お金のコトをもっと身近に|みんかね

おすすめクレジットカード比較!人気クレカの還元率や限度額、年会費まとめ

Large pexels photo 164571  1
目次

カード

クレジットカードはライフスタイルによって合うものは様々です。今回はおすすめ/人気クレカの常連5つを徹底比較します。

クレジットカードは種類もランクも様々でそれぞれの特徴・メリットがつかみにくいです。
ですので、この記事ではおすすめ/人気クレジットカードランキングに常連の5つのカードを取り上げ、特徴やメリットを比較していきます。

おすすめ/人気クレジットカード①三井住友VISAクラシックカード

null

三井住友VISAクラシックカード 公式ページはこちら

国内最大手の三井住友銀行が発行しているクレジットカードであり、そのサービスやセキュリティは素晴らしいものとなっています。

『マイペイすリボ』とは?

三井住友VISAクラシックカードを使う際に、絶対に併用したいサービスがあります。それは、『マイペイすリボ』です。
『マイペイすリボ』とは、あらかじめ指定していた支払い金額を超えた分が、リボ払いとなるサービスです。つまり、リボ払いで毎月一定額の支払いをしていて、余裕のある月には一気に支払えます。
しかし、『マイペイすリボ』を使うメリットはこれだけではありません。
ここからは、『マイペイすリボ』を使うことで得られるメリットを2つご紹介します。

メリット①『マイペイすリボ』への登録+買い物利用で年会費無料

『マイペイすリボ』へ登録して、年に一回このサービス使用すれば、その年の年会費が無料になります。

メリット②リボ払いでポイント2倍

『マイペイすリボ』を登録している間、リボ払い手数料の請求がある月はボーナスポイントとしてポイントが2倍になります。

今なら10500円分のキャッシュバックキャンペーン中!

2017年9月29日までの申し込みで最大10500円分のキャッシュバックされます。
詳細は以下です。

・新規ご入会&ご利用で、1,000円キャッシュバック
・バーチャルカードの同時ご入会&ご利用で、1,000円キャッシュバック
・家族カードの同時ご入会&ご利用で、2,000円キャッシュバック
・「マイ・ペイすリボ」同時設定&ご利用で、1,000円キャッシュバック
・「三井住友カードiD」ご入会(同時申込含む) or Apple Pay新規設定&「iD」ご利用で、3,000円キャッシュバック
・新規ご入会&「ココイコ!」ご利用で、500円キャッシュバック
・新規ご入会&「ポイントUPモール」ご利用で、500円キャッシュバック
・新規ご入会&「Amazon」ご利用で、500円キャッシュバック
・携帯電話のクレジットカード払い登録&ご利用で、1,000円キャッシュバック

キャンペーン期間中に申し込んでキャッシュバックをもらいましょう。

三井住友VISAクラシックカードのまとめ

セキュリティや『マイペイすリボ』などのサービス、またシンプルで使いやすいカードとなっているので、初めてクレジットカードを持つ社会人におすすめのカードです。

<下に続く>

おすすめ/人気クレジットカード②Orico Card THE POINT

null

Orico Card THE POINT 公式ページはこちら

CMでおなじみのOrico Card THE POINTの魅力は何と言ってのそのポイント還元率の高さにあります。ここでは、Orico Card THE POINTの特徴をお伝えします。

還元率は1%以上

Orico Card THE POINTの還元率は基本1%ですが、オリコモールを経由して買い物をすると、さらに0.5%加算されます。
さらに、入会後半年間はポイント還元率が2.0%となるので使えば使うほどお得になるカードです。また、100円で1オリコポイントがたまり、500オリコポイントからすぐにリアルタイムで交換、使用ができるのも魅力です。

iD、QUICPayと併用してさらにお得

Orico Card THE POINTにiD、QUICPayを搭載すれば、コンビニなどで少額の支払いをする際でも、簡単にスピ―ディに決済ができて、さらにポイントもたまります。

新規入会で6000円相当のオリコポイントプレゼント

期間中にカードを利用すれば、利用金額に応じて、最大3500ポイントを得られます。さらに電気料金や携帯の支払いもOrico Card THE POINTを使えば、さらにポイントをもらえてお得です。

Orico Card THE POINTのまとめ

Orico Card THE POINTに向いている人はネットショッピングをよくする人です。カードのポイント還元率がもともと高いうえに、オリコモールで買い物すれば還元率が2%になるのでおすすめです。

