お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/10/12

不真面目な人の特徴!真面目な人との違いや真面目になる方法!

Large winks 2383407  340
目次

不真面目とは?意味は?

不真面目とは簡単に言えば「真面目ではない」ということです。ある課題や問題に真摯な態度で取り組み、人間関係の中でも相手の年齢や立場などを考慮し、適切なコミュニケーションを行うことができ、誰に対しても胸を張れるような生き方をするのが「真面目」な人間です。

そういった真面目さがなく、仕事や問題などに真剣に取り組まずに可能な限り楽な方法を取ったり、ふざけて他人をバカにしたり、周りに迷惑をかけてしまうような状態を「不真面目」と言います。

今回はそんな不真面目な人について特徴や真面目になる方法などを紹介します。

<下に続く>

不真面目な人に共通する特徴

特徴①自分勝手

何事にも真面目に取り組めない不真面目な人というのは、基本的にかなり自分勝手な性格をしています。何かやらなければならないことがあっても、「これをやったらしんどいな」「別に自分じゃなくても他の人がやるだろう」などと自分が楽することばかり考えます。

そして、どうせ自分がやらなくても誰かがやってくれるか、あとは放っておけばいつの間にか終わるだろうと思っています。そのため、真面目に取り組むだけ時間と体力の無駄であると考えてしまうのです。

こういった自分を基準に考える自己中心的な人間は不真面目である傾向が多いです。

特徴②ふざける

周りの人間から「あの人は不真面目な人間だな」といわれてしまう理由として態度や発言がとてもふざけている場合があります。

たとえば、みんなが真剣に取り組んでいるところで冗談を言ったりいらない行動を取ったりするようなことです。または、ふざける場面ではないシリアスな時に、空気も読めずに面白おかしくしようとすることもあります。

null

こうしたふざけた行動を取ると周りの人間は、その人に対して「不真面目だ」という印象を持ちます。そのため、たとえその人が根は真面目だとしても冗談を言うのが得意であったり、人を笑わせることに秀でているような人だと、内面を見ずに不真面目だと決めつけてしまう場合もあります。

つまり「ふざける」イコール「不真面目」だとは言いきれないところもありますが、印象としてはやはりふざけた言動が多い人は不真面目だと思われやすいです。

特徴③集中力がない

仕事や勉強に対して長く集中して取り組めないところも不真面目の特徴です。あまりに集中力がないと作業の途中で何度も休憩を取ったり、ふざけたりし始めるので一緒に活動している人に迷惑をかけます。また、結果的に予定よりも時間がかかってしまうということにもなりかねないので、周りからは「仕事ができない」と言われてしまいます。

どんなことをするにも、一つのことに集中できずにフラフラといろんなことに目移りしてしまうような人は不真面目な人間だと思われます。

特徴④ダラダラしている

ふざけていたり、集中力が少しあっても、行動がゆったりとしてダラダラしていると、やはりそれも「不真面目だ」と言われてしまうのです。別に本人は自分なりにしっかりやっているつもりでも、一つ一つの行動が遅かったり、覇気のない表情などをされると真剣にやっているとは誰も思いません。

たとえば、職場などで人並みにやっていますが、普段から猫背であくびを頻繁にして、服装も乱れていつもダルそうにしている人がいればどうでしょうか。その人を見て「なんてあの人は真面目そうな人なんだろう」と目を輝かせて言う人はまずいないでしょう。もしいれば、その人は眼科に行くべきです。

つまり、他人はその人の態度を見て、その人が「真面目」か「不真面目」かを判断します。

特徴⑤やる気がない

仕事や勉強、その他のことに対してやる気がない人も不真面目です。こういった人は「めんどくさい」、「なんでやらなきゃいけないの」、「別にいいんじゃない」などという言葉をよく言います。

もちろん仕事によっては誰もがやりたくない仕事もあります。しかし、それを我慢して苦労してでもやり通すことが大事なのです。そこで、やりたくないとか面倒くさいと言ってしまうと「なんて不真面目な人なんだ」と思われるのです。

不真面目な人と真面目な人の違い

違い①見た目の違い

真面目かどうか判断するのは基本的に周りの人間です。その他人がその人を真面目かどうか判断する時に、最も判断材料になるものが見た目です。内面は関係ありません。第一印象の見た目でその人を真面目かどうか決めるのです。

たとえば、いつもスーツがヨレヨレでシワだらけ、寝ぐせもそのままで寝そうな人物とビシッとスーツを着て、髪も整えていつもキリっとした表情をしている人とではどちらが真面目な人間でしょうか。この人たちがどんな仕事をしてきてどれだけの実績を上げてきたのかなんてことはいちいち調べません。すると、確実に後者の方が真面目そうです。

長く付き合っていけば印象は変わるかもしれませんが不真面目な人はやはり見た目にも無頓着な傾向があるので、そう見られても仕方ありません。

違い②目標設定の高低差の違い

不真面目な人は仕事や勉強など面倒くさいし、やりたくないので早く終わらせようとします。そのため、すぐ終わるような目標を立てがちです。やる気が全くないので、長引いてしまうとどんどんストレスが溜まってしまいます。だからこそ、低い目標で満足します。

一方で、やる気に満ち溢れた真面目な人は必要とされているライン、あるいはそれ以上の結果を出そうとするので、目標設定が高いのです。

null

違い③経験値

真面目な人は他の人よりも多くの経験を持っています。誰しも生まれたときから真面目なわけでも、不真面目なわけでもありません。育ってきた環境と得た経験によって真面目になったり、不真面目になったりするのです。

だからこそ、真面目になった人は苦労した経験や成功した経験などが多く、真面目にやることによるメリットや、そのおかげで得られるものの大きさをよく知っているのです。何事にも逃げずに立ち向かってきたからこそ、その真面目さがあるのです。

