お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/10/12

お得に日本円を韓国ウォンに両替する方法や場所を詳しく解説!

Large money gold coins finance  1
目次

日本円をお得に韓国ウォンに両替する方法をご紹介!

韓国へ海外旅行へ行かれる方も多いと思いますが、せっかくならお得にウォンへ両替して旅行を楽しみたいですよね。

そこで今回は、日本で韓国ウォンに両替した場合と、韓国でウォンへ両替した方のどちらがメリットがあるのかを調べました。

浮いたお金でちょっと美味しいものでも食べてみてはいかがですか?

<下に続く>

韓国ウォンへの両替は韓国の銀行・両替所がおすすめ!

両替にかかる手数料とは?

基本的に、外貨両替をする場合にはかかる手数料には2つあります。

①両替するたびに発生する両替手数料
②1通貨あたりいくらで発生する為替手数料

では、まずこの両替手数料は見てみると、日本の銀行や、両替所で両替する場合、基本的には両替手数料は無料になります。

だとすると、一見日本国内で両替しようが、韓国で両替しようが大きな差がないように思いますが、実際は両替手数料はさほど重要ではなく、重要なのはもう1個の手数料為替手数料になります。

基本的にレートに上乗せをして請求をするので、レートが悪い=為替手数料が高いということになるのです。

為替手数料を比較してみました

両替所 1韓国ウォン その他の手数料 1万円でいくら?
三井住友銀行(日本) 0.1135円 無料 88106ウォン
友利銀行(仁川店) 0.1060円 無料 94339ウォン
明洞 セブンイレブン 0.1008円 無料 99206ウォン
現地のATMを使う 0.1018円 3600ウォン前後 97872ウォン

この表を見てお分かりのように、韓国で両替した方が、日本で両替する方がお得だということがお分かりいただけるかと思います。

なぜ、日本で韓国ウォンに両替するのがもったいないのか?

日本の銀行などで両替をすると、非常に高い手数料を取られてしまいます。

では、実際どれぐらいの差があるんでしょうか?

1万円を日本の銀行で韓国ウォンに両替した場合(1ウォン=0.113円で計算)
約88000ウォン
韓国の両替所で1万円を韓国ウォンに両替した場合
約101700ウォン
となり、約13700ウォンの差があります。
これを日本円に直すと、約1500円の差があることになります。

しかも、日本の銀行では、10万ウォンの単位でしか取り扱っていない銀行もありますので非常に使い勝手が悪いですね。

なぜ、日本で両替すると損になる?

国際決済通貨という言葉をご存知ですか?

簡単に言うと、世界で取引されている通貨のシェアを表したものです。

1 米ドル USD ($) 84.90%
2 ユーロ EUR (€) 39.10%
3 日本円 JPY (¥) 19.00%
4 英ポンド GBP (£) 12.90%
5 オーストラリアドル AUD ($) 7.60%
6 スイスフラン CHF (Fr) 6.40%
7 カナダドル CAD ($) 5.30%
8 香港ドル HKD ($) 2.40%
9 スウェーデンクローネ SEK (kr) 2.20%
10 ニュージーランドドル NZD ($) 1.60%
11 韓国ウォン KRW (₩) 1.50%
12 シンガポールドル SGD ($) 1.40%
13 ノルウェークローネ NOK (kr) 1.30%
14 メキシコペソ MXN ($) 1.30%
15 インドルピー INR (INR) 0.90%
その他 12.20%
合計 200%

日本円は世界3位のシェア19%をもつ通過ですが、それに対して韓国ウォンは11位1.5%のシェアしかなく、その差は歴然です。

これはどういうことかと言うと、日本ではウォンの認知度が低くい、すなわち利用価値がない、逆に韓国にとっては日本円というのはとても重要で、韓国国内で自然と競争原理が働き、韓国で両替をした方がメリットがあるということになります。

勝ち 組

<下に続く>

韓国のウォン両替のおすすめの場所は?