おすすめ/人気クレジットカード③楽天カード

null

楽天カード 公式ページはこちら

CMでもおなじみも楽天カードには楽天特有のサービスがたくさんあり、使い方によっては大変お得に使うことができます。ここでは、楽天カードを使うメリットを中心にお伝えしていきます。

楽天市場で買い物すればポイント4倍

楽天市場で買い物すれば、ポイントがいつでも4倍になります。また電子マネーの「楽天Edy」と併用すれば200円ごとに1ポイントたまり、さらにお得に使えます。

ポイントがもらえるキャンペーンが豊富

楽天カードの魅力は何といっても、ポイントがもらえるキャンペーンが年中豊富にあるということです。
カード会員は利用者向けサービスである「楽天e-NAVI」を使えば、いつでもキャンペーンをチェックできるので、常に更新情報を追いかけるのがおすすめです。ここからは、代表的なキャンペーンを紹介します。

ポン!カン!キャンペーン

当月中の楽天サービス利用数によって、獲得したポイント数が2倍~4倍になるキャンペーンです。

紹介キャンペーン

これは紹介した人が楽天カードに申し込むと1名あたり2000ポイントが得られるキャンペーンです。

新規入会で8000ポイントもらえる

楽天カードへの入会をすれば、8000ポイントがもらえるキャンペーンが実施中です。内訳としては、入会で2000ポイント、利用で6000ポイントもらえます。

またこれ以外にも随時キャンペーンが更新されていますので、新着情報を常にキャッチしておくのが楽天カードのお得な使い方です。

楽天カードのまとめ

楽天カードをおすすめしたい人は普段から楽天市場で買い物をする人です。楽天の系列の店舗や通販ならポイント還元率が非常に高くなり、キャンペーンとうまく組み合わせれば効果は抜群です。
しかし、一方であまり楽天系列で買い物しない方は、他社のクレジットカードを使う方がお得でしょう。

<下に続く>

おすすめ/人気クレジットカード④アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

null

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
公式ページはこちら

世界で通用する高いステータスを持ったアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのご紹介です。
他とは一味違うアメックス・ゴールドの魅力を解説します。

海外旅行・出張に行くなら持っておきたい

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの魅力は何と言っても旅行・出張時のサービスの充実性にあります。
ここでは、どのようなサービスが受けられるのか詳しく解説します。

『プライオリティパス』

これは、国内外の700ヵ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」にカード会員と家族会員の方が年会費無料で登録できるサービスです。さらに利用料も年間2回までなら無料となるので旅行・出張の際にぜひ使いたいサービスです。

手荷物配送サービス

海外へ行く際に、自宅~空港間(往復)を、カード会員1名につき、スーツケース1個を無料で配送するサービスです。

『ゴールド・ダイニング』/『American Express Invites』

アメックス・ゴールドではレストランサービスも充実しています。

ゴールド・ダイニング

国内外200以上のレストランで利用できるサービスで、掲載されているレストランのコースを2名以上で予約すると1名分が無料になります。一流レストランのコースを通常の半額で食べられるサービスとなっていてお得です。

American Express Invites

世界中から厳選された400以上のレストランで優待を利用できるサービスです。飲食代が2割引きとなったり、ボトルワインのサービスがあったりと優雅な時間を過ごすことができます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのまとめ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの魅力は何といっても、そのステータスの高さで、世界中どこにいても通用します。また、出張・旅行で海外によく行く人にもおすすめです。

おすすめ/人気クレジットカード⑤ライフカード

null

ライフカード 公式ページはこちら

ここでは、サブ的に持っておきたいライフカードのご紹介をしたいと思います。ライフカードは他社のカードより、ステータスがすごかったり、サービスが充実しているわけでもありません。
しかし、ライフカードには他のカードにはない、活用したいメリットがあります。

誕生日月はポイントが3倍

ライフカードの最大の特徴は誕生日月にポイントが3倍になることです。また、ライフカードは年間50万円の利用で300Pプレゼントと次年度基本ポイント1.5倍の特典が受けられます。

さらに、年間200万円の利用でポイント2倍の「プレミアムステージ」にランクアップします。つまり、使えば使うほど、ポイント還元率は高くなります。

年会費が無料

ライフカードは年会費が無料なのも大きなメリットです。ですので、誕生月にだけライフカードを使うといった使い方もでき、手元に置いておきたいカードの1つです。また、ポイントの保証も5年と長いので、使用頻度が高くなくても安心です。

