みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

プラチナカードの年収の基準はどれくらい?場合別おすすめカード

Large pexels photo 259200

ゴールドカードよりワンランク上のプラチナカードですが、では一体そのプラチナカードを持とうとするにはどうすればいんでしょうか?
持つための年収の基準とかがあるのか知らない人がほとんどではないでしょうか?

そこで今回はそんなプラチナカードの年収基準から場合別のおすすめのカードを紹介したいと思います。

プラチナカードを取得しようと思っている方は、是非この記事を参考にカード選びをしていただければと思います。

プラチナカードの年収の基準はあるの?いくらくらい?

null

プラチナカードの所有者の年収は、一般的には1,000万円以上とも言われています。ただし、ゴールドカードを所有している方で、2年間ほどコンスタントに年間100万円ほど利用していればインビテーションが届くことがありますので、そこから入会することも可能です。
カードの種類によっては一般入会は受け付けておらず、このインビテーションからでないと入会できないカードもありますので、事前によく調べた方がいいですね。

このようにカード会社によって入会の方法や入会の厳密なルールがあり、それが公開されているわけではありませんので、一概にいくらということは言えませんが、ゴールドカードで年間100万円を払っている、プラチナカードの年会費が何十万円を払える方というのは、その時点で年収がそれなりに高い方になるんではないでしょうか。

<下に続く>

プラチナカードにはどんなメリットが?

では、そのプラチナカードについてみなさんはどれぐらい知っていますか?いったいどんなメリトがあるかをご存知でしょうか?
まずはプラチナカードの歴史からご説明したいと思います。

プラチナカードとは?

プラチナカードはゴールドカードのワンランク上のカードだということは、みなさんもご存知だと思います。
実はこのゴールドカード含めて、アメックスが初めて発行したと言われています。

発行当初はプラチナやブラックといったランクはなく、ゴールドカードが最高位ランクのカードでした。
これにならって他の会社もