お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/10/12

長女の性格の特徴!恋愛における性格や相性のいい男性はどんな人?

Large dahiana candelo 36591  1
目次

長女の性格というとどういうことが思い浮かびますか?

一般的には「しっかりした感じの女性」というイメージが強いかもしれませんが、そのほかにどんな特徴があるのでしょう。

今回は長女の恋愛傾向や、長女の女性と相性のいい男性、長女であるために得すること損することなど、よく見られる長女の性格や特徴について解説していきます。

長女の性格の特徴

null

性格①:しっかり者

長女という立場上、「私がしっかりして、弟妹たちのお手本にならなければいけない」というふうに育てられることが多いです。

また、弟や妹たちも自然と長女に甘えて頼ってきます。

そのような環境で育つため、「自分がしっかりしなければならない」と常に意識し、何をするにもそつなくこなせるように努力しています。

その結果周りからは「しっかり者だね」と見られるし、本当はそうでなくてもしっかり者の自分を造り上げているのです。

性格②:おせっかいを焼きたがる

長女はしっかり者として育ってきたし、いつも小さい兄弟たちの面倒を見てきたので、他人についついおせっかいを焼きたがります。

だらだら行動している人がいれば口出ししたくなるし、作業に時間がかかる人がいれば手伝いたくなります。

良く言えば「面倒見がいい」ともとれますが、時と場合によっては余計なお世話になることもあるので、状況を見て判断が必要な場合もあります。

しかし一度面倒を見た人に対しては、長いこと気になって定期的に声をかけたりする気遣いができるのも長女の特徴です。なので自然と人が集まってくるんですね。

性格③:ストレスをためやすい

小さい頃、弟や妹とおやつの取り合いでもめたり、遊んでいるうちにケンカになったりすると「あなたはお姉ちゃんなんだから」といつも親に言われて育ってきました。

そのため、長女は我慢をすることに非常に慣れています。

しかし、我慢をしすぎてストレスをためこんでしまうというのも、長女によくみられる特徴です。

器用でもないのでなかなかうまくストレス発散ができないために、感情のコントロールができなくなって急にキレることがあるので、その点は要注意です。

性格④:弱みを見せない

小さい頃から何かと我慢することが多かった長女は、しっかり者として兄弟を引っ張っていかなければいけないという立場上、人前でなかなか弱いところを見せません。

ときには「しっかり者」でいられないことだってあるので、本当は大声を出して泣きたいのですが、決して人前で涙を見せようとしません。

どんなときでも「大丈夫、大丈夫」と自分にも周りにも言い聞かせて強がってしまい、顔で笑って心で泣いていることがよくあります。

性格⑤:さみしがりや

いちばん先に生まれた長女は、親を独り占めできる時間が確実にありましたが、ある日突然弟や妹が表れて、心の準備もできないまま親を取られてしまったという感覚があります。

それからは下の兄弟のお世話を任されたり、一緒に遊んであげたりすることばかりで、本当は自分ももっと親に甘えたかったのにそれができないまま大きくなります。

そのため長女はさみしがりやな傾向が強く、常にかまってほしい、常に誰かとつながっていたいと思っているのです。

いつもスマホが手放せない、SNS依存症に陥ることも多いです。

性格⑥:真面目

長女は比較的真面目で、おとなしい性格の持ち主が多いです。

小さい頃から大人の言うことをきちんと聞き、正しい判断をしなければならないという意識が大変強く、我慢強さを持っていることもあり、自分の意見をなかなか主張できない面もあります。

自由奔放な弟や妹と違って、自分はちゃんとしなきゃいけないので、あまり派手な恰好や行動も好みません。

聞き分けがいいので、親にとっても子育てを振り返ると「長女は育てやすかった」という意見が多いです。

性格⑦:争いごとを嫌う

長女は争いごとやけんか、もめ事を嫌う人が多いです。

小さい頃から兄弟げんかをしたときに「あなたが悪いんでしょ」と親から叱られたり、「お姉ちゃんなんだから譲ってあげなさい」と言われて育ってきたせいもあるでしょう。自分が悪者扱いされるのが嫌なのです。

