お金のコトをもっと身近に|みんかね

【Visa/JCB】おすすめデビットカード比較!クレカの審査に落ちても安心!

Large pexels photo 45111
目次

デビットカードとは

デビットカードとは、決済すると即時に口座から購入代金が引き落とされるカードです。預金口座から購入代金を引き落とすため、利用可能額の上限は預金口座の残高か、カードの提供会社によって決められた上限額になります。

審査不要で発行できることが多いため、クレジットカードの審査に落ちた人でも問題なく発行し使うことができます。また、15歳から使えるカードもあり、最初のカードとしてデビットカードを使う人も多いようです。

デビットカードの比較ポイントとしては、年会費の有無や、キャッシュバック、その他の特典が挙げられます。ネット銀行のデビットカードはほとんど年会費が無料ですし、特典も魅力的であることが多いです。

<下に続く>

おすすめデビットカード比較!

三菱東京UFJ-VISAデビットカード

null

三菱東京UFJ銀行のデビットカードです。年会費に関しては、23歳までは年会費無料です。また、デビットカード契約の初年度は年会費無料です。2年目からは1,080円(税込)の年会費がかかります。ただ、年間10万円の利用で翌年の年会費を無料にすることができます。

メリットとしては、毎月利用金額の0.2%が自動キャッシュバックがあります。そこまで大きい金利ではないですが、月に5万円利用したとして、20円×12ヶ月で1,200円貯めることができます。

また、MyMoneyというスマホアプリで、残高や利用明細の口座管理をすることができます。デビットカードを使うとなると、口座の残高が気になるためこれは必須アイテムと言えますね。また、ショッピング保険が年間100万円まで購入日から60日間は適用されます。

三菱東京UFJ-VISAデビットカードは中学生を除く15歳以上から申し込み可能です。今なら、入会後1ヶ月間の利用額が3回以上で500円、1万円以上の利用で1,000円がプレゼントされます。

  • 毎月利用金額の0.2%がキャッシュバック
  • アプリで残高や利用明細といった口座管理ができる
  • 年間10万円以上の利用で翌年の年会費無料

SMBCデビット

null

三井住友銀行のVisaデビットカードです。SMBCデビットは中学生を除く15歳以上から申し込み可能です。さらに、審査不要なため、誰でも持つことができます。また、年会費が無料なため、無理に使う必要もありません。

SMBCデビットも毎月の利用金額の0.25%が翌月にキャッシュバックされます。三菱東京UFJ-VISAデビットカードより0.05%多いです。利用明細はWeb上で確認することができます。また、SMBCネットワークアプリというスマホアプリを使えば、Webの利用明細には記載されないデビットを使ったお店の名前まで確認することができます。また、SMBCネットワークアプリを使えば、日興証券の口座やクレジットカードの三井住友カードの利用状況なども確認できます。

デビット使っトク!キャンペーンで、入会の翌月末までに3回以上の利用で500円をプレゼント、さらに5回以上で5,000以上の利用で、50人に1人に利用額の50%がプレゼントされます。2017年10月1日まで、ガストやバーミヤンなどのすかいらーくグループのレストラン、セブンイレブンで3,000円以上使うと利用金額の3%がキャッシュバック。ユニクロで1回5,000円以上の利用で利用金額の5%がプレゼントされます。

  • 年会費無料
  • 「デビット使っトク!」キャンペーンでキャッシュバック
  • SMBCネットワークアプリでSMBCのサービスを一括管理できる

みずほJCBデビット

null

みずほ銀行のJCBデビットカードです。15歳以上で申し込み可能で、満23歳以下は年会費無料が無料になっています。初年度は年会費無料ですが、2年目以降は1年間利用がなければ1,080円(税込)の年会費が発生します。ただし、年1回以上デビットカードを利用すれば、年会費が無料になります。

みずほJCBデビットも毎月利用額の0.2%をキャッシュバックするサービスがあります。また、月一回以上利用するとみずほマイレージクラブのうれしい特典が受けられる。うれしい特典とは、みずほ銀行とイオン銀行ATMの時間外手数料無料、コンビニATMでの手数料が月4回まで無料などがあります。

