お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/08/21

女子に喜ばれるための送別会のプレゼントの選び方2017

Large pexels photo 383604
目次

女子にあげる送別会のプレゼントは、時と場合を考えて

null

女子といっても最近は、幅広い年代が該当します。女子に喜ばれるプレゼントとひとことではいいきれません。
女性は、大人になるにつれて、色々な生き方を選択していくことが必要になるからです。

その人の生き方や好みによって、同じプレゼントでも喜ばれる場合とそうでない場合もあります。喜ばれるためのプレゼントは、その点を考慮してすることで、センスのよい贈りものをくれる気のきいた人という印象を残すことができるのではないでしょうか?

いろいろなことを考慮すると、なかなかプレゼント選びが難航しそうです。しかし、その人が好きなもの、自分がプレゼントしたいというものを相手に贈るという気持ちが伝われば喜んでもらえるのではないかと思います。

シーン別に、女子に喜ばれるプレゼントを選んでみたいと思います。

同じ部署だった女性にプレゼントする場合

同じ部署で、長い間一緒に働いていると、一緒に仕事をするうちに、その人の性格や人柄、どういう生活を送っているのかを普段の会話などから感じたりできます。そのため、プレゼントをする場合、こういう感じが好きなのかなと容易に想像ができたりもします。だから、プレゼントも贈りやすいですよね。しかし、逆に贈るプレゼントが多すぎて迷ってしまうということもあります。

プレゼントを贈る場合、情報が少なすぎても困りますが、逆に多すぎても迷ってしまうということがあります。なので、その人の一番身近に感じるものなど贈るのが思い出に残りやすいのではないかなと思います。

例えば、料理好きな人であれば、料理道具などを贈るということもできます。料理道具だったり、調味料だったりと色々その関連するプレゼントなどを思い浮かべることができます。また、これからも仕事を続けるということであれば、仕事の便利グッズやあと美容や好きなコスメなどがわかっていたら、ボディ用品などをあげるのもよいかもしれません。

同じ部署であれば、みんなで相談して出し合って贈ると、個人で送るよりも金額的な余裕がでるので、より良いものを贈ることができますね。

お世話になった女性にプレゼントする場合

仕事でもプライベートでもお世話になった女性の送別会。お世話になった場合は、やはりその人の一番喜ぶものをあげたいですね。そしてできれば、使ってもらえるものをプレゼントしたいです。使ってもらうたびに、思い出してもらうことができるかもしれません。
使ってもらうプレゼント用品を考えてみると、少し高級なペンやハンカチ、タオルハンカチなどを贈ってみるというのもよいかもしれません。

自分のために、高級なペンなどは買わない人の方が多いと思うので、日常品ながら。持っているものと被るということも少ないはずです。そして、ペンであれば、仕事をするときなどに使ってもらうことができます。時間に余裕がある場合は、ペンやハンカチに、名前やイニシャルなどを入れて渡すとおしゃれです。名前などを入れることによって、その人だけのプレゼントになるので、特別な贈り物感が高まります。

<下に続く>

同僚に送る送別会のプレゼント

null

入社の時から一緒に働いてきた同僚の送別会は、感慨深いものがあります。一緒に研修などを受けて、つらい時も楽しい時も一緒に働いていた仲間がいなくなるのも寂しさを感じます。そんな同僚に、みんなで寄せ書きなどを作成して、別れとそしてこれからの新しい出発を祝ってあげたいですね。送別会のプレゼントとしては、少しサプライズ感も含めたようなプレゼントでも喜ばれそうです。

特別なプレゼントという感じをだすのであれば、プレゼント品に、メッセージやイニシャルを入れることによって、その人だけの贈りものができます。

これからの門出にエールをおくるような意味で、「まいにちカレンダー」などを贈って、デスクなどで毎日見てもらうというプレゼントもありですね。

女性上司にあげる送別会のプレゼントを選ぶ場合

いろいろとお世話になった上司であれば、気の利いたプレゼントを贈って、喜んでもらいたいですね。

上司がお酒好きな人であれば、上司が好きなお酒や有名なお酒などを贈っても喜ばれそうです。そのままプレゼントするのではなく、お酒のラベルにメッセージを入れて贈ることで。ちょっとしたセンスがあるプレゼントにすることもできます。日ごろの感謝の気持ちや今までのお礼を兼ねて、メッセージ入りのお酒を贈ることで、サプライズがはいったうれしいプレゼントになります。

