みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/10/12

感情論で話す人の特徴や接し方!感情論と理論の良い面・悪い面は?

Large gazou3

感情論とは?

そもそも感情論とは何か?文字通り、感情を表だって前面にだして、議論などでも熱くなってしまうこと、を言うのだと思いますが、そもそもどうしてそういう人は感情論に走ってしまうのか、そういう人の特徴などをお話ししてみたいと思います。相反するのが、理論。そのいい所悪い所などに関しても触れていきたいと思います。

<下に続く>

感情論で話す人の特徴

議論する場においてみられるのは、冷静な客観的な意見ではなくて、自分の感情に突き動かされて意見してしまう人、ですよね。特徴をみていきましょう。一体どんな特徴があるのか、ビジネスにおいて、人間関係において、不具合はあるのかどうか・・・・

null

特徴① 自分自身の感情を前面に出す

会議などの場面で、「そういうやり方は、自分は好きじゃないから反対。」であるとか、自分の感情優先で、きちんとした筋道の立った論理で相手を論破できない場合は、感情論という結果になります。「論理は正しいが、自分は納得できない。」とか、相手が正しいことを言っているにも関わらず、自分の感情を優先して、前面に出してしまう。これが感情論タイプの人です。

特徴② 水掛け論になりやすい

「自分はこのやり方が好きじゃないからダメ」とか、「このやり方だと、こういう面はよくないと思う。」など、感情が先走り、相手側も感情論に走りやすくなるため、感情x感情だと、水掛け論になり、いつまでも議論が平行線をたどることになってしまいます。

あっちがああいった、だからこういった、じゃあ、こっちはこう出る、すると向こうがああ出る、ともう切りがなくなってしまいます。水掛け論はかなり不毛な議論と言わざるを得ません。

特徴③感情が前面にでるため、非常に大げさにリアクションする

感情に突き動かされて話をするタイプのため、大声で話したり、リアクションが大きかったり、怒鳴るように話してみたり。しかし、実はこういうタイプの人は、虚勢を張るために大声をだしたり、自分を大きく見せようとする「繊細、かつ弱い人」だと言われているのです。

議論の場で大声で主張されると、ついついこちらも圧倒されてしまいますし、「怖い人」という印象を持ってしまうのはどうしても仕方のないことですし、あまり得はしませんよね。

つい、頭に血が上り、カーッとなって、怒鳴ってしまったり、その場では威圧的なことを言っていても、実はあとから一人で冷静になって、「あの時、言い過ぎたかな・・・・・」などと反省しているかもしれません。そんな姿を見せないのも特徴です。

特徴④理性より感情

感情論で物事を話すタイプの人は、自分の感情がなにより先に立ってきます。自分の感情優先タイプ。人間社会においては、特に仕事ではそうですが、嫌なことでも、みんな大なり小なり我慢をして、仕事であったり、人間関係であったり、日々生活をしています。理性、で皆さん抑えているんですね。しかし、感情論タイプの人は、理性より感情が勝りますので、少し我慢が足りない部分があるのかもしれません。

特徴⑤心に余裕がない

すぐに自分の感情をぶちまけてしまう人は、結局は「他の人のことを考える余裕がない」のです。自分のことでいっぱいで、これを言ったら、相手はどう思うだろう、という一呼吸が置けないのです。相手から言われたことも、冷静に分析する余裕がないので、実はこういう意味だった、のにそれをきちんと聞こうとしないので、自分本位になりがちなのです。

議論の場を離れ、少し言いたいことをいうと気が済む人も多いので、「あんなこと言わなきゃよかったな。」と思う人もいるでしょうし、議論の場でそんなに熱くなっていることに気づいてない人ももしかしたらいるかもしれませんね。

特徴⑥客観的な目を持てない

当然心に余裕がありませんから、「客観的な目」というものが持てません。ですから、物事を一方向からしかみることができませんし、「これはこういうものだ!」という決めつけ、をしてしまいがちなのも、感情論を持ち出してくる人の特徴でもあります。

こういうことを相手は言っているけど、もしかしたら、こういう意味合いの側面があるかもしれない、ということを想像ができないのですね。少し落ち着けばわかることなのでしょうが、わかろうとはしない、のが感情に走ってしまう人ですね。