  • 年一回以上の利用で1年間年会費無料
  • みずほマイレージクラブのうれしい特典
  • 満23歳以下は年会費無料

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

null

セブン銀行とは

セブン&アイホールディングスの運営するネット銀行です。セブンイレブンなどに設置されているセブン銀行のATMで24時間取引が可能となっています。なお、土日祝も関係なく日中はATM手数料は無料です。コンビニで土日も手数料無料で取引ができるのは嬉しいですね。セブン銀行の口座開設申し込みはWeb場で完結します。また、給与や賞与の受取、振込、口座振替などの利用でnanacoポイントが溜まります。普通預金の金利は0.001%です。

セブン銀行デビット付きキャッシュカードとは

セブン銀行のキャッシュカード兼デビットカードです。年会費は無料となっています。嬉しいのは、nanacoと一体型のデビットカードが作れることです。また、現在使っているnanacoと新しく作るデビットカードを紐づけてデビットカードでの購入のポイントが現在使っているnanacoに入るようにもできます。

nanacoポイントが、セブンイレブンでの買い物でデビット利用金額の1.5%、SEIBU SOGOやDenny'sのような7&iグループでデビット利用金額の1.0%、その他のJCB加盟店でデビット利用金額の0.5%溜まるようになっています。残高や利用明細はセブン銀行簡単通帳のアプリで確認することができます。

  • nanacoと紐づく
  • 簡単通帳アプリで口座管理ができる
  • 7&iでポイントをたくさん溜められる

楽天銀行デビットカード 

null

楽天銀行とは

楽天市場の楽天が運営するネット銀行です。手数料が業界最安水準です。新規口座開設で6ヶ月間、月に5回までATM手数料が無料になります。また、楽天銀行に口座を持っていれば、他の楽天サービスをより便利に使うことができます。楽天市場や楽天ブックスの購入までのステップが簡単になり、手数料もお得になります。また、楽天証券とのマネーブリッジサービスがあります。それを使うと、楽天銀行から楽天証券への自動入金が可能になったり、楽天銀行の普通預金の金利が5倍になります。カードローンや住宅ローンもお得に使うことができます。

楽天銀行デビットカードとは

楽天銀行のデビットカードです。楽天銀行のデビットカードにはVISAのものとJCBのものがあります。まずはJCBの方から紹介します。楽天銀行JCBデビットカードは、楽天銀行によるとポイント還元率No.1とのこと。16歳以上から申し込み可能で審査不要、年会費永久無料というハードルの低さです。

利用金額100円ごとに1ポイント貯まる。楽天市場や楽天トラベルなどの楽天のサービスを使うと楽天スーパーポイントが貯まります。楽天グループのサービスの決済にデビットカードを使うとポイントが貯まります。月間利用限度額はないので好きなだけ使えますが、使いすぎには気をつけなければなりません。

次に、楽天銀行VISAデビットカードの紹介をします。VISAデビットカードには通常のものとゴールドカードがあります。ゴールドカードには様々な特典があって、ポイント特典が1,000円あたりゴールドなら5ポイント、ノーマルなら2ポイントが付与される。また、国際線を利用するとき、空港で手荷物を預けるサービスを通常料金の15%OFFで利用できたり、海外モバイルWi-Fiルーターレンタルの通信料金が20%で利用できます。

  • 楽天サービスを便利に使える
  • VISAデビットのゴールドカードなら様々な特典が受けられます
  • JCBデビットは審査不要、年会費無料

Sony Bank WALLET

null

ソニー銀行とは

ソニーの運営するネット銀行で、オリコンの住宅ローン満足度ランキングで1位の金融機関です。コンビニATMでの入出金でも時間外手数料なし、ソニー銀行口座間は手数料なしです。他行宛てもSony Bank WALLETを持っていれば月2回まで手数料無料になります。PCやスマホからソニー銀行宛ての振込は24時間即時実施してくれます。急にお金の入出金が必要になった時でも対応できます。また、貯金を先取り貯金するサービスなどがあります。

Sony Bank WALLETとは

Sony Bank WALLETは15歳以上が申し込み可能で審査なし、年会費無料です。このデビットカードでの国内利用額の0.5~2.0%がキャッシュバック。アプリで残高を確認をすることができます。

