お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/08/11

貯金2000万円を貯める方法とは?貯金できる人とできない人の差を大公開

Large money finance bills bank notes  1
目次

貯金が2000万円ある年代別割合と多い職業とは?

皆さんは、貯金額が2000万円以上というとどのようなイメージをお持ちでしょうか?
かなり多くの日本人は、貯金0円という人もいますよね。でも、一方で貯金できている人も想定以上に多いものです。

厚生労働省が公表している「国民生活基礎調査」を見れば、その実態が浮き彫りになってきます。
年代別に分けると、貯金額が2000万円以上ある人の割合は、

年代 割合
20代 2%
30代 2%
40代 4%
50代 7%
60代 9%
70代 8%

となっていて、60代が一番多いようです。

職業別で見ると、年収もサラリーマンとは比較にならないほど大きい資産階級(経営者や個人事業主)を除けば、製造業やメーカーの研究員、技術者などの職人気質の業種の人が貯蓄額が多いようです。

貯金2000万円の20代とその職業

20代は、まだ大学を出て新卒で働きだして年数も浅いので、貯金なんか普通ないでしょと考えるのは間違いです。
20代でも、その平均貯蓄額は160万円を超えています。
ただし、この数字はあくまで平均であり、今の20代は年功序列ではなく能力主義や成果報酬で働いている者も多く、そのため、20代のうちから、世代よりも個人差による収入格差の方が大きくなっています。

貯蓄額も、20代で既に3000万円以上ある人の割合は3%を超えていて、この高い数値の層が平均貯金額も引き上げているわけです。

貯金2000万円の20代の割合

前述したように、貯金が2000万円の20代の割合は、2%、3000万円の貯金額の20代は3%もいます。
この上位5%が、20代の平均貯金額を引き上げてます。

まさに、格差社会が最も顕著に見て取れるのが、20代の縮図です。

貯金2000万円の20代に多い職業

当然のことながら、サラリーマンはどの業種でも少ないです。
やはり多いのは、フリーランス個人事業主起業家(経営者)で、このあたりはインカムに比例していますね。
20代は、勤め人と自分で何かやっている人で、その貯金額においても大きな差があります。

貯金2000万円の20代の生活スタイル

30代以上であれば、倹約に努め、支出を極力コントロールすることによって、2000万円以上の貯金額を達成している人もいますが、20代はそういうタイプは少ないです。
やはり、20代ではまず「収入が多い」という条件を満たしている人でないと2000万円以上の貯金はできません。

なので、若いけどすでに非常に重要な仕事をバリバリこなす要職に就いている人が多く、その分付き合いや交友範囲も広くなり、生活スタイルはビジネス優先でフレキシビリティーに富んでいます。

貯金2000万円にかかる税金

銀行預金で1000万円を超えている場合には、その利息に対して20%の税金がかかります。

貯金2000万円の30代とその職業

貯金2000万円の30代の割合

30代は、貯金額2000万円の人の割合は2%、それ以上の割合も2%であり、これは20代を下回ります。
しかし、平均貯金額は20代よりグンと上がり、約430万円です。
これは突出した平均値を引き上げる層は少ないが、20代に比べて全体的に貯金額が多くなっているということです。

貯金2000万円の30代に多い職業

30代になると、20代と違って、サラリーマンでも貯金額が2000万円以上の人々がちらほら出てきます。前述したように、主に理系に属する研究員や技術職の職業の人が貯蓄率は高いようです。
これは仕事で、あまり接待や人付き合いをしなくて良いせいもあるでしょう。
その他はやはり、収入自体の高い医師経営者などですね。

貯金2000万円の30代の生活スタイル

20代の貯金額2000万円以上と違って、30代では、堅実に倹約して2000万円貯めたという人が目立ちます。特に、女性ではこの傾向が強く、収入自体は高くないのに2000万円の貯金額を達成したという人は、ほとんどが女性です。

彼女たちの生活スタイルは徹底的に倹約に徹したもので、外食や飲み代などは極力男性上司や彼氏(未婚者の場合)持ちでなければ参加しません。

貯金2000万円の40代とその職業

40代になると、不動産(持ち家含む)や金融資産などの一定の資産を有する割合が一気に上がります。

貯金2000万円の40代の割合

40代で貯金額が2000万円に達する人の割合は、4%、貯金額3000万円に達する人が4%、それ以上の貯金額の人の割合も、4%とさすがに40代という中高年世代に入ると、それなりにまとまった財産とよべる貯金額の人々の割合が増えていきますね。

貯金2000万円の40代に多い職業

20代、30代と同じく、年収自体高額な経営者医師経営コンサルタントなどのスペシャリストの割合も一定にありますが、さすがに40代以上の年齢になると、サラリーマンでも管理職になるので、貯金2000万円以上に多い職業でも、勤め人の割合が最も高くなります。

