みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

大和証券のロボアドバイザー!ダイワファンドラップの魅力!

Large stock 2463798 640

ダイワファンドラップとは

ダイワファンドラップの概要

ダイワファンドラップは顧客に合った運用スタイルを顧客とともに作りあげる、新しい形の資産運用サービスです。近年話題となっているロボアドバイザーを利用した投資一任契約にてその資産運用を行います。

投資一任契約とは、顧客に投資をアドバイスするだけでなく、顧客の投資に対するスタンス等をヒアリングして、最適な資産運用を証券会社に任せて行う契約のことを指します。
ロボアドバイザーとは、その運用を人間の判断でしているのではなく、AIを使って機械的に運用をする仕組みのことです。

ダイワファンドラップは資産運用に関する簡単なアンケートに答えることによって、国際分散投資の提案をし、それに基づいて運用されます。

ダイワファンドラップの運用会社概要

運用会社:大和証券株式会社
設立日:平成11年4月26日
事業内容:有価証券等の売買、有価証券等の売買の媒介、取次又は代理、有価証券の引受等の金融商品取引業及びそれに付帯する事業
代表取締役社長:中田 誠司 
資本金:1000億円
株主:大和証券グループ本社(100%)
総預り資産:52.9億円
口座数:約3000万口座

null

<下に続く>

ダイワファンドラップのポートフォリオ

ダイワファンドラップは簡単なアンケート形式のヒアリングを通じて、顧客に最適なポートフォリオでの運用を行います。家族構成や勤務先、住居などから現在から未来にかけて、どのステージでいくらくらいのお金が必要になるかを試算して、それをもとにポートフォリオを構築します。

診断は「ライフプランニング」「資産運用プランニング」「リスク許容度診断」の3つのパートに分かれます。その結果に基づいてロボアドバイザーが100種類以上の多彩な運用スタイルから顧客に最適な投資スタイルを提案するのです。そしてそれに基づいて、ポートフォリオが作成されます。

運用方針で顧客と合意すれば、そのポートフォリオで運用が開始されます。しかしながら、市場環境、経済環境は日々変化するので、それを勘案し、ポートフォリオは定期的に見直されます。

また、運用によってポートフォリオが変化してしまった場合にも、もとのポートフォリオに戻す、ポートフォリオ維持運用が行なわれます。例えば最初日本株式が30%だったのが、評価額が上がって35%になったとします。その場合、5%分は売却され、元のポートフォリオの30%に戻すようになっているのです。

null

<下に続く>

ダイワファンドラップの国際分散投資

欧米の投資に関することわざの「タマゴは一つのかごに盛るな」が教えてくれる通り、同じところに資産を置いていると、そこがダメになったとき、すべての資産が減ってしまいます。もちろん大きく増やせることもありますが、リスクが大きすぎるのです。長期に安定した運用成績を残すには分散投資が不可欠です。

ダイワファンドラップは国際分散投資により、価格変動リスクを軽減することができます。投資対象は、日本株式、外国株式、日本債券、外国債券です。
先ほどのことわざのとおり、一点に決めて投資すると、運用成果は大きく上下にばらつきます。ロボアドバイザーによる運用はあくまで長期のパフォーマンスを重視しているので、一点投資はふさわしくありません。

分散投資の場合は個別の資産に投資するタイミングに左右されにくく、長期的に見れば運用実績が安定します。その結果、リターンの積み上げが期待できるのです。

株がダメなときには債券が、債券がダメな時は株がフォローする。国内と国外でも同じ関係です。同じ外国でも欧米とアジアでは全く違ってきます。だから分散投資をして、より安全に期待リターンに近づけることが出来るのです。投資の主役が変わっていくことをダイワファンドラップは逃しません。

<下に続く>

ダイワファンドラップの自動運用

ダイワファンドラップは、運用管理に手間がかかりません。投資一任契約になっているので、運用は大和証券が代行してくれます。ポートフォリオの維持と見直しはロボアドバイザーが管理します。顧客はウェブサイトで、いつでもその運用状況を把握することができます。

ロボアドバイザーが行う、というところが通常の投資と違うところです。AIは感情を持たないので、データに従い淡々と売買するというイメージです。損をして熱くなったり、得をして調子に乗ったりしません。あくまでも計画通りに運用するのです。