特徴⑦話に筋が通っていない

話が筋が通ってないという言い方もありますが、話に一貫性がない、ともいえるでしょうか。その時の気分によって、話がコロコロ変わるので、今日はAが好き、って言っていたのに、テレビでBをやっていたら、やっぱりBの方がいい、とか。影響を受けやすいんでしょう。なので、「あの時はAって言ってたのに。」などというと、その人の感情を逆なでしてしまうことにもなりかねないのですね。

特徴⑦感情を抑制するのが苦手

通常、人間は理性があるので、感情を爆発させたりすることはよほどのことがない限りないはずです。しかし、理不尽なこと、自分が我慢できないことなど、とにかく人にぶつけてしまいがちなのが、感情論に走る人の特徴でもあります。周囲にはまたかと思われても、本人はそれを我慢することが苦手であり、考える余裕もないので、相手の立場や、意見に耳を貸すこともできず一方的にぶちまけてしまいがちになります。

人間社会においては、どこの場面においても「理性」は非常に必要な能力とも言えるものです。ぜひこれをコントロールできる人間になりたいものです。

特徴⑧相手の話を聞くことが苦手

だいたい感情論に走る人は、人の話を聞いていないことが多いのです。冷静になって、相手の話を聞けば、自分の意見と違っていても、ああそうなのか、と受け入れられそうなことも、頭に血が上ってしまうと、カッとなって、相手の話が耳に入ってこなくなります。それも感情を抑制することが苦手な、感情論に走りがちな人が陥りがちです。

相手の話を聞く、という人間同士のコミュニケーションの基本を忘れてしまっている人が非常に多いです。

特徴⑨決めつける

相手の意見が聞けないので、議論することが難しいです。ですので、自分の意見を一方的に押し付けることになり、「あの人は聞く耳を持っていない。」などと言われることになりかねません。相手が間違っているかどうか、自分が果たして本当に正しいかどうかは、相手の意見を聞いてみないことには始まりません。ですが、感情論に走ってしまう人はどうしても、相手の意見が間違っている、と決めつけがちになります。当然それは余裕がないから、の他ならないのですが。

特徴⑩人の感情を想像できない

感情論に走る人は、自分の感情はとても重視します。しかし、「人の感情」には非常に鈍感、というかお構いなしです。余裕がないので、想像もできないのでしょう。人を思いやる、人がどう思うか、という気持ちの余裕はとても人間関係を良好に保つためには大事なことです。

こういったら、この人はどう思うか、この発言をしたら、みんながどう思うか、という先々は予想できないのですね。それが感情論で動いている人の特徴です。

特徴⑪人の言葉の裏が読めない

人間、例えばビジネスならばよりそうなりますが、本音を100パーセント包み隠さず発言できる人、というのはそうそういません。オブラートに包んでいってみたり、場所を選んでみたりしますよね。例えば、Aが好きなんですよね、とある人が言ったとします。しかし、本音はいろいろはビジネスの裏事情などが絡んでそういわざるを得ない場面だったかもしれません。感情論に走る人は、「こないだは、Bが最高、っていっていたのに、Aが好きなんて何言ってるんだよ。」と、直球で人の言葉を受け取ってしまい、真意をくみ取ろうと努力することができません。なんでもかんでも、正直に話せていたら、人間は楽に生きられるのは誰でもわかっていますよね。

null

<下に続く>

感情論と理論には良い面と悪い面がある

感情論と理論。さて、端的にいうとこの違いですが、感情論は、基準が「自分の価値観」なのです。すべての物事が、自分のものさし、価値観によってはかられています。理論は、「自分と相手を客観視してみる意見」なので、自分の物差しと相手の物差し、両方を比べながら話す、ということですね。感情論は、確かに熱く、自分本位なところもありますが、それだけ物事に一生懸命になれるんだという見方をすることもできます。熱い人、熱意のある人、という風に相手側に映ることがあるでしょう。ただ、その感情に訴えることができるのも、自分の感情の物差しと相手の感情の物差しが一致した場合、という注釈がつくことは覚えておいてください。