一方で不真面目になってしまった人は、これまで大変な仕事や経験があっても立ち向かえずに逃げてしまったり、あるいは頑張ったのに大した結果が得られずに「いくら頑張っても無駄だ」とあきらめてしまっているのです。

その人が真面目かどうかはこなしてきた経験の数によって決まっていくのです。

違い④物事の受け取り方

ある物事や出来事に対する受け取り方にも違いがあります。

真面目な人はポジティブなことでも、ネガティブなことでも目をそらさずに自分が感じたことままに受け取ります。そして、わからないことがあれば「なぜだろう」というように真剣に考えようとします。また人間に対してもその人がどのような人物なのか考えて接します。

それに対して不真面目な人は、ポジティブなことや興味のあることに対しては積極的に考え、受け止めようとしますが、自分の興味のないことは大変そうな物事に対しては思考を停止させて、逃げてしまいます。人間に対しても自分の勝手なイメージでその人を判断してしまう傾向があります。

違い⑤やるかやらないか

真面目と不真面目での大きな違いはやはり、実行に移すかどうかという点でしょう。真面目な人は簡単なことでも、可能な限り求められる以上の結果を残そうとある程度力を入れて取り組みます。また、大変なことに対しても、全力で取り組もうとします。

一方で不真面目な人は、簡単なことに対しては高をくくって投げやりにやったり、誰かに押し付けたりします。大変なことである場合は、「面倒くさい」「こんなのできるわけがない」とやる気さえ見せずに逃げ出します。

結局、その人が真面目かどうかは、しっかりと行動に移せるかどうかなのです。

<下に続く>

不真面目な人が真面目になるには?

不真面目だからと言って、その人はずっとそのままかというとそうではありません。どんな人でも、何かのきっかけで真面目に生きることはできるのです。

方法①厳しい環境に身を置く

不真面目になってしまった一つの原因に、今まで生ぬるい環境で育ってきたこと、あるいは何でもかんでも逃げ出してしてきたことがあります。もし、一念発起し、真面目になりたいのならそんな弱い自分を鍛え直す必要があります。

例えば、逃げて許されるような環境ではなく、自分がやらないとどうしようもないところで仕事をしたり、少しでも舐めた態度をとれば拳が飛んでくるような人たちに囲まれたり、不真面目に生きること自体が許されない環境に身を置きましょう。

方法②服装を整える

内面を真面目にするには時間がかかります。そこで、まずは他者からの印象から変えていきましょう。少しでも周りから「真面目な人」と思われるように服装など身なりを整えるのです。

別に高価なものを身に着ける必要はなく、最低限の清潔感を出しましょう。また、なるべく行動は機敏にして、ゆっくりとしないことを心がけましょう。そして、大きな声ではっきりと喋り、表情豊かにすると、印象はガラリと変わります。

方法③人生経験を積む

不真面目脱却のために、いろいろなことに挑戦してみましょう。どんなことでも良いので挑戦をして、最後までやり切ってください。最後まで逃げずにやり通すという経験はとても大事です。そして、真剣に全力でやり切ったものこそ、気持ちの良いものはありません。不真面目なのはそういった経験がないからです。一度経験すると不真面目がいかにもったいないかがわかります。

人生経験が豊富な人の特徴や経験が浅い人の違い!経験値を積む方法は?人生経験が豊富な人の特徴やメリット 特徴① 話題が尽きない 人生経験があるということは、これま...

方法④たくさん失敗する

いろんなことに挑戦して、そしてたくさん失敗してください。不真面目な人は真面目にやって失敗するのが怖いし、恥ずかしいからできないのです。あとは、「どうせ失敗するなら時間の無駄だし」なんていう考えを持っているのもあります。

だからこそ、たくさん失敗して、失敗に慣れてしまえば良いのです。逃げずに真剣に取り組んで失敗したのなら、それは時間の無駄ではありません。

方法⑤短期集中

不真面目に生きてきたのに、いきなり真面目になるなんて大変です。そこで、何でも良いので短い期間だけ集中して真面目に取り組めるようなものを見つけましょう。

何事も小さな一歩をコツコツと積み重ねていけば良いのです。

【コラム】真面目すぎる人は少し不真面目に生きる方がいい?

null

不真面目というものには基本的にメリットはありません。ただ、真面目すぎる人は少し不真面目な部分があっても良いかもしれません。なぜなら、真面目すぎるということは、それだけ常に集中し、気を張ってしまっています。

その状態がずっと続けば、疲れますし、ストレスもたまり精神衛生上良くはありません。そこで、真面目すぎる人こそたまには不真面目になって、そのストレスを開放しましょう。ただし、限度はあるのでハメを外しすぎない程度にです。

何事もほどほどが一番です。

真面目な人の仕事・恋愛の特徴や性格!真面目な人ほど損をするのはなぜ?真面目な人ほど損をする? 「真面目な人ほど損をする」とよく言われますが、真面目であることは本来...

<下に続く>

不真面目な人の特徴!真面目な人との違いや真面目になる方法!のまとめ

仕事や勉強など真剣に取り組めず、ふざけたり、面倒くさがったりするような不真面目な人はたくさんいます。真面目な人と比べると、目標が低かったり、何でも逃げてしまい経験が浅かったりなど褒められる部分はありません。

しかし、不真面目でも人間変わることはいつでもできます。自分自身をより厳しい環境においてどんなことでも挑戦し、一歩一歩真面目に取り組んでいけば大丈夫です。

すべては自分次第なのです。

生真面目な人の特徴12選!生真面目な性格を直したい人の改善方法!生真面目とはどういう意味?生真面目な人ってどんな人? 『生真面目な人』tと、ビジネスの場面でも...

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事