みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/09/29

早期リタイアとは。早期リタイア後に必要な費用まで詳しく解説!

Large macbook 2620138 640

早期リタイアとは

早期リタイアとは、読んで字のごとく早めにリタイア、早期退職することです。早期リタイアすることで退職金が普通よりも沢山もらえたり、優遇が受けられたりします

また、早期退職には二種類あり、それは自分が早期リタイアを希望するか、会社が早期リタイアを希望するのかによって変わります。

null

会社が早期退職をする人を求める理由は、人員整理であることが多いです。

リストラという形で人を切らないために、早期リタイアを募集する広告や通知を出して、より良い条件で辞めてもらおう、人を減らそうというのが目的です。

一方、自分で早期リタイアを希望できる場合もあります。

これは企業が導入する制度で、定年の近い人が早期リタイアを選択できるというものです。定年にならなくても会社を辞められる制度は、自分でも選択できる時代なんですね。

また、この早期リタイア制度を利用したからと言って会社都合で辞めたことにはならないというのも大きなメリットです。

というのも、早期リタイアの制度は会社の設けているもの。会社が募集していることになるので、会社都合での退職ということになります。

会社都合になれば、雇用保険も受けられるので定期的に収入があることになり、より安心できますね。

<下に続く>

セミリタイアと完全リタイアの違い

早期リタイアに二種類あるとお話ししましたが、リタイア後にもさまざまな種類があります。リタイア後の生活がどうであるかによって、早期リタイア者は大きく二つに分けられます。

つまり、早期リタイアは会社を早く退職することを意味しますが、その後どう暮らしていくかによって、完全リタイアとセミリタイアとに分かれます。

完全リタイアとは、読んで字のごとく完全に仕事から早期にリタイアすることです。仕事というのは、これまで勤めていた会社はもちろん、アルバイトやパートなどのことも指します。

働いてお金を得るということから完全にリタイアすること、それが完全リタイアです。

一方、セミリタイアとは、主軸となる会社は辞めたものの、退職後にパートやアルバイトなどで収入を得て生活することを言います。

宝くじなどが当たって早期リタイアしたけれども、人との関わりが欲しい、または人や社会の力になりたい、老後の生活費が不安などという理由で働くことは、セミリタイアと言います。

セミリタイアをする理由は人それぞれですが、収入面で不安の残る早期リタイア者は、セミリタイアをするのも一つの手ですね。

<下に続く>

早期リタイアをするには資産がいくらあればいい?

null

早期リタイアという選択肢が増えた昨今、身体的な疲労や精神面での疲労などから会社を辞めたいと考えている人にとっては大変魅力的な選択肢です。

しかし、不安になるのはやはりお金の面。実際、早期リタイアしたとして、資産がどれだけあれば足りるのか、生きていけるのかというのは大変重要な問題です。

特に、早期リタイア後の生活の選択肢も増えた現代では、完全リタイアをするのか、セミリタイアをするのかということも、収入面で大きく変わってくると言えるでしょう。

週3日から4日、一日数時間アルバイトをして、月たった数万円稼ぐだけでも、今後のことを考えると必要になる金額かもしれません。老後動けなくなってしまった後のことを考えるとされど数万円になる可能性もあります。

さらに、医療費や交通費などで予想外の出費があるかもしれません。特に、独身の場合は介護をしてくれる人もいないため、介護費用なども夫婦の場合より多くかかってしまいます。

そこで、早期リタイア後、実際にどのくらいの資産があれば足りるのか簡単に計算してみましょう。

<下に続く>

早期リタイア後の収入や生活費

早期リタイア後、実際にはどのくらいの生活費がかかるのでしょうか。

では、仮にあなたが50歳で早期リタイアしたとします。そこから40年生きると考えて、月の生活費を25万円としましょう。すると、必要な生活費は以下の通りとなります。

25万円×40年×12か月=1億2000万円

それでは、次にあなたが60歳で早期リタイアしたとします。そこから30年生きると考えて、月の生活費を25万円としましょう。すると、必要な生活費は以下の通りとなります。

25万円×30年×12か月=9000万円

50歳の早期リタイア、60歳の早期リタイア後には、それぞれこれくらいの貯金があれば完全リタイアをして暮らしていけると言えるでしょう。

この生活費は出費のことのみを考えていますが、年金を払っている場合には完全リタイア後でも収入があります。

自分が厚生年金に入っているのか、国民年金に入っているのかにもよってまったく収入額が変わってくるので、その辺りも考慮して、自分の貯金がいくらあれば早期リタイアできるのか考えましょう。

<下に続く>

早期リタイア後の趣味も見つけておく

null

老人が不安に思っていることは、大きく分けて3つあると言われています。それは「お金」と「健康」と「孤独」です。
この「孤独」というのは大変厄介で、あまりにも孤独になりすぎるとアルツハイマーが早く進行してしまったり、病気になりやすくなってしまったりします。

健康のためにも、早期リタイア後の趣味を見つけておくことは大変大切です。趣味を通して人と会話したり、楽しく過ごしたり笑ったりすることで、素敵な早期リタイア後の生活が送れるでしょう。

早期リタイア後の趣味はリタイアする前からしっかり見つけておきましょう。

<下に続く>

早期リタイアとは。早期リタイア後に必要な費用まで詳しく解説!のまとめ

早期リタイアとは会社を定年前に辞めることです。会社都合になるので、雇用保険もしっかりもらえますし、多くの場合、退職金が多めに出ています。

しかし、早期リタイアするといってもお金に不安が残るという方にはセミリタイアがおすすめです。セミリタイアとは、アルバイトやパートをしながら収入のある生活を送ることを指します。

完全リタイアとは違って収入もあるので少し安心感が持てますね。

また、早期リタイアする場合、どれくらいの金額が必要かはしっかり計算しておくようにしましょう。年齢やもらえる年金によっても変わります。

また、早期リタイア者にとっては趣味の時間も大切です。心の健康の為に、早期リタイア後の趣味もしっかり作っておきましょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line