また、PlayStationデザインがあります。PlayStation™Network/PlayStation™Storeの利用金額の2%が毎月キャッシュバックされます。さらに、ソニーストアの購入代金が3%OFFになります。ゲーム好きにはかなりお得なカードと言えるでしょう。また、発行月の翌々月末までに5,000円以上利用すると1,000円プレゼントのキャンペーンを行なっています。

  • 年会費永久無料
  • セブン銀行ATM, イオン銀行ATMが手数料無料
  • 年間50万円までのショッピング保険

JNB Visaデビットカード

null

ジャパンネット銀行とは

ジャパンネット銀行は日本で初めてのネット銀行です。口座開設はスマホで完結します。また、ATM手数料は毎月最初の入金・出金1回ずつは無料。2回目以降も1回3万円以上なら何回でも無料です。ジャパンネット銀行の特徴がヤフオク!との提携です。ヤフオク!の預金払いにジャパンネット銀行の口座を登録していれば、落札金額の2%のTポイントが溜まります。

JNB Visaデビットカード

JNB Visaデビットカードは15歳以上なら審査なしで持つことができます。Visaデビットの利用金額に応じてJNBスターというポイントが溜まります。1JNBスターは1円として使うことができます。カードの利用金額500円につき1JNBスターが付与されます。キャッシュバックモールというジャパンネット銀行のサービス経由での買い物で利用金額の1%が現金還元されます。

また、JNB Visaデビットカードはヤフオク!などと提携しています。そのため、ヤフオク!の手数料が無料になります。他にも、ファミリマート店舗での買い物で200円につき2Tポイント溜まり、ファミリマート以外では500円につき1Tポイント溜まります。残高確認は、アプリで残高や入出金の履歴が簡単に行えます。さらにジャパンネット銀行では、預金口座が残高不足でもVisaデビットが利用できるという自動融資のサービスがあります。

  • ヤフオク!がお得に使える
  • Tポイントが溜まる
  • 預金残高がなくてもカードで支払いができる自動融資サービス

イオン銀行デビットカード

null

イオン銀行とは

イオングループが運営する、日経金融機関ランキング「お客様満足度第1位」を獲得したネット銀行。イオンやミニストップにあるイオン銀行のATMなら365日24時間ATM手数料が無料です。その他、提携金融機関でもATMでの取引ができます。その際、特定の条件を満たせば手数料が発生した引き出し1回につき、108WAONポイントがプレゼントされます。また、同じように他行への振込一回につき、216WAONポイントがプレゼントされます。

さらに、イオンカードセレクトを持っていると、普通預金の金利が通常0.020%のところ、0.12%になります。普通預金で金利が0.12%というのは非常に高い利率になっています。

イオンデビットカードとは

イオン銀行のデビットカードです。ショッピングをした際、利用確認メールが届くので、不正利用にもすぐに気がつくことができます。また、毎月無料で利用明細書を自宅へ郵送、もしくはインターネット上でも確認することができます。預金口座残高が不足していても一時的に10万円まで立て替えてくれます。イオンモールやマックスバリュなどのイオングループの対象店舗で200円ごとに2ポイントが付与されます。イオングループ以外のVisa加盟店舗の場合は200円ごとに1ポイントが付与されます。

毎月20・30日のお客様感謝デーは買い物が5%OFF。55歳以上の会員は毎月15日G.G感謝デーの買い物が5%OFF。毎月10日のときめきWポイントデーはポイントが2倍といった特典があります。溜めたポイントは商品に交換したりネットショッピングで使うことが可能です。

イオン銀行キャッシュ+デビットカードは中学生を除く15歳から申し込み可能のカードです。JCBデビットカードと楽天銀行のキャッシュカード、WAONカードが一体型となったカードになります。これを持っていることで、イオン銀行普通預金金利が0.12%になります。また、WAONのオートチャージでも200円ごとに1WAONポイントが溜まります。さらに、イオン銀行を給与振込口座にすると毎月10WAONポイントが付与されます。また、イオンデビットカード同様に、お客様感謝デー等ではお得にポイントがゲットできます。

  • 日経金融機関ランキング「お客様満足度第1位」
  • 様々なお得な特典
  • WAONとの連携

住信SBIネット銀行Visaデビット付きキャッシュカード

null

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスが出資しているネット銀行です。イオン銀行やセブン銀行、ゆうちょ銀行やローソンATMなどの提携ATMで入出金が可能です。その際の手数料は、預け入れは無料、引き出しはランクに応じて最大月15回まで無料となっています。

