みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/10/26

視線でわかる相手の心理!目をそらさない男性・女性の心理は?

Large stocksnap ipxqtd44g8
目次

視線で簡単に心理が読み取れる

「目は口ほどに物を言う」という言葉通り、気になる相手の心理は視線から簡単に読み取ることが出来ます。心理学の観点から視線に隠された心の内側を読み解いてみましょう。目をそらさない男性心理の意味もわかるようになります。

<下に続く>

視線でわかる相手の心理

視線の心理① 過去を振り返る時は視線は左上

視線の動きは脳の働きを反映しています。「今朝食べた朝食が何か?」や「子どもの頃に好きだった遊びは?」のような過去の出来事を尋ねられた場合、人は左脳を使い記憶を言語化します。

左脳は言語や聴覚、思考を司ります。過去に経験したことを引き出し、言語化する作業のため視線を左に送り左脳に刺激を与えているのです。そのため、過去の出来事を振り返る際は視線が左上に動いてしまうのです。

対話をしている場合は、正面の相手の視線が右上に動いたら過去のことを思い出していると思って良いでしょう。この左右差は、右利きの人に当てはまると言われています。左利きの場合は、左右が逆転するので注意が必要です。

視線の心理② 未来のことを考える時の視線は右上

過去に起きた出来事を左脳で処理するのであれば、逆に未来の出来事は右脳を活用します。右脳は五感や感覚、イメージを司ります。

「今夜の夕飯何にしよう?」や「年末年始の旅行はどこに行こう?」と言った未来に関する話題で考えを巡らせる時に、人は右上に視線を送ります。右脳を刺激してイメージを膨らませているのです。

このことから、過去の出来事を尋ねたのに右脳を使って考え事をしている場合は、嘘をついている可能性が高いです。真実ではなく、嘘を創作するために右脳を使っているのです。

真実を追求したい場合は、相手の未来の視線と過去の視線に注目することが大切です。利き手により視線の左右差が生まれてしまうので、何気ない質問で過去の視線の方向を探ってから追求すると良いでしょう。

視線の心理③ 上目遣いは甘えたい気持ちのあらわれ

上目遣いをする時は、話し相手に対して受け身の気持ちが強い時です。相手に対しての、尊敬や依頼心があらわれた視線です。子どもが親に対して甘える感情と同じです。

職場において信頼のおける上司や先輩に甘える際にも上目遣いをすることがあります。もちろん、好意のある男性に対して上目遣いをする女性も多いはずです。

ただし、男性が上目遣いをする場合は、少し意味合いが違ってきます。男性の上目遣いには「警戒」や「威嚇」の感情が伴っています。女性の上目遣いとは感情が全く異なります。

視線の心理④ 視線が真横にある時は聴覚の考えごとか否定の表現

視線が真横に動いている時は聴覚に働きかけた考え事をしています。左右どちらの横を見るのかも、考え事の内容で変わってきます。

右上・左上への視線の送り方同様、左横の場合は過去に聴いた音を思い出す時に視線を送ります。逆にいままで聴いたこともない音を創作する場合には右横に視線を送ります。

会話の最中に視線を左右にそらされた場合は、否定的な感情が伴っています。会話の内容が気に入らない場合や、そもそも相手に嫌われている時に見られる行動です。

子どもが嫌なことを表現する際に、顔を横にそむけることがあります。「嫌」という感情をダイレクトに表現した動きです。大人になると子どものような態度はとれないものの、視線だけはごまかしきれずに横にそれてしまったのです。

視線の心理⑤ 視覚・聴覚以外の考え事は下をむく

視線が下をむく場合は、視覚や聴覚以外の感覚を呼び起こそうとしています。例えば、嗅覚や味覚や触覚といった感覚です。また、独り言を心のなかで考えている時にも視線は下向きになります。

会話中の相手に上から視線を送る態度は、威圧を意味します。言葉通り「見下す」という感情の現れです。男性の場合、上目遣いでも威嚇や警戒の感情表現となるため、目線の上下で立場の上下も表していると言えます。