投資信託のファンドマネージャーの場合だと、運用成績が悪いと解雇されるのでどうしても投資に感情が入ってしまいますが、ロボアドバイザーはそんなことをしないので、冷静に運用を行ってくれます。

短期の運用成績に惑わされず、長期の資産運用に向いているのがロボアドバイザーを使うダイワファンドラップです。

<下に続く>

ダイワファンドラップの円定期セットプラン

ダイワファンドラップ申込と同時に、円定期預金セットプランを申し込んで、関連会社の大和ネクスコ銀行の円定期預金に10万円以上預け入れると優遇金利が適用されます。優遇金利の種類はご入金プラン、退職金ご入金プラン、満期金・償還金プランの3コースがあります。

運用資産だけでなく安全資産のアドバイスも一緒に考えてほしい、という顧客のニーズに応えたサービスです。定期預金の期間は3か月と1年の商品が対象となります。ダイワファンドラップ申込者の半数が利用している人気のサービスです。

ただし、優遇金利が適用されるのはその定期預金の満期(3か月または1年)までで、自動継続後は通常の金利が適用されるので、注意が必要です。

<下に続く>

ダイワファンドラップと野村のゴールベースの違い

ダイワファンドラップと野村のゴールベース、どちらもロボアドバイザーを使って投資アドバイスをするという点では同じです。

しかしながら、ダイワファンドラップの場合投資一任契約で、ロボアドバイザーが提案から運用までを行うのに対し、野村のゴールベースはあくまでアドバイスだけで、実際の投資の判断は顧客自身で行なうという、アドバイス型ロボアドバイザーなのです。

ダイワファンドラップでは、総評価額に対して手数料がかかってきますが、野村のゴールベースの場合は、アドバイスに従って購入する投資信託の売買手数料がかかってきます。

運用まで任せるのがダイワファンドラップ、アドバイスだけもらうのが野村のゴールベースという位置づけです。

みんかねでは、そのほかにも様々なロボアドバイザーを紹介しています。下記の記事では主要なロボアドバイザーの比較をしているので、ロボアドで投資を考えている方はぜひご覧ください。
おすすめロボアドバイザー比較!AI(人工知能)活用の日本のロボアドで投資信託・資産運用の時代へ

<下に続く>

ダイワファンドラップの手数料や最低投資金額、投資対象

ダイワファンドラップの手数料は、契約資産の時価評価額に対して最大1.728%(年率、税込)です。これが投資一任契約報酬となります。運用の際に行われる投資信託の売買手数料はかからないのです(間接的には投資信託の信託報酬等を負担します)個人で株や投資信託の売買を繰り返すと運用成績は悪くないのに、手数料でマイナスが出る、ということがあるので、大きなメリットと言えます。

最低投資金額は300万円以上です。やや高めですが、運用には本来これくらいの金額が最低でも必要なのです。ポートフォリオを組んで分散投資するには妥当な金額だと言えます。

投資対象は、国内外の株や債券で構成される投資信託です。顧客自身は運用方針を示すだけで、具体的な投資対象はダイワファンドラップのロボアドバイザーが行います。

<下に続く>

ダイワファンドラップ利用開始までの流れ

まず、店頭窓口に来店して簡単なアンケート形式のヒアリングが行われます。ヒアリングの種類は「ライフプランニング」「資産運用プランニング」「リスク許容度診断」の3つの分野です。その診断の結果から最適なポートフォリオがロボアドバイザーから提案されます。店頭窓口で行うメリットは、証券会社の担当者に不明点を聞いたりして納得できるまで話し合えることです。すべての手続きが機械的に進むわけではありません。

そして、顧客の合意を得て投資一任契約を締結します。MRFに入金、ファンド買い付け、運用開始の流れです。
運用状況はいつでもWebからモニタリングできるので安心出来ます。

null

<下に続く>

大和証券のロボアドバイザー!ダイワファンドラップの魅力!のまとめ

投資一任契約といえば、富裕層向けで、運用管理がわかりづらく、素人には少しハードルが高い印象があります。しかしながら、ダイワラップファンドは、簡単に自分に最適なポートフォリオを作成してロボアドバイザーが自動的に運用してくれる、非常に魅力的な投資のスタイルです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line