お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/09/28

2017夏冬のボーナス平均はいくら?業界や年齢別ボーナス事情

Large pexels photo 221174  1
目次

ボーナスの平均は年齢・業界・企業で様々?

働いていれば楽しみなのがボーナスですが、自分のボーナスは周りと比べてどうなのか、お金の事なので分からないことも多いでしょう。人に聞きたくても、なかなかお金の話はできないものです。

今回はボーナスの20代、30代の年齢別の平均、また何か月分が平均なのか、冬のボーナスの平均はいくらなのかなど、他には大企業、中小企業。公務員でもらえるボーナスについてなど今回は徹底的に調べてみました。ぜひ参考にしてください。

<下に続く>

2017年夏のボーナスの平均はどうだった?

大企業のボーナス

日本新聞経済社が調査した夏のボーナス結果データがあります。こちらでみると大手企業の2017年、夏のボーナス平均支給金額は約84万円でした。前年と比べて減少が多かった業種は製造業で、前年の約3%が減少したようです。

製造業のボーナスが減った原因は円高が原因といわれています。しかし減少したとはいってもやはり大企業のボーナスは平均からみても高いもの。喜びましょう。

大企業は一つの事業をおこなっていることは少なく、様々な業務をおこなっているため、悪い部門があっても、良い分門でカバーできたり、悪い時も修正しやすかったり、という点があります。

中小企業のボーナス

また中小企業のボーナス結果は、三菱UFJリサーチコンサルティング社による2017年夏のボーナス見通し、というデータからわかります。こちらは見通しですが、平均支給額は約37万円、前年よりは約1%増える、というデータになっています。

こちらは中小企業だけのデータだけではなく、民間企業全体となりますが、実際とそこまで大きく変わることはないでしょう。中小企業の中には今期はボーナスがでない、という業績が厳しい会社もなかにはあるようです。

特に製造業で大手企業の下請けをしている中小企業は厳しい結果になっています。下請けは報酬がある程度決まっているため、入ってくる額を増やすことはできないので利益をあげようとすれば経費を削らなければいけなくなるのです。そうすると人件費をカットするために独自で決められるボーナスを減らす、という事が多いのです。

前年と比べて

日本経済新聞社が夏のボーナス調査をした結果、2017年夏のボーナスは前年と比べると減少していました。平均支給額は約84万円です。5年ぶりの減少ということで、前年比約2.8%減少したようです。

減少ときくと少しがっかりしてしまいますが、冬は増える可能性もありますし、来年は増える可能性もあります。あがっている業種ももちろんあるため、格差が広がっているともいえるでしょう。

ボーナスの平均支給額って?給料何か月分が目安?

ボーナス平均支給額は、大手企業は給料の約2.5か月分といわれており、中小企業は約1か月分、といわれています。1年で考えると大企業は約4から5か月分中小企業は約2から3か月分ほどになるでしょう。

中小企業ともいえない小さな会社ではボーナス0か月、つまりでない会社も増えています。また大企業の約2.5か月分というのも給与次第でもらえる額はかなり変わってきますので、大企業で長年勤めた人こそが1番ボーナスをもらっているといえるでしょう。

ボーナスの手取りの平均は?ボーナスが40万や100万の時の手取りは?ボーナスの手取りって? 「ボーナスがでる!」と喜んでいる方も多いですが、給料○カ月分、という額...

