お金のコトをもっと身近に|みんかね

おすすめロボアドバイザー比較!AI(人工知能)活用の日本のロボアドで投資信託・資産運用の時代へ

Large teens 629046 640 copy
目次

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザー(ロボットアドバイザー)とはPCやスマホを利用してインターネット上でAI(人工知能)によって自分に最適な投資信託(投信)は何か診断し、資産運用を一任したりアドバイスを貰ったりできる投資運用ツールです。

本記事でもご紹介させて頂いている「THEO」などをはじめ、ロボアドバイザーは年齢や資産運用の経験などのいくつかの簡単な質問に答えるだけで、あなたにベストな資産運用を瞬時に提案してくれます。
提案内容に満足したら、そのまま申し込んで投資を始めることができ、提案内容に合わせてロボットアドバイザーが勝手に投資をしてくれますし、その後のメンテナンスもロボットが勝手にやってくれます。
最新のデータに基づいて定期的に最適化が行われ、投資先の入れ替えも行ってくれる便利なサービスです。

<下に続く>

ロボアドバイザーの比較ポイント

ロボットアドバイザーと一口に言っても、投資のタイプや対象、手数料など様々な違いがあります。

例えば投資のタイプであれば「投資一任運用型」「助言型」の2つのタイプにわけられますし、対象についても「ETF」「投資信託」に別けられます。また手数料についても無料のもの、有料のものと様々です。

そこで今回は、ロボットアドバイザーを「投資一任運用型」「助言型」に分類して比較・紹介していきます。

投資一任運用型のロボアドバイザー比較

投資一任運用型ロボアドバイザーとは

投資一任運用型のロボアドバイザーとは、私たち投資家側が、投資運用業者に投資判断の全部、若しくは一部を一任し、投資運用業差の判断で投資を行う権利を委譲している状態のロボアドバイザーを指しています。

簡単に言うと、投資の判断や運用を投資運用業者に委託することをいいます。委託した後は、何もすることはなく結果を見守ります。

ここではそんな投資一任運用型のロボアドバイザーを紹介していきます。

WealthNavi(ウェルスナビ)

ロボアドバイザー比較:wealthnavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビは、手数料が預かり資産の1%のみしかからない事が特徴のロボアドバイザーで、他の手数料が一切かからない「投資一任運用型」のロボアドバイザーです。
そのため、低コストで利用開始できます。
手数料は預かり資産の1%、取引ごとの手数料は一切かからないまた、今までは一部の人しか利用できなかった、金融アルゴリズムを用いた投資の運用を行ってもらえます。そのため大きな恩恵を受けることができるようです。

  • 手数料は預かり資産の1%、取引ごとの手数料は一切かからない
  • 世界の富裕層・機関投資家向けの金融アルゴリズムを利用
  • 大手証券会社と遜色ないセキュリティ

また、ウェルスナビは、当初は100万円からしか利用開始ができなかったですが、現在は30万円からでも利用が可能となりました。低額から始めることが可能となったので、ぜひご利用してみてください。

THEO(テオ)

null

THEO(テオ)は10万円からはじめられる「投資一任運用型」のロボアドバイザーです。
低価格であり、なおかつ投資運用を全てTHEOに任せる事ができるので、初めて投資信託にトライする方でも安心して利用できます。
年齢などお客様の個性に合わせて、世界の成長資産に投資をしていくことでリスク分散をしています。

  • はじめての人でも手軽に最小限のコストで資産形成をはじめられる
  • ポートフォリオの自動メンテナンスで、最新の手法で効果的に運用してもらえる
  • 世界中の成長資産への分散投資でリスクを低減し収益を安定化

MSV LIFE(マネラップ)

ロボアドバイザー比較:MSV LIFE(マネラップ)

MSV LIFE(マネラップ)は、1万円から資産運用を始めることができる「投資一任運用型」のロボアドバイザーです。
最短で3営業日で取引が開始できるので、低価格で早く投資を始めたい人にはオススメです。
また、投資一任契約に係る報酬、組入れ投資信託の信託報酬、及び投資するETFの経費を含む手数料を1.0%未満になるように設定をしており、費用の面でも安心して利用できます。

  • 1万円から資産運用を始められる
  • 最短3営業日で取引開始可能
  • 実質コスト1.0%未満を目指している

FOLIO

null

テーマ別投資ができるロボアドバイザーです。「IoT」や「東京オリンピック」等のテーマが用意されており、そのテーマを選ぶことによって投資ができます。また、FOLIOは単元未満株制度を活用しており、最低投資額がテーマあたり10万円程度から可能になっています。テーマ別投資では、他のロボアドバイザーのような分散投資ではなく、テーマ内での分散投資になるため、比較的ハイリスクハイリターンになるのではないかと考えられます。

  • テーマ別投資
  • リバランスや売却タイミングのお知らせ機能
  • 投資最低金額は10万円程度

ダイワファンドラップオンライン

null

ダイワファンドラップオンラインは大和証券が提供するロボアドバイザーを活用したファンドラップです。50万円から投資が可能です。また、「ライフプランニング」「資産運用プランニング」「リスク許容度診断」の運用スタイルが選択可能となっています。投資対象としては、ダイワファンドラップオンライン専用のインデックス投資信託に投資します。