理論、で攻めてくる人。物事を常に冷静に分析し、順序だてて話す人。それはそれで、わかりやすいですし、ビジネスなどにおいて、相手を説き伏せたり、説得するには理論、が必要でしょう。一方では、毎回毎回、理論、で攻めてこられると、息苦しくなることもあります。冷たい感じ、冷たい人、という印象を与えることもあるかもしれません。対人間同士で行うのが話し合いですから。その間の「気持ち」はどこにあるか。それがどういう話し合いになるのかによっても重要なのではないかなと思われます。

言い換えると、感情論派の人と、理論派の人の間には、「他者を認めることができるか。」という大きな隔たりがあります。感情論派の人はとにかく「自分の感情が優先、○○さんは嫌い。」と思ったらもうダメで、どんなに○○さんが有能な部分を持っていてもそれを認めようとしません。理論派の人は、「○○さんは嫌いだ。だけど、こういう自分より優れた部分を持っていて、これは評価されなければいけない。」という部分を冷静に分析する能力があるのです、そこは他者を認めるかどうかという大きな部分になりますね。

そして、感情論は、自分の気の赴くまま、「好きなことを言っている」だけ、ですが、理論で人を説き伏せられる人は、当然、感情を持ったうえでの「理論」ですから、感情+理論、なのです。考えながら他の人の気持ちも論理的に動かせられれば、それに越したことはないと思うのですが。

また、感情ほど不確実なものはありません。なぜなら、自分の感情を100パーセント齟齬なしに、相手に伝えるには、相当の話術がいるからです。相手が曲解したとしても、それは感情的に話しているあなたの伝える力が不足しているのです。そこから誤解が生まれ、さらに訂正しなかればその誤解は大きくなり、関係も悪化したりするのですから、厄介なものです。自分の感情はそのままダイレクトにこぼれずに伝えるのはまず無理、なのです。誤解のないように冷静に伝えなければ、これは自ら人間関係悪化の原因を作っているようなものです。

理論で攻める人は、そこをよくわかっていますので、齟齬が生まれたらそれを丁寧に修正しながら相手に伝えようとしますし、じゃあそういう問題が起こったとして、どう解決したらいいだろう、ということを順序だてて考え、さらにそれを相手が納得するように落ち着いて伝えることができます。

<下に続く>

感情論の良い面と悪い面

さて、ここからは、感情論の「良い面」「悪い面」についてお話ししていきたいと思います。なんでも、二面性をもつものです。どちらがいいか、悪いか、というのはなかなか決めづらいものがあります。しかし、日本人的な部分が感情論、ですが、議論の場においては正直感情論は分が悪いですね。

感情論の良い面

感情論で訴えかけてくる人は、まず「自分の気持ち在りき、感情在りき」の部分です。人間ですから、感情があるのは当たり前で、それを前面に出すのを良しとするのか、NGと受け取るのかで、その人に対する感じ方もかなり変わってくることでしょう。いい意味で言えば、「人間臭い」人ともいえますので、温かみやエネルギーを感じる人もいるかもしれません。

ただ、その感情を出す場面。ですね。仕事で出していいものなのか、はたまたダメなのか、プライベートでは感情論を持ち出しても、仕事で感情を持ち出すのはどうなのか。意見が分かれるところかもしれません。

感情論の悪い面

感情論の悪い面といえば、感情で突き動かされている人なので、その時の気分によってコロコロと言い分が変わります。ですから、話に一貫性がなく、「え、昨日と言ってることが違うじゃん。」なんてことに陥りやすいのです。また、はなから相手が間違っている、と決めつけてかかってくることも多く、相手の話に耳を傾けようとなかなかできません。

それができるぐらいなら、冷静に話ができて、感情論に走ることはないのですが・・・・ですから、人と話も噛み合いませんし、相手の立場に立って物事を考えることが出来ないのです。

例えば、感情論タイプの上司がいたとして。「確かにそれは正論かもしれないが、私個人としての感情は賛成できない。」などと発言するような人。または、声を荒げて自分の意見を押し通そうとする上司。これは感情に突き動かされている以外の何物でもありません。

そして、先入観を捨てることが苦手、という特性もあります。最初に相手に不快感を抱いてしまうと、ずっとその不快感という先入観を捨てることが出来ないままでいます。感情論に走る人は頭に血が上りやすいので、「不快感」で頭が支配されてしまいます。冷静に考えれば、違う角度から見える物事も、感情が先走ってしまうと、見えなくなるという典型的な例ですね。

<下に続く>

理論の良い面と悪い面

null

次に、逆に理論で攻める人の、良い面、悪い面を見ていきましょう。あなたは感情論派ですか?理論派ですか?