これは製造業などといった業種よりも、部長であるとか、専務であるとか、役付き、ポジションによる差異の方が大きくなりますね。

貯金2000万円の40代生活スタイル

40代といえば、既婚して家庭を持っている人なら、その子供の教育費などに最もお金のかかる年代です。大学進学の資金などです。

また、この年代は、平均的なサラリーマンであれば、持ち家や分譲マンションなどを長期の25年ローンなどで購入して、その支払いの真っ最中であり、支出の最も大きな世代でもあります。
なので、一部の富裕層は例外としても、主にサラリーマンで貯金額2000万円を達成している生活スタイルは、とにかく「無駄な支出を減らす」という地味な生活スタイルが主流です。

貯金2000万円の50代とその職業

50代の近年の傾向として、40代中盤~50代前半といった時期に早期退職で今まで勤めていた企業をやめて、起業したり、フリーランスとして新しいチャレンジをする人が増えています。

貯金2000万円の50代の割合

50代で貯金額が2000万円を達成している人の割合は、7%、3000万円以上の貯金額を達成している人も9%もいます。
ただし、保身傾向の強さが目立つ40代と真逆で、50代では、貯金を元手に、起業したり農家に転身したり、フリーランスになったり、アグレッシブなチャレンジをする傾向が目立ちます。

貯金2000万円の50代に多い職業

40代同様、管理職や取締役のポジションにおさまっているサラリーマンの割合が最も高く、次いで、年収自体が高い経営者個人事業主専門職などが続きます。
40代と50代の場合は、経営者などの一部富裕層は、莫大な財産を築いているケースも多く、その人たちが平均値を引き上げています。

貯金2000万円の50代の生活スタイル

50代の貯金額2000万円の達成者の生活スタイルは、40代同様「無駄な支出を減らす」倹約に努めて貯金を殖やしている層と、事業を拡張したり、起業したりして、収入自体を増やして貯金も増やしている層に二分されます。

null

<下に続く>

貯金2000万円を達成できる人とできない人の差とは?

収入の大小も当然関係ありますが、それよりも貯金できる人とできない人の差はその性格にあります。

貯金できる人の特徴

貯金が得意な人の性格というのは、まず第一に「マメである」ということです。
どんな収支もいわゆる「どんぶり勘定」ではないのです。

また、普段から生活費と小遣い用で、別々の財布を使い分けていたりして、小銭であっても、脳内の収支の流れが常にクリアです。悪く言えば細かいのです。

貯金できない人の特徴

収入自体は多いにも関わらず、まったく貯金ができないという人には共通の性格があります。
幾つかありますが、その最大の共通気質は「めんどくさがりで浪費癖がある」ということです。

こういう人は、仲間内での飲み会などでも、割り勘原則であるにも関わらず、「あー、もう計算がめんどくさいから俺が払うよ!」とか、よく言えば気前が良いのですが、無計画にその場のノリで支出してしまうために、収入が大きくても、貯金には回せないわけです。

貯金2000万円を成功させる方法とは?

貯金2000万円というと膨大な数字ですが、結局は小さな数字の積み重ねであるわけです。
なので、やはり、コツはコツコツと積み立てていくということでしょう。

高額所得者でもない限り、毎月の収入は決まっているわけですから、まずは、「支出をできるだけ減らしていく」というのがキーポイントとなります。

例えば、今までは会社でのお昼ご飯に、レストランた定食屋などでランチを食べていたところを、お弁当を持参して浮かせるとか、些細な努力でも、それが毎日積もっていけば、年単位、数年単位では大きな貯金額の差となるわけです。

会社帰りに一杯やっていくのがやめられないというサラリーマンであっても、行っている店の価格帯を見直して、もっと安く美味しく飲めるお店を探してみるとか、それ相応の努力は必要です。

次に、2000万円貯金が達成出来たら?と脳内で楽しいことを色々妄想して貯金していくこと自体が楽しい行為だと考える習慣をつけることです。

null

<下に続く>

【コラム】貯金2000万の次は3000万を目指そう

こうやって、貯金額2000万円が達成出来たら、その余勢で一気に貯金額3000万円を目指して頑張ってみましょう!
もうこういうモードに入れば、貯金すること自体が楽しくて、通帳の数字が増えるのを見るたびに、脳内でドーパミンが出るような「貯金脳」になっていることでしょう。

貯金2000万円を貯める方法とは?貯金できる人とできない人の差を大公開のまとめ

貯金2000万円と聞けばとんでもないお金持ちをイメージしてしまいがちですが、実態はそうではありません。平均的な所得しかなくてもコツコツ積み重ねれば、2000万円の貯金も夢ではありません。気長に着実に続けることが大事です。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事