お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/04/11

借金返済一本化の銀行の審査に通るコツや借金をまとめるメリット・デメリット

Large pexels photo 299045 1
目次

借金返済の一本化について知りたい!

借金に悩む方の中には、複数の金融業者からお金を借りている方がいます。そんな方が返済額を減らす方法として有効なのが、借金返済の一本化です。

それはどんなものなのか、メリットやデメリットについてもご紹介していきます。

<下に続く>

そもそも借金返済の一本化って何?

借金の一本化とは、その名の通り複数の金融業者から借りた借金を、ひとまとめにするサービスのことです。金融業者が一社でも、ローンが複数ある場合は一本化することが可能です。銀行など、比較的金利の低いところからまとめてお金を借ります。そのお金で複数ある借金を完済するのです。

借金返済を一本化する6つのメリットとは?

メリット①月の返済回数を減らせる

複数の債務がある場合、それぞれ返済期日が違うことがあります。1日に返済したのに、15日にはまた返済しなくてはならないため、返済するためのお金を用意する手間が何度もかかります。一本化することで、月に返済する回数が1回になるのです。

メリット①月の合計返済額を押さえられる

債務が複数ある場合、それぞれに金利がかかるため返済額は大きくなります。安い金利でまとめて借りて一本化することができれば、複数あった時よりも返済額を低くすることができます。

ただし、金利がもとよりも高くなった場合は返済額が上がることもあります。

メリット③借り入れに対する金利が抑えられる

もともと高い金利で複数債務を抱えていた場合、低い業者で一本化することで金利を押さえることが出来ます。

メリット④毎月の合計利息が抑えられる

金利が低い業者で一本化することで、毎月支払わなくてはならない合計利息も減らすことができます。

メリット⑤完済までの目標が立てやすい

一本化することで、毎月の返済額と完済までの返済期間がはっきりします。完済するまでどれだけ返せばいいのかわかりやすくなり、目標が立てやすくなります。

メリット⑥債務整理とは異なり事故情報が残らない

債務整理とは異なり、もともと複数あった債務を完済し、債務をひとつにするのが一本化です。そのため事故情報が残らず信用情報を傷つけずに済ませられます。

<下に続く>

借金返済を一本化する3つのデメリットとは?

デメリット①返済額が減った分総支払利息が増える

毎月の支払額を減らすということは、同じ100万円を返すのに返済が長期化してしまいます。返済が長期化すればするほど、支払った利息も増えていくのです。元本に対し、かなり多くの利息を支払わなくてはならないおそれもあります。

デメリット②必要額以上の融資で借金が膨らむ恐れがある

一本化する際、複数あった債務を返済するだけの金額を借りれば問題ありません。しかし、融資できる額が返済額よりも多かった場合、つい多めに借りてしまい、借金の総額を増やしてしまうことがあります。

デメリット③グレーゾーン金利の借金を一本化すると過払い請求ができなくなってしまう

借金を一本化すると、低い金利で借りたお金で現在ある借金を完済します。しかし、その借金がグレーゾーン金利だった場合、利息制限法による引き直し計算を行い、借金を減らしたり過払い金を取り戻すことができる場合があるのです。

引き直しをせずに完済してしまった場合でも過払い金返還請求を行うことはできますが、司法書士などに依頼しなくてはならず、費用も完済前に請求した場合よりも高額になるのです。

借金返済で頼りになる一本化は審査が厳しい

一本化を行いたい場合、通常のキャッシングよりも審査が厳しくなります。なぜなら複数の債務を完済するために、借りる金額が大きくなるからです。借りる金額が高ければ高いほど、審査は厳しくなります。

借金返済で頼りになる一本化の「審査方法」について

一本化を行うためのローン審査は、申し込み内容による審査とコンピュータースコアリングの2つの審査が行われます。申し込み内容による審査とは、個人情報信用機関に問い合わせ、申し込み内容に嘘や偽りがないかなどを調べます。また、会社などに在籍確認も行われます。

コンピュータースコアリングとは、年齢、性別、勤務先、収入などを過去のユーザーの返済歴と照らし合わせて点数をつけるシステムです。

借金返済で頼りになる一本化の「審査項目」について

一本化を行うためのローンでは、年齢、現在の職場の勤続年数、職業、住まい、同居人、借入件数などを審査します。年齢は20代後半から40代後半が評価が高くなります。勤続年数も長い方が有利になります。

職業は安定性が高い方が審査に有利です。大企業の正社員や公務員がベストです。契約社員や派遣社員になると、職業が不安定とみなされます。注意が必要なのが借入件数です。同じ借入額でも、借入件数が少ない方が有利です。借入件数は5社以上だとほぼ審査に通らないという定説もあります。

借金返済で頼りになる一本化の審査に通るコツについて


審査に通りたい場合、まず行いたいのが借入件数を減らすことです。同じ借入額でも、借入件数が多ければ多いほど審査には通りにくくなります。4件で注意され、5件以上はほぼ審査に通りません。審査に通りたいなら、借入額が少ないものだけでも完済しておくといいでしょう。

震災に通りたいからと言って嘘をついてはいけません。審査の際は必ず個人信用情報センターに問い合わせますので、嘘は絶対にばれます。嘘があった時点で審査は通りません。

また、ローン審査は年度末が一番通りやすくなっています。年度末は売り上げを確保するため、積極的に貸し出しを行うのです。もし審査がギリギリかもと思うのなら年度末に申し込みをしましょう。

借金返済の一本化以外にも「債務整理」があることを知っておこう!

一本化するためのローン申し込みに落ちた場合でも絶望してはいけません。そんな方には債務整理という方法があるのです。債務整理を行うことで、返済額を大幅に減額したり、借金を返済しなくてもよくなることもあります。

借金返済一本化の銀行の審査に通るコツや借金をまとめるメリット・デメリットのまとめ


いかがでしたか。
今回は、借金に悩んでる方に向けて借金の一本化についてご紹介していきました。

借金について悩んでいる方は、一本化することで返済額を減らし、悩みを減らすことにもつながります。ぜひ検討してみてください。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事