お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/10/12

喜怒哀楽が激しい人の特徴と長所・短所!付き合い方も解説!

Large woman 1138470  340
目次

あなたの周りに喜怒哀楽が激しい人はいませんか?
喜怒哀楽が激しいと聞くと、「すぐ怒る」「すぐ泣く」「わがまま」というような気難しいような、扱いづらいといったイメージがありますが、実は長所もあります。

今回は、喜怒哀楽が激しい人の長所と短所、喜怒哀楽が激しい人との付き合い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

喜怒哀楽とは?意味は?

喜怒哀楽とは、私たち人間なら必ず持っている「喜び」、「怒り」、「悲しみ」、「楽しみ」の4つの感情を表す言葉です。

同じような意味で「感受性が豊か」という言葉がありますが、この言葉の意味は、相手に不快感を与えることのない言動や発言ができるということと、他人が感心するような言葉や態度などの表現が出来る人のことを指します。

一方、「喜怒哀楽が激しい」という言葉は、自分の思うまま感情を吐き出し、ときには相手を傷つけるなど、他人への配慮に欠けている人のことを指します。

<下に続く>

喜怒哀楽が激しい人の特徴

喜怒哀楽が激しい人の特徴とはどんなものがあるのかをみていきましょう。

楽天的

特徴①周りを気にする

例えば、自分以外の人たちが輪になって楽しく話をしていたり、レストランなどで食事をしている最中に自分が少し席を外した瞬間など、自分がいないところで他の人たちが自分の悪口を言われていないかや、自分の話題が出ているのではないかと勘違いをして、「ねぇ!今私の話ししてたよね、どんな話?」「もしかして私の悪口言ってた?」ととてつもなく不安になったり、異常に気にするところがあります。

自分のことを言われていると勝手に勘違いして、周りがいくら「悪口なんか言ってないよ」
と、真実を言っていても聞く耳を持たずに急に泣き出したり怒り出して、その場から立ち去ったりすることもあります。
また、「もしかしたら私の良いところ話してたのでは」とこれまた勝手な勘違いをして、「私のこと、どう思ってるの?はっきり言ってよーねぇねぇー!」といつまでもしつこく聞いてくることもあります。

特徴②文章で表現力が上手

喜怒哀楽が激しい人は、メールで文章を打つときや文書を書くときに、相手にも感情が伝わりやすく書くことが得意です。

文章を書きながらその時の自分の感情を思い出したり、当時の自分に戻って「あのときはあんな感情だったな」「こう思ったな」と思い返すことができたり、相手の立場になって、こう言われた方がわかりやすいなと考えることができます。

例えば、「この間のパーティー行けなくて本当ごめんね!楽しみにしてたんだけどなぁ。」と書くより、「この間のパーティーはいけくて本当にごめんね!誘われた日からほんっとに楽しみにしてて、洋服とかも妹に相談にのってもらって準備万端だったんだけど、風邪引いちゃって…次は絶対に行きたいからまた誘ってね!」と、いかに自分が楽しみにしてきたかを上手に文章に取り入れることができます。

しかし、あまりにも感情を取り入れすぎて「なんか胡散臭い」と思われてしまうこともあります。

特徴③ポジティブだけど喜怒哀楽が激しい

喜怒哀楽が激しい人は基本的にポジティブな人が多いです。
何か悲しいことがあったりイラっとすることがあっても、その感情は一時的なもので「まぁ、いっか!」「なんとかなるさ!」「大丈夫大丈夫!」と気分を入れ替えることが非常に得意です。
周りからすると「さっきまで悲しんでたよね!?」「イラついてなかった!?」とさっきまでの感情はどうしたのとビックリされることもあります。

しかし、このように気分の入れ替えが早く、ポジティブでいても、ふとした瞬間にその時の感情が戻ってきて悲しんだりイラついたりすることもあり、周りからは「忙しい人だ」と思われたり「めんどくさい」と思われることもあります。

特徴④感動しやすい

喜怒哀楽が激しい人は、映画やドラマなど見たときにその世界観に感情移入することが非常に得意で、あたかも自分が実際に体験しているような感覚に陥るため、登場人物の気持ちをより深く知ることができます。
そのため非常に感動しやすく、見終わった後もしばらく余韻が残ったままなのでテンションが上がったままの状態が続いていることもあります。

