お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/10/24

自分本位な人の特徴!自分本位な性格を改善した方がいい理由と方法

Large pexels photo 206545
目次

自分本位とは?意味は?

多くの人と関わっていると、時たま「あの人は自分本位だから」という声が聞こえてくることがあります。自分本位とは、自分のことだけを優先的に考えて、他の人を気にかけないような考えや行動をとることを言います。

自分本位と自己中心的という言葉の意味はよく似ていますが、少しだけ異なります。自己中心的とは、世の中の考え等を自分を基準にすることに対して、自分本位とは、自分のことを優先するという意味です。

ですので、自分本位な行動は、本人が気がついていなくともとってしまうということがあります。しかし、自分本位な考えや行動は、改善することができます。

<下に続く>

自分本位で生きる人の特徴

null

特徴① 忙しくて余裕がない

忙しすぎて周りを気遣う余裕がないときは、ついつい自分のことを優先しがちになります他人への気配りはなかなかにエネルギーを多く使います。忙しい時にはエネルギーを周りに割く余裕はなく、自分に使わざるを得ません。

忙しければ周囲の状況を冷静になって見渡したり、吟味したりする余裕もなくなってしまいます。自分の仕事や生活でいっぱいいっぱいで、そのことばかりを考え、他人を見ている余裕が全くありません。

このため、忙しいサラリーマン、共働きの主婦、受験勉強で手一杯の学生などは、例え自己中心的な性格ではなくとも、自分本位な態度や行動をとってしまうことがあります。

心に余裕がない人の特徴や行動とは?心に余裕を持つ方法を紹介あなたの周りに、余裕がないなと感じる人はいませんか?また、あなた自身が心に余裕を持てなくて困っ...

特徴② 精神的な余裕がない

他人に気配りできる人の特徴は、自分自身にも余裕を持てているということです。その人の性格や個性にもよりますが、他人優先の考え方は、自分のことに気にかけなくともうまくやっていける、という時に生まれがちです。

一般に、人は自分が幸せであると、周りに対して人当たりがよくなる傾向にあります。気分が良いときに頼み事をされると快く引き受けるでしょうし、金銭的に余裕があるときは人付き合いもよくなり、自分から飲み会や食事に誘ったりすることでしょう。

一方で、気分が落ち込んでいたり、鬱っぽかったりする場合、他人への気遣いをするだけのエネルギーがなく、自分優先の考えを持つようになります。

これはある意味仕方が無いことです。もし自分中心に考えることがなければ、エネルギーが枯れ果てて自分の心が押しつぶされてしまいかねないからです。

心に余裕のある人の特徴!余裕がない人との違いや余裕を持つ方法あなたの周りに、どんなに案件を抱えていてもその多忙ぶりを周りに見せずに的確に一つずつこなしてい...

特徴③ イライラしている

落ち込んでいるときと同じように、抱えている感情は周りへの態度となって表れてきます。イライラしているとき、怒っているときは時に態度や行動に強い影響を与えます。

怒りに支配されている状態では、そのことばかりが頭の中を占めています。短気な人や怒りっぽい人の場合は特にこの傾向にありますが、他のことで気を取り直そうとしても、イライラする出来事や状況が何度心の中に浮かんできます。

怒りがあまりにも強いと自分の感情をコントロールすることが難しくなります。冷静な思考や判断を欠くことになり、このため時として大胆危険な行動をとってしまうことがあります。

怒りに支配され他のことをあれこれと考えることが出来ない状況で、その態度が自分本位な行動となって表れることがあります。

特徴④ せっかち

せっかちでいつも慌てている人や、落ち着きがない人、いつも焦っている人は、本人は気がつかなくとも自分本位の行動をとりがちになります。焦り落ち着きがないあまり他人への配慮を忘れてしまうことが原因です。

せっかちな人はいつも、何かに急かされるような気持ちに頭の中が支配されています。いち早く行動しないとチャンスを逃してしまうと焦っていたり、失敗してしまうと思い込んでいたりします。