視線の心理⑥ 不安な気持ちはまばたきを増やす

人は、1分間に平均して20回のまばたきをすると言われています。ところが、平均以上にまばたきを繰り返す人がいます。

まばたきを何度も不自然に繰り返す人は「不安」な気持ちがあったり「緊張状態」に陥っています。話しかけたらまばたきが増えたのなら、相手はあなたに対して緊張している証拠です。

また、会話の途中でまばたきが増えた場合、会話の内容に不安を感じたり緊張感が増す話題があったと言えます。嘘がバレそうなときや秘密にしておきたい話題かもしれません。

視線の心理⑦ 興味のあるものを見ると目は見開く

人は興味のあるものをみると目が大きく開き瞳孔が開きます。瞳孔は、手足のように自分の意識でコントロールの出来ない部位です。そのため、無意識のうちにおきてしまう好意を示す反応です。

本来は目に受ける光の量を調節するため、瞳孔は暗い場所で開くように出来ています。ところが筋肉の緊張をうけた場合も同様に瞳孔は大きく開くのです。瞳孔を大きく開くための筋肉の活動は交感神経と副交感神経に関係しています。

緊張や興奮をして交感神経がはたらくと瞳孔が大きく開き、リラックスして副交感神経が働くと瞳孔は小さくなるのです。好きな人を見て興奮状態にあると瞳孔が大きくなり、キラキラした目に自然となるのです。

瞳孔が大きく開くきっかけは男女でも差があります。男性の場合はヌード女性の写真などの性的な興奮で大きく開く傾向があります。一方、女性は赤ちゃんの写真などを見た時に瞳孔が大きく開きやすいのです。

<下に続く>

恋愛における視線の心理【男性の心理】

視線を向けてくる男性

男性の視線の心理① 好きな女性の話を聞く時は目を見る

男性の脈あり・脈なしは会話をしているときに見分けられます。男性は興味のない会話を続けることが女性よりも苦手です。自分が会話の中心で、話す側であれば武勇伝を何時間でも語り続けてくれるでしょう。

ところが聞き手に回った途端、男性は活力をなくすものです。そのため、会話の終わりが待ちきれずにそわそわしたり、視線が周囲をさまよいはじめます。

これが好意を寄せている女性との会話になると、180度態度が変わります。どんなに会話が長くなろうと食い入るように見つめてきます。話が長くなってしまっても強い視線を送ってくれる男性は脈ありと判断できます。

会話に集中しているかどうかは判断しやすいので、見極めのしやすいサインといえます。

男性の視線の心理② 好みの女性には無意識に視線を送る

男性は女性に好意をもつと、無意識のうちに視線を送ってしまう傾向があります。それにはいくつかの意味があります。まず、自分に気づいて欲しいとアピールする視線です。

次に話しかけたくて機会をうかがっている場合もあるでしょう。それ以外の場合は、興味をひかれて見てしまっている可能性が高いです。興味のあるものには視線を送らずにいられないのが男性なのです。

男性は細かな観察はあまりしません。そのため、顔や胸や足などの魅力を感じた部分にダイレクトに視線を注ぎます。そして、遠巻きにではなく近くで見たい欲求が強いのです。見られる側の女性の立場からすると少し怖い印象を受けるかもしれません。

男性の視線の心理③ 嘘をつく時は目がおよぐ

男性は女性と違い、嘘をつくときに相手の目を見て話すことが出来ません。目をあわせないどころか、嘘がバレやしないかと、目が泳いでしまいます。

他にも、まばたきが多くなったり、不自然なタイミングで目をそらしたりします。あからさまに不自然な態度が出やすいのが特徴です。

目が泳ぐの意味は?目が泳ぐ人の心理や特徴!病気の可能性も?目が泳ぐの意味とは? 動揺して目がキョロキョロする人をみると「目が泳いでいるよ」なんて言いま...