音楽を聴いているならば、その音楽にあったシーンを自分の頭で想像してますます聞き入ったり、読書をしていても自分が主人公の気持ちになったりしてその場面を想像することができます。

特徴⑤真っ直ぐすぎる

喜怒哀楽な人は曲がった事が嫌いだったり、これと決めたことは必ずそうでないと気が済まない人が多くいます。
あまりのまっすぐさに周りもうんざりしてしまうこともあり、説得させるのもまた一苦労で相手を呆れさせてしまうこともあります。

例えば、前々から計画を立てていたことがその通りに実行することが難しくなってしまい、計画を変更することになったとします。
このときに、喜怒哀楽が激しい人がとてもポジティブ思考になっていて、何事も「まっ、いっか!」と楽観的に捉えてくれるのならまだしも、イライラしていたりしていると、変更することに対してああでもないこうでもないと言ってくる場合があります。

特徴⑥性格が変わる

喜怒哀楽が激しい人は、その時の自分の気分や機嫌次第で相手への接し方が違います。

良いことがあったときにはとにかくもうニコニコで、自ら冗談を言ってきたり、面倒なことも自ら引き受けたりと、周りにお花畑が見えるくらい機嫌のいい時もあれば、嫌なことや気に食わないことなどがあったときには、目つきが鋭く、機嫌が良いときに話していた冗談が全く通じないどころかキレられたりと性格がコロコロ変わることもあります。

このような性格の違いは雰囲気や、目つきで大体わかりますが、電話だと全くわかりませんよね。
例えば、相手が機嫌が悪いときに電話をしてしまいました。すると案の定、「あぁ、はいはい、わかりました、はいはい」「わかってるって、さっき聞いた」などと適当に不快な返事をされて切られました。しかしその数分後、その人から電話がかかってきた思ったら、さっきとは比べ物にならないくらいのテンションの高さだったりすると、こっちがビックリしますよね。
喜怒哀楽が激しい人の性格の変わり方は誰も想像も予測もできないので、なるべくなら電話は控えたいですよね。

喜怒哀楽が激しいことは長所と短所の両面を持つ!

喜怒哀楽が激しい人にも実は長所があります。短所と合わせてみていきましょう。

null

<下に続く>

喜怒哀楽が激しいことの長所

長所①常に本音で話す

喜怒哀楽が激しい人は、喜びや怒り、悲しみや楽しみと言った感情をとても素直に表現ができるため、常に相手と本気でぶつかることができます。
自分はいい意味で言ったのに、相手からするとそれが悪い印象にとらえられていたり、なかなかうまく伝わらないところが日本語の難しいところですが、喜怒哀楽が激しい人は、「自分はあのときすごく嬉しかった」「さっきはこう言われてムカついた」「仲間外れにされて寂しい」「明日の映画がすごい楽しみ!」とストレートな言い方で、回りくどい話し方をしないので、相手に勘違いされたり誤解をされることがありません。

なので、自分がいい意味で言ったことが相手に悪い風にとらえられてしまい、トラブルが起きてしまうといった心配もありません。ただ、本音で話すことで相手が「重い」と思う場合もあります。
特に、恋人には思ったことや感じたことはいつも以上に本音で話すので、それが相手からするとプレッシャーに感じることもあるので、気を付けましょう。

長所②コミュニケーションが上手

喜怒哀楽が激しい人のコロコロ変わる性格が逆に、相手から「自分を包み隠さない裏表がない人」だと好印象を持たれることもあります。
例えば、上司から褒められたときに素直に喜べたり、プレゼンがうまくいかなかった場合は悲しみと、次こそ成功してやるという闘争心など目に見えてわかり、それが評価される可能性もあります。
ただし、極度な怒りや悲しみはあまり表には出さない方がいいでしょう。

また、自分が喜怒哀楽が激しい性格だとわかっているならば、相手がこう言われたらいやだ、こう言われたら嬉しい、こんな言われ方をしたら悲しいなど自分に置き換えて考えることができるので、言葉の選び方が非常に上手です。
例えば、仕事の上司にこう言ったら気に入られるかも、先輩にこう言ったら気を良くするかも、部下にはこう言ったら信頼されるかもと瞬時に考えることができるので、世渡りが上手な場合もあります。