人に合わせて行動することができないので、他人の状況を考えずに自分一人で勝手に動いたり、他人をそそのかしたりします。それを悪いとも思わず、自分の焦りを解消する方向に状況を動かそうとすることもあります。

特徴⑤ よく遅刻をする

自分本位な人はよく待ち合わせ時間に遅れてきたり、酷いときには約束をすっぽかしたりすることがあります。十分前行動という言葉を知らないのか、待ち合わせ場所にやってきても集合時間より遅れてくることが殆どです。

遅刻欠席は誰にでもあることで、やむを得ない事情があれば仕方が無いこともあります。緊急の用事や急を要するような出来事などの事情で、本人にその気がなくとも遅刻してしまことはよくあることです。

一方で、自分本位な人は日常的に遅刻をします。待ち合わせ時間に五分や十分程度遅れても何も問題はないと考えており、連絡を寄越してきたりすることもなく、常習的にこれを繰り返してきます。

また、遅刻をしてもその理由を話してはくれません。

特徴⑥ 非協力的

自分本位の人は自分の力を他人に貸すのを嫌がります。頼まれごとをされても、自分の得にはならないからと無下に断ることもあります。基本的に協力的な態度はとりません。見方を変えればケチな性格です。

他人に力を貸す、貸さないの判断は、自分に得があるかどうかです。他人に力を貸すことで自分にもメリットがある場合では、こちらから頼まなくとも進んで力を貸してきます。一方で、自分に何もメリットがないことについては協力を嫌がります。

そのくせ、自分が困っている状況では平気で人の力を借りようとします。時にはその恩を返そうとはしません。

特徴⑦ 人任せ

旅行の計画や遊びの計画を仲間同士で立てるときに、基本的に全て他人に面倒を放り投げてしまうという自分本位な考えもあります。旅行の行き先も、お店やホテルの予約も何から何まで他人任せで、その状況を当たり前だと思っています。

面倒なことは全て他人任せにしているのに、それを感謝しようとはしませんし、自分が逆の立場になると今までの自分の行動は忘れて激しく怒ります。

また、人任せにする割には文句も多く、自分のこだわりや希望に沿っていないと平気で不満をいいます。それを聞いた相手がどのような気持ちになるかを想像したことがありません。

特徴⑧ 利己的

利己的な思考や態度をとる人はもちろん、自分本位であることが多いです。利己的とは、その名の通りの意味で、己の利益を優先しようとする人たちのことです。

利己的な人は自己中心的な性格も持ち合わせていることが多く、行動や態度の判断の基準は、全て自分にとって利益があるかどうかで決まります。

このことから、自分に利益のあることばかりを優先し、そのようなことには積極的に関わっていく一方で、自分に得が何もないことについては全く興味を持ちません。対人関係などでは、それが顕著に表れてきます。

利己的な人の特徴や心理!利己的な人の問題点や付き合い方利己的とは?意味は? 人間という生き物は程度の差こそあれ、自分が一番可愛い生き物です。 では、...

特徴⑨ 自分に甘い

他人には鬼のように厳しくとも、自分には甘いといった自分本位の生き方をしている人が多くいます。多くの人が自己愛を大事にする傾向にあるのか、このような自分本位の行動は政治家等にもよくみられます。

このような人たちは他人の失敗や欠点の粗探しが得意で、何かに付けてはそれを批判してきます。しかし、裏では自分も同じ事をしていたり、過去に同じ事をしていたりと、自分を棚に上げる行動が目立ちます。

当然、周りからみればそれは気持ちの良い態度ではありません。主張していることが最もなことだったとしても、それを弾圧する人間が同じ事をしているというのは非常におかしなことです。

特徴⑩ 言い訳が多い

何かにつけて言い訳をして、自分を擁護する傾向にある人は、自分本位な考えや行動をとりがちです。自分の落ち度や失敗を認めることができず、知らないふりをしたり、自分のせいじゃないと言い張ったり、他人に責任転嫁することがあります。

責任感を持たないため、主義主張がころころと二転三転したりしがちです。一度自分が受けた仕事で失敗すると、「実は受けるつもりじゃなかった」とう言い訳を平気で口にしてきます。さらに追求を受けると態度を悪くしたり、逆ギレしたりすることさえあります。

