お金のコトをもっと身近に|みんかね

立会外分売とは。各証券会社の取扱銘柄やデメリットを徹底解説

Large pexels photo 288477 1
目次

立会外分売とは

立会外分売とは、証券取引所の立会外(時間外)で株が売り出されることです。
取引時間外での売り出しを行うことで、大量の売りによる市場価格の下落を抑えることが出来ます。

立会外分売においてが、既に公開されている企業の株について売り出しが行われます。
売り出しを行うかどうかは、通常は売り出し開始前の2週間から前日までに決定されます。

売り出しを行う日の前日の終値を基準として、その株価より少し安い価格で売り出しが行われます。
また、立会外分売で株を買うためには、申し込みをする必要があります。
申し込みが出来る株の上限が定められており、申し込みが多かった場合は抽選となります。

<下に続く>

立会外分売のメリット


立会外分売で株を購入することには、いくつかのメリットがあります。

まず1つ目は、売り出し前日の終値より数パーセント安く買うことが出来ることです。
銘柄にもよりますが、一般的には、3~5パーセント安く売りだされます。

2つ目は、購入手数料がかからないことです。
通常の取引での購入であれば、証券会社に売買手数料を支払いますが、立会外分売では購入手数料がかかりません。

立会外分売のデメリットや気を付けなければいけないこと

これまでメリットを紹介してきましたが、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

まず、赤字企業による立会外分売です。
企業の利益回復のために子会社の分売を行う、毎年決められたタイミングで高値あたりになった時にわざと分売を行う企業もあります。
立会外分売に限らず、株の購入の際は、その企業の流れをしっかりとチェックしておく必要があります。

また、利益確定売りによる価格の下落にも気を付けなければなりません。
立会外分売で購入した人の売りが集中した場合、価格が一気に値下がりする場合があります。
特に小さな企業など、流通量が少ない株の場合、その傾向が顕著に出ますので、注意が必要です。 

そして、前項で申し込みが多い場合、つまり申し込みがば分売の株数を上回った場合は、抽選が行われると言いましたが、実際のところ、ほとんどの場合は抽選になるので、申し込みをしたからと言って、必ず買えるわけではない点にも注意が必要です。

<下に続く>

立会外分売を活用するには


立会外分売を活用して、利益を得る方法をいくつかご紹介します。

まず1つ目は、市場の指定替えに注目する方法です。

立会外分売を行う理由の1つに、市場の指定替えを目的としたケースがあります。
市場の指定替えとは、例えば、東証二部から東証一部へ、東証マザーズから東証二部や東証一部へという風に、上位の市場へ昇格することです。
昇格すするために、株数を増やしたい企業側の意向もあり売り出しを行います。
この点を活かして、取引を行います。

指定替えで利益を上げるには、大きく2パターンあり、指定替えが決まってから取引を行う方法と、指定替えが行われそうな銘柄を予想して取引を行う方法です。
市場の昇格が行われると、株価は大きく上昇します。その値上げ幅で利益を狙うのです。

そのためには、市場替えを狙っている企業を見極める力が必要となってきますが、これは、企業の動きを注意深くチェックしていく必要があります。
東証二部に上場してから10年以上経過し、経常利益を5億円出しているような企業は一部指定に向けて動いている可能性があります。
具体的には、株式分割を行い流動性を上げたり、株主優待を新設して株主を増やす、立会外分売で株主数を増やすなどの動きがあれば注意深くチェックすると良いでしょう。

次に2つ目は、売り出し後の株価下落からの上昇を狙う方法です。
売り出しを行うと株価は一時的に下落します。

そして再び上昇する可能性のある銘柄の購入を行い利益を得る方法です。
この手法は貸借銘柄に限られます。
立会外分売が決定したら、まず信用の貸借倍率を確認します。
売り出し前に売り残が急激に増加した銘柄を探してください。

株価が下がると、信用売りを行っている投資家が、一時的には利益が出ますが、ポジション解消のために買戻しを行う必要があります。
つまり、売り出し後の株価の下落の際は、新規で買いを行う人たちのほかに、売りの買戻しを行う人たちの2つの力が働くこととなり、上昇する傾向が強くなります。
この上昇幅で利益を狙います。

各証券会社の立会外分売の取扱銘柄


前述の通り、立会外分売を行う銘柄は、2週間前から前日までに決定されます。
各取扱証券会社のHPで発表が行われていますので、いくつかご紹介します。

SBI証券

SBI証券は、全体的に取引手数料が安く、韓国や中国、IPO株など幅広い商品の取り扱いを行っています。
また市場分析レポートなど、取引に役立つ情報も充実しています。

SBI証券

マネックス証券

マネックス証券は、2006年に「日興ビーンズ証券」と当時の「マネックス証券」が合併して出来た証券会社です。
両社の良いところを取り入れて、投資初心者にも使いやすいサービス展開を行っています。

マネックス証券

楽天証券

楽天証券は、誰もが知っている「楽天」が運営している証券会社です。
楽天証券は、高機能なテクニカル分析ツールのマーケットスピードが有名です。
マーケットスピードは、トレード上級者御用達のツールですので、1つの口座は持っておきたいところです。

楽天証券

<下に続く>

立会外分売とは。各証券会社の取扱銘柄やデメリットを徹底解説のまとめ

今回は、立会外分売についてご紹介しました立会外分売は、大きく利益を上げることは難しいですが、ある程度の傾向が固まっており、低リスクで取引に臨める手法であると思います。
また、市場分析や企業分析を行うとさらに勝率は上がっていくと思いますので、ぜひ立会外分売を利用して利益を上げていきましょう。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事