お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/08/11

貯金800万以上ある人の割合とは?800万円貯める方法ご紹介

Large dollar currency money us dollar 47344  1
目次

貯金800万円を行う前に現状を把握しよう

あなたの年収・年齢で「今、貯めているはずの額」を試算してみましょう

あなたの手取り年収×15%=あなたが貯めることの出来る年間貯金額です。
上で計算した「年間で貯めるべき額」に、実際に働いた年齢を組み合わせてみれば、「あなたの年収や、年齢で貯めているべき金額」が算出されますね。
過去に転職などで収入が変わった人は、それぞれの年収と働いた年数から金額を算出し、合計してみてください。

自分の収入を確認する

貯金800万円する為には今の自分の財布のお金の流れを必ずしっかり把握する必要があるでしょう。
現在の収入はいくらなのか、収入源はどこなのか、支出はどれほどなのかを数値化しましょう。
特に支出を数値化し、確認することは重要なことです。
あなたがどこに無駄なお金を使ってしまっているかが一目でわかるでしょう。

自分の支出を確認する

毎月決まって払うべきの金額を把握しましょう。
ローンや携帯代などの生活に掛かるものを全て書き出すことがいいのではないでしょうか。
そこから、無駄に使ってしまっている金額を把握し目標である800万円への計算をしていきましょう。

貯金800万円を達成への毎月の貯金額を決める

まずは貯金800万円を目標として毎月いくら貯金するか決めましょう。
あなたは貯金額を800万円いつまでに達成したいですか。
毎月5万円を貯金するとしたら1年間では5万円×12ヶ月=60万円貯金することができますね。
目標の貯金額800万÷60万円=13.333と約14年かかります。14年と考えるととても長いですよね。
800万円貯金できる様に今よりも働いて給料を上げよう!!とか副業をしよう!!とかボーナスなど臨時収入が入った月は貯金額を増やすなどし、月の平均貯金額を上げようなどさまざまな選択肢を考える必要があるでしょう。

null

<下に続く>

800万円貯金するのにおすすめの方法5選

おすすめの方法①無駄遣いを最大限に省く

まずは無駄なお金を最大限に省くことを考えましょう。まず家計簿をつけ、お金の流れを把握します。
家計簿をつけることで自分がどれ程の無駄なお金を使っていたのかを把握しましょう。
必要だと思っていた事も本当に必要なのかよく考え、必要ではないと思った支出はなくしましょう。
支出を目で見ることで意外と自分がどの位のお金を使っていたのか気づくでしょう。

おすすめの方法②家計簿アプリを使う

家計簿を書くことも面倒という人にもおすすめです。
貯金を始めるのには家計簿をつけるのが大事です。
マネーフォワードという家計簿アプリが有名です。
このアプリはレシート読み取り型の総合家計簿アプリなのです。
またレシートを携帯で読み取るだけでレシートの内容をから光熱費、食費などに自動的にアプリが分類してくれます。分類分けに悩む必要もなくなりますね。

おすすめの方法③クレジットカードは絶対に使わない

貯金するためにはクレジットカードは使用しない方がよいです。
クレジットカードは色々と便利なものですが、クレジットカードでの会計をクセにしてはいけません。
次第にどんどん無駄な物や、ちょっとした金額のものにお金を使ってしまいます。
すると支出が増えたことに気がつかず貯金できる額が減ってしまいます。
またクレジットカードの支払いは購入した時の翌月となるの請求になるので安心して使ってしまう傾向があります。

おすすめの方法④お給料から先に取り貯金口座へ

先に取り貯金をするとは貯金用の口座を用意します。給料が入金されたらすぐに自分で決めた金額を貯金用の口座に預けてしまうのです。
先に取り貯金をすることで、意志を強く持てることでしょう。

おすすめの方法⑤貯金を趣味と思い込む

貯金できない人は自分の意識の中に貯金は難しいと考えている傾向があるのではないでしょうか。
貯金を難しいと考えていると貯金するということが苦痛になっていき挫折してしまいます。
またそのような人は貯金に対して苦痛だとか辛いだろうというイメージがあるかもしれません。
まず、貯金額が増えていくことを見て楽しみましょう。
好きなものこそ上手なれという言葉あるように貯金を楽しむことが何よりも大事なことになってきます。
毎月通帳を見て金額を目にして楽しむことを趣味だと思おえるまで続けましょう。
毎月の楽しみに変えて生きましょう。

800万円貯金出来ている人の割合は?年代別に見てみよう

20代の平均貯金額は?

20代の平均貯金:約184万円
20代の貯金額は、まだ働き初めの人が多いことからあまり高くはありませんが、貯金よりも付き合いに使うことなども多い様です。また、20代の45.3%は「貯金などない」というのです。

30代の平均貯金額は?

30代の平均貯金:約379万円
しかし、これはあくまで積立タイプの保険や株式投資の資産などが含められた金額となるため、預貯金額のみでいうと231万円というのが30代の平均となるようです。

40代の平均貯金額は?

40代の平均貯金:約702万円
30代と比較してみると、約300万円増えています。20代から30代では185万円増えていました。年齢とともに貯金への意識は高まっていようです。

地域によっての違いは?

地域別平均 貯金額 平均年収 貯蓄率
北海道・東北 160万円 330万円 49%
関東 307万円 381万円 83%
東海 327万円 358万円 91%
北信越 259万円 304万円 85%
関西 366万円 372万円 96%
中国・四国 236万円 334万円 71%
九州・沖縄 168万円 312万円 54%

一番お金を貯めているのは、関西出身の交際人数の少ないA型の人のようにみえますね。

<下に続く>

800万円貯金出来たらしたい事を決めよう

例えば、結婚式に掛かる平均金額は100万円~150万円、とても豪華な式をしようと思ったとしても足りる額でしょう。新婚旅行で海外へも行けるでしょう。
また、身内に不幸があった場合葬儀に掛かるのは、200万円前後のようです。
貯金をしておくに越した事はないでしょう。
そして、子供が出来る前にしっかり貯金しておくことが大切です。
出産となると多額の費用が掛かります。

null

貯金800万円達成をするためにはどうしたらいい?おすすめの方法を紹介のまとめ

いつ貯金をスタートしても遅いということはありません。
コツコツと自分ができることから始めていってみることが良いのではないでしょうか?
ストレスにならないことから始めていき、目標の貯金800万円までいけたらと思います。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事