自分本位すぎるのをやめたほうがいい理由

null

自分本位は他人に嫌われる

自分本位な生き方をする人が、どうして人に好かれることがあるのでしょう。このような人たちに対する周囲の評価は冷たい物です。自分勝手自己中心的というレッテルが貼られ、積極的に関わったりすることを避けます。

大抵は、利己的な性格や思考、判断は周りの人間に筒抜けであり、隠したり欺いたりすることができません。何かにつけては自分のことを優先しようとするので、隠してもばればれで、すぐに自分本位だとわかります。

他人への気配りが欠けている人間が、多くの人に好かれるとは到底思いません。あるとすれば、自分に得があるから面倒を見ているという人たちくらいでしょうか。

社会的な信用もない

自分本位な人は責任感がなく、配慮や気遣いにもかけ、遅刻や失敗をしても認めないし反省をしたりすることがありません。同じ過ちを何度も繰り返し、その度に他人のせいにしたりします。

また、チームワークがとれず、基本的には全て人任せな態度をとり、おいしいところだけを持って行こうとします。なるべく自分の手を汚さずにいる方が、失敗したときのリスクは低く、成功すれば報酬を手に入れることができるからです。

このような人たちの社会的な信用はとても低く、評価はよくありません。

<下に続く>

自分本位な性格を改善するには?

他人をよく気にかける

自分本位な態度や行動を改めるためには、根本的に他人に関する興味を持つことです。自分本位な性格の人は、この配慮を忘れている傾向にあります。普通に他人のことを気にかけてさえいれば、自分優先の考えも減ってくるはずです。

決して、他人のことを物のように扱ったり、自分にとって都合の良いように考えたりしてはいけません。他の人も感情があります。

自分本位な行動をしていても他人には嫌われていないだろうといった、自分にとって都合の良い解釈をしてはいけません。自分がやられて嫌なように、他の人も自分を蔑ろにされると気分が良くないのです。

それを理解しなければ、いつの間にか周りから人がいなくなっていたということも起こり得ます。

焦らない、慌てない

不安で落ち込んでいたり、日頃イライラしていたり、或いは焦ったり慌てたりしていると、ついつい周囲のことにまで目を向けれずに、自分のことばかりを考えがちになってしまいかねません。

悪い感情は自分本位な行動を呼び込んでしまいかねません。必要以上に不安になったり慌てたりしていると、精神衛生上にも悪い影響があります。ですので、落ち着くように自分に言い聞かせるのが大事です。

一度深呼吸をすることで、リラックスできるだけではなく、冷静な自分を取り戻すことができます。

【コラム】時には自分本位でいることも必要!理由は?

null

理由① 他人に騙されない

周囲の人間みんなが自分に優しいわけではありません。得には、自分を騙そうとすり寄ってくる悪い考えを持った人がいたりとか、利己的で自分の利益だけを得ようと打算的な考えで近づいてくる人たちがいます。

そのような人間全てに時間や心を裂き、自分を蔑ろにする必要は全くありません。

他人を思いやり、他人中心の生き方は素晴らしい物ですが、時に騙されることがあります。詐欺などはその例に当たる大きな事件であり、詐欺師にとっては利他的な人たちは絶好のターゲットです。

このため、時に自分本位でいる方が、自分の身を守れることがあります。

理由② 自分を大切にできる

利他的な生き方をできる人間はそうそうおらず、そのためその生き方を貫いた人たちは世界中から好感を寄せられることになります。マザーテレサなどの人物が有名で、彼らの生き方は他人の人生までに影響を与えています。

一方で、他人を優先するあまり、自分のことを蔑ろにする人たちもいます。そのような人たちは、恋人や家族を対象にして、相手に喜んで欲しいから、幸せに生きて欲しいからと自分の身を削るまねをします。