  • 国際分散投資
  • リバランスは全部お任せ
  • 運用状況の確認・見直しはネットで完結

8now!

null

8now!はエイト証券の提供する投資一任型のロボアドバイザーです。エイト証券が外国株式に強かったことから米国ETFへの投資を強みとしています。投資対象のETFはブラックロックやバンガードといった一流企業によって管理運用されています。

  • 米国ETFに強い
  • 長期的に利益を最大化する方針
  • 88ドルから始められる

WealthNavi for SBI証券

null

WealthNavi for SBI証券はWealthNaviをSBI証券の講座を持っている人向けにカスタマイズしたものになります。WealthNavi for SBI証券は2017年1月のサービス開始から約5ヶ月半で預り資産が100億円を突破しました。人気の理由としては、機関投資家も利用するようなノーベル賞受賞の理論に基づいたアルゴリズム等の機能によって、誰でも簡単に質の高い資産運用ができることにあります。

  • 手数料は預り資産に対する1%のみ
  • 預り資産総額100億円超え
  • 投資最低金額は30万円

WealthNavi for 住信SBI銀行

null

WealthNavi for 住信SBI銀行はWealthNaviを住信SBI銀行のユーザー向けにカスタマイズしたものです。現在お釣り投資ができるサービス「マメタス」との連携をしています。投資対象は全て海外のETFとなっています。最低投資金額はWealthNavi for SBI証券と同じ30万円です。基本的な機能やサービスは本家WealthNaviと変わりません。WealthNaviは本家とfor SBI, for 住信SBI銀行の3つがありますが、どれか一つにしか口座は開けません。

  • 30万円からの投資
  • 海外ETFへの投資
  • お釣り投資サービス「マメタス」と提携

<下に続く>

投資一任運用型ロボアドバイザーの手数料比較表

ここでは投資一任運用型ロボアドバイザーについて、「価格」「投資対象」「手数料」について、分かりやすいように簡単に比較表にまとめました。
ロボアドバイザーの比較の際にご利用になってみてください。

サービス名 投資対象 口座への出金手数料 手数料(年率・税別) 為替手数料 売買手数料 信託報酬
WealthNavi(ウェルスナビ) ETF 無料(オンライン入金、自動積立に限る) 1%(3,000万円を超える部分は0.5%) 無料 無料 ETFによる
WealthNavi for SBI 証券 ETF 0 1%(3,000万円を超える部分は0.5%) 無料 無料 ETFによる
wealthnavi for 住信SBIネット銀行 ETF 0 1%(3,000万円を超える部分は0.5%) 無料 無料 ETFによる
THEO(テオ) ETF 無料 3,000万円未満:1%、3,000万円以上:0.5%" 無料 無料 ETFによる
MSV LIFE(マネラップ) ETF - 無料(10万円以上は、0.88%) - 別途必要 0.24%
ダイワファンドラップ オンライン 投資信託 1.08 運用状況による 投資する投資信託や運用スタイルによる
8now! 米国ETF 0 0.88% 0 0 0

投資一任運用型ロボアドバイザーの運用実績比較

順次、各種ロボアドバイザーの運用実績を公開していきます

WealthNavi(ウェルスナビ)

下記の記事にてウェルスナビの利用者に実際に運用実績を伺ってきました。
100万円をウェルスナビで投資をした結果、運用益で+10%弱くらいの成果があったそうです!
運用実績以外にもウェルスナビに関する使用感などにも触れているので、ぜひご覧ください。

注目のロボアド『WealthNavi(ウェルスナビ)』の利用者に運用実績・評判を聞いてきた!

ロボアドバイザーの代表的なサービスを比較

みんかねでは、ロボアドバイザーのサービスとして代表的なサービスと言えるウェルスナビとTHEOを下記の記事にて比較しております。ウェルスナビとTHEOで迷われている方はいると思うので、ぜひ合わせてご覧ください。
ウェルスナビ(WealthNavi)とお金のデザインTHEO(テオ)徹底比較

助言型のロボアドバイザー比較

助言型ロボアドバイザーとは?

助言型ロボアドバイザーとは、ロボアドバイザーによって提供されている診断を受けることで、自分にとって最適のファンドや投資先を推薦してくれるサービスのことを指しています。

投資一任運用型ロボアドバイザーと助言型ロボアドバイザーの違うところは、助言型はあくまでアドバイスをくれるだけのロボアドバイザーなので、投資後の運用に関しては自分で行う必要があります。

ここではそんな助言型ロボアドバイザーについて各サービスを紹介していこうと思います。

SMART FOLIO(スマートフォリオ)

SMART FOLIO(スマートフォリオ)はみずほ銀行が提供している「助言型」のロボアドバイザーです。
2分程度の簡単な無料診断でポートフォリオの提案が受けられます。
投資手法のロジック構築に関しては、豊富な機関投資家向け実績を持つみずほ第一フィナンシャルテクノロジー(株)が行っています。

