みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/08/19

アメリカの不動産案件に投資できる!ガイアファンディングとは

Large office pen calculator computation 163032  2   1

ガイアファンディングとは

null
ガイアファンディングは、アメリカの不動産投資向けに資金提供を行うソーシャルレンディングです。特徴としては、為替ヘッジがついていることや、高利回り案件が多いことが挙げらあれます。

ソーシャルレンディングとは

ガイアファンディングについて解説する前に、ソーシャルレンディングについて簡単に説明します。ソーシャルレンディングとは、インターネット上で資金の借り手(企業)と資金の貸し手(個人)とを結びつけるサービスです。

借り手からすれば、高利回りが期待でき、貸してからすれば、低金利で、かつ融資審査が簡略化できることから注目されています。

<下に続く>

ガイアファンディングの概要

ここではガイアファンディングの基礎データーについてまとめます。なお全ての記載事項はガイアファンディング株式会社のホームページから抜粋しました。

参照:ガイアファンディング株式会社

株主

株式会社ロジコム(100%)

株式会社ロジコムは、LCホールディングスというJASDAQに上場している会社の子会社です。

利用者数

2439人(登録ユーザー数) 2017年8月9日現在

総融資額

4,185,960,000円 2017年8月9日現在

運営会社

  • 社名 ガイアファンディング株式会社
  • 本社所在地 東京都港区六本木 7-7-7 Tri-Seven Roppongi 8階
  • 事業内容 ソーシャルレンディングサービス「ガイアファンディング」における、借り手の管理
  • 創立 2015年7月10日
  • 資本金 100,000,000円(資本準備金含む)
  • 役員構成
    代表取締役 ケルビン チウ 代表取締役 倉石 灯 監査役   眞鍋 清
  • 関連会社 Gaiafunding Cayman Ltd. ガイアアセットマネジメント株式会社

代表取締役のケルビン チウ氏は台湾人で、2007年に日本に来日し、ゴールドマンサックス、SBI関連会社で仕事をしていた経歴を持っています。また1997年からアメリカ不動産案件に関わっており、その知見を活かして、ガイアファンディングを運営しています。

<下に続く>

ガイアファンディングの仕組み

null
ここではガイアファンディングの具体的な仕組みついて紹介したいと思います。

お金の流れ(スキーム)

基本的なお金の流れとしては

①資金の貸し手(投資家)が投資案件に応募する

ガイアファンディングのサイト上で募集されている投資案件に、資金の貸し手(投資家)が応募します。

null

公式サイトではこのように、投資案件の募集がされています。

②投資された資金が資金の借り手(企業)に貸し付けられる

ガイアファンディングの場合は、海外の不動産投資会社に貸し付けられます。

2017年8月9日現在、募集されている募集案件の一つであるカリフォルニアローンファンド71号では、集められた資金はとある不動産融資会社に貸し付けられます。

その後、不動産融資会社から、不動産事業者に資金が貸し付けられます。

カリフォルニアローンファンド71号では、資金はカリフォルニア州サンフランシスコのノイバレー地区の物件の改築費に投入されます。

③不動産開発会社から貸付利子・元本が返済される

④投資金額に応じた配当と元本が返済される

自身が投資した金額に応じた配当が支払われます。

毎月18日(休、祝日の場合は翌営業日)に借り手からガイアファンディングにローンが返済された7営業日後、投資家の投資口座へ分配金を分配します。 
出典:https://www.gaiafunding.jp/apl/contents/help
先ほどからご紹介しているカリフォルニアローンファンド71号では、年利9%~10%の配当を想定しています。

ソーシャルレンディングは、クラウドファンディングに似た仕組みを持っていることから、投資型クラウドファンディングと呼ばれることもあります。また、公式サイトには募集取り扱いに関して、maneoマーケット株式会社が行っていると明記されています。

null

最低投資金額

ガイアファンディングの最低投資金額は、投資案件ごとに決められています。2017年8月9日現在、募集されている投資案件では、最低投資金額4万円のものと3万円のものがありました。

運用手数料

ガイアファンディングでは、運用に関する手数料はかかりません。しかし、ガイアファンディングで行う投資用に、デポジット口座というものを開設する必要があり、その口座から自身の振込口座へと出金する際、手数料がかかります。

null

実際の手数料水準はこの通りです。

運用期間

運用期間についても、投資案件ごとに決められており、2017年8月9日現在、運用期間が11カ月のもの、13カ月のもの、14カ月のもの、15カ月のものがありました。

<下に続く>

ガイアファンディングのメリット

ここではガイアファンディングのメリットについてご紹介します。

ガイアファンディングのメリット①高い利回り

ソーシャルレンディング全体のメリットとして、資金の貸し手(投資家)から見れば、高い利回りを期待できることが挙げられます。その中でも、ガイアファンディングは高い利回りを実現しているといえるでしょう。

2017年8月9日現在、ガイアファンディングが募集している投資案件は6種類あります。

6種類の投資案件の中には、利回り(年利)が9%のものと10%のものがあり、これはソーシャルレンディングの中でも高い水準といえるでしょう。これは、ガイアファンディングが高い利回りを実現できる投資案件に特化していることから実現できていることです。

ガイアファンディングのメリット②為替ヘッジ

ガイアファンディングのメリットとして、為替ヘッジを行っていることが挙げられます。

本借入人に対する貸付の実行及び本借入人からの元利金の回収及び本借入人の米国のSPC に対する貸付けに係る貸付けの実行及び当該貸付にかかる元利金の回収については円建てで行われます。そのため、為替相場の変動等による本借入人及び米国 SPCからのガイアファンディング社に対する返済原資に不足が生じることはございません。
出典:https://www.gaiafunding.jp/common/pdf/risk/current/risk_public.pdf

このように、資金の貸付スキームが円建てで行われるため、為替リスクを投資者が負担することはありません。

ガイアファンディングのメリット③担保

ガイアファンディングのメリットの一つとして、担保を設定している案件が多いことが挙げられます。担保として設定されているのは、資金が投入される不動産です。

この担保を設定していることにより、貸し倒れと呼ばれる債務不履行となった案件についても、いくらか投資金額が戻ってきます。また、2017年8月9日現在において、ガイアファンディングの投資案件が貸し倒れを起こしたことは公表されていません。

この実績についてもガイアファンディングのメリットといえるでしょう。

<下に続く>

ガイアファンディングのデメリット

null

ガイアファンディングのデメリットとして最も大きなものは、信頼性です。ガイアファンディングは2015年にできた会社であり、ソーシャルレンディングサービスを運営する会社の中でも、若い会社であるといえます。

さらには、ガイアファンディングに出資したお金は、証券投資などとは違い、分別管理されず、ガイアファンディング社の資産となります。このため、仮にガイアファンディング社が倒産した場合、投資資金の回収は非常に困難になります。

<下に続く>

ソーシャルレンディングのガイアファンディング まとめ

今回はアメリカの不動産案件に、手軽に投資で来るソーシャルレンディング ガイアファンディングについてまとめました。
高利回り、為替ヘッジ、担保つき案件が多いこと、などメリットが多い反面、ガイアファンディング自体は若い会社であるため、ある程度の倒産リスクはあるといえるでしょう。

これらの点を了承し、自身の資産運用をより豊かにするための選択肢としてガイアファンディングを考えてみてはいかがでしょうか。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line