お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/10/12

寝てない自慢やアピール、仕事忙しい自慢をしてくる人の心理や対処法

Large %e5%af%9d%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%843
目次

寝ていないと頭もぼーっとして疲れが溜まります。そんなときについついしたくなるのが寝てない自慢です。
また、かまってちゃんな性格な人はたっぷり寝ているにもかかわらず、寝てないアピールや仕事忙しい自慢などをする人も中にはいます!
今回は、そんな寝てないアピールの心理を追求しましょう。

寝てない自慢や寝てないアピールをする人の心理的特徴

特徴1 充実自慢がしたい

仕事をやっている感を出したいという心理特徴があります。忙しそうにしている人は仕事ができる人と考えているのでしょう。ただ単にかっこつけているだけです。そういう人のデスクには、栄養ドリンク剤やコーヒーの缶が並んでいませんか。ちょっと疲れた自分にも酔いしれているのかもしれません。

でも、このタイプの方は寝ていないことにそれほどストレスを感じていない場合が多いです。タフさもあり、一見楽しんでいるようにも見えるので、上司からはよく残業を頼まれる傾向があります。仕事もプライベートも全力で楽しむタイプです。こういうタイプの寝てないアピールには笑顔で「お疲れ様です。」で十分です。またやる気を出してくれます。

特徴2 自分の顔を気にしている

寝不足の朝や残業中、眠れていないときはどうしても目にクマができてしまったり、疲れきった顔つきになってしまいます。

そこで、自分の顔を気にするばかり、寝ていないアピールをすることになってしまいます。メイクが厚く、眼鏡になったり、言葉のない寝てないアピールにも恐怖感があります。しまいには「寝不足で肌が荒れてきた。こんなところにもニキビが。」なんて言われたらなんと返事して良いかわかりません。「はやく仕事が落ち着いたらいいですね。」ぐらいが無難な返しでしょうか。このタイプは、自分の顔を非常に気にしているので、デリケートに扱った方が良いです。気を抜けば地雷を踏んでしまいます。

特徴3 これ以上仕事を頼まれたくない

保守的な方に最も多いのがこのタイプだと思われます。「寝てない。」がつまり、「これ以上タスクを振らないでくれ。」という意味合いが含まれているのです。自分が倒れないための安全策を設けているのです。

とは言え、忙しくてどうしようもないときは、容赦なくタスクが振られるのです。このタイプは最も真剣に寝ていないアピールをしていると言えるでしょう。

中には、本当にギリギリで徹夜続きの人もいます。ため息が多い、下を向いているなど言葉ではない寝てないアピールを受け取ってあげましょう。こういう時の親切は、とても心に響くものです。その方の心にきっと残ることでしょう。

特徴4 共感してもらいたい、褒めてもらいたい

最も面倒だと思われるのがこのタイプです。共感してもらいたい、褒めてもらいたいだけなのです。こういったタイプに限って5時間睡眠など、さほど寝不足ではなかったりします。適切な睡眠時間は人それぞれなので、安易に否定できませんが、きっと周囲を見渡してみると、もっと寝ていない人はいるものです。

しかし、「そうなんだ。大変だね。お疲れ様。」など言葉をかけましょう。言葉をかけるぐらい簡単なことです。それで、優良な関係を築けるのですからお安いものです。自分も、このタイプにならないように気をつけないといけません。普段、はやく寝る人がちょっと睡眠時間が短くなった時についつい言ってしまいがちです。面倒くさいと思われないように意識しましょう。

特徴5 ただの口癖

これは、ほっておいていいタイプです。本人も誰からかの返信をもらいたいとは思っていない可能性が高いです。自分でも無意識かもしれません。他の人のため息や背伸びなどちょっとしたリラックス方法のひとつだと考えたらいいです。目の前で「寝てない。寝てない。」と繰り返されたら気になるかとは思いますが、最も無害なタイプです。あ、また言っているな、ぐらいに思っておけばいいのです。