  • 2分程度の無料・簡単診断でポートフォリオ提案が受けられる
  • 投資手法はみずほ第一フィナンシャルテクノロジーが担っている
  • 高機能版では更に多くの機能を利用することができる

ポートスター

ポートスターは三菱UFJ国際投信株式会社が提供している「助言型」のロボアドバイザーです。
5つの3択の質問に答えるだけで最適なファンドを、eMAXIS 最適化バランス(マイゴールキーパー/マイディフェンダー/マイミッドフィルダー/マイフォワード/マイストライカー)の中から勧めてもらえます。
ファンドは常陽銀行個人向けインターネットバンキングで購入可能です。

  • 5つの質問に答えるだけで最適な資産配分のファンドを勧めてもらえる
  • ファンドは常陽銀行個人向けインターネットバンキング「アクセスジェイ」で購入可能
  • 米国でロボアドの実績が豊富なイボットソン社のノウハウを活用している

FUND ME(ファンドミー)

FUND ME(ファンドミー)はカブドットコム証券株式会社が提供している「助言型」のロボアドバイザーです。
簡単な質問に答えるだけで、30秒と非常に短い時間で診断をしてもらえます。
資産構成比や地域別構成比、過去&将来チャートの4つの視点からシミュレーションしたモデルポートフォリオを提示してもらえます。

  • Google Play 無料アプリ ファイナンス部門でDL数1位
  • 診断は30秒と非常に短い
  • 4つの視点からモデルポートフォリオを提示してもらえる

SBI-ファンドロボ

SBI-ファンドロボSBI証券が提供している「助言型」のロボアドバイザーです。
モーニングスター社の最新評価データを元に投資する商品を選定をしてもらうことができます。
数多くある商品の中からどの地域へ投資をするのか、おまかせと選択で選部ことが可能です。6問の質問に答え、地域を選択するだけで結果がわかるので、非常に簡単です。

  • 投資地域をおまかせと選択で選べる
  • モーニングスター社の最新評価データを元に商品選定
  • 6問の質問に答えるだけで数十秒で結果がわかる

カライス

カライスは東海東京証券株式会社が提供している「助言型」のロボアドバイザーです。
購入手数料は無料で、信託報酬は低コストの年0.54%と低価格で利用することができます。
7つの質問に答えるだけで最適なポートフォリオとバランス型投資信託を診断・推薦してもらえます。
各々のリスク許容度に応じた国際分散を可能にするのが主な目的となっているサービスです。

  • 購入手数料無料、信託報酬は低コストの年0.54%
  • 7つの質問に答えるだけで最適なポートフォリオ・投資信託を診断
  • リスク許容度に応じた国際分散を可能に

投信工房

投信工房は松井証券が提供している「助言型」のロボアドバイザーです。
利用料無料、コストは0.392%と非常に安価なので、ロボアドバイザーをとりあえず使ってみたいという人にもオススメです。
また無料診断でロボアドバイザーに体験も可能なので、先にやってみるとイメージが掴めるかも知れません。積立が500円から可能と安価な点も嬉しいです。

  • 利用料無料、コストは0.392%と非常に安価
  • 積立は500円から可能
  • 無料診断でロボアドバイザーの体験ができる

野村のゴールベース

野村のゴールベースは野村證券の提供するロボアドバイザーです。証券に馴染みがない人でも利用しやすいように簡便さを重視したUI/UX設計になっています。資産運用の目標金額を設定する資産運用の目的設定機能や、性格診断である投資家タイプ診断機能が実装されています。これにより、自分に合った投資スタイルが分かります。そのまま「のむラップ・ファンド」を購入することも可能です。

・これから資産形成をする人向け
・簡便なUI/UX(操作画面)
・提案商品は野村アセットマネジメントの投資信託

fund eye

fund eyeはSMBC日興證券が提供するロボアドバイザーです。fund eyeは投資初心者に優しいサービスとなっています。例えば、まだ投資信託を購入したことがない方に向けた、6つの質問に回答することでおすすめの投資信託商品を提示してくれる「初めての1本を選ぶ」機能があります。また、「リバランスする」機能では、理想のポートフォリオと現在のポートフォリオを比較分析でき、何をどれだけ売買すれば理想に近くかを教えてくれます。

・初心者でも安心な「初めての1本を選ぶ」機能

・誰でも理想のポートフォリオに近づける「リバランスする」機能
・提案商品は系列会社以外のものまで幅広くカバー

日本のロボアド比較!AI(人工知能)活用したおすすめロボアドバイザーで投資信託・資産運用の時代へのまとめ

いかがでしたでしょうか。今回はロボアドバイザーについて「投資一任運用型」「助言型」の2つに分けて比較してきました。

投資信託に興味はあるが、まだロボアドバイザーを利用していないという方、
どのロボアドバイザーが自分に適していそうか、イメージできたでしょうか。
この機会にぜひロボアドバイザーのご利用の検討をしてみてはいかがでしょうか。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事