それは決して自分を大切にしている生き方ではなく、相手は幸せになったとしても、自分は苦しい思いをすることになります。

相手を喜ばせたい気持ちは誰にもありますが、何から何まで他人中心の生き方は、思わぬ不幸を招きかねません。

理由③ 人任せにならない

他人本位の生き方は、生活の指針やお金の管理等といった細かい事も他人中心になりがちです。本来は自分で判断できることを他人本位になったり、意見が割れたときには他人に譲ったりします。

このような状態では、自分で物事を決めて、自分で状況を判断し、やりたいように動くことが非常に難しくなります。

時に自分本位の行動をとり、自分の信念を大事にすることも必要です。例えば交渉の場面では、お互い自分の利益を追求する中で、話合いで解決するというのが理想的です。

理由④ 物事に集中できる

他人や周囲のことを気にする余り、自分の仕事に集中したり、自分に目を向けることができなくなることがあります。自分本位な生き方でいいのは、他人に目を向けることが少なくなるので、余計な情報や不安を呼び込まないことです。

例えば、試験勉強などは完全に個人プレーです。時間も限られていることもあり、他人に目を向けていると、その分だけ自分の勉強時間を確保できなくなります。人に気を遣うことは大切ですが、それで自分の点数が上がることはありません。

物事に集中するためには、時に自分の事や内面に目を向けることを増やし、時には自分優先の態度や行動も必要となります。それらは決して悪いことではなく、仕方の無いことです。

また、時には自分本位な行動をとらなければ、失敗やリスクを負いかねません。

理由⑤ 決断疲れを防ぐ

議論や交渉の場では、周囲の状況を気にしながら自分の意見を発し、合理的でみんなが納得のいく答えを導き出さなくてはなりません。

しかし、完全に納得のいく妥協案が見つからないことも少なくなく、物事一つを決めるのに非常に気疲れしてしまいます。常に周囲の顔色を伺い、意見に耳を傾けるには多くの時間とエネルギーがいります。

簡単な考え方としては、自分本位に物事を推し量ることです。その際、自分の幸福度をいかに上げるかということを考えます。

人生の幸福度を上げるためには、自分がどんな人間で、人生にどのようなものを望んでおり、やりたくないことは何なのか、ということを明確化します。

この基準に当てはまらないものは除外し、当てはまる物だけを採用していきます。

このように、決断に迷う状況で自分本位な生き方は一つの選択肢となり得ます。

理由⑥ 自分一人の時間が持てる

他人との関わりを少なくし、時には自分を優先して自分だけの時間を確保することが大切です。例えば、いつも誘われるがままに飲み会や食事会に参加するのではなく、早めに自宅に帰ってだらだらしたりする時間が必要です。

一人きりの時間は非常に気楽で、ストレスを溜めることはありません。

静かな環境に身を置くことは同時に、自分の事を見つめ直すきっかけにもなります。その日に経験したことを一度家に持ち帰って、一人きりになることで、頭の中でそれが整理され精錬されていきます。

理由⑦ 損をしない

人生の幸福度において、損得は大切です。幸福度にはっきりと影響するのはお金で、他人よりも多くのお金を入手できる方がその時は幸福に感じます。反対に、損をすると気分がものすごく落ち込んだりします。

自分本位の生き方は、他人本位に生きるよりも損をする機会が少ない傾向にあります。常に自分を優先して物事を考えているので、成功をし続けると損をすることがありません。

他人に生き方を依存しないので、他人の影響で損得を得られる状況が変わるといったこともありません。

このため、起業家などでは、他人本位よりも自分本位の考え方をした方が多くの利益を生む機会を多く呼び込みます。

<下に続く>

自分本位な人の特徴!自分本位な性格を改善した方がいい理由と方法のまとめ

自分本位の意味は、自分のことだけを優先的に考えて、他の人を気にかけないような考えや行動をとることです。そのため、他人に生き方を嫌がれることが多くあり、自分本位な性格は改善した方が良いといえます。

一方で、場面によっては自分本位な考えや行動をとることが必要になることもあります。全ての判断、考えなどを相手優先にするのではなく、自分も相手も幸福になるような方法を思案することが大切です。**

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
Add line
関連記事
おすすめ記事