理論の良い面

とにかく物事を冷静沈着に考え、頭で整理してから発言します。そして、先を読んで物事を組み立て、人の立場に立って考えることができます。そして、順序だてて物事を説明し、相手の疑問を順番に一つずつクリアしていきます。それが理論的な人の考え方。

まず、真実、正しいことは何なのか、を突き詰める。そして、決断するにあたっては、なぜその決断に至ったのかの裏付け、証拠、確証が必ずほしいこと、筋を通したい、自分に正直でありたい、論理では自分が一番でありたい、という思いがあります。

仕事においては、部下に対し、同じことを要求するでしょう。しかし、考えてみれば、丁寧に仕事をしようと思えば、「この利益を得るためには、こういう施策が必要で、さらに予算はこの位。」などの具体的な目安を示してプレゼンテーションしなければ、人は説得できないですよね。

感情だけで、ただ、できます!売れます!がんばりますから!という体育会系の世界は大人の世界、ビジネスの世界では通用しないのです。

理論の悪い面

理論的に攻める人の悪い面といえば、あまりにも淡々と事実や根拠、数字などを並べられると、冷たい人、という印象を持たれがちです。愛情を注いでないかのような。そんなイメージを持たれることが多くて損をすることが多いでしょう。実はそうではなくて、深く物事を考え、先々を見据えてから、発言したり、仕事を進めているのです。

理論武装する人は、「客観的」に物事がみれますが、それが時にはまるで「他人事」のように映ることがあって、一体何を考えているのかわからない、と言われてしまうことになるかもしれません。理屈っぽいとか、頑固とか、言ったってわからない、とか言われてしまう可能性もありますよね。

<下に続く>

感情論と理論は使い分けが大事!

では、どういった場面で「感情論」を使うのがいいのか、どういった時に「理論」で相手を説得するのがいいのかご説明します。

上司と部下の場合(部下が「感情論」タイプの場合)

あなたが上司であるとします。部下は感情で動くタイプとします。
感情的な部下に感情的に接し、頭ごなしに「これをやらないとダメなんだ!」と叱ったとします。その部下は果たして動いてくれるでしょうか。感情論で動く部下ですから、かちん、ときたら、たぶん言い返してくるか、言い返してこないまでも、素直には従うとは思いません。

こういう場合の上司(あなた)は、理論で対応する必要があります。
「こういう目的で、こういう数字を上げなくてはならない。なので、方法はこういった方法を考えている。やってもらえるか。」などと、順序だて。しかし、感情論タイプの部下ですから、それだけでは、心の奥底までには響きません。

人のためになりたい」と考えているのも感情論タイプの特徴ですから、上の理由に、「こういうことをすれば、たくさんの人を喜ばせたり、相手のためになる。一緒に目標に向かって頑張ろう。」などと付け加えます。

行動と感情は切り離して考えていることをわかってもらう

特に、感情論タイプの人は、「その方法ではダメなんだ」と言われると、まるで自分が全否定されたかのような錯覚に陥るのだそうです。ですから、上司として叱るとしても、「あくまで、方法がダメなのであって、君自身が悪いわけではない。」ということを伝える必要があるのです。

では逆の場合はどうなるか(上司が感情論タイプ、部下が理論タイプ)

上司が感情論タイプの場合、熱血体育会系の指導を入れてしまいそうになりますね。感情的についなって、声を荒げてみたり、部下に対し、カツを入れてしまったり。でも、部下が論理的な場合、それは嫌われる原因ともなります。

論理的な部下が、論理的に提案してきたものを、「君の言ってることは正論だ、しかし私の気持ちでは賛成しかねる。」といった、自分の感情に左右されるような発言は仕事の場でするべきではありませんね。

