お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/08/11

年収1200万の稼げる職種・仕事とは?またその生活水準や税金は?

Large money gold coins finance  1
目次

年収が1200万の割合とは?

年収1200万円という事は、月給にすると100万円稼いでいるという事になりますよね。そう考えてもかなりの高給取りと言えるでしょう。
わかりやすく年収1200万円以上の割合ではなく、1200万円台稼いでいる人数で絞ってみました。その気になる年収1200万円台を稼いでいる人数の割合ですが、全国の民間給与実態統計調査において、給与所得者30万7千人に対して1.25%という数字となっているようです。1.25%という数字を見ても、やはり年収1200万円というのはなかなか難しいですね。しかし30万7千人の1.25%は人数にすると3837人ほどとなり、そう考えると割と多くも感じますね。約80人に1人くらいの割合で、年収1200万円台の方がいるという事になります。

<下に続く>

年収1200万の生活とは?

単身者の場合

単身者の場合で年収1200万円となると、その収入全てが自由でありかなり余裕がある生活ができるでしょう。
欲しい物を買ったり、趣味にかけれるお金も多く、そういった面では快適なライフラインが送れるのではないでしょうか?友人などとの遊びでも、断らなければいけなくなる事も少ないかと思います。

既婚者の場合

既婚者の方となると、家庭のルールなどで違ってくるでしょうが、多くの割合で夫婦の財布は共同となっているかと思います。そうなると生活費はもちろんですが、子供がいれば教育費もかかってくるでしょうし、単身者のように自由に欲しい物を買ったり趣味に費やすお金も減ってしまうでしょう。ですが年収1200万円の収入があれば、子供の習い事などにも苦なく通わせる事ができるでしょうから、幸せな家庭作りができる事と思います。

夢のマイホームも現実に

年収1200万稼いでいれば、マイホームを持つことも難しくないでしょう。中には一括払いでマイホームを建てた方もいるようです。
やはり大きな買い物として1番に思いつくのがマイホームや車でしょうが、年収1200万ともなるとそこまで無理する事もなく購入できてしまうのです。特に単身者の方だと、車を数台揃えてしまうなんて事もザラだそうです。

思ったよりも普通の生活?

実際に年収1200万円の旦那がいるという主婦の方の声を聞いてみると、住宅ローンやその他の支払い、子供の習い事や食費、旦那へのお小遣い等でそこまで裕福ではないという声もあります。やはり家庭を持って子供が数人いるとなると、そこまで贅沢する事なく生活しているようです。ですがやはりマイホームは購入しており、子供の習い事や将来の為のお金も貯めているようなので、一般的ではあるでしょうが幸福な生活を送っていると言えるでしょう。

旅行などの贅沢も難なく行けちゃう?

逆に単身者の男性の方の声を聞いてみると、趣味の旅行にも年に数回行っているようで、生活も何の苦もないとの事です。それどころかお金を使う事もそんなにないらしく、多額の貯金ができているそうです。
やはり単身者の場合となると、年収1200万というのは趣味でもないと使いきれないほどの金額のようですね。

null

年収1200万の手取りと税金とは?

年収1200万円と言っても総支給額であり、そこから税金や細かい引かれものがあります。つまり1200万円手元に来る訳ではないという事です。

税金の税率というのは、年齢や単身者・既婚者で変わってきたりするので、わかりやすく今回は40歳の単身者で年収1200万円の例で説明していきます。
この場合だと社会保険に入っていたとして、会社と折半する税金もありますが、所得税・住民税・厚生年金・健康保険・雇用保険などといった税金で、およそ500万円ほど引かれます。つまり年収1200万円とはいえ、実際の手取り額となると約700万円程度になってしまうのです。

こうやって見てみると、税金も馬鹿になりませんよね。更に日本には累進課税制度というものがあり、収入が多くなればなるほど税金の支払額も増えていくシステムです。なのですごい年収額の方でも、結局は税金が多いので手取り額的にはそこまで一般の方と変わらなかったりするのです。これにより脱税する人や企業が出てくるわけですね。年収が高い人がよく口にする言葉ですが、そんなに儲かってないというのは、本当の事なのです。

<下に続く>

年収が1200万の職業とは?

アクチュアリー

年収1200万円程度の職業として1番安定しているのが、アクチュアリーではないでしょうか?
アクチュアリーは、会社の支出額などを計算して会社のお金の使い道などをアドバイスする仕事ですが、世界的にかなり高い評価の職業となっています。なので安定した年収も保つことができ、仕事がなくなると言った心配もないことでしょう。

大手のIT企業

大手のIT系企業の年収は、平均としてもかなり高くなっています。求人募集などを見てみても、年収1200万円程度の金額となっている所が多いですね。これは会社規模でかなり年収に差が出てきており、やはり会社規模が大手であればあるほど安定しており高額となっています。ですがもちろん大手になる程その採用基準は高くなっており、簡単に入社することはできないでしょう。

医師

医師の年収も1200万円ほどとなっており、もちろんこれには誤差はありますが、高い年収の1つとして代表する職業ですね。
業務内容は皆さんも知っての通り、患者の病気や怪我を治療したり、アドバイス、場合によっては手術などもしますね。医師になる為には、様々な過程を経ないといけない事も有名で、専門の学校もあったり、目指す若者も毎年大勢います。

パイロット

こちらも子供が憧れる職業でも有名ですが、パイロットです。世界中を飛び回る飛行機の操縦士であり、乗客の命を預かってフライトする、かなり責任感がのしかかる職業です。その技術力はかなり高度なものとされており、パイロットになれるのは、ほんの一握りの人材とも言われております。

弁護士

こちらも人気の職業ですが、弁護士も年収1200万円程度が平均とされています。もちろん弁護する腕や能力、実績などで誤差はあります。
法廷や民事事件に対する相談を受け、報酬を貰って弁護を引き受ける職業ですが、エリートとして世間では高い地位の方と認識される事が多いですね。

null

年収1200万の平均貯金額とは?

年収1200万円の方の平均的な貯金額ですが、やはり生活の内容や使い道などもそれぞれなので、おおよそになりますが年に300万円~500万円ほどが平均となっているようです。
年収1200万円といえど、手取りは700万円ほどなので、500万円貯金している方だと200万円で生活している事になります。月にすると17万円程度でしょうか。年収1200万円の方が月に17万円で生活していると思うと、親近感を感じますね。

年収1200万円の職種や仕事、生活内容などについてのまとめ

年収1200万円の方の生活ぶりなどを見ていきましたが、贅沢する人よりも貯金や家を購入したりといった意見が多かったです。税金で手取りが700万円程度になっている事にも驚きましたよね。
ですがやはり年収1200万円となると、かなり難易度の高い職業が並んでいますね。それだけこの1200万円という金額は難しく、努力が必要という事です。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事