の大きな違いの一つには、対象となる金融商品の違いです。
ICOは仮想通貨が対象となっているのに対し、新規公開株(IPO)は株が対象です。

売り出しの主体

新規公開株(IPO)については、野村證券などの証券会社が幹事として株を売り出し、監査があるのが特徴です。

それに対し、ICOは新規公開株でいう証券会社のような幹事が存在していません

なので、証券会社など特定の金融機関でなく、どんな人でもICOで仮想通貨の資金を調達することができるのです。

明確な基準の存在

新規公開株のIPOに関しては決められた基準があるのに対し、ICOは事業者が自由にルールを作ることが可能です。

<下に続く>

ICOで仮想通貨を買うメリット

仮想通貨はビットコインやイーサリアムのように所定の取引所で売買するよりも、多くのメリットがあります。

認知度の向上

近年は、ICO自体が人気となっています。
なので、ICOを行うというだけでも掲載された仮想通貨は注目されることになります。

直接的に資金を得ることが出来る

株などの証券会社が取引する方法と異なり、直接的に資金を得ることが出来るため、手数料を少なく抑えることができます。

より大きな売却益を得られる可能性が高い

上場する前の価格で購入し、上場後に売ることで売却益を得ることが出来ます。

上場する前の価格であれば、流通する前の価格と比べて割安に購入することが可能なので、より売却益を多く手に入れる可能性が高くなります。

<下に続く>

ICOで仮想通貨を買うデメリット

null

ICOによるメリットが多数あるのに対し、デメリットもあります。

詐欺的な仮想通貨の可能性がある

ICOは、上場をしようと思っているものが掲載されていると考えられています。
その為、上場後の利益拡大を期待して投資家が購入します。

しかし、ICOに記載された仮想通貨の中には、上場されずに消えてしまうものも少なくないのです。

上場されないのは違反ではないのかと思われるかたも多く、騙されたと感じる方も多数存在します。
実際に上場せず削除されたことにより、損害を被った投資家もいらっしゃるのです。

しかし、ICOに関しては明確な規定が決まっているわけではありません。
なので、全てが上場するとは言い切れず、ICOにとりあえず記載だけさせておいて、資金を集めるだけのものもあります。

このような仮想通貨に投資を行わないよう、確実にICOに記載されていれば上場すると思い込まないことが必要です。

<下に続く>

ICOはホワイトペーパーが重要

株取引をすでに行っている人であれば、取引前に決算書などの資料を確認する人も多いです。

それに対し、仮想通貨のICOに関しては、具体的に今後どのように所定の仮想通貨の事業を展開していくのかなどの道筋を記載する文章が作成されています。

その文章のことは、「ホワイトペーパー」と呼ばれており、論文のことを指しています。

ICOに掲載されている仮想通貨にはホワイトペーパーが公開されていますが、日本語のものは非常に少ないのが現状です。

英語、もしくは中国語で作成されたものが多いので、外国語で書かれていて読めないホワイトペーパーに関しては、他サイトなどで翻訳して読むことが必要です。

詐欺的な仮想通貨の見分け方については後程ご紹介しますが、このホワイトペーパーの中身を確認しても、おかしいと思える内容がいくつか発見できるものもあるのです。

<下に続く>

ICOでの詐欺コインの見分け方「仮想通貨の内容を確認する」

どのようなものが詐欺的だとされているのか、その判断指標をまとめました。

仮想通貨のコードが公開されていない

仮想通貨は、基本的にソースコードが公開されています。
しかし、ICOに記載されている仮想通貨にはソースコードが公開されていないものもあるのです。

コードが公開されていないということは、特定の者がその仮想通貨を管理しているということになる可能性が高くなります。

もしくは、コードが他の仮想通貨のコードをそのまま利用していることもあるのです。

元本保証がされていると謳う仮想通貨

ICOに公開されている仮想通貨の中には、「値上がり保証」という名目で打ち出しているものが出る時があります。

一見、値上がり保証ということであれば手元資金が目減りせずに増えるということになるのでお得に感じる人も多いです。

より多額のお金をICOにつぎ込もうとする人であれば、大きな利益を得る可能性が高いのであればより魅力的に見えるでしょう。

しかし、仮想通貨自体は特定の監督者など権利を持つ人がいない限り、値上がりを保証することは難しいです。

何の根拠も無く値上がりだけを保証するのは、疑問視することが必要とされます。

<下に続く>

ICOでの詐欺コインの見分け方「販売方法に注目」

詐欺的な仮想通貨の見分け方としては、「ICOでの販売方法」を確認する方法があります。

取引最低可能額が高額

仮想通貨の取引は投資者自身で決めますが、ICOに公開されているものの中には、投資必要最低額が高額なものもあります。

必要最低金額が決まっているからといって詐欺的なものだと決めるけることはありません。

しかし、他のICOに掲載されている仮想通貨と比較しても比較的価格が高ければ注意することが必要です。

資金調達は紹介制度を利用

ICOの中には、特定の条件の人のみしか購入することができないという仮想通貨も存在します。

本来、仮想通貨に関しては日銀のような管理する主体はおらず、互いに取引を監視しあうオープンな取引となっているのです。

誰でも取引可能であるはずの仮想通貨の中で、「紹介された人のみ購入可能」、「セミナー参加者のみ可能」というような特別感を出す仮想通貨は危険な可能性が高いです。

<下に続く>

ICOの情報サイト

ICOの情報はどこで手に入れることができるのか確認しましょう。

ICOの情報については、いくつかのインターネットサイトでまとめられています。

ICO カウントダウン

有名なサイトは「ICO カウントダウン」というサイトです。

特徴としては、一度サイトに載せた仮想通貨がリストから除外された場合、除外された理由を見ることができるという点です。

今まで削除されてしまった仮想通貨の共通点などを探したい人にとっては、多数の仮想通貨の例を参考にすることができます。

コインスケジュール

コインスケジュールは、先程ご紹介したICOカウントダウンに記載されていない仮想通貨が乗っていることがあります。

コインスケジュールと比べると、厳しくチェックされずに乗せられる仮想通貨もある為、犯罪に使われる仮想通貨もあるので常に注意しておくことも必要となります。

その他ICOをチェックできるサイト

ICOをチェックできるサイトとして有名なものを2つご紹介しましたが、その他にもICOのスケジュールを確認する事ができる物が幾つかあります。

多くのサイトが英語表記でまとめられていますが、中には中国が作成しているサイトもあり、多様化しています。

<下に続く>

仮想通貨のICOとは?IPOとの違いは何か?のまとめ

null

仮想通貨に関しては、株などと比較しても自由に取引を行う事ができるメリットもあります。
中でもICOで成功すればより利益を得ることが出来ます。
しかし、ハイリスクハイリターンな商品です。

あくまで余剰資金で仮想通貨に投資を行い、自己判断の元でICO取引を行いましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line