お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/08/11

貯金100万円を成功させる方法5選!貯めた100万円はどう使う?

Large pexels photo 259249  1
目次

100万円を貯める前に現状を把握しよう 

一人暮らしの貯金100万円の額が、高いのか低いのか?
お金を持つ人の価値観によって高低の認識は違います。ところが、複利で勝負する株の世界では、初心者でもの株投資を始める際の資金が100万円あれば、そこそこの銘柄の売買が可能です。

その100万円はまた、後々に大きなリターンを生む最低限の株投資金であり、株投資の節目である、とフィナンシャルプランナーからよく聞きます。
「人類最大の発明」といわれる株式の面白さは、その「複利」にあります。まず「貯金100万円」をためることからスタート。その上で、株投資の効果を上げる算段を考えてみましょう。

自分の収入を確認する

後述する株投資の話はともかく、一人暮らしの貯金高の現状調べから。金融広報中央委員会の2016年版「家計の金融行動に関する世論調査」の【単身世帯調査】によると、単身者の全国平均貯金は822万円、中央値が20万円というのです。

中央値は、数字を小さい方から並べた時に真ん中に来る数字で、平均よりも中央値の方が、多くの人に実感されやすい数字とされています。となると、一人暮らしの貯金額は、年代別を考慮に入れていない平均貯金よりも、中央値の貯金20万円以下が現実的だといえそうです。

年代別の貯金額を見てみます。大学生は平均で69.8万円と思いのほか高い。アルバイトや親からの仕送りを貯めているせいでしょう。
社会人の平均貯金額は年収で、上下にかなり広い幅があります。20歳代の年収300万円未満が平均値58万円・中央値0万円から、上は40歳代の年収500万~750万円未満は平均値1364万円・中央値950万円まであるという具合です(少ない人数の年収1000万円以上は除外)。

そこで急ぎ、自分の財布の中身を総ざらえして「入り」つまり収入を確認してみることです。給料やアルバイトなどの副収入などに加え、貯金はいくらあるのか、すぐに明らかになるはず。とにかく年代別の数値は、貯金額の目安としてみておくと、よいかもしれません。

自分の支出を確認する

「出」の部分の支出は、シビアな目で対応しましょう。手元の現金出納帳を開き、衣食住にかかる出費を一つずつ丁寧に点検することが大切です。そして交通費、通信費や各種保険と娯楽、書籍代などもチェックします。

趣味の分野に掛ける支出額が、かなりな部分を占めているかも、確認しなければなりません。こうして自分の懐具合が目に見える数字になると、明らかになった貯金を少しでも増やす工夫ををしなければなりません。いよいよ「貯金100万円」に移ります。

収益

<下に続く>

100万円貯金するのにおすすめの方法5選

誰にでも実践できるおすすめの貯金法を5つ紹介します。

おすすめの方法① 普段の出費を見直す節約作戦で貯金100万円

いうまでもなく衣食住の全般にわたり、見直してみる。日常生活の月々の出費を洗い出し、収入に見合った使い方をするのは当然です。
意外に払い過ぎなのは各種の保険です。重なった医療保険のオプションなどを調べなおして掛け金を一本化します。またスマートフォン、携帯電話などの通信費も格安プランに換えしょう。また「貯金100万円へ、まだ節約できる方法は?」と定期的に費用見直しも心がけることが大事です。ここでもこまめなチェックが必要です。

食費もそうです。しっかり食材を吟味、しかも美味しい料理をする達人たちの節約料理本を参考にするのもよし。ブログを開ければその種のワザがあれこれと並んでいます。要は、とかく割高の店屋物を極力控えて、ちょこちょこ台所に立つこと。その気になればできます。

おすすめの方法② 貯金100万のために現金出納帳は手書きで

今に始まったことではありませんが、お金の出し入れを一目瞭然にしておくことを忘れてはなりません。今ではスマートフォンのアプリやパソコンソフトに簡便な出納帳はいくらでもあります。
中でも、大事な現金出納帳は手書きに限ります。節約意識と金銭感覚をしっかり自覚するには、やはりデジタルよりアナログです。数字をペンで記入した数字は、なぜか脳の動きを鋭角に刺激し、賢い節約方法と貯蓄のアイデアが沸いてくるから不思議です。
 

おすすめの方法③ 100万円貯金の目標をしっかりスケジュール化

何事も、よい結果を出すには目標をきちんと立てるに越したことはありません。言うまでもなく、お金を稼ぎ、貯めることこそ大前提です。
社会人でも20歳代はお金の面でも出たとこ勝負になりがちだすが、幾らいくら貯まったら海外旅行をしよう、これだけ貯まったら結婚もとか、なるべく若いときから、目標の100万円貯金とスケジュール化をする習慣をつけましょう。

おすすめの方法④ 天引きで貯金100万円

誰でも、ぼやっとしていると財布の中身は、すぐに出て行きます。「あれ! 数日前まで数万円あったはずなのに…」と首をかしげる時は多いものです。
これでは貯金100万どころか、お金は貯まるワケはありません。そうならないために、給料から毎月、天引きされる積立貯金を活用してはどうでしょうか。知らない間に引き落とし額が貯まります。後は「心おきなく使えて安心!」です。

おすすめの方法⑤ ネット副業、貯金100万円で株投資

インターネット時代が本格的に到来した今、ネットを利用した多くの副業があります。自分の得意分野の仕事に参加してみてはいかが。その中で、株の世界もネット証券の手数料が極端に安くなり、庶民も参加できる時が来ています。お待ちかねの株投資について説明をします。

冒頭で述べた「人類最大の発明は株式」と言ったのは、相対性理論の物理学者・アインシュタインだった、というのは有名な話です。実は株式というよりも、正確には株式の複利の考え方のすごさを、この大学者は指摘したとか。フィナンシャルプランナーたちは、このことをよく話題にします。

貯金100万円でコツコツ投資しよう 

ともかく複利のリターンが大きいのが株式であるのは確かです。それも貯金の100万円が節目になるのです。もとより、20、30万円と少ない予算でも安い株は買えますが、複利で勝負するには、より多くの資金が不可欠なのはいうまでもありません。

最低限100万円あれば、リスキーな取引をしなくても、数円の上げ下げでの売買でコツコツ儲けることは請け合いです。この低金利時代、100万円の資金を少しずつ太らせつづけると、近い将来には、さらに大きなリターンを期待することも可能なのです

ただ、複利の味を知ると、とかく「欲と二人連れ」になりがちなります。せっかくの儲けも消えてという状況も起きかねません。安全運転を心かけましょう。

null

<下に続く>

貯金100万円を成功させる方法5選!貯めた100万円はどう使う?のまとめ

一人暮らし向けに貯金100万円の話からコツコツ株投資など、あれこれあげてみました。
やってみることが肝心です。ネットの株取引に逆指値という注文方法もあり、通常の指値注文とは逆の発想で、リスクを最小限に抑えたりもできます。パソコンやスマートフォンでそれを手堅く操作すれば、手応えを感じる時が到来しているのです。この際、しっかり新聞を読んでミクロとマクロ経済の勉強に手を染めて、これまた一人暮らしの自由度を満喫しましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事