特徴6 プライベートが充実している

「昨日、飲みに行ってそのままオールした。寝てないわ。」「昨日、子どもの夜泣きがひどくて寝られなかった。」などプライベートなことを理由に寝てないアピールをする人はリア充アピールをしているだけです。自分は仕事以外にも予定がいっぱい詰まっていることをアピールして人脈の広さもアピールします。仕事ができたらいいのですが、こういうタイプに限って仕事はいまいち。本来、誰もが憧れる人は、寝てないなんて文句も言わず、さくさく仕事をこなします。仕事中にプライベートの話をすることも少ないです。

特徴7 自分にかまってほしい

「寝てないな。」という言葉をきっかけにして話をしたいというタイプの人がいます。誰にあてて言った言葉ではないので、スルーされる可能性も大いにありますが、優しい方が拾ってくれたりします。すると、長時間のおしゃべりに付き合うことになることもあります。

なぜでしょうか。忙しいとき、残業中に限って長時間立ち話をする人がいます。そういうタイプの人をうまく回避するのも大切なビジネススキルと言えます。反対に自分はそういうタイプになっていないか、今一度振り返ってください。商談が成立して感情が高まり、そのままの勢いで全く関係ない部下に絡んでいませんか。

かまってちゃんの心理や特徴!かまってちゃんへの上手な対処法も解説あなたの周りにかまってちゃんはいませんか?
最近ではSNSの中にもたくさんのかまってちゃんが存...

<下に続く>

寝てない自慢や仕事忙しい自慢をしてくる男性はうざい?

null

正直寝ていないアピールは面倒くさいです。その会話から何の生産性も生まれません。本人から言わずとも、同僚から「最近大変なのですか。体調が少し優れない感じがします。」と声をかけてもらえるほうがずっといいです。

忙しいときにたまに寝ていないアピールがあってもいいのですが、毎日のように寝ていないアピールがあれば正直うっとうしいです。「寝てない。」と言われても何と返せばいいのかわかりません。

そもそも寝てないアピールをする人は相手のことを全く思い遣っていません。自分の感情を思うがままに言っているだけです。自制心が効いていません。そんな人を素敵だなんて思えるでしょうか、かっこいいと思えるでしょうか。自分の株を下げるだけです。本当に疲れた時はトイレなどひとりになったときに発散させましょう。そっちのほうがクールです。

でも、普段は何も愚痴を言わずに黙々と作業している人が思わず、「寝られていない。」とぼやくと心配になります。声もかけたくなります。ここぞというときの寝てないアピールは思わぬ効果を生むかもしれません。

寝てない自慢をしてくる人への対処法

対処法1 大変ですね、と聞き流す

王道がこちらです。何も返事しないわけにはいきませんが、深く関わりたくないときに有効です。真面目に意見を言うのはNGです。真っ向から否定したり、「いつも言っているよね。」と指摘しては、嫌な雰囲気が流れてしまいます。

寝てないアピールには大した意味がないのがほとんどなので、こちらも大したことではないとさらりと聞き流しましょう。変なトラブルに巻き込まれないためにもこの対処法がベストです。

対処法2 頑張っててすごいねと褒める

頑張っている俺アピールに最も適切な返事が、この「頑張っててすごいね。」です。上司には使えませんが、同期や友達には絶大なる効果があります。褒めてもらって喜ばない男性はいません。内心腹は立っているかも知れませんが、ここはグッと我慢して笑顔で答えてあげましょう。

もし、気になる相手ならば、いま頑張っていることを教えてもらえるきっかけにもなります。話題がなかった場合、会話を広げる良い機会になるかも知れません。

対処法3 体調を心配する

最も親切に真面目に答えてあげるのならば、「最近お忙しそうですもんね。体調大丈夫ですか。」です。体調を気遣うあたり、優しいですね。上司だとこれぐらいの対応をしてもいいのではないしょうか。喜んでくださると思います。