部下は、「自分は正しいことを言っているはずなのに、なぜ否定されなきゃならないのか。」と、上司に対し、落胆の色は隠せないでしょう。

目指すは客観的な視点

論理的な部下に対しては、一旦冷静になり、あくまで客観的に物事を見ます。正しいことに関しては、きちんと正しいと上司自身が認識すること、そして、「君の言っていることは正しい。しかし、ここが私は納得しずらい部分だから、もう少し根拠を示して説明してほしい。」などと、冷静に、なぜあなたが納得できないのかを説明します。

あとは、長期的な視点でもみて、その提案や企画が有益なものかどうか、頭ごなしに否定せず、自分自身でかみ砕いてみましょう。

<下に続く>

感情論で話している時の相手の心理状態

感情論、で話している相手の心理状態というのは一体どういうものなのでしょうか。

① 自分は弱いという潜在意識

実は大声で自分の意見を声高に主張してみたり、人の意見を聞かない感情論に走る人は、繊細で弱い人、と言われています。なぜなら、「どうせ自分は嫌われているから。」とか「こんなことをいって大丈夫だろうか。」と、結果自分に自信がなく、自分は弱い存在だ、という意識が働いています。ですので、相手を威嚇しているようなものですね。

実は常に人の動向にびくびくし、嫌われたくない思いが強い。それが、感情論に突き動かされる人の特徴でもあるのでしょう。人に嫌われたくないのであれば、少し人の意見に耳を傾ける余裕を持つのが一番早道な気はしますが・・・・・

② 優先すべきは自分の感情

感情論で話す人の優先事項第一は、「自分の感情」です。自分がいかに不快にならないか、が基準となります。ですから、相手のことは全く考えず、自分の意見をとにかく、相手がどう思おうと、今どういう状態でも、まくしたてます。相手に自分の「感情を伝える」ことが優先なので、時に論理などが支離滅裂なことはよくあることですが、それはお構いなしなのです。その時の感情で、とにかく相手に自分の意見を伝えること、これが大事なのです。

③相手に悪く思われていないだろうかという不安

相手を気にしない割に、自分のことは、「悪く思われただろうか」などと、あとから後悔するタイプがこの感情論タイプ、なのです。すごく声高に自分の意見を叫んだあと、人知れず物陰で、反省してるかもしれません。そんな複雑な心理の持ち主です。

④理性には弱い

感情を爆発させる、ということは、理性でそれを押さえることができないということであって、理性に弱いのが感情論タイプの特徴です。人目を気にしていたら、理性で自分の感情もコントロールできるはずです。

しかし、それができないのが感情論タイプなので、時と場所を選ばず、突然怒り出したりします。

⑤イライラしている

心理状態としては、イライラしている人が多いのです。イライラしていて、怒りっぽいので、すぐ感情が爆発してしまう。ストレスが積もりに積もっているタイプですね。そして、普通の人がさらっと流せることもいちいち気になって、感情的に突っかかってきたりしますね。

⑥視野が狭い

これは⑤につながりますが、イライラしていると、人間は視野まで狭くなってしまうのです。ですから、人のことも考えられませんし、余裕もないのですね。想像力も当然働きません。ですから、人を論破する、なんて夢のまた夢になってしまうのです。

⑦話がかみ合わないし、論点がずれてしまう

とにかく相手は頭に血が上っている状態ですから、話もこちらと噛み合うはずがありません。しかも、興奮して話している相手というにのは、だんだんと論点がずれてきて、こちらまであれ?という気持ちにさせられてしまいます。それに巻き込まれることなく、少し距離を置いて、聞き流すぐらいで、落ち着くのを待ちましょう。

<下に続く>

相手が感情論で話しているときこそ冷静になろう!

相手が感情論で話していたらどうするべきか。あなたまで感情論で相手していたら、本格的に喧嘩になってしまいます。

まず目標とすべきは、上にも少し書きましたが、「相手を落ち着かせること、刺激しないこと。」です。会話をするのはそれからですね。一方的にまくしたてている間は、とにかくあなたは「聞き役」に徹して下さい。自分が言いたいことが大体言い終わると、嵐が過ぎたようにだんだんと落ち着いてくるはずです。

話を聞くとしても、相槌を打つ程度で十分です。「うん」「それで」など。怒るのはとてもパワーがいります。何十分、何時間と怒り続けることは不可能ですから。そのパワーを消耗させるのが目的です。