男性の視線の心理④ 興味がないと目を合わせない

男性は興味のあるものには熱烈な視線を送りますが、興味のないものには視線を送りません。好意を寄せている男性と、なかなか視線が合わない場合は、興味をもたれていない可能性が高いです。

ところが、逆に見られることで好意が芽生えるのも男性の特徴です。興味がなくて視線を送っていないにも関わらず、何かの拍子で見つめられる機会があると案外簡単に恋に落ちてしまいます。これは男性特有の心理で女性は逆の立場でも好意を抱きません。

男性の視線の心理⑤ 高嶺の花と諦めている時も目を合わせない

男性が視線を送らないケースは興味がないだけではありません。高嶺の花と諦めてしまって戦線離脱をしたために、視線を送らないこともあるのです。内向的な男性に多い特徴です。

この場合は、お目当ての女性側から何かアクションをすることで自信をつけて交流をはかる関係に発展する可能性があります。ですが、自分からは行動をおこすつもりがないため、視線を送らずに過ごしているのです。

<下に続く>

恋愛における視線の心理【女性の心理】

視線を合わせてくれない女性

女性の視線の心理① 好きな男性と会話をする時は直視する

女性は男性とは逆に、基本的に会話の最中は相手の目を見ます。初対面の相手であっても、発言をする時も聞き手に回った時も目を見ることができます。

しかし、相手に恋愛感情を抱いている場合にはその視線量が増えるのです。他の人との会話に比べて、直視する時間も回数も増えます。それは発言時も、聞き手に回った時も同じく増えます。

なかなか比較しづらいですが、会話中によくアイコンタクトがとれるようであれば好意のアピールかもしれません。

女性の視線の心理② 好きな男性と目を合わせるのは苦手

女性が好きな男性へ注意を向けるのは、自分が観察をしたい気持ちから見ています。そのため目が合ってしまうと、そらしてしまうのです。

視線に気づいて、振り返ったら目をそらされるのは、恥ずかしさのあらわれです。それまで密かに観察されていたのであれば恋愛感情をもたれている可能性があります。女性は好意をもたない男性を、こっそり観察したりしないものです。

しかし、目をそらされたとしても必ずしも恋愛感情があるとはいえません。自分から見ていた時に、女性がこちらに気づいたが視線をはずされてしまうこともあります。その場合は、ただ単に気まずさから目をそらしただけの可能性が高いです。

目を見て話す人の心理や男性・女性の恋愛における目を見て話す大事さ目を見て話す人の心理 みなさんは人と会話をするときに相手の目を見て話すでしょうか。海外の方はよ...

女性の視線の心理③ 嘘をつく時は相手の目を見る

男性は嘘をつくと挙動不審になりますが、女性は逆に相手の目を見て嘘を言えます。それは嘘をつく行為に対する感覚が違うからです。

男性の場合は、嘘がバレたらどうしようかとネガティブな感情が働き、焦りから目を合わせることが出来ません。逆に女性の場合は、嘘をつくことで得られる「よりよい未来」に思いを馳せます。

そのため、自信を持ってアイコンタクトをとりながら嘘をつけるのです。一般的に女性の方が嘘が上手なのも当然の結果と言えます。

女性の視線の心理④ 女性は遠くから全体像を観察したい

男性も女性も興味のある異性には視線量が増えますが、見ている場所は違います。男性は興味のある「顔」や「胸」などのパーツに視線がいきますが、女性は全体像をつかむように観察します。

容姿そのものだけではなく、身につけている服装や小物にも目を配ります。さらには、声や動き、しぐさなどの全体から相手を感じ取ろうとしているのです。

身につけている小物が変わったり、髪型を変えた時によく気づくのも男性より女性の方が敏感です。

女性の視線の心理⑤ 恋愛経験豊富な女性は視線量でアピールする

女性は気になる男性と目を合わせることが苦手です。ところが、恋愛経験豊富な女性は逆に目を合わせてアピールをしてきます。

男性は見つめ合うことで女性に恋愛感情をいだきやすいという習性があり、それを理解した上でアピールをしてくるのです。また、一般的に男性と女性では男性の方がパーソナルスペースは広めです。

