みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/09/21

年収420万円の生活レベルは?手取り年収や税金、職業について

Large pexels photo 450271  1

420万円は平均的な年収

働いている方ならば誰もが気になる年収です。30代の方の年収の相場となっている420万円。果たして年収420万円の方はどのような生活をしているのでしょうか。

年収420万円の中でいくらが税金に消えていくのか。実際の手取りはいくらになるのか。

年収に不満を感じている方は

すでに、いまの年収に不満を感じている方は、61%の年収アップ実績を持つ「リクルートエージェント」で一度キャリア相談をされてはいかがでしょうか。

専任のキャリアアドバイザーに相談ができ、ご自身の年収アップの可能性や転職可能な業界や会社を知ることができます。

また、転職活動をはじめた場合、年収の交渉や、面接日程の連絡を代わりに行ってくれるメリットがあります。

<下に続く>

年収420万円の手取りと税金はどれくらい?

年収420万円の人の仕事風景

手取りとは年収や月収の中から所得税、住民税、健康保険料、年金、雇用保険料、を差し引いたもののことを言います。あなたの口座に直接振り込まれた金額そのものです。

税金は計算してみると思っているよりも引かれています。あなたも確認してみてください。高いお金を払っているのです。

健康保険料や年金、雇用保険料も給与明細を見てみるとこんなにも引かれるのかと驚きます。その代わりに、日本では様々な物の整備や病院などが安いなどの利点があるのです。

では具体的にはどのようになっているのでしょうか。

年収420万の手取りと税金はどれくらい?

年収420万円の人の手取りは約335万円ほどになります。これはあくまで扶養家族がいない場合に限ります。年金や健康保険、雇用保険、税金が引かれここまで減ってしまいます。

年収420万円にかかってくる税金には所得税、住民税があります。これらは国民の義務なので納税しなくてはなりません。所得税が16.5万円、住民税が8.9万円ほどとなっています。

年収420万にかかる税金は?

年収420万円にかかってくる税金には所得税と住民税があります。所得が高い人が高い負担になる仕組みです。

所得税とは稼いだ金額によって税金が変わってきます。年収420万円ならば上記で説明した金額になるでしょう。

住民税は年収に対して決まってくるものです。1年の内で稼いだ額によって毎年の税金が苦が決定します。

<下に続く>

年収420万の生活レベル

年収420万円の人のくらしぶりはどのようになっているのでしょうか。最低限の生活は贈れるほどの金額に感じます。

年収420万円ということは月額にすると約28万円ほどになってきます。とても良い値段に感じる方が多いでしょう。

どのような食生活、部屋の選び方なども見ていきましょう。実際はどうなのかを紹介していきます。

生活レベル①家賃

家賃はだいたい手取りの3分の1程度といいますが、手取りで28万円あり一人だとあまり高い住む方も少なくありません。大体の方は5万円~8万円程度のようです。

防犯対策に力を入れているマンションや、駅地下にこだわるのならばもう少し家賃は上がります。家賃は上がっても女性は特に安全に気を配るほうが大切です。

自分の生活をよく考えて家選びをしましょう。家賃は目安が手取りの3分の1ですが、自分に無理のない範囲のやりくりにしてください。

生活レベル②食費

家族の人数により食費は左右されますが、余裕をもった食生活が出来るでしょう。家賃と食費を合わせた時に12,3万円が妥当といえます。

家賃を抑えることが出来れば相当余裕のある食生活になるでしょう。子どもがいても余裕のある食生活が送れます。年収が420万円あれば子どもができても安心できます。

独身の場合には外食が多くなってしまってもそこそこ余裕のある生活になりそうです。

生活レベル③通信、光熱費

通信費と光熱費は合わせて5万以下に抑えたいところになります。ケーブルテレビなどを引いてしまうと高くなりますので、持ち家の場合には良く考えてください。

光熱費は生活の中で絶対的に必要になってくるものですので無理してまで抑えなくても平気です。生活の中で出来る範囲の最低限の節約をするように心がけてください。

通信費と光熱費で5万以下はなかなか高いほうではありますので、良い生活といえるでしょう。節約のしやすい場所でもありますので、工夫して暮らしてみると良いでしょう、

生活レベル④娯楽

年に最低でも1回は旅行に行けるほどの余裕はあるはずです。あまりたくさんはいけませんが、思い出作りをするのには困らなさそうです。

毎週日曜日などに遊びに行く際には、少し節約しながら遊べばよいでしょう。旅行の時に備えてください。そこまでけちけちする必要もありませんが、何かあったらの時の為に節約も必要です。