話をし始めても、理解は示しても、同意は決してしないで下さい。
同意してしまうと、そこからまた話がエスカレートしてしまう可能性があるからです。しかし、理解は示さなければ、相手を全否定することになってしまいます。

あまりにめちゃくちゃな感情をぶつけてこられたリ、話がこじれそうなときは、いったん距離を置くのも一つの方法です。あなたまで巻き込まれて感情的になっては意味がありませんから。

<下に続く>

感情論で話す人への上手な接し方とは?

null

では、こういう感情論で話す人に対してのうまい対処法、接し方というのはあるのでしょうか。みてみましょう。

接し方① 全くの第三者を巻き込んでしまう

巻き込んでしまうというのは言い方がよくないですが、今まで話の中心人物でなかった人に、仲介に入ってもらうのです。そうすると、上手いこと「まあまあ、2人とも」といって、普通にとりなしてもらえることがほとんどでしょう。感情論をぶつけてみても、うんうん、とその人は冷静なわけですから、上手いこと流してくれ、雰囲気もガラッと変わるでしょう。雰囲気が変わると話の流れも変わります。試してみてください。

接し方② 自分の態度を振り返ってみる

相手ばかり感情に走っている!なーんて思っていたら、実は自分も感情論につられて走ってしまっていた、なんてことも多々あることではないでしょうか。それは気づかぬうちに、ですね。

冷静さを欠いていないかどうか、に気づけるか、気づけないか、というのは大きな差があって、この差を埋められるかどうかによって自分の態度の取り方が変わってきますね。少し頭を冷やすとわかってくることかもしれません。

接し方③あなたがされて嫌なことを相手にしていませんか?

要するに②のことなんですが、あなたが、感情をぶつけられて嫌な思いをするのであれば、それと同じことを相手にしていないか、もう一度確認することが大切です。相手は自分の鏡でもありますから、もしかしたら、知らず知らずのうちに、相手に対し、自分の怒りが漏れていて、それが相手に伝わっている可能性があります。ですから、相手も態度を軟化させないし、いつまでたってもお互いに平行線かもしれませんよ。

自分が常に正しい、という目線ではなく、振り返る目線を常に持ちましょう。

接し方④とにかく落ち着かせる

人間ですから、「話し合いを持とう」としますよね。しかし、第三者に対して、感情をばーっとぶつけてくるような精神状態の時に、あなたが正論を振りかざしたところで、相手の耳にはまったくもって届かないことは覚えておいてください。

とりあえずまず感情論を吹っ掛けられたらやること、相手の言いたいことは全部言わせてしまうんです。1時間も2時間も怒り続けられる人はいません。あなたにぶつけていて、あなたが冷静な相槌だけ打ちながら聞いていれば、相手も次第に落ち着いてくるものです。

話し合いはそれから、ということを肝に銘じておきましょう。

接し方⑤相手にしない、というのも方法

度が過ぎる感情論ばかり押し付けてくる人は、相手をする人にとってもとても疲れる相手です。

人の気持ちを慮る、という行為は、人間が生きていくうえで人間関係の基礎を築く大切な行為ですが、自分の感情ばかり優先して、相手のことが考えられない人は、その人間関係の構築をすることから破たんさせてしまっていることが多いです。ずっと怒っているわけではないでしょうから、落ち着いているときに、「あなたはこういうところがあるよ。」と忠告してまで、付き合いたい人物かどうか。それを見極める必要があります。

そうじゃない人物、ということであれば、距離を置く。もっと言ってしまえば、「相手にしない」ということですね。

<下に続く>

感情論で話す人の特徴や接し方!感情論と理論の良い面・悪い面は?のまとめ

いかがでしたでそうか。自分、もしくは、上司の顔、同僚の顔を思い浮かべた方もいらっしゃるのでは?感情論、理論、議論の場ではやはり圧倒的に理論で話せる人の方が優勢になるでしょう。自分の感情はもちろん大事なことなのですが、それをやたらめったら第三者にぶつけていい、ということではありません。いくらカチンと来たことでも、なぜそれがカチンときたのか、自分で冷静に頭の中で整理して、アウトプットする習慣を身に着けてみましょう。だんだんと、整理している間に落ち着いてくることがわかるはずです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line