そのためパーソナルスペースに侵入されるだけでもドキドキとしてしまいます。視線を送ることはパーソナルスペースへの侵入と同じ効果があります。「目で落とす」という言葉通りのアプローチです。

<下に続く>

視線の意味を恋愛心理学から考える

視線の意味① 目をそらすのは恋愛感情のあらわれ

気になる異性を見つめていて、ふいに目が合う瞬間があります。そんな時に目をそらされても、必ずしも嫌われているとは限りません。

目があってしまった恥ずかしさで、目をそらされることもあるからです。見つめていたから「恋愛感情がある」とバレたら恥ずかしいという気持ちのあらわれです。目があってしまって、どう反応すればよいのかわからずに反射的に目をそらすのです。

視線を送った時に目をそらされたら、それは相手から意識されているのかもしれません。

視線の意味② アイコンタクトの回数が増えたら好意をもたれている

なんだか同じ人と何度も目があう、と思った経験はありませんか?普通に生活をしていてアイコンタクトの回数が増えるのは、それだけ視線を送られていた結果です。それは、相手が恋愛的な好意をもっている可能性が高いです。

視線を送られているのは、自分と相手との共通点を探す観察行為になります。共通点が多く見つかれば見つかるほど、親しみやすさを感じ、恋愛感情を高める効果があります。

一方、自分とは違う存在だと認識することで自然と興味が薄れていく場合もあります。恋心をいだきはじめた初期段階でみられる現象です。

視線の意味③ 遠巻きにじっと見られるのは冷たい目線

じっと見つめられることは基本的には恋愛感情を持っている時に感じられる行動パターンです。ところが恋愛感情を抱いていなくてもじっと見られる場合もあります。

それは遠巻きにじっと見られている時です。変わった生き物を見るような「軽蔑」の感情を抱いている時も女性は遠巻きに相手を観察します。恋愛感情を抱いている男性に対しても遠巻きに熱い視線を送るので、違いは雰囲気から読み取るしかありません。

男性の場合は、好きなものを近くで見たい性質なので、遠巻きに見られている場合は恋愛感情の目線ではありません。

視線の意味④ 近くで見つめるのは好意のアピール

男性は女性への好意のアピールには近い場所から視線を送ってきます。それは、自分の存在をアピールしたい気持ちと、もっと近くで見たいという欲求のあらわれです。

女性の場合は、あまり近くで視線を送ることはありません。ところが恋愛経験豊富な女性や、ある程度信頼関係ができている間柄であれば、近くでも見つめられます。

人は見つめ合うことで「注意共有」という状態になります。お互いの視覚的注意を向け合うことでコミュニケーションがスムーズになる行為です。一定の親密度をこえたら、相手の気持ちを汲み取ろうとして近くでも直視量が増えるのです。

視線の意味⑤ 大勢でいる時に目をそらすのは恥ずかしいから

大勢でいる場面で目をそらすのは、他の人に気持ちがバレたら恥ずかしいからです。好きな人に視線を送っていることを気づかれてしまうと、好意の気持ちと好きな人が同時にバレてしまいます。

いつもはよく目が合うのに、グループでいるときだけ不自然に目が合わないのは意識されている可能性が高いです。

視線の意味⑥ 好きと嫌いの視線の向きは一緒

実は人が送る視線には好き嫌いの感情が伴います。例えば好きな食べ物を話す時と好きな人の話をする時の視線の先はほぼ同じなのです。逆に嫌いなものを話題にする時も共通の視線を送っているのです。