あと、真剣な話、過労からうつ病になってしまう人もいるので、気を配っておきましょう。うつ病になりかけの人は一目でわかります。うつむき加減で顔色が悪く、覇気がありません。そういう方にはこちらから「体調大丈夫ですか。」と声をかけてあげてください。おそらく「大丈夫です。」と返ってくると思いますが、大丈夫ではない場合も「大丈夫。」だと答えるのがうつ病になりやすい方の特徴です。場合によっては、上司や同僚に相談してあげましょう。

対処法4 リア充自慢か、と突っ込む

親しい間柄ならできるのがこの対処法です。リア充アピールだと分かっていても、言葉に出さなければどんどん不満が溜まっていきます。この際、正直に突っ込むと気分がすっきりするでしょう。

良いところは、雰囲気が暗くなり過ぎずに、次の話題に展開できるところです。「寝てないわ。」の一言からずっと暗い話題になるのは残念です。明るく突っ込むと寝てないアピールもそれほど面倒くさく感じません。

リア充アピールあるあるとその心理!過度なアピールはうざいと思われる!?リア充とは? リア充というのは、恋人がいるとか、友達がたくさんいてリアル生活が...

対処法5 へーそうなんだ、で会話を広げない

深く関わりたくない場合はこれが最も効果的です。相手にもそれとなく興味がないんだなということを伝えられます。一見冷たくあしらっているようにも見えますが、寝てないアピールから何か楽しい話題が広がると思いますか。「へーそうなんだ。」と返事をしてくれるだけましです。

さぁ次の話題を話しましょう、というきっかけにもなっています。意外と皆さんも使っている対処法なので、抵抗があるという方も一度チャレンジしてみてはいかかでしょうか。

対処法6 私も寝てないとかぶせる

最も穏便に済ますことができる対処法が、「私も寝てない。」とかぶせる方法です。どんなに大変か、どんなに寝てないか、寝てないアピールの攻撃を防ぐことができて、なおかつ親切に受け答えしている雰囲気があります。

一緒に大変だという話題で盛り上がってもいいし、「でも、今日は早く帰るために頑張る。」とすぱっと会話を切り上げてもいいです。自分のアクションで会話を続けるかどうか決められるのが良いところです。寝てない、寝てない、といつも愚痴ばっかり言っている人には、大変なのは自分だけではないんだよ、皆大変なんだよ、と気づかせるきっかけになるかもしれません。

対処法7 聞こえないふりをする

寝てない

これは究極のパターンです。聞こえないふり、つまりスルーします。でも、案外この対処法使えます。「寝てない。」というつぶやきも非常に声のボリュームが小さい場合、聞こえなくても当然です。

そもそも「寝てない。」とつぶやいている方も何か返事が欲しくて言っているとは限りません。ため息をつくように「寝てない。」とつぶやいているだけの可能性もあります。Twitterでもたいていのつぶやきはスルーされます。この感覚と同じなのです。ただ、目が合って寝てないアピールをされたらさすがに答えてあげてください。その場に変な空気が流れてしまいます。

<下に続く>

寝てない自慢やアピール、仕事忙しい自慢をしてくる人の心理や対処法のまとめ

寝てない自慢や寝てないアピールをする人の心理特徴をみてきました。リア充自慢したい人、これ以上タスクを振られたくない人、口癖の人など7パターンをあげてみました。どこかにいそうな寝てないアピールをする人も分類分けすると興味深く、あの人はあのパターンだな、と心の中で思ったりします。

そして、次は寝てないアピールに対する対処法です。こちらは困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。少しでもお役に立てたならば幸いです。

でも、気をつけないといけないのがいつ自分も「寝てないわ。」と言ってしまうかもしれないということです。本人にその気がなくとの立派な寝てないアピールです。そういうように考えると、寝てないアピールする人にも寛容になれる気がします。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事