お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/03/23

一般人との違いは?気になる富裕層の趣味や特徴をまとめてみた(あくまで傾向)

Large pexels photo 261102 1
目次

富裕層の趣味は一般人とどう違う?

金融資産が1億を超えると富裕層と定義されることが多いようです。
毎日会社勤めなどをしている私たちからみたらなんだか想像がつきにくいですね。
富裕層の方々はどんな暮らしをしているのでしょうか。

また、趣味はどんなものを楽しむ方が多いのでしょうか。私たちと同じような趣味なのでしょうか。
やはり、セレブのような乗馬とか茶道、華道、オペラ鑑賞など敷居の高い趣味の方が多いのでしょうか。

富裕層だからといって一概には言えませんが、今回は富裕層の方が持ちやすい趣味についてご紹介します。
※あくまで傾向です。

<下に続く>

富裕層とは?


まずは富裕層の定義について再確認しましょう。
富裕層は所得の多さではなく保有している金融資産の額で決まることが多いです。

持っている全部の資産から借金などの負債を引いた金額である純資産の額が1億円以上である方を富裕層と定義していることが多いです。
純資産の額のみで富裕層かどうかは決まりますので当然性別や年齢などに幅があります。
私たちにいろいろなタイプの人がいるように富裕層と一口にいっても色々なタイプの方がいるでしょう。

下記の記事では富裕層とは何かを詳しく紹介しているので、興味のある方は是非ごらんください。
「富裕層」とはどんな人たち?世界における日本の富裕層の割合や定義

富裕層の趣味の共通点


富裕層の方の中には会社などを経営されている方も多いです。
その場合は会社勤めの方と違ってオンオフの違いが明確になりにくいという特徴があります。
事務所などのオフィスと自宅を兼用している場合は場所のオンオフをつけにくいですし、就業時間も経営者の方はありません。

また人間関係も会社関係とプライベート関係を明確に分けることは難しいでしょう。
このような方々は仕事が忙しいと同時に仕事が大好きであることが多いです。
好きなことを仕事にされている方も多いため、趣味が仕事、趣味の延長上に仕事があるということも多々あります。

仕事以外の趣味の場合は短期的な自分へのご褒美というよりも将来の自分のためになる自己投資になるような趣味が多いのも特徴の一つかもしれません。

は人をもてなす趣味を持っている富裕層が多い

先ほども解説したように富裕層の方の人間関係はオンオフがはっきりとしていない場合も多いです。
趣味を人と楽しむもの、人をもてなすためのものととらえている富裕層も多いかもしれません。
ゴルフ、ヨット、別荘などといったように人をもてなす、誰かとの時間を楽しむような趣味を富裕層の方は多くもっています。

また、富裕層同士でお互いをもてなしあうことも多いので富裕層はおもてなし上手であり、おもてなしを受けるのも上手と言えるのではないでしょうか。

健康も大切な自己投資ととらえている富裕層が多い

富裕層の方はお金が大事なのでは?と思っている方も多いかもしれません。
富裕層の方はお金を大切にしていると同時にお金では手に入らないものの大切さも知っています。
お金で手に入らないものの一つに健康があります。

実際、富裕層の方々は将来の健康のために自己投資の一つとして運動などの趣味を持っていることも多いです。
そして、最近富裕層の中ではマラソンやジョギングよりもトライアスロンが人気のようです。
トライアスロンは水泳、自転車、マラソンと3つの競技を一度のレースで行いタイムを競います。
このより過酷な環境が富裕層の方々を奮い立たせてくれるということで人気を博しているようです。

富裕層の靴、かばん、ファッションの趣味の傾向


富裕層のようにお金があったら、好きなものをなんでも買えていいな、と考えてしまうこともあるでしょう。
富裕層の方々はどんな買い物をするのでしょうか。私たちのように買い物でストレス発散をするのでしょうか。

富裕層の方々は一時の感情でものを買うというよりも品質の高いものや長持ちするものを購入して長く大切にする傾向が多いようです。
また、相手に上品に見られたいという気持ちや不快にさせたくないという気持ちも強いので相手に心地よく思ってもらえる持ち物やファッションを好む傾向にあるようです。

富裕層の住まい、別荘の趣味の傾向

富裕層の方は純資産1億円以上保有しているという定義が多いです。
さぞ、自宅も豪華なんだろうと考えてしまいますが、富裕層の方の中には自宅は賃貸という方も多いようです。

富裕層の方は合理的な考えをする方が多く、職場から近い一等地に自宅を借りているという方も多いようです。
自宅は豪華ではなくインテリアもシンプルという方もいるようです。

また、親や先祖から財産を受けついで富裕層になった方の中には土地や建物などの資産があるのは実家で今住んでいる土地は違う場所というのもあります。
その場合、今住んでいるところは賃貸で済ますというパターンもあるようです。
ただ、その場合でも別荘には人を招いてもてなすこともあるので豪華にしているということもあります。

旅行、特に海外旅行好きな富裕層が多い


富裕層といっても様々なタイプがいるので一概には言えませんが、趣味の中で多いものは旅行です。
中でも海外旅行を好む富裕層の方は多いです。
旅行に行けば仕事や日常のことなどを忘れてリフレッシュできますし、海外旅行では違う文化も体験できまさに非日常を味わうことができます。

ただ、どんな時でもビジネスチャンスや学ぶ機会を逃さない方が富裕層には多いです。

旅行中のちょっとした経験や気づいたことを日本に帰ってきてから仕事でいかすということも多々あるようです。
知り合いを作るのもうまいので、現地で知り合いを見つけ将来はビジネスパートナーになるなんてこともあるのかもしれません。

超富裕層になるほど慈善活動や地域貢献に力を入れるようになる人が多い


自分の会社を立ち上げて仕事に忙しく会社を大きくすることでいっぱいいっぱいのうちは自分のことや会社のことにお金を使うという富裕層が多いです。
何代にもわたり富裕層である場合や一代で使いきれないほどの資産を築いた方は自分のためだけでなく慈善活動や地域貢献に力をいれる場合が多いです。

資産が膨大になる超富裕層になるにつれて次世代の繁栄についても考えるようになりますし、次世代の繁栄のためには社会や地域が良い状態でいてほしいと考える富裕層もいます。
また、自分が吸収してきたものや得てきたものを今度は恩返ししたいという気持ちもあるのかもしれません。

<下に続く>

一般人との違いは?気になる富裕層の趣味の傾向や特徴をまとめてみたのまとめ

いかがでしたか?
富裕層の方はお金をただ浪費してリフレッシュする趣味よりも将来の自分のためになる自己投資のための趣味をする方も多いようです。

また、人脈が広くオンオフの区別がつきにくいので人をもてなすゴルフやヨットなどの趣味を持っている方も多いです。
更にお金では買うことが難しい健康の維持に力を入れている富裕層が多いです。
健康のためだけでなく、より強い目標に挑戦するためにトライアスロンに挑戦している富裕層も増えてきているようです。
このように富裕層の方は趣味を単なるリフレッシュとだけではなく、将来の投資や将来のビジネスのためも兼ねているという方が多いという特徴があります。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事