好きなものを話している時の視線の癖と、人物の話題になった時の癖の共通点をみることで、恋愛感情を抱いている人を特定することも出来てしまうのです。

<下に続く>

視線の心理学を応用した恋愛テクニック

視線を近づけ合う男女

視線を使ったテクニック① エスカレーターで自然な上目遣い

女性が気になる男性にアピールするには「上目遣い」はとても効果的です。とはいえ、日常生活の中でさりげなく上目遣いをするのは難しいものです。

そこでエスカレーターを利用することで自然な上目遣いをすることができます。気になる男性と一緒にエスカレーターに乗る際は、上りなら自分が後から乗る、下りなら先に乗ることで自然と低い位置をキープできます。

振り返りながらの会話は、自然と上目遣いになっていて相手をドキっとさせることができます。

視線を使ったテクニック② 相手と同じ方向に視線をおくる

気になる相手が何をみているのか気にしていますか?相手が見ているものを一緒に見ることで、一体感が生まれ親密度、好感度が上がります。

何を見ているの?と興味を示してくれると感じさせることもできます。また、ミラーリング効果も発揮しお互いの距離が縮まりやすくなります。

デートの際には対面式のテーブルのお店ではなく、隣同士に座って同じ方向に視線を送れるカウンター席がおすすめです。

視線を使ったテクニック③ 顔の別のパーツに視線をそらす

気になる異性の目を見て話すことは、相手に好意が伝わりやすい話し方です。その会話の最中に少し目線を顔の別のパーツにそらすことで、より相手の気持ちを引き寄せる効果があります。

男性は女性のうるうるとした瞳にドキドキとしていしまいます。そのうるうるとした表情を作るには、目の動きだけで再現できます。目を見て話している時に、相手の右目と左目を交互に見るようにするのです。それだけで視線が揺れてうるうるとした瞳に見えるのです。この時にうっかり顔も動いてしまわないように要注意です。

次に、会話の最中に視線を唇に送るのも効果的です。目を見て話していたのに、ふとした瞬間に唇に視線をうつし、また目にもどします。男性からは、一瞬伏し目がちになる表情が美しく見え、思わせぶりな表情にドキッとさせることができます。

これは恋愛の場面を映画やドラマで演出する際にも使われるテクニックです。

視線を使ったテクニック④ 2秒見つめて目をそらす

好きな人と目が合うのは嬉しいですが、そうでもない人と目が合うと変な気分になります。人が視線を合わせて不快に感じるのは2~3秒以上のタイミングです。

目があった場合に、あまりに早く目をそらすと、相手に嫌われているのかもしれないという印象を与えかねません。そこで恋愛感情はあるけれど、まだ恋人関係ではない相手との目の合わせ方は2秒でそらすのがベストになるのです。

目があったことはお互いに認識できて、かつ不快に感じない程度にやめることができる長さです。引かれると追いたくなる心理も利用できます。

もちろん恋人同士の場合は秒数など気にせずに、気の済むまで見つめ合って大丈夫です。

視線を使ったテクニック⑤ 立ち位置を考えて提案する

視線を送る方向によって、特定の脳を刺激することが出来ます。その特性を活用して、話しかける時の立ち位置に気をつけてみましょう。

未来のことを考えるのは一般的には右に視線を送ります。そのため、相手の右側に立てば会話は自然と右に視線を向けながら話すことになります。そこで右側に立って、未来のことを話すようにしてみましょう。例えばデートの約束をする場合には効果的です。

逆に恋人の有無を確認したり、今までで楽しかったデートの思い出などを探る時には左側から尋ねてみたほうが良さそうです。

<下に続く>

視線でわかる相手の心理と目をそらさない男性・女性の心理のまとめ

視線からあらゆる気持ちが読み取れることがわかりました。しかし、その視線の意味には男女の違いも大きく見られます。また、男女という大きなくくりに関係なく積極的や内向的などの本人の性格にも左右されます。

好きだから見る、嫌いだから目をそらすというように単純に決めずに、相手の性格や特徴も考慮して考えを読み取るようにしてみましょう。

アイコンタクトだけでも十分にコミュニケーションが取れる良きパートナーに巡り会えるかもしれません。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line