振込手数料も月に最大15回まで無料。住信SBIネット銀行口座への振込も手数料無料です。セキュリティ面では、スマホを鍵がわりにするスマート認証というサービスを提供しています。

住信SBIネット銀行Visaデビット付きキャッシュカードとは

15歳以上申し込み可能で審査なしのデビットカードです。入会費・年会費無料で使うことができます。ポイント還元率が0.6%なので、利用金額1000円ごとに6ポイント溜まります。また、公共料金の支払いに使うことができるので、毎月の固定費でポイントを溜めることができます。

さらに、レジにある端末にかざすだけで決済が完了するVisa payWaveに対応しています。これに対応していると、会計時にサインを書く手間が省けます。口座の管理は、MoneyFoward for 住信SBIネット銀行というサービスで家計簿や資産管理まで簡単に行うことができます。

  • 年会費無料
  • Visa payWaveに対応
  • MoneyForward for 住信SBIネット銀行で簡単に資産管理

りそなVisaデビットカード

null

りそな銀行のVisaデビットカードです。埼玉りそな銀行でも同様のカードを提供しています。こちらのカードは15歳以上なら誰でも審査なしで利用可能で、25歳以下は年会費無料となっています。ATM手数料はいつでも無料です。

りそなVisaデビットカードには4種類あります。ポイントが溜まるカードとJALのマイルが溜まるカード、それぞれに一般口座のものとスマート口座のものがあります。ポイントの方がりそなクラブポイントが1,000円で5ポイント溜まります。また、マイルの方は、200円の利用ごとに1マイル溜まります。ポイントの方は2年目以降の年会費が500円、JALマイルの方は2年目以降の年会費が1,000円です。

ゆうちょ銀行キャッシュカード

ゆうちょ銀行にはデビットカードはありませんが、キャッシュカードをデビットカードとして使えるJ-Debitを採用しています。そのため、J-Debitの加盟店ではゆうちょ銀行のキャッシュカードをデビットカードとして使うことができます。しかし、J-Debit加盟店は全国で3万件ほどしかないため、ほとんど使うことができません。

おすすめデビットカード比較表

ここまで紹介したカードで、初年度年会費・2年目以降年会費・提携特典・ポイントで比較表を作りました。

カード名 初年度年会費 2年目以降年会費 提携特典・ポイント
三菱東京UFJ-VISAデビットカード 0円 1,080円(税込) -
SMBCデビット 0円 0円 すかいらーく(期間限定)
みずほJCBデビット 0円 1,080円 (税込) みずほマイレージクラブうれしい特典
セブン銀行デビット付きキャッシュカード 0円 0円 nanacoポイント
楽天銀行デビットカード(JCB) 0円 0円 楽天グループのサービス
楽天銀行デビットカード(VISA) ゴールド 3,086円(税込)
ノーマル 1,029円(税込)
ゴールド 3,086円(税込)
ノーマル 1,029円(税込)
楽天グループのサービス
Sony Bank WALLET 0円 0円 PlayStation™Network、
PlayStation™Store、
ソニーストア
JNB Visaデビットカード 0円 0円 ヤフオク!、キャッシュバックモール
イオンデビットカード 0円 0円 WAONポイント
イオン銀行キャッシュ+デビット 0円 0円 WAONポイント
住信SBIネット銀行Visaデビット付きキャッシュカード 0円 0円 -
りそなVisaデビットカード 0円 1,080円(税込) JALマイル(一部のカード)
<下に続く>

【Visa/JCB】おすすめデビットカード比較!クレカの審査に落ちても安心!のまとめ

いかがでしたでしょうか。

様々なデビットカードがありましたね。
既に持っている口座のデビットカードを作るのが手っ取り早いですが、
特典を求めて簡単に口座開設できるネット銀行のデビットカードを作るのもありですね。

デビットカードを使って、買い物をより便利にしていきましょう。

Thumb img 0313
written by
慶應義塾大学在学中にモスティープレイスにジョイン。株式のスイングトレードに熱中しています。
関連記事
おすすめ記事