長女は社会に出てからも、できるだけ穏やかに事を進めよう、丸く収めようとする傾向が強く、うまくいきそうにない場合は自分が我慢をしてしまうことがよくあります。

性格⑧:人の目を気にする

長女は親の期待を一身に受けて育ってきたこともあり、他人の評価にとても敏感です。

特に小さい頃は親や先生の目を気にして、あまり目立ったことはせずに、「良い子、手のかからない子」であるように気を付けてきました。

もしちょっとでも悪い評価を受けると、すぐに改善しようと取り組む真面目さが特徴ですが、人の目を気にするあまり本当の自分をなかなか出せない人も多いです。

性格⑨:断れない

長女という立場は、親からも「弟や妹の面倒お願いね」とか「おつかいよろしく」なんて頼られやすく、「お姉ちゃん、手伝って」と下の兄弟たちからもなにかと頼られる存在です。

小さい頃からそのような環境で育ってきたので、誰かに頼まれごとをされると「何とかしてあげなきゃ」という気持ちになり、どんなに忙しくても疲れていても、なかなか断れない傾向があります。

長女は人から頼られることで、自分の存在意義を感じている人が多いです。

性格⑩:無駄遣いしない

長女はしっかり者として育ってきたこともあり、財布のひもが固く、めったに無駄遣いをしません。

欲しい物があれば、計画を立ててお金がたまってから買います。無計画で考えなしにお金を使うことが少ないので、こつこつと着実に貯金をすることができます。

そのため、長女を奥さんにもらうと非常に安心して家計を任せることができます。あまりにもきちんとしているため、ケチと思われることもありますが、お金を上手に使うことができるという点は素晴らしい特徴の一つです。

性格⑪:要領が悪い

長女はいちばん最初に生まれ、上にお手本とする兄や姉がいないので、何をするにも初めてです。

不器用な人も多いので、要領が悪くスムーズにいかないことが多々あります。

しかし、真面目で責任感の強い長女は、苦手なことや不得意なことでもあきらめずにチャレンジするし、最後までやり通さないと気が済まない性格なので、努力で何とかする人が多いです。

性格⑫:現実的に物事を考える

親にとっても初めての子育てで、しかも女の子となると「大切に育てよう」、「将来苦労しないように立派な子にしたい」という思いが大変強いです。

「良い学校に入れるように、いい仕事に就けるように」と親から言い聞かせられ、親がレールを敷いてくれることが多いため、長女は現実主義の人が多く、小さい頃からこつこつと勉強を重ね、安定した職業に就きたいと考える傾向があります。

「いつか世界一周旅行へ行きたい」といった夢を抱くことは、長女には少ないです。

性格⑬:人に気を遣いすぎる

長女は子どものころから、下の妹弟のお手本になるように言われてきました。そのため、特に親や先生に叱られるのが嫌だし、妹弟の前でいいところを見せないといけないので、言いたいことがあっても飲み込んでしまうことが多いです。

また、周りに迷惑をかけていないかを常に考えたり、自分のことは後回しで人を立てたりして、人に気を使いすぎるという性格の人が多く見られます。

性格⑭:理屈っぽい

見た感じはおっとりしていることが多いのですが、心の中は結構理屈っぽい性格の人が多いのも長女の特徴です。

弟や妹は親にたくさん構ってもらいながらも、自由奔放にのびのびと育ってきました。

そんな妹弟たちの姿を見ながら本当は自分ももっと構ってほしいのに、それができないことがわかっているので、なんだかんだと理屈をつけて自分自身を説得する術を自然と身に着けているのです。

性格⑮:責任感が強い

自分がしっかりしなければ、という意識が非常に強いので、長女は人一倍責任感が強いです。頼まれたことはきっちりこなすし、自分がやると決めたことに対してはとことん、しかも完璧にしたいと思ってしまうのが特徴です。