上記の表より、韓国の街中で両替するのが一番お得だということがおわかりいただけるかと思いますが、では、その中でも一番お得に両替できる場所をご紹介したいと思います。

①南大門(ナンデムン)

明洞の隣、南大門にある、ミウ両替所です。
ここなら認定両替所のため安心です。

②明洞(ミョンドン)

日本でいう原宿や渋谷のような街で、夜遅くまでにぎわっている町です。
ここにある、セブンイレブン明洞店です。

明洞にはセブンイレブンがたくさんありますが、認定両替所はこの明洞店だけになり、他店では認められていませんので、ご注意下さい。

③東大門(トンデムン)

ここも明洞とおなじように、深夜でもにぎわっている場所です。
ファッションビル内にある両替所で気軽に両替することができます。

買い物途中でも両替することができますし、何と言っても深夜まで営業していますので、夜遅くなっても両替することが可能です。

④空港での両替

仁川国際空港には4つの交換所があります。そのうちの1つは24時間営業になります。
街中に比べれば割高にはなりますが、空港から上記の市内まで出ようとするには交通費はご飯代などが必要になりますので、少額でもここで両替しておくと安心ですよ。

ウォン両替する場合は違法両替所にも注意が必要!

危険

明洞や、東大門の道端にはたくさんのお店ももありますが、それと同じぐらいたくさんの両替所があります。
その中には認定書をもらっていない、違法な両替所が多いのも確かです。

南大門市場にいくと、気軽におばちゃんたちが両替をしてくれる場所もたくさんありますが、こういう場所というのは認定を受けていませんので、少しでも安いからといって両替しないようにご注意下さい。

また、繰り返しになりますが、公認のセブンイレブンは明洞店だけになりますので、他店にはいかないほうが安全です。

両替にいったら、1人分足らなかったとか、数枚足らなかったなどというケースもあるようですので、もらったら必ず計算するようにしましょう。
その場で計算できないような人は、ホテルや、銀行といったところで両替するのが無難でしょう。

<下に続く>

【コラム】初心者にはキャッシュパスポートがおすすめ

キャッシュパスポートとは?

キャッシュパスポートは、国際キャッシュカードです。
行く前に日本円でチャージしておくだけで、チャージした分のお買い物ができます。

おすすめの理由は?

①現地通貨で引き出しができる

出金手数料は銀行によって異なりますが、24時間ATMで現地通貨で引き出すことが可能です。
※もちろんチャージした分だけですが

②クレジットカードように支払いができる

カード大国といわれるぐらいカードの使用率が非常に高い国です。
コーヒー1杯でもカードで買うぐらいですので、カードを使える場所は非常に多いです。
これさえあれば小銭をじゃらじゃらと持ち歩く必要はありませんね。

③誰でも簡単に作れる

16歳以上であれば、審査もなくだれでも簡単にさくせいすることができます。

④残高確認が簡単にできる

スマホのマイアカウントから、都度簡単に残高を確認することができます。
また、チャージした分がなくなっても、再びチャージすることができますので、非常に簡単です。

⑤盗難にあっても安心

盗難にあってもキャッシュパスポートならチャージした分のみしか使用することができませんので、被害額も最小限にとどめることができます。
逆に、クレジットカードの場合は停止するまでの間使われてしまう恐れがありますので、その分リスクが高まりますよね。

お得に日本円を韓国ウォンに両替する方法や場所を詳しく解説!のまとめ

お得に韓国ウォンに両替する方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

私も何度も海外に行くことがありますが、面倒だったり、よくわからなかったりで、お札を出すことが多く、結局小銭だけが残ってしまって、小銭の使い道に困ったりします。

今ではキャッシュカードという非常に便利なカードがありますので、ほとんど現金を持ち歩くことなく生活することができます。

上記で紹介したところで、必要最低限のみ両替をして、あとはキャッシュパスポート、クレジットカード上手に使えこなせば、逆に韓国ウォンが余ってしまって困ったりすることはなくなるんではないでしょうか。

では、よい旅を!

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事