<下に続く>

大企業のボーナスの平均は?

null

大企業平均金額

大きな会社で給与が高いとなれば「給与2.5か月分」の賞与はいくらくらいになるのでしょうか。高いのだろうなと思えますが、大企業のボーナスの平均金額は夏は約50万円から100万円、そして冬は約60万円から110万円なので1年平均で大体約110万円から210万円になると予想されます。

しかし実際に200万円以上もらえる会社は、全体の1割ほどとかなり限られた会社のみとなるでしょう。ただ200万円以上ではなくてもやはり大企業はもともとの給与やボーナスの設定が高いもの。そのため、平均金額よりは高いボーナスをもらえる事が多いでしょう。

特にボーナスが多い企業

東洋経済新聞社が発表した2016年にボーナスの支給が多かった企業のデータがあります。こちらによるとヒロセ通商がなんと563.9万円。こちらはFXの証券取引での大手です。海外にも拠点があるため、収益が高くなったようです。

きちんと人件費にも還元されているのが素晴らしい会社です。こちらの会社は2015年よりも5割以上増えたようです。次は332.6万円のディスコです。この会社は電子部品むけの研磨装置などのメーカーです。

そしてケネディクスという会社が325.2万円。不動産ファンドの会社です。このほかは建設の大手企業が上位にならびました。東日本断震災などの影響もあり、復興などで忙しかった建設業ですが、これから東京オリンピックに向けてまた更に忙しくなるかもしれません。

しかし実は大企業で年間200万円以上という会社は意外と少なく、全体の1割少しといったところなのです。全ての会社に統計をとれたわけではないようですが、年間200万円以ボーナスがあるという事はかなり高いボーナスをもらっているといっていいでしょう。

大企業のメリット

大企業のメリットとしては世の中を動かすような大きな仕事ができる点でしょう。金額の大きい仕事をできる事も多いです。また様々な能力をもった人がたくさん働いているため、出会いは多く、その中から刺激をうけて高めあえることもできます。

しかしデメリットとしては、金額の大きい仕事であれば責任が大きくなること、刺激をうけてたかめあえる一方、出世競争が激しい、などメリットにはデメリットが隠れています。しかしそんなデメリットを吹き飛ばせるような精神力を培える、ということも大企業で働くメリットにもなるでしょう。

また大企業は福利厚生が充実していることも多く、最近では育児休暇や少し変わった誕生日休暇や結婚記念日休暇などを実施しているところもあります。人が多い分、教育制度も充実しており、入社してすぐからみっちり研修などをうけることで、他の会社よりもスキルを急激にアップさせることもできるでしょう。

中小企業のボーナスの平均は?

会社

中小企業の平均金額

中小企業となるとボーナスはどうなるかというと、大体夏が約15万円から30万円冬が約20万円から40万円と、1年合わせると約35万円から70万円ほどになります。

大手企業の下請けとなる仕事が多い中小企業は入ってくるお金はあまり変わらない為、経費を削減して利益にしようとするところも多く、人件費も削られやすいのです。ちなみに厚生労働省が発表した「毎月勤労統計調査」というデータがあります。

こちらによると中小企業の2016年夏のボーナスは平均支給額が36.5万円とのことでした。しかし中小企業の中にはボーナスはない、厳しい業界もありますので、あまりボーナスを期待して働くよりも仕事自体にやりがいを見つけ出して努力して働いた方が月の給料があがって年収があがるなどの結果につながっていくでしょう。

中小企業のメリット

大企業と比べるとボーナスが少ないといえますが、中小企業で働くにはメリットがあります。それは、自分の意見などがとおりやすかったり、社内業務も多くないため、本来の利益を生み出す仕事に時間や人事をあてられたりという事がいえます。

また経営を間近でみることができるため、自分の勉強になることもとても多いでしょう。将来的には独立したいという人にはとても良い環境です。また、ボーナスが少ないといっても中小企業であれば自分をアピールして、努力をすれば出世への競争もあまりないでしょうし自分自身の給料をあげていくことは大企業に比べるとしやすいのではないでしょうか。

小さい会社だから、なんていいますが小さい会社こそメリットはかなり大きいもの。ボーナスが給与1か月分だとしても、月の給与をあげていけば平均の給与2か月分をボーナス1か月分でもらえる可能性や、年収が高い、という可能性はありますので、メリットをいかして努力していきましょう。

<下に続く>

ボーナスと年齢の関係は?50代がピーク?

日本はまだまだ年功序列という会社がとても多いのは事実です。特に昔から長く続く大手企業などはその傾向が高いため、入社してから働く年数が長くなるうちにどんどん給料があがっていく、という事が多いようです。

夏のボーナスで考えると20代のうちは約20万円から30万円台、30代になると約30万円台から40万円、40代で約40万円から50万円、そして50代は50万円超えをする人が多いようです。ちなみにこちらは男性の場合です。

女性の場合は平均金額がぐっとさがります。女性は妊娠・出産などで給料が少ない時期もあり、またキャリアアップがストップしてしまう場合もありますし、産後も育児短時間勤務や扶養内で働くためにパートで働くという人も多いため、平均金額が男性に比べぐっと下がってしまいます。

ずっと働いている女性で男性と同じぐらいもらっている人ももちろんいますが、その割合が少ないため平均になると金額は低くなってしまうのです。男女差についてはこの後でまたくわしく説明しています。

20代のボーナスの平均は?

厚生労働省の「平成28年賞与標準統計調査」というデータがあります。こちらによると20歳から24歳の平均賞与金額は男女合わせて約205万円、男性のみで約209万円、女性は約200万円です。

そして25歳から29歳が男女合わせて約237万円、男性のみで約246万円、女性は約225万円となっています。そのため計算すると20代の平均ボーナス金額は男性が約223万円、女性が約213万円、男女合わせた金額が約221万円となります。

しかしボーナスが出ない、という会社も今の時代たくさんありますので、もらえる会社に勤めているだけでも感謝できるといえるでしょう。

30代のボーナスの平均は?

同じデータでみていくと30歳から34歳の平均賞与金額は男女合わせて約272万円、男性のみで約287万円、女性は約243万円です。そして35歳から39歳が男女合わせて約301万円、男性のみで約324万円、女性は約254万円となっています。

そのため計算すると20代の平均ボーナス金額は男性が約294万円、女性が約249万円、男女合わせた金額が約287万円となります。30代といえば仕事にも慣れてきて、出世していく人も多いため20代よりもぐっと給料やボーナスがあがる人が多い年代でしょう。

逆に女性は結婚や妊娠、出産、子育てをしている人が多い世代ですので、20代と比べて男女差が徐々に広がっている年代です。待機児童問題もあり、働きたくても働けない、という人も多いようです。

40代のボーナスの平均は?

こちらも同じデータでみていきます。40歳から44歳の平均賞与金額は男女合わせて約329万円、男性のみで約361万円、女性は約262万円です。そして45歳から49歳が男女合わせて約357万円、男性のみで約401万円、女性は約266万円となっています。

そのため計算すると40代の平均ボーナス金額は男性が約403万円、女性が約264万円、男女合わせた金額が約343万円となります。40代になると男女での差がかなり別れてきました。子育てでパートになった人などが多い世代でしょう。

今は育児休業や育児短時間勤務なども充実していますが、今の40代の人が子供を産んだ20代の時は制度があまり普及しておらずなくなく仕事をあきらめた、という人もいることでしょう。今の時代はとても恵まれた、女性が働きやすい社会になってきているといえますので、今後女性の平均年収は増えていく可能性がとても高いでしょう。

民間企業と比べて公務員のボーナス平均はどうなの?

公務員のボーナスの考え方

ボーナス、というものが公務員には実はありません。「賞与」ではなく「期末手当」というかたちになるからです。こちらは、法律できちんと定められているためもらえない、という事がなくその金額の計算の仕方もきまっています。

しかし、その金額の決め方はその年の経済状況、一般的な企業の賞与金額をベースに決められます。そのため公務員だから安定している、というよりは公務員は日本経済、ほかの企業と合わせて金額に変動はある、ということです。

しかしいきなりもらえなくなったりすることはありませんし、不況とはいってもボーナスが多い会社もありますので、平均して金額をみると公務員はずっとある程度の金額の期末手当をもらう事ができる、といえるでしょう。

公務員のメリット

やはり元々の平均給与も高く、ボーナスも高い傾向にあります。それは一流企業を参考にして給与やボーナスを考えているからなのです。これはかなりのメリットですし、手当もしっかり充実しています。

年金でもらえる金額も大きいですし退職金も高いため、公務員は安定していると昔からいわれるのです。リストラや役職に定年がある、ということもありませんし、福利厚生もしっかりしていますのでやはり公務員になれば安心して旗荒く事ができるでしょう。

福利厚生でいえば、育児休暇などもしっかりしていますので、女性が働くのにも適しているといえます。男女格差がない、というのも公務員を目指す女性には大きなメリットです。

しかし公務員になるためにはかなり狭き門を勝ちぬかなければいけませんし、「お役所仕事」なんて言葉があるように、自由に仕事ができる環境ではありません。公務員である以上、何かあれば一般人よりもニュースなどになる可能性も高くなりますし、責任感は大きい職業です。

しかしそれでも毎年公務員になりたい人の数はとても多く、信用されやすい点などもありますし、金銭面以外でのメリットもとても高いといえるでしょう。

公務員になるには

公務員はボーナスも高いし、なりたいと思っても誰でもなれるわけではありません。地方公務員の場合、地方自治体の採用試験をうけなければいけません。その試験は上級、中級、初級、などの3段階に分かれていることが多いのです。

地方公務員の幅はとても広く、区役所や市役所だけではなく、警察官や公立学校の教師、医療福祉関係や図書館や養護施設、など様々な各自治体が管理したり運営したりしている施設にいくことになります。

警察官や看護師、保育士などは専門職試験となりますので、個別に試験がありますので、それに合わせて専門機関で学んでから受験をする人が多いです。地方公務員を目指す人は自分の住んでいる地方自治体と都庁などの特別区などの試験を併願して受験する人も多いです。

一発でうからない人も多く、勉強して何度も受験する人もたくさんいます。それほどなるのが難しい試験なのですが、目指すメリットもとても大きいといえるでしょう。また国家公務員になるにも勿論採用試験があります。

総合職や一般職で試験がわかれていますが、総合職が大学院卒、などの高い条件もあります。専門職試験もあり、こちらも専門職の採用試験によって受験資格はかわってきますので、確認する必要がありますが、誰でもなりたいからすぐに受験できる、というわけではないのが国家試験なのです。

国家資格は取得が難しいといわれる資格ですが、取得すれば高い給与を望めますし安定して働くことができる資格ですので、もっていればかなり良い資格といえます。「公務員」といっても地方公務員と国家公務員には大きな違いがありますし、採用試験もさまざまですので、なりたいと思ったらまず違いについて、そして試験資格についてしっかりと調べてみましょう。

地方公務員のボーナス平均は?

国家公務員とは違って、地方公務員は所属がどこによるかでボーナスが変わってきます。
総務省の「平成26年地方公務員の給与水準の概要」というデータがあります。こちらによると、都道府県に所属している地方公務員では滋賀県がもっとも高く、約82万円、次が福岡県、静岡県、茨城県となっています。そして市区町村所属となるとまた変わってきます。こちらは東京都中野区が約85万円となります。地方公務員のボーナスは地方の条例などで定められていますので、すぐに確認できますし、変更がある時は条例を変更しないといけないため、ニュースなどでも流れる可能性が高いでしょう。もちろん通知もあるでしょうから、知らない間に変更していた、という事はなく安心して働けるのです。

国家公務員のボーナス平均は?

国家公務員のボーナスは約74万円ですが、そこから管理職についていればプラスになるため、80万円は超えるのではないかといわれています。国家公務員の期末手当の決め方は、一般企業から計算するのですがその額に掛け率をかけるという計算があり、一般企業の金額よりは高くなる傾向にあるようです。

国家公務員の期末手当に関しては、国の法律で定められています。法律を変えるということは大変なことですし、変更する際は必ずニュースなどで流れるでしょう。国家公務員のボーナスは高いといわれていますが、その仕事内容や責任などを考えると決して高いだけではない大変な仕事でしょう。

業界別に見たボーナスの平均はどうなっている?

null

業界①総合商社が強い 

商社はやはりボーナス平均も高いです。ぐっとあがっている、というわけではなく元々設定が高いといえます。商社は仲介業のようなものなので、在庫をかかえたり、倉庫を所有したりなどの**経費がかかりません。

**そのため、人件費にお金をかける余裕があります。総合商社は勤めれば高い給与がもらえるといってもいいでしょう。しかし、商社の中には海外に行かないといけない場合もあり、その場合手当のお金が高いので平均額があがっている可能性もあります。

業界②テレビ局も実は良い

テレビ局も実はとても良いのです。局によってかなりばらつきはありますが、大手企業の平均の中でも高めの設定です。テレビ朝日が1番高く約300万円といわれています。

なぜ高いかというとテレビ局はライバル局があらわれる可能性が低く、多くの広告費も集まります。最近は放送意外にイベントなどをおこない収益をあげている局も多いようです。しかし、テレビ局は給与、ボーナスも高いのですが下請けである製作会社は給与が高いとは決していえず厳しいといえるでしょう。

業界③通信関係も高い

電話やインターネットなどの通信関係もあがっています。競争が激しいのですが、その分切磋琢磨しあっている、という印象です。通信関係は競争率が高いため、それぞれ知恵をしぼりあって新しいアイデアがたくさんでますし、自由度が高いサービスを打ち出すこともできます。

社風もどんどん挑戦しよう、というところも多いため結果をだせばかなり高額の収益がのぞめ、ボーナスとして従業員に還元されるでしょう。なんと前年から8.5%増加しています。

今後はクラウドサービスがどうなるかによってまた変化してくるでしょう。また新しい取り組みなどがどんどん発表されるため、働く方も楽しいでしょうし、消費者にも飽きられない側面があります。

業界④建設業はあがっている

東日本大震災があり、建設業の需要が高まったためあがっています。また落ち着いたとはいえ復興のための建設などもまだまだ必要なため今年もあがる可能性があります。

また、今後は東京オリンピックが開催されますので、オリンピックに向けて様々な建設がおこなわれ、建設業は忙しくなるでしょう。しかしこちらも下請けの職人は厳しいようです。

慢性的な人手不足もありますし、人を育てるという企業が少ないため、なかなか人がおらず仕事をうけたくてもうけられない、という事もあるようです。建設ラッシュがこのまま続けば、業界自体の業績はあがりつづけるでしょう。

業界⑤教育関係も少しあがっている

こどもの数がへっているので意外ですが、教育関係の費用があがっています。家庭の子供の数が少なくなっているため、その分一人にかける教育費があがっているという事が考えられます。

子供簿数が減っているため、業界が収縮するという見方もありますが、昔に比べて低年齢から教育関係へお金をかける家庭も増えているため、業界の可能性はまだまだ高いといえるでしょう。そのため、最近では変わった教育関係の習い事なども増えていますし、塾なども様々なサービスをはじめています。

何かを売る、というよりも教育することでお金をもらう仕事ですから、家賃などの他、経費はそんなにかかりません。大切なのは人材ですから、業界がよくなることでボーナスも高くなりやすいのも教育関係なのです。有名な塾関係などでは集客のために広告費が経費で1番かかるという事もあります。

業界⑥製造業は少し厳しい

必ず必要な仕事である製造業ですが、少し厳しくなっています。なぜかというと製造業は石油の高騰などの影響をかなりうけてしまうのです。石油がどんどん減っていっているため、今後も厳しくなる可能性があります。

そのため製造業も新たなアプローチを考えている会社などもあるようです。また製造業は労働組合が定額上昇の要求を優先して、ボーナスの水準がさがってしまった、とい背景もあります。そのため減少のパーセンテージをみると厳しい結果ですが金額自体をみると高いともいえます。