9月30日までは7000円相当のポイント還元キャンペーン

ライフカードでは現在、最大7000円相当のキャッシュバックキャンペーンを行っていますので、お得に作れます。

ライフカードのまとめ

ライフカードは年会費が無料で、また誕生月はポイントが3倍となるので、2枚目のカードとしてもって置くのがおすすめです。

<下に続く>

おすすめ/人気のクレジットカードを比較

ここでは、取り上げた5枚のクレジットカードを年会費、ポイント還元率、電子マネー、国際ブランド、発行スピード、旅行傷害保険の項目で見たいと思います。以下が各項目で比較した表です。

カード名 年会費(初年度) 年会費(2年目以降) ポイント還元率 電子マネー 国際ブランド 発行スピード 旅行傷害保険 限度額
三井住友VISAクラシックカード 無料 条件付き無料 0.50% iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave VISA、Mastercard 最短3営業日 2000万円 10~80万円
Orico Card THE POINT 無料 無料 2% iD、QUICPay VISA、Mastercard、JCB 最短8営業日 2000万円 10万~300万円
楽天カード 無料 無料 4% Edy VISA、Mastercard、JCB 1週間 2000万円 100万円未満
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 無料 29000円 0.3~0.5% モバイルSuica、SMART ICOCA、Edy AMEX 1~3週間 1億円 -
ライフカード 無料 無料 0.5~1% iD、Edy、モバイルSuica、nanaco VISA、Mastercard、JCB 最短3営業日 2000万円 10~120万円

年会費とポイント還元率でみるならOricoか楽天カード

年会費と還元率で見てみると、Oricoと楽天カードがおすすめです。両カードはともに年会費が無料で、ポイント還元率がともに高いです。

どちらのカードがおすすめか普段のライフスタイルで変わってきます。オリコモールを経由してAmazon、楽天、ヤフーショッピング、ヤフオクをよく使う人ならOrico Card THE POINTが還元率2%となりおすすめです。
また、Orico Card THE POINTは他のクレジットカードとくらべて限度額が10~300万円と他のカードと比べて高いのも魅力の1つです。

一方で楽天カードは還元率が4%とかなりお得ですが、これが適用されるのは楽天市場での買い物のみなので注意が必要です。しかし、楽天市場や楽天関連の店舗でよく買い物をする方は楽天カードが圧倒的にお得です。

メインで三井住友クラシックカード、サブでライフカードがおすすめ

三井住友クラシックカードは1枚目にはぴったりな無難なカードです。年会費も初年度無料で、次年度も上記で書いた『マイペイすリボ』の登録と買い物1回で無料となるため、メインカードとして使うならかなりおすすめのカードです。

また使える電子マネーの数が iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave と、かなり多いので少額決済がスピーディに便利に行えます。ポイントもたまるのでおすすめです。
そして、三井住友クラシックカードと掛け合わせで使いたいのがライフカードです。ライフカードは上記のように年会費が無料で、誕生月がポイント3倍となり、ポイント保証が5年と長いのが特徴です。

おすすめの使い方としては、普段の買い物や少額決済を三井住友クラシックカードで行い、誕生月だけライフカードを使うことです。こうすれば、高い還元率を保ったままカードを使うことができます。

海外旅行・出張によく行くなら アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

上記に書いたようにアメックス・ゴールドの最大の魅了はそのステータスの高さです。年会費は次年度以降29000円と他と比べると高めですが、海外に行くなら、お得になります。

アメックス・ゴールドの会員はVIP空港ラウンジの会員に無料でなれ、年2回までは無料で使うことができます。また、渡航先の海外でもレストランなどで1名分のコース料理が無料となったり、ボトルワインのサービスも受けられますので、使い方によっては年会費以上の待遇をうけられます。
また、旅行傷害保証が最大1億円と高額なところも安心できるポイントです。

おすすめクレジットカード比較!人気クレカの還元率や限度額、年会費のまとめ

いかがだったでしょうか?
各クレジットカードにはそれぞれ一長一短があり、個人のライフスタイルによっておすすめのクレジットカードは変わってきます。また、クレジットカードは1枚だけ持つよりも、特徴を抑えて2枚、3枚と併用する方がお得につかえます。ですので、クレジットカードを契約する前に、自分の生活にどのカードが合うのか検討してみることをおすすめします。

Thumb img 2697
written by
明治大学文学部1年の学生。 株式会社モスティープレイスでは主に記事の企画から編集、公開までのすべてを担当。 また記事を執筆することもあり。 最近は株式投資とプログラミングに熱中している。
関連記事
おすすめ記事