長所③共感できる

喜怒哀楽が激しい人は感情移入や共感ができるので、相手が悲しんでいたら話を聞き「辛かったね」「悲しかったね」と一緒に悲しんだり、何かを皆んなでやり遂げて成功した場合、喜びを分かち合ったりすることができます。

例えば、友達が失恋してしまったら一緒に悲しみながら励ましたり、相談されたことに対してすごく親密になって聞いたり、誰かに恋人ができた場合はまるで自分のことのように喜んだりすることができるので、このような性格が周りの人から好まれることがあります。

長所④素直

喜怒哀楽が激しい人は、自分のいうことを聞いてくれるまでいつまでも言い続けるようなわがままだったり、ちょっとしたことで怒ったり、悲しいときには涙を流したり、感情を非常にストレートに出してくるとても素直な一面があります。
このストレートな表現は、悪く言えば「子供っぽい」ですが、面倒見の良い人や年上から好まれる性格でもあります。

また、素直な性格はトラブルが起きた場合、自分に原因があったとしたらしっかりと認めて謝ることができますが、この素直さは大人になればなるほどなくなったり、引くに引けなくなったりとさらに問題をややこしくする場合もあります。
中には計算したり、相手の顔色をうかがって「素直」を演じている人もいますが、やはり、本当の素直さには勝てないでしょう。

長所⑤明るい

自分の理性をコントロールできる人は、怒りや悲しみの感情もコントロールができるので、そこの部分を出さないようにするととても明るく
ポジティブな人になります。

常に楽しいことを考えていたりテンションが高かったりと一緒にいる人も楽しくなるような空間を作り出してくれるので、自然と周りに人が集まるようになります。

喜怒哀楽が激しいことの短所

短所①気分屋

非常に気分屋なので、何か気に触るようなことがあったり、ちょっとしたことでもすぐに機嫌が悪くなり、扱いが難しくなったり、今まで楽しくワイワイしてた場がその人のせいで急に白けてしまったりすることもあります。

喜怒哀楽が激しい人が機嫌が悪いとは知らずに冗談を言ってしまってさらに機嫌が悪くなってしまうときもあれば、冗談に冗談で返してきたりするときもあり、扱いには非常に困ります。

短所②被害者になりたがる

何か都合の悪いことがあると、涙を見せたり逆ギレすることがあります。
自分が悪いことをしたにもかかわらず、涙を見せることで被害者ぶったり、逆ギレをして「自分が確かにやったことだけど、その言い方はないんじゃない!?」と話を別の方向に持っていくようにしたりすることもあります。
素直な一面がある喜怒哀楽が激しい人ですが、このように被害者になりたがるときは、自分の感情が不安定だったり、みんなから注目されたいという寂しさだったり構ってほしいということの裏返しのことがあります。

短所③めんどくさい

喜怒哀楽を包み隠さず表現することは、素直で良いことでもありますが、度を超えてしまうと「ただのめんどくさい人」になってしまいます。
特に、仕事上で怒りと悲しみをそのまま出してしまうと「営業では行かせれないな」「謝ることを知らない」「泣けば許されると思っているのか」「泣けば済むと思っているのか」などと思われてしまいます。

例えば、数人で旅行に行く計画を立てているときに「ここはこうしたほうがいいんじゃない?」と言ってきたことに対して、「この流れでいくとしたら、こうしたほうがいい」と返されると「なんで?自分はこうしたほうが絶対いいじゃん、なんでだめなの?」と感情的になったりする一面もあり、疑問に思ったことや違うと思ったことに対しては、時と場合を選ばず、また周りの迷惑を考えずに発言することがあるので団体行動が向いていない場合もあります。

短所④話が長い

喜怒哀楽が激しい人は、何か悲しいことがあると、なぜ悲しんでいるかを相手に話すときに、その時の自分を思い出したり、相手が発言した言葉を思い出し、話しているうちにだんだん怒りに変わってきて、言い訳じみた発言や怒り任せにああでもないこうでもないと、話す内容が五分で済むものが20分30分くらいかかったり、散々話した挙句、最終的には「まぁ、もういいや」と投げやりになることがあります。

相手からするとなぜ悲しんでいるのかを聞いているのに、愚痴になったり投げやりになったりして結果的に話がよくわからない状態になります。

短所⑤相手を傷つけることがある

喜怒哀楽が激しい人は、自分の思ったことをそのままストレートに発言するため、自分が聞かれたことに対して素直に答えたことが相手を傷つけている場合があります。

「私、いくつに見える?」と聞かれた場合、社交辞令を全く気にせずに適正年齢をズバって言い当ててしまったり、「今日着ている服より昨日の方が似合ってる」と言ったりしてしまうので「何か余計なことを言うんじゃないか」と一緒にいる人も常にハラハラドキドキしています。
そして、自分が言ったことで相手が傷ついているなんてことに気づかないこともあり、相手が落ち込んでいると「何かありましたか?」「どうしました?」と鈍感な一面を見せることがあります。

短所⑥自己中心的

喜怒哀楽が激しい人は、自分の思い通りにならないと怒りだすこともあります。他人の意見に耳を傾けたりすることが苦手で、そのときの感情で行動し、その感情もストレートに表現するので、レストランに行こうと言い出したのは自分なのにもかかわらず、「思ったよりおいしくないね」と場を白けさせたり、自分が企画した旅行をみんなが楽しんでいないと勝手に思い込んで「何!?楽しくないの」と攻撃的になったりすることもあります。

<下に続く>

喜怒哀楽が強い人とのうまい付き合い方とは?

喜怒哀楽が激しい人と付き合うのもなかなか大変ですよね。
次で、喜怒哀楽の激しい人とのうまい付き合い方をご紹介します。

null

付き合い方①相手の感情に振り回されない

喜怒哀楽が激しい人は感情の起伏が非常に激しく、テンションも上がったり下がったりしやすいのですが、ここでその人の感情を鎮めるために自分は悪くないのに謝ったり、悲しんでいるからと言って過剰な同情はしないようにしましょう。

喜怒哀楽が激しい人は、自分の感情を抑えることができないので、ありのままの姿で生きています。中にはこのような人が苦手で、周りから嫌われることも少なくはありません。その中で自分の感情の起伏に付き合ってくれる人は非常に貴重な存在です。
例えば、最近、喜怒哀楽が激しい人がA子とうまくいっていなくて「A子、なんか感じ悪いよね」と言ってきたことに対し、「確かにそうだよね」と同情してしまうと、自分に味方ができたとA子に対して強い態度にでることがあります。また、喜怒哀楽が激しい人が泣いている理由を聞き、同情してしまうと更に悲観的になったり被害者ぶったりすることもあります。

自分に同意したり共感してくれる人は喜怒哀楽が激しい人にとって貴重な存在です。

付き合い方②話半分に聞く

喜怒哀楽が激しい人の話を聞いていると、その時の感情を思い出してイラついたり悲しんだりしてみたり、なんで自分がイラついたのか、悲しんだのかを事細かに表現してくるので話が長くなることがあります。

ただ、喜怒哀楽が激しい人の話をよく聞いてみると感情の表現の仕方が上手で自分はその場にいなかった時の話なのに、頭の中で状況が想像できるくらい表現力が上手なのは事実です。

しかし、喜怒哀楽が激しい人は、感情の起伏が激しいので、怒り任せに言わなくてもいいようなことまで言ってしまったり、一言多いこともあります。一から十まで聞いてしまうと、聞いている側が疲れてきてしまうので、話半分に聞くようにし、重要な話の場合は重要なフレーズだけを聞き、あとは聞き流すようにしましょう。

付き合い方③反論しない

喜怒哀楽が激しい人は、自分が言ったことに対して意見されると、感情的になって十も二十も返してくる場合があります。
例えば、文化祭で出し物で「おばけやしきをやろう!」と提案してきたとします。喜怒哀楽が激しい人が考えに考え抜いた意見に対して「お化けが苦手な人もいるのでは?」「部屋の中が暗くなるから危なくないかな」という意見が出された場合、「おばけが苦手なら来なきゃいいじゃん!」「未知の部分だけ光を照らせばいいじゃん!」など、意見されたことに対してイラついたり、「んじゃいいよ、やらなくて」と悲しみの感情を出したりする場合があります。
こうなってしまうと、他の出し物が採用された時にダルそうにイヤイヤやってみたり、悲しみでテンションが下がったまま作業をしたりすることがあるので、周りは非常に扱いづらいと感じます。

1番は、喜怒哀楽が激しい人が提案したものに意見したり反論しない方がいいのですが、どうしてもそれでは無理だと思う内容だった場合は、喜怒哀楽が激しい人の感情の起伏やテンションのアップダウンは気にしないようにしましょう。

付き合い方④理解する

自分の感情を受け止めて受け入れてくれる人が喜怒哀楽が激しい人には貴重な存在です。
「この人がいるから大丈夫」と考え、喜怒哀楽が以前にも増して激しくなることもあります。

あまり反論しないことが1番なのですが、あまりに目に余る言動や発言をする場合は、「うんうん、そうだよね。けどそれは違うよ」「言ってることは十分わかるんだけど、それはいけないよ」など、一度相手の言っていることを受け止めて理解してあげてから反論するようにしましょう。

理解されずに「それは違うでしょ!」「自分がこう言ったからいけないんじゃないの?」と鼻から反論されると、余計に感情が溢れでてきてしまいます。理解されることでその人の怒りがおさまったり、悲しみの感情が軽減されます。

付き合い方⑤何を言われても気にしない

感情任せに余計なことまでつい言ってしまいがちな喜怒哀楽が激しい人ですが、今はそんなこと言わなくていいのに、言われなくてもわかってるよ、と思うような話は聞き流すようにし、気にしないようにしましょう。
喜怒哀楽が激しい人は、「あの時はああだった」「この時もああだった」などと済んだ前の話を持ち出してくることもよくあります。
そして、その時に自分はどう思ったかを事細かに話してきます。済んだ話をいつまでも掘り返されるといい気はしませんが、喜怒哀楽が激しい人に言われたことはあまり気にしないようにしましょう。

【コラム】喜怒哀楽が激しいことが借金につながることもある?

喜怒哀楽が激しい人が借金!?

喜怒哀楽が激しい人は感情の起伏を楽しみたいがあまり、ギャンブルが好きな人が多くいます。
ギャンブルは勝てば嬉しいし楽しいですよね。しかし、負けてしまうと悲しみだったり悔しいという感情が出てきます。また、勝つか負けるかまだわからないときのドキドキ感がなんともたまらなく、ギャンブルにどんどんのめり込んでしまう人も少なくはありません。

喜怒哀楽が激しい人が、ギャンブルで勝つと、気分が良くて金遣いが荒くなったり、一日中機嫌が良かったりします。しかし、負けた暁にはテンションが見るからにガタ落ちでイラついていたりします。
そのときに考えるたり思っていることが、勝ったときの快感と喜びです。またその感情を味わいたいがために手元お金がなくなるまで使い込み、お金がなくなると次第に借金をするようになります。

喜怒哀楽が激しい人は、素直で感情のままに生きているので、嬉しい悲しい楽しいイラつきが人の倍あります。嬉しいと何をやっても楽しいと思うときは、自分がギャンブルで勝ったときです。お金が手に入ると、大盤振る舞いになり、交友関係もお金でつなぐことも多少はできるので、それがまたたまらなく嬉しく、楽しいのです。

このように、ギャンブルで勝つか負けるかのドキドキ感がたまらなく、勝ったときにはテンションが上がりっぱなしで大盤振る舞いになり、交友関係も困らないが、負けたときには勝ったときの喜びをもう一度味わいたいと感じたり、お金でつなぎとめていた友達も、お金がなければ呼び出せないという悲しみが借金への道に繋がります。

喜怒哀楽が激しい人の特徴と長所・短所!付き合い方も解説!のまとめ

いかがでしたでしょうか。
喜怒哀楽が激しい人の特徴は、感情の起伏が激しいあまり、感動しやすかったり、感情移入ができるため、文章力が優れているということなどがわかりました。

喜怒哀楽が激しい人は、素直に生きているぶん、常に本音で話したり明るかったり相手の気持ちを知ることができる反面、わがままだったり自己中で相手を傷つけてしまうこともあるということもあります。
そして感情が激しいため、ギャンブルでのハラハラドキドキ感がたまらなく楽しいと感じ、お金がなくなると次第に借金をするようになる人もいるのが現実です。

なかなか付き合いづらいと思ってしまいがちな喜怒哀楽が激しい人ですが、うまく付き合えばそんなことはあまり気になりません。
もし、周りに喜怒哀楽が激しい人がいるならば、ぜひこのページを参考にしてみてくださいね。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事