業界⑦電気・ガスが実は・・・

電気関係は自由化がスタートしたり、様々な変化があったりしますが、電気、ガス関係は実は1人あたりのボーナス額はかなり高いのです。原子力発電がとまっているため火力発電所が動いているのですが、火力発電所はガスで動いています、そのためかなりガス業界は好調なのです。

原子力発電がストップしている間は、ガス会社は安心でしょう。また電気関係は自由化によってさまざまな取り組み、競争会社が増えることで切磋琢磨しあって努力をしあうことで、業績がのびていく可能性がありますので、これからも期待できるでしょう。どちらも生活にかかせないものなので、ある程度の安定感もある業界です。

業界⑧アパレル業界は苦しい

アパレル業界はどこも厳しいようです。ファストファッションブランドなど安くておしゃれな外資系ブランドの登場などもあり、百貨店なども厳しいといわれています。

不況のためなのか、節約で生活に影響がでない衣服にかけるお金を減らす人も増えており、売上自体が厳しいのです。また、アパレル業界は服の製造、そして大きな倉庫も必要ですし輸送などコストがかなりかかるので、人件費にお金をかける余裕もないようです。

しかし1番重要なのが販売員である人なのですが給料、ボーナスが低いため慢性的な人手不足におちいっているというのが現状です。そのため良い人がおらず業績があがらない、更に経費を削らなければいけない、という苦しいループをかかえるようです。

また販売員で働く人が、給料、ボーナスをあげたければ販売員ではなく本社勤務にならないといけない会社が多く、その道はとても狭き門なのです。そのためアパレル業界の厳しさについての本などが出版されて話題になるくらい危険な状況です。

業界⑨出版社は大手以外厳しい

最近は本よりもネットで読書をする人も増えたため、出版業界がネット部門にも力をいれているようです。そのため、大手のボーナスは比較的安定していますが、それ以外の出版社は厳しい状況といえるでしょう。

しかし出版社に入社する人は給料よりもやりがいを求めて働いている人、好きなことだからと働いている人がとても多く、熱意があるのです。出版業界は給与のわりに残業などもとても多く過酷な職業ともいえます。

そのため残業代などで月の給料は比較的高く、使う暇がない、という人もいます。大手企業は、様々な媒体、ウェブ事業やイベントなどもおこなっているため、本自体が厳しくても、他でカバーできるという事もあるようです。そのため大手出版社のボーナスは、平均よりも高い金額をもらえる事が多いです。

【番外編】新入社員のボーナスの平均は?

一般的に新入社員のボーナスは、夏はもらえないか減額されることが多く、ほぼ冬のボーナスのみという結果になります。1年で見ると高卒で約39万円、大卒で約48万円となります。

こちらは発掘ユアlifeの人事院データの結果なのですが、そもそもボーナスがもらえないという会社もありますので、新入社員1年目でこれだけのボーナスをもらえることには感謝してよいでしょう。

新入社員は夏のボーナスを全てもらえることは少ないため、比較的1年目の平均金額は低くなりますが、2年目はきちんともらえるため、順調に仕事をしていけば、きちんと変化していくことでしょう。

そのため新卒1年目は勉強をする時期、と思いしっかりと仕事を覚えて2年目から昇給できるよう努力すれば、昇給次第でボーナスの額が更にあがります。最初は右も左もわからない、となるでしょうが、それが落ち着いた頃にはしっかりボーナスをもらえる、というわけです。

一般企業・公務員の夏冬のボーナスの時期・支給日はいつ?新入社員は?ボーナスの時期はいつ? 就職活動中など「ボーナス夏・冬あり」など書かれた求人広告を見ると思いま...