ときには「もう少し肩の力を抜いたら」と言われることもありますが、その責任感の強さをうまく生かして成功している人もたくさんいます。

女性らしい優しさの中に見える男っぽい芯の強さは長女の性格で魅力的な一つと言えるでしょう。

<下に続く>

長女の恋愛における性格の特徴

null

特徴①:年上を好む

しっかり者の長女にとって、同年代や年下の男性はどうしても子どもみたいに感じられて恋愛の対象として受け入れるのが難しく、アプローチされたとしても断ることが多いです。

長女は精神年齢が高いので、「しっかり者を演じている頑張り屋さん」な性格を丸ごと包み込んでくれるような年上の男性を好み、実際にかなり年齢の離れた男性と恋愛に発展するケースもよく見られます。

しかし、年上の男性であっても、あまりにも甘えん坊だったり、頼りがいのない人だったりすると、あまり魅力を感じません。

特徴②:甘えるのが下手

「お姉ちゃんなんだから」という気持ちで、親に甘えたくてもなかなか甘えられずに大きくなり、人に甘えるのがどんどん下手になってきた長女は、恋愛においても同じことが言えます。

彼氏ができても素直に甘えたり頼ったりできないので、男性側が「もっと頼ってほしいな」とか「俺って頼りがいがないのかな」と寂しさや不安を感じることもあります。

そのため、長女の女性が勇気を出して本当の自分を見せたり、甘えられるようになると、さらに二人の仲は深まるでしょう。

特徴③:面倒見がいい

小さい頃から幼い兄弟たちの面倒を見てきた長女は、大人になっても気配りができて、困っている人を見ると放っておけません。

恋愛においても、彼氏がどんな状況なのかを冷静に観察・判断して、ついつい母親のように世話を焼いてしまうことがあります。

それに漬け込んで調子に乗ってしまう男性がいたとしても、頼りにされると優しくしてしまって、男性はさらに調子に乗る、それでも女性は「仕方ないな」と許してしまう、というように悪循環に陥るケースもあるので要注意です。

長女の女性は、男性に対する優しさと甘やかすことをきっちり区別しないと、ダメな男性に引っかかってしまいますよ。

特徴④:ロマンチックな演出が苦手

長女の女性は現実主義で堅実な性格は、日常生活においても恋愛においても同じです。

そのため、記念日などにロマンチックな演出をされたり、サプライズでお祝いをされたりすることに苦手意識を持っていることが多いのです。

恥ずかしさを隠す意味も含めて「そんなことにお金を使うよりは、貯金しておいて」、なんて現実的なことを言われることもあります。

長女な女性と付き合う場合、あまり凝ったデートを計画するよりは、普通におしゃべりしながら散歩をしたり、食事をしたり、スポーツをしたりする方がおすすめです。

特徴⑤:好きになったら一途に突っ走る

責任感が人一倍強い長女の女性は、好きな人ができたら他の男性になんて目もくれず、周りの視線も気にせずその人だけを一途に愛する傾向があります。

しかし、女性のそういう気持ちが強すぎて、男性側が引いてしまうこともあるので注意が必要なのですが、なかなかうまくブレーキをかけることができないのです。

もともと真面目な性格で、曲がったことが嫌いなので、二股をかけられたり、嘘をつかれたりすると一気にその男性への気持ちが冷めてしまい、きっぱり別れを告げられますよ。

長女の性格と相性がいい男性はどんな人?