しかし、お酒は、どうしても重くなり、持ち帰りを考えると少し気が引ける気もします。でも、お酒が好きな上司なら喜んでもって帰ってくれるかもしれません。

また、お酒の趣味がわからなければ、そのお酒を入れるグラスなどを贈るのも喜ばれそうです。
また、仕事で疲れている上司であれば、お疲れ様という意味もかねて、アロマグッズや安眠グッズなどを贈るのも喜ばれそうです。

会社でもあまり面識のない女性にあげる送別会のプレゼントの場合

同じ会社で働いていても、あまり面識がない人の送別会のプレゼントを頼まれた場合は、日常に使えるもののほうがよさそうです。
例えば、お菓子やお茶などは、好き嫌いもありますが、お菓子は、大抵の女子が好きなものですし、お茶も多くの人が飲むので、奇をてらわないあげやすいプレゼントです。

しかも、少し高級なお菓子やお茶などは自分では買わないという人も多いです。なので、有名なお店のお菓子などをプレゼントすると、意外に喜ばれるかもしれません。

ただ、高級店のお菓子などは、日持ちがしないものも多かったりするので、買う時期を考えたり、買う前にどのくらい日持ちがするかを確認して購入した方がよいです。できれば1週間ぐらいは余裕のあるお菓子のほうが、もらった側も急いで食べないといけないということがなくなります。

習い事やサークルなどで一緒だった人への送別会のプレゼント

習い事やサークルなどに参加している場合でも都合でやめる人がいる場合は、送別会に
をすることもあるでしょう。すごく親しい人には、個別でプレゼントを贈る場合もありますが、みんなで相談し、出し合ってプレゼントを買うほうが、無難かもしれません。

習い事や趣味などだと、その人の一番好きな事になるので、その習い事にちなんだものをプレゼントするという考えもあります。
ただ、趣味とは関係ないプレゼントでも、思い出を飾ってもらえる写真立て、ちょっとおしゃれなランプなども素敵なプレゼントになります。

思い出に残る送別会のプレゼントになりそうです。

<下に続く>

ママ友の送別会でのプレゼント

null

幼稚園や小学校などお子さんがいる方だと、ママ友ができます。

ママ友が、ご主人の転勤などでの送別会でのプレゼント。無難なものとしてはお菓子などの食べ物やタオルなどをあげてはどうでしょうか。家族で食べることもできます。引っ越しなどある場合は、ばたばたしていたり、荷物などを整理したりしているはずなので、あまりかさばるような物は喜ばれないかもしれません。

タオルなども家族のいる家庭だとよく使うので、いくつあっても喜ばれそうです。ちょっとおしゃれママであれば、お菓子やタオルでもオーガニック素材とか、原材料にも気を使うとさらに気が利くプレゼントとして喜ばれるかもしれません。

あとは、お掃除グッズなども喜ばれるプレゼントです。小さい子供のいるおうちだと片づけても、片づけても散らかっているということがあり、便利グッズのプレゼントは喜ばれそうです。

何を贈ってよいかわからない、贈る時に気を付けておくことなどは?

何を贈ってよいかわからない、贈るプレゼントを迷うという人は多いはずです。
そんな場合、贈る場合に気を付けないといけないプレゼントというのがあります。

例えば、お花。
お花は送別の際に、かかせないものです。昔は花がない送別会のほうが珍しいかったほどです。しかし、最近お花を上げる場合には、考慮することも必要になってきました。
お花の種類によっては、花粉症などアレルギーのある方がいるからです。
送別会には、お花だと思ってプレゼントしたところ、その人が花粉症などのアレルギーだった場合、せっかくもらったのに、途中で捨てないといけない羽目になってしまうかもしれません。受け取る方も渡すところで、「アレルギーがあって・・・」というに言われず断りづらいところもあります。