【番外編】男性と比べたときの女性のボーナスの平均は?

null

男性と比べると、女性のボーナスの平均金額がぐっと下がります。女性は結婚を機に扶養内で働く人も増えますし、妊娠出産でボーナスがない時期、また育児休業後に復帰しても保育園のお迎えなどで育児時短制度を利用して働くとボーナスも時間でカットされるという人もいるためなのです。

女性は出世できない、お給料がもらえないというわけではなく、働いていればもらえるのですが、ライフスタイルの変化が仕事に影響しやすい女性がおおいため、平
均となると金額がかなり下がってしまうのです。

国税庁の「国民給与の実態調査」によると男性は約502万円、女性は約268万円とそこには約230万円もの開きがあるのです。

しかし、2018年から扶養上限が103万円から150万円にひきあげられること、共働き家庭が増えてきており、妊娠出産でキャリアストップしないような取り組みをしている会社も増えているため、これから女性の平均年収はあがっていくことでしょう。

【予想】2017年冬のボーナスはどうなる?

2017年の経済はどうなる?

不況だ、という言葉をよく聞きますが実は今、日本の経済状態は一応右肩上がりなのです。一応、というのはかなり緩やかですがあがっていっているからです。

アベノミクスの効果もありますし、これから東京オリンピックにむけて本格的にいろいろな事業やプロジェクトが開催されるため、業種によってはかなり大きくのびる会社もあるでしょう。

不況だ、と思わずにどんどん上がっている、これからよくなっていく、とみんなが思い努力をすることで結果日本経済がよくなっていくことにつながっていくのではないでしょうか。

経済がよくなればボーナスはあがる?

基本的には経済状況がよくなれば会社の利益があがるでしょう。そうなれば、人件費にお金をかけ従業員に還元する可能性はかなり高くなります。しかし、やはり業種や会社によってボーナスはさまざまなものです。

ボーナスが元々でない、という会社もあるのです。経費が大きくかかる会社よりも、仲介的な業種であればこれからも人件費は高いままという傾向もありますが、例えば石油の高騰の影響をうけやすい業種などであれば厳しいといえるかもしれません。

しかしながら経済状況があがらないのに給料やボーナスだけがあがる、という事がないのもまた事実です。

ボーナスをあげる方法は?

ボーナスを高くしたい、と思ったらどうしたらよいのでしょうか?まずは、ボーナスの金額をあげるためには業績をあげなければいけませんので、仕事を頑張る、という必要があります。

しかし、頑張るのであれば月の給与をあげるように頑張った方が、結果ボーナスもあがるのではないでしょうか。月の給与をあげるためには会社によってそれぞれ指標があるはずですので、個人で結果をだせるよう努力して、評価者へアピールすることです。

また、なかなか月の給与もあがらない、ボーナスも少ないかでない、という会社であればボーナスをあげるのはとても難しいでしょう。そのため、ボーナスを高くもらいたければ転職をするという方法もあります。

同じ業種でも転職先では給与がぐっとあがった、という話もあります。思い切って景気のいい業界に転職するというのも良いでしょう。例えば営業の仕事は変わらなくても、厳しい業界より、景気がよい業界にとびこめば仕事内容はそんなに変わらないのに給与がかなりあがる、という事もあります。業種をかえても職種はかえない、という方法もあるでしょう。

ボーナスは会社が決めた制度ですので、いち会社員からボーナスをあげる働きかけをしてもなかなか厳しいもの。そのため自分にできるボーナスを高くもらえる方法をみつけなければいけません。出世するか、転職することで2017年もらえるボーナスの額が変わるかもしれません。

2017夏冬のボーナス平均はいくら?業界や年齢別ボーナス事情のまとめ

いかがでしたでしょうか?ボーナスはとても嬉しいものですし、「働くならボーナスが高い会社で働きたい!」という思いもあることでしょう。しかし、ボーナスは会社独自の制度なので法律で決められているわけではありません。

そのため、もらえるという事にそれだけでも感謝をしておくきながら「いつもらえなくなるか分からないな」くらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

それでもボーナスをもらえたら、と使い道を考えてわくわくする時間は楽しいものですので、期待はしすぎず、毎日の仕事を頑張るモチベーションアップへの一つ、として捉えておきましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事