しっかり者の性格が特徴である長女は、自分とまったく違ったタイプで自由奔放な男性に魅力を感じる傾向があります。

これは男性にも同様に言えることで、自由に生きている男性は、しっかりしている女性を好む人が多いです。

上に兄姉がいない長女と長男が出会った場合、お互いに「似た者同士だな」というオーラは感じやすいですが、恋愛に発展する関係にはなりにくいでしょう。

一方、長女と相性がいいのは末っ子男性です。末っ子は自分から積極的に行動するのは苦手なのですが、自由奔放に生きています。長女は恋愛でも主導権を握ることが多いので、この組み合わせはパートナーとしてぴったりはまることが多いです。

ただ、末っ子男性は誰からも可愛がられるので、浮気癖のある人には要注意です。

また、長女は甘えるのが下手なのですが、本当は甘えたいという願望が非常に強いです。

そのため、自分の弱みを見せることができる、本音で話ができるような包容力を持った男性に非常に魅力を感じ、恋愛関係に発展する可能性が大きいです。

いつも人から頼りにされて頑張り続けている長女は、「もうそんなに頑張らなくていいよ」と頭をなでてくれるような、優しくて心の広い男性にも心を許しやすい傾向があると言われています。

末っ子男子・女子の性格や恋愛の特徴!末っ子あるあるも5つ紹介!あなたの友達や恋人が末っ子男子や末っ子女子だったりしませんか? また、なかなか性格が合わない、...

<下に続く>

長女はどんなことで損をしやすいか?

長女はいちばん先に生まれたというだけで、どうしても「しっかり者」という性格のイメージを持たれてしまいます。

そのために、自分の能力を超えた過剰な期待をかけられることがしばしばあります。

本当は他人が思っているほどしっかりしていない部分もあるのに、苦手なこともたくさんあるのに、期待に応えられないと勝手にがっかりされたりして、悲しい思いをするのです。

逆に妹や弟は、少しでもいいところが見られれば大げさに褒められ、ちやほやされるんですよね。そういうところは子ども心でも敏感に感じ取ります。

また、長女はやたらと反対されたり心配されたりすることが多いです。

例えば長女が「私高校を卒業したら海外に留学したい」なんて言い出すと、親は気が気ではなく、まずあれこれ理由を述べて反対する人がほとんどでしょう。

しかし妹や弟の時は、姉の前例があるからか、同じことをしてもあっさりと認められた、なんていうこともよくあります。

親にとっても長女の子育ては初めてのことだらけ。どうしたらいいかわからないことばかりで、必死に心配してくれたんだと思うと「長女で損をした」という気持ちも少しは和らぐかもしれませんね。

長女で得することは何がある?

一方、長女で得をすることはたくさんあります。

実家に残っている小さい頃の写真は、下の妹弟たちと比べて断然多いはずです。

弟や妹が生まれると「お母さんを取られた」とか、「もっと自分を見て欲しい」という気持ちになったことがあるとは思いますが、やはり最初の子どもということで丁寧に大事に育てられてきました。

長女は先に生まれた分、親の思い入れや愛情も強く、「歩けるようになった」、「おしゃべりができるようになった」など各成長ポイントでの感動はいちばん大きかったことでしょう。

実際親へのアンケート結果でも、いちばん上の子どもの成長過程をいちばんよく覚えている人が多く、2番目、3番目と下のきょうだいが生まれるに連れて、「いつ歩き始めたかも忘れてしまった」という傾向が強いです。

洋服やおもちゃもお下がりはほとんどなく、新しい物ばかり買ってもらえるのはやはり嬉しいことですよね。

お年玉の金額だってきっと下の妹弟よりも多くもらい、「長女って得だな」と得意げに感じたこともたくさんあったのではないでしょうか。

真っ先に一人部屋を与えられたり、自転車を買ってもらったり、物理的にも長女が親から優遇されることは数多くあるものです。

<下に続く>

長女の性格の特徴!恋愛における性格や相性のいい男性はどんな人?のまとめ

長女の性格といえば、一般的にやはり「しっかり者」というイメージが強いです。小さい頃に上手に甘えられなかった分、恋愛では弱い部分も含めて大きく包み込んでくれるような年上の男性を好む傾向があるのですね。

育ってきた環境や親の育て方にも左右される部分はたくさんあるでしょうが、生まれてきた順番が性格に影響するというのは、非常に興味深いです。

我慢強くて頼りになる長女としての魅力は、学校や職場など様々な場面で生かせることができるでしょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事