また、盛大にと思って大きな花束を贈ってしまうとその花を持って、電車などに乗ることに抵抗を感じる人もいます。
また、男性に多いようですが、花束をもらっても花瓶がなくて困るという人もいるようです。

私の同僚は、持ちやすいように花かご付きの花を送別会で送られたのですが、終わった後、飛行機にのらないといけなくて、見送りにきた私に、飛行機に乗るのに、「この花かごを持ってはいけない」と私に託して飛び去っていきました。
お花は、送別会を飾るのにふさわしいプレゼントではありますが、その人の予定や事情をよく確認しないと、迷惑になることもあります。

ただ、そうかといってお花を贈らないのも送別会のプレゼントとしては、寂しいです。最近は、お花が苦手な人に贈るように、ブリザーブドフラワーなどやタオルなどで花束などをつくったものがあります。
生花が苦手な人などあらかじめリサーチをすることも必要ですが、生花が苦手でも、生花に代わるものがあるので、便利です。

これさえ贈っておけば、どんな女子でも喜ぶてっぱんプレゼント

送別会で贈るプレゼントに迷ったとき、これを贈っておけば、迷惑にはならないだろうというプレゼントがあります。
それは、ハンカチやハンドタオル、軽くて使ってもらいやすい物です。もし、柄が趣味でなかったとしても、色々な用途に使ってもらうこともできます。贈られた方も持って帰るのにも軽くてかさばらなくて迷惑にはならないはずです。

プレゼントとして多いものは、お菓子です。お菓子も好き嫌いがあります。ただ、お菓子は選び方によっては、無難なプレゼントです。というのも食べ物の中でもお菓子は、大抵の女子は、嫌いな人がいません。また、選ぶお菓子によって、かさばらない、重くならない、おしゃれにみえます。そして、日持ちをするものを選ぶことで、もらって自分が気に入らなくても、ほかの人に容易にあげることもできるからです。

迷った場合は、普段、自分では買えないような高級なチョコレートや有名なお菓子店などからプレゼントを選んではいかがでしょうか。

※ただ、チョコレートは、溶けるため夏場は避けたほうがよいかもしれません。
プレゼントとして、お茶もあまり好き嫌いを選ばすに定番であげられます。特に、お茶は軽いので持ち運びも楽です。お菓子だとカロリーや体型に気を使っている女子には、プレゼントしにくいですが、お茶だとカロリーもないものが多いので、気を遣わずに上げることができます。

女子に送る送別会のプレゼントで気を付けたいことは

null

贈る女子にもよりますが、持って帰るということを考えると、重たいもの、かさばるものは、避けたほうが無難です。

よっぽど、その人がほしかったプレゼントなら重たくてもかさばっても頑張って持って帰るかもしれません。しかし、大抵の女子は、重たいもの持って帰るのなんて、つらいです。あまりに重いと途中で捨てて帰りたくなるはずです。
私なんて、買い物をしすぎて重たくて、途中でおいて帰りたいと思ったことがあるくらいですので、ましてや、もらったものであれば、なおさらです。

折角、送別会で上げたプレゼントが、喜ばれないのも残念です。
最近は、結婚式の引き出物も軽くなってきているご時世です。
プレゼントは、極力重いものは避けたほうがよさそうです。

2017年女子に送る送別会のプレゼントで人気のものは?

最近のプレゼントは、定番ではなく、その人オンリーのプレゼントが人気です。

例えば、マグカップやハンカチなどそのままプレゼントとしては定番ですが、その定番のプレゼントに名前やイニシャルを入れることで、その人だけのプレゼントができて特別感がアップします。
また、変わり種としては、体験型のプレゼントもあります。

カタログプレゼントの体験バージョンで、あらかじめその体験に金額が設定されているので、プレゼントとしてカタログを渡すと、もらった人は、その中に書かれている色々な体験の中から一つ選ぶことができます。

あとは、ボディ系など美容関連グッズです。肌が弱い人もいるので、コスメは人を選びますが、タオルやアイピロー、マッサージ関連などは、使いやすいのと美容関心の高い人には喜ばれるプレゼントになります。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事