毎週、レジャー施設に行けるかといわれるとそうではないです。しかし、たまにいければ楽しめるものなので良い生活になるのではないでしょうか。

生活レベル⑤貯金

独り身ならば家賃の安いところに住み、節約をすれば月に10万ほどの貯金が出来る方もいます。多くの方は5万ほどが良いところでしょう。

家族がいて子どもがいる場合には、貯金が少し難しくなりなかなかうまくいかないかもしれません。

3万ほどが限界ではないでしょうか。それでも月に1円でもできればよいので、生活が苦しくならない程度にしてみてください。

<下に続く>

年収420万に多い仕事

年収420万円の人の仕事場

もし自分が上記のような生活をしていきたいのならば、どのような職業に就く必要があるのかが気になります。

年収420万円に多い職業には何があるでしょうか。どのような仕事の人たちが上記のような生活を贈れるのか紹介していきます。

仕事①消防士

30代ごろの消防士の方は年収が420万円ほどになっています。火事があれば仕事の大変さが良く伝わる仕事です。

自分の命を懸けて人のことを助け、街を守っているのにこれだけ。と思う方もいれば、それくらいもらえるのかと驚いている方もいるでしょう。

市民の安全を守るための消防士はとても格好良いですね。

火災や緊急時の救世主・消防士の平均年収は?高卒か大卒かで給料が違う?消防士とは、どのような職業の人なのでしょうか? 『消防士』という言葉には、2つの意味がありま...

仕事②小学校の教師

小学校の教師も30代くらいになると年収が420万円ほどになります。同様に塾の講師も同じくらいの給料です。

教師というのはとても大変な仕事で、これからの社会に出るための子どもをいかにして作り上げていくかが問題になります。給料では足りないくらいの仕事かもしれません。

仕事③管理栄養士

あまり聞いたことがない仕事かもしれません。管理栄養士とは、給食や病院食などのメニューを考える人になります。

管理栄養士がいないと、バランスの良い食事、糖質や塩分などの制限がある人の食事、アレルギー食などを提供することが出来ません。

とても大切な仕事になります。

管理栄養士の年収や難易度は?年収を上げるには地道な努力が鍵になる?管理栄養士の年収っていくらくらい? 人々が健康に毎日を送る為に必要なものの中に食事は欠かせない...

<下に続く>

年収420万円の人が生活に余裕を持つ方法

年収420万円の人が、いまより金銭的に余裕をもって生活するためには、

  1. 収入を増やす
  2. 出費を減らす

当然のことですが、上記の2つが基本的な方法です。

1. 収入を増やす

ます、収入を増やすのが、生活に余裕をうむ方法の1つです。

主な方法としては、「副業をはじめる」「転職する」の2つがあります。

「副業をはじめる」

まず「副業」を行うのが、収入を増やす1つの方法です。

例えば、ブログや自分の趣味で稼げそうなものがあれば、検討してみてもよいでしょう。

ただ、本業に加えて時間を割く必要があり、ご自身の状況によっては現実的ではないかもしれません。

「転職する」

多くの方にとっては「転職」を行うのが、収入を増やす主な方法です。

特に、同業種への転職であれば、即戦力として期待されるため、収入アップが期待できるかもしれません。

ただ、給与交渉を個人で行うのは、なかなかハードルが高いため、交渉力がある転職エージェントを利用することをおすすめします。

専門のキャリアアドバイザーと面談を行い、給与アップが可能かを相談することができるので、給与を上げたいと考えている方は、一度相談されてはいかがでしょうか?

おすすめの転職エージェント「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

リクルートエージェントは以下の特徴をもつ転職エージェントです。

  • 61%が年収アップ
  • 非公開求人数10万件以上
  • 32万人以上の転職成功実績

年収をあげたい場合でも、転職先の担当者に直接年収交渉するのはなかなか難しいものです。

特に、面接を受けるタイミングでは、合否に影響しないか気になってしまう方もいるのではないでしょうか。

転職エージェントを利用すれば、年収交渉やスケジュール調整を代わりに行ってくれるので、スムーズな転職活動を行うことができます。

また、大手の会社ほど、年収の交渉力や紹介してもらえる案件数が多くなる傾向はあるので、転職を検討されている方は利用を検討されてはいかがでしょうか。

2. 出費を減らす

多くの人の生活コストは主に、これらの費用から構成されています。

  • 食費
  • 家賃
  • 娯楽費・交際費
  • 光熱費

まずは、自身がどこにお金を使っていて、どの出費は抑えることができそうか可視化する必要があるでしょう。

マネーフォワード

マネーフォワードは、基本機能が無料で利用できる家計簿アプリで、自分の出費や収入を管理可能です。

銀行口座や電子マネーと連携させることが可能で、振込や使用したタイミングで自動で記録されます。

なかなか家計簿を続けるのが苦手な方でも、手間を抑えて記録を続けることができるでしょう。

<下に続く>

年収420万円の生活レベルは?手取り年収や税金、職業についてのまとめ

年収420万円の人の仕事中の風景

年収420万円についてあなたはどう感じるでしょうか。社会に出て働くとお金を稼ぐ大変さがわかるでしょう。年収420万円はとてもすごいことになります。

これから先、あなたは社会人として成長していくことになるでしょう。年収は年齢と共に増えていくはずです。あきらめず働くことを忘れないでくださいね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line