お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/09/24

非常識な人の特徴や心理!常識のない親や友達のよくある行動や対処法

Large 4
目次

あなたの周りに非常識な人や、非常識だなと感じることがある友達はいませんか?

非常識な人に、「これが常識的だよ」と注意を促しても、「これが私の常識だけど?」というような態度をとられることもあります。

今回は、そんな非常識な人の特徴や行動を、子供を持つ親と友達別にそれぞれ解説していきます。

非常識の意味と類語もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

非常識とは?意味・類語は?

非常識とは、みんなとは違った考えがあり、一般的な知識や考えがある常識的ではないことを言います。

非常識の類語は、不当・自分勝手・配慮がない・違反的・反社会的・問題がある・無茶苦茶・好ましくない・軽率・不謹慎などと、マイナスなイメージのある言葉が並びます。

<下に続く>

非常識な人の心理

null

非常識な人の心理はどのようなものなのか見ていきましょう。

心理①あいさつをしない

人は、まず関わりあう前に「おはようございます」「お世話になっております」「お疲れ様です」「こんにちは」などと、あいさつをすることが一般的です。

あいさつは、その人の印象をも変える大切なものなのですが、非常識な人はあいさつをする習慣がないので、あいさつをしなかったり、こちらからあいさつをするまで何も言わないケースもあります。

また、あいさつはするけれど、「おはようございます」とかけた言葉に「おはーっす」やってあげたことに対して「あざーっす」、「おつかれーっす」など若者言葉で返してくる人も中にはいます。

親しい仲でしたら、問題はないのですが、このような、こちらからあいさつをしないとしない、あいさつは若者言葉で返してくるなど、あいさつの基本ができていません。

心理②コミュニケーションがとれない

例えば、会社で書類のコピーを頼んだりしたときに、スマートフォンをいじりながら返事もせずに、聞いているのかいないのかわからない人はいませんか?

そのような態度から「あぁ、聞いていないんだな、自分でやろう」といざ作業に取り掛かろうとすると、その人が頼んだ作業をしていて、やりましたけど。というような態度で書類を渡すようなコミュニケーションの低さがあります。

聞いているのに自分の中で自己処理をして、けどそれは相手に伝えることがなく、相手からすると返事もしない、話しかけてもこっちを見向きもしないなど、話を聞く態度ができていません。

心理③謝らない

自分の過ちを認めずに、謝ることができない人がいます。

謝らない人にはプライドがあります。

それは、「謝ることは自分の過ちを認め、相手より立場が下になってしまう」という変なプライドです。

小さい頃から謝ることを親から教えられなかったり、気は小さいけれど謝らないことで相手より優位になれると勘違いしています。

なので、このような人に指摘をしたり注意をしても素直に認めず、話をそらしたり自分は悪くない!というような、態度や発言をされるので、トラブルを避けるためにも関わらないほうがいいでしょう。

心理④順番を守らない

新しいお店が今日開店されるから行ってみよう!
新しいiPhoneが発売されるから並んで買おう!
という人の中で、並んでいる人の友達が来て自分の前に入れてあげたり、本当はちゃんと後ろに並ぼうとしたのに、たまたま先に並んでいた友達と会い、話し込んでいるうちに開店の時間が来てさりげなくその友達と一緒に並んだりする人を見たけたことはありませんか?

そのような割り込む人は、後ろの人のことを全く考えていません。

割り込むということは、例えば制限人数が10人で、10番目に並んでいた人が割り込んだ人のせいで番号の中に入れなかったり、待ち時間が長くなったりとたくさんの人に迷惑をかけます。

非常識な人は、人の迷惑を考えずに平気で順番を守りません。

心理⑤マナーが悪い

駐車場の白線をまたいでの駐車、体が不自由な人が使える駐車場なのに健全な人の駐車、信号無視、アパートなどの共同住宅での騒音、犬のフンの置き去り、ポイ捨て、歩きタバコ、歩きスマホ、椅子に足をあげて座るなど、挙げればキリがないのですが、このように周りの人の迷惑を考えない人が多いです。

マナーを守る意思が甚だないので、注意をされても気にしないタイプが多いです。

心理⑥自分のことしか考えない

非常識な人は、相手のことや周りのことは考えることができず、自分のことしか考えれません。

例えば、最後の一個しかないものをみんなが狙っていたとします。

しかし、一般的だと、その一個しかないものをどうしようかと考えます。

しかし、非常識な人は遠慮をすることがないので、周りの人のことを考えずにその最後の一個しかないものを平然と持ち去ります。

「自分が良ければそれでいい」という考えしかありません。

心理⑦店員への態度が悪い

このお店で働いている人は、お店の印象を悪くできないから、客である自分の方が立場が上である。

お客様は神様だ、と勘違いをしている人がいます。

常連さんで店員さんとも仲が良く、笑って話したりしているのは別ですが、非常識な人は、店員さんに上から目線なので、タメ口だったり、商品を店員さんに持って来させたり、商品をレジに置くときにドン!と投げるように置いたりお金を叩き置きをする傾向があります。

心理⑧店内での態度が悪い

我が道を行く非常識な人は、混雑時にも関わらず頼んだ料理を早くもってこいと指図したり、次は運ばれて来た料理が熱いだの冷たいだのクレームをつけたり、オーダーや料理に関するクレームをつけます。

また、飲食店では食べ物を扱い店なのに平気で化粧直しをしたり香水を振りまいたり、大声で電話をかけたります。

スーパーでは商品の前で長々と話し込んでいたり、試食だけが目当てで買い物はしないといった行動も見られます。

心理⑨運転が荒い

一時停止があるのに、停止線ではなく線を超えて歩道での停止、ウィンカーを付けないでの車線変更、前の車を煽るなど、運転によっぽどの自信を持っているのか、標識や停止線など無視したり、歩行者がいるのに見ているのかいないのかわからないような危険な運転や、異様な煽りをします。

このような運転は、いつ事故が起きるかわかりません。

自分の運転能力に酔っていたり、カスタマイズした愛車に寄っていたりと周りの歩行者や同乗者を気にしません。

心理⑩自分の利益しか考えない

非常識な人は、目先にある自分の利益しか考えない傾向があります。

例えば、エレベーターや電車で基本的には降りる人が先で、乗る人が後ですが、早くエレベーターに乗り込みたかったり、電車で席を取りたいがために降りる人を待たずに無理に入り込んだりします。

よく考えると、そんなに利益があるようには見えませんが、自分が早く何かをしたいがために他の人が終わったりするのを待っていることができません。

自分勝手な行動が多いです。

非常識な親のあるあるな行動

非常識だと思う親はたくさんいますが、実際にどのような行動があるのかを見ていきましょう。

null

行動①店内で走り回る子供に注意をしない

お店の中で、自分の子供が追いかけっこやかくれんぼをしているのに、見て見ぬ振りをしている人が多く見られます。

お店で走り回ることで、陳列されている商品が落ちたり、または、棚が倒れたり、瓶の商品が割れたりするほかに、ご年配の方や体が弱い方にぶつかる可能性もあり、他の買い物客の迷惑になります。

なのに全く注意をしない親がいます。

きっと、子供たちが遊んでいる間に買い物を済ませてしまおう、注意しても聞かないから放っておこうというスタンスなのでしょう。

自分の子供がお店の迷惑になっているのに注意しないと、子供もその行為が当たり前になり常識がない大人になる可能性も拒めません。

行動②他人に迷惑をかけても謝らない

子供が誰かにぶつかったり、人の通行の妨げになっているのに謝らない親、いませんか?

お店や病院が混雑しているときにすれ違う際に多少ぶつかるくらいならまだ理解はできますが、明らかにぶつかっているのに「すみません」の一言もなく、子供が転んでしまって後ろかつっかえているのに「子供なんだから仕方ないじゃん」と言わんばかりのオーラを発していたり、自分の子供がしっかりまだ謝れる年齢じゃない場合は、一般的には親が謝ります。

しかし、非常識な人は、例えば子供が迷惑になっていると注意をすると「うちの子がなんですか!?」「子供なんだから仕方ないじゃないですか!」と逆上させてしまうこともあります。

今の時代は他人の子供に注意をできなくなっている環境があります。

行動③商品や他人のものに勝手に触らせる

非常識な人は他人のものなのに構わず、子供が興味を示したら平気で触ったりさせます。

それも、「ちょっと見せてね」や「少し貸してくれる?」など断りもなくです。

また、店内で買い物中、子供が「食べたい!」とぐずり始めると、まだ会計をしていないのに封を開け、食べさせる人もいます。

食べてしまっても、会計をすれば問題ないと考えています。

子供がぐずってしまうと、なかなかゆっくり買い物はできませんし、子供がグズル声で迷惑をかけてしまうと、買い忘れをしてしまったりなどする大変さは十分にわかりますが、会計前の商品を食べさせるのはもってのほか、そもそも店内は飲食禁止なところもありますので、控えていただきたいですね。

行動④サラダバーやドリンクバーに1人で行かせる

バイキングなどは、この料理にはこの菜箸、この料理にはこのトングをと決められていることがほとんどです。

そして、当たり前ですが、食べ物なので混ぜたり何か異物を混ぜたり汚れた手で触ったりすることは絶対に禁物です。

しかし、非常識な人は、他の人も口にする料理を取りに子供1人で行かせます。

バイキングという形式やルールをまだ熟知していなくて、わからなくてもなかなか大人に聞くことができない子供は、例えばこの料理にはどの箸を使えばいいのか、間違ってこぼしてしまった料理はどうすればいいのか、迷ってしまった時に、周りに頼る親がいないので自己解決をしようとします。

また、ドリンクバーでは氷を落としてしまうと誰かが踏んでしまう危険性や、運ぶ際に他人の服を汚してしまう可能性もあるにもかかわらず、平気で子供1人で行かせます。

行動⑤駐車場で遊ばせる

お店の駐車場で子供が走り回り、車がクラクションを鳴らしても、「なに!?」という態度をされたり、アパートなどの共同駐車場で他人の車があるにもかかわらずボール遊びをしたり、建物にあてて音を出したりと危険な場所で平気で子供を遊ばせる非常識な人がいます。

このような人たちは、たとえ他人の車にものをぶつけても知らないふりです。

注意をしても開き直ることも多いので、注意をするだけ無駄です。

行動⑥子供の前でタバコを吸う

タバコは受動喫煙の可能性があるので、今は喫煙所が設けられている場所がたくさんあります。

しかし、自分が「タバコを吸いたい」という欲に負け、または自分の快楽を得るために子供がいるにもかかわらずタバコを吸う親がいます。

子供の健康被害を考えないでタバコを吸う親は、子供だけではなく周りのことも考えないので、歩きタバコや灰皿が設けられていない場所で吸って、灰や吸い殻をその辺りにポイ捨てをします。

また、車中に子供を残して両親が車外でタバコを吸う姿もよく見かけます。

子供を思うと非常に胸が痛みますね。

行動⑦違反駐車をする

子供を病院に連れて行きたいけれど、予約ができなかった、だから、診察券だけを置きにいきたい、診察券だけを置きに行くだけだからわざわざ駐車場に停めるのは面倒だから駐車禁止の病院の出入り口付近にハザードをつけて駐車しよう。

スーパーの駐車スペースで近場があいていない。
だから、白線外に停めちゃおう。

なんて人、いませんか?

自分がラクをしたいがためにこのように駐車禁止スペースに停めたり、道幅が狭いにもかかわらず電話が来たからと路上駐車をする人が多くいます。

行動⑧行事の際にルールを守らない

運動会や授業参観など、幼稚園や学校に行く時に、いい場所を取るために決められた時間外の早い時間から待機していたり、撮影禁止なのに写真を撮りまくる親がいます。

運動会などの全校で行う行事は、周りの住人に迷惑をかけないよう、幼稚園や学校側が集合時間を提示しているにもかかわらず、場所取りのためにそれを無視をします。

そして、譲り合う気などさらさらないので、明らかに人数に対する大きさ以上のレジャーシートを広げます。

また、保育参観や授業参観ではプライバシーのために撮影を禁止している幼稚園や学校が多いですが、我が子の写真を撮りたいがためにシャッター音や、撮影する時にちょろちょろ動き回ったりの迷惑行為をします。

またその撮影した写真は、我が子だけではなく他人の子供や先生、保護者の方が写り込んでいるにも関わらず、平気でSNSにアップをします。

行動⑨公共の場で子供を放置

車が来ない安全な公園や支援センターなど公共の場で、子供を野放しにしている親が多いです。

一緒について回るならまだしも、親は親でスマホをいじっていたり、ママ友とお話をしていたり、子供を一切見ていない非常識な親は、このご時世たくさんいます。

車が来ないから、うちの子はいいことと悪いことの区別はついているから、といった理由からそうなるのでしょう。

しかし、そういう子に限ってお友達のおもちゃを横取りしたり、横入りをしたりする子が多いんです。

だけど、親が近くにいないものだから、見ていた他の親は注意をするくらいしかできません。

何かトラブルが起きても、子供を注意したり怒ったりする親が近くにいないため、子供自体が何をしたらダメで、このような場面ではどうするべきなのかを学べないため、子供にとってもいい環境とは言えません。

行動⑩土足でイスに上がらせる

病院の待合室や電車の中などで、靴を履かせたまま椅子に立たせている非常識な親を見たことはありませんか?

親は注意をすることもせず、立っている方が大人しいからとそのままにします。

しかし、基本的に椅子は座るもので、次に座る人のことを考えると汚してはいけないのが当たり前です。

靴を脱がしてから立たせるならまだ理解ができますが、履かせたまま立たせるのは理解ができません。

<下に続く>

非常識な友達のあるあるな行動

非常識だなと思う瞬間がある友達がいたとしたら、照らし合わせながら見ていきましょう。

null

行動①お金を出さない

一緒にランチをしにいっても会計時に「ちょっとトイレに行ってくるね」と会計を任されたり、姿をくらます人はいませんか?

「後で返すから!」など口では言うものの、待てど暮らせど返すことはもちろん、そのようなそぶりも見せません。

だからと言ってお金を出した側からすると、返してとはなかなか言いづらいものです。

非常識な人は、自分がお金を出したくないがゆえ、会計時に姿を消します。

行動②わがまま

あれじゃなきゃやだ!これはこうしないとやらない!など、自分中心な人がいます。

周りの意見を聞いたり、周りに合わせることができないので、周りの人に多大な迷惑をかけます。

しかし、それでも御構い無しで、自分のわがままのせいで周りが困っていることには気づきません。

とにかく、自分の言うことが通ればそれでいいと思っています。

行動③どこでも写真をとる

ディズニーランドや遊園地で思い出を残すための写真ならいいのですが、最近では店内でSNSに上げるために写真を撮る人をよく見かけます。

お店の方もSNSに取り上げられることで有名になったり、売上が上がったりするので、撮影OKな人もいますが、必ずしも全部のお店ではありません。

中には撮影禁止にしているお店だって数多くあります。

許可を得てからの撮影ならいいのですが、断りもなく店内や料理をを撮影することは、お店と他のお客様の迷惑になります。

行動④大声で話す

電車やバス、店内や朝早くからの道端、夜の駐車場などで所構わず大声で話す人はいませんか?

会話がダダ漏れになっているにも関わらず大声で話す姿はとても見苦しいです。

また、電車やバスではアナウンスが聞き取れない場合や、他のお客様の迷惑になります。

行動⑤食べ方が汚い

食べ物を食べる時にくちゃくちゃと音を立てたり、飲み物をズズズッーっとすすったりする人は、自分の食べ方の汚さに気づいていません。

また、パンの耳だけを残したり、コロッケの衣だけを外して食べたり、餃子の餡だけをほじって食べる人もいます。

もしかしたらダイエット中なのかもしれませんが、このような食べ方は見ている側も「衣外して食べるなら、コロッケを食べる意味ないんじゃないの?」と思ってしまいます。

そして何より、作ってくれた人に申し訳ないですよね。

クチャラーとは?くちゃくちゃ食べる人の原因や注意の仕方、直し方!家族や友人、同僚、初対面の人など、一緒に食事する機会は誰にでもあります。食事はとても楽しいひと...

行動⑥使ったら使いっぱなし

例えば温泉で、共有の風呂桶やドライヤーを使ったら元の位置に戻さなかったり、乾かした後に落ちた自分の髪の毛をそのままだったり、友達から借りた筆記用具をそのまま返さなかったり、使ったら使いっぱなしの人は、「自分のものは自分のもの、他人のものも自分のもの」と思っているケースや、「自分がやらなくても誰かがやってくれる」と甘えた考えを持っている可能性があります。

使ったものをそのままにしているので、部屋が汚い可能性もあります。

行動⑦店員に上から目線

店員と客という立場をいいことに、明らかに年上の人なのにタメ口をきいたり、商品やお金を叩き置いたりするような上から目線の人は、立場を利用して対応を変えたりします。

自分が選んだ電池なのに、店員がサイズが間違えた!など、クレームをつける可能性も否定できません。

行動⑧連絡せずに突然来る

相手の都合も考えず、自分の都合だけで突然友達が来た経験はありませんか?

迎える側は、やっぱり綺麗な部屋でおもてなしをしたいですよね。

しかし、非常識な人は「大丈夫大丈夫!気にしないでー」などと、あたかも、もとから来るって言っていて、こっちが片付けが間に合わなかったような言い方をしたりします。

行動⑨自己アピールがすごい

非常識な人は、聞いてもいないのに長々と自己アピールをする人がいます。

例えば、気になる異性がいた場合、食事の際にその人に猛烈アタックをかけて他の人との会話に参加をしなかったり、上司に気に入られようと同僚や部下の前とではころっと性格が変わる人がいます。

自己アピールはいい事ですが、度を超えると周りを白けさせてしまったり嫌われてしまいます。

行動⑩他人の物を勝手に使う

了承も得ずに人のものを使う人は非常識です。

また、勝手に筆箱やバッグを開けることも大変非常識です。

消しゴムくらいいいじゃん!と思うかもしれませんが、大切な消しゴムかもしれません。

筆箱やバッグは、見られて嫌だったり不愉快な人もたくさんいます。

しかし、非常識な人はそんなことは御構い無しです。

常識がある人とは?非常識な人との違い

それでは、常識がある人と非常識な人の違いを見ていきましょう。

違い①迷惑をかけないようにすることを考えれる

常識がある人は、周りに迷惑をかけるか大丈夫かなどをしっかり考えて行動できます。

非常識な人は周りの迷惑など考えず、自分が良ければいいと行動します。

違い②相手に気遣いができる

常識がある人は、他人に対して思いやりを持ったり気遣いができます。

非常識な人は、とりあえずこの場から立ち去ろうと困っている人を見て見ぬ振りをする可能性があります。

違い③しっかりとあいさつができる

常識がある人は、その人の印象をも変えるあいさつがしっかりできるので、あいさつをした側もされた側も気持ち良く過ごせます。

非常識な人は、あいさつを自らできない他、あいさつをされても無視をする傾向があります。

違い④間違っていることを指摘できる

常識がある人は、間違っていることをしている人がいたら注意ができ、また自分が注意されたらしっかりと認めて謝ることができます。

非常識な人は、他人を注意することはもちろよ、注意されても見苦しい言い訳ばかりをして謝る姿勢を見せません。

違い⑤相手に正しい敬語が使える

常識がある人は、目上の人にはもちろん、年下だろうが他人にはしっかりと敬語が使えます。

非常識な人は、目上の人に「〜っすか?」「あざっす」と敬語とは言い難い若者言葉を使ったり、年下には初対面にもかかわらずタメ口を使います。

違い⑥相手の話をしっかり聞ける

常識がある人は、人の話に耳を傾けてしっかりと聞くことができます。

非常識な人は、人が話している際中にスマホをいじったり「早く終わらないかなぁー」というようなあからさまな態度をします。

違い⑦物を大事に使うことができる

常識がある人は、みんなが使うものを大切に使えます。

非常識な人は、自分だけ使えればいいや!と使ったら使いっぱなしで、汚した所もそのままにします。

違い⑧一般的なマナーを守れる

常識がある人は、周りのことも考えて行動ができます。

非常識な人は、自分が良ければそれでいい!と言わんばかりに迷惑な行為や行動をします。

注意⑨身だしなみが綺麗

常識がある人は、自分の周りに来る人に不快にしないように身だしなみを整えることができます。

非常識な人は、例えば会社の顔とも言える受付にもかかわらず髪がボサボサだったり、会社なのにメイクが非常に濃かったりします。

違い⑩場をわきまえることができる

常識がある人は、その場の雰囲気を瞬時に読み取り、その場にあった発言や行動ができます。

非常識な人は、雰囲気を読み取ることができないので、静かにしなければならない場所なのに平気で大きな声で話したりします。

<下に続く>

非常識な人への対処法・付き合い方

もし、あなたの周りに非常識な人がいた場合の対処法を見ていきましょう。

対処法①注意をする

非常識な人には、注意をしてみるとすんなり受け入れてくれる人もいますが、中には「私はそんな事していない」「そんなつもはりはない」などと反抗ばかりする人がいます。

非常識な人を注意することは、根気が必要な場合があります。

対処法②流す

非常識な人は、注意をなかなか受け入れてくれない可能性もあるので、「おかしいな」「違うんじゃないかな」と思ったとしても、聞き流すようにしましょう。

一語一句真面目に聞いていたら、腑に落ちないことばかりです。

対処法③関わらない

1番はかかわらないことです。

非常識な人と関わらなければこっちが不快に思うこともありません。

対処法④相手にしない

グループの中の1人が非常識だとします。

グループでその人を外してしまうと仲間外れにされたと思われるので、2人きりにならないようにしたり、1対1で話をしないようにするなど相手をしないようにしましょう。

対処法⑤すぐ忘れるようにする

非常識な人は、平気で人を傷つけるようなことを言ったりします。

本人はそんなつもりはないのに、聞く側からすると不快に思う話はすぐ忘れるようにしましょう。

「あの時、あんなこと言ったよね?」とあとあと聞いても「そうだっけ?」というパターンがあります。

対処法⑥さりげなく見本を見せる

直接注意をすると、「なんのこと?」などと、とぼけたり認めない場合があるので、自分が正しい発言をしたり行動をしたりして、さりげなく見本を見せて注意をしてみましょう。

気づいてくれるかどうかはわかりませんが、やってみる価値はあります。

対処法⑦割り切る

非常識な人に、何を言って無駄だから!仕方ない!こういう人だ!と、自分の中で割り切ることで、これからの付き合いが楽に感じる場合があります。

対処法⑧感情的にならない

非常識な人にあぁだこうだと注意をしても、丁寧に説明したとしても、すんなり受け入れてくれる人は多くありません。

そして、注意をする側もなかなか聞き入れてくれない場合は、人間ですから感情的になることもかります。

しかし、こっちが感情的になってしまうと、非常識な人も言い訳ばかりを繰り返してきて終わりが見えなくなってしまうので、感情的にならないようにしましょう。

感情論で話す人の特徴や接し方!感情論と理論の良い面・悪い面は?感情論とは? そもそも感情論とは何か?文字通り、感情を表だって前面にだして、議論などでも熱くな...

対処法⑨冷静になる

非常識な人は感情的になりやすい場合が多いので、もし、相手が感情的になったとしてもこっちが冷静でいることで、相手は自分が勝った!と立ち去っていく場合があります。

とりあえず、その場に終止符を打つことができます。

対処法⑩同情する

非常識な人が怒り任せにあぁだこうだと行ってきた場合は、おかしいな?と思ったことでも、「わかるわかる」「そうだよね」などと、同情することで相手が落ち着く場合があります。

非常識な人の特徴や心理!常識のない親や友達のよくある行動や対処法のまとめ

いかがでしたでしょうか。

非常識は、常識的ではなく、非常識の類語には、マイナスのイメージを持つ言葉がたくさん並べられました。

また、非常識な人の特徴や行動は、他人に迷惑をかける行為や発言が多く、非常識な親は子供に注意をしたり謝らせるなどしつけができないことが多いです。

非常識な友達は、もしかしたら非常識な親に育てられたかもしれません。

常識・非常識はもしかしたら、人によって境目が多少変わる場合もあり、自分は常識だと思っていても相手はそう思っていなかったりと、このご時世、常識があってないような部分もたくさんあります。

まずは、自分だけでも常識がある人になるよう、態度や行動などを見直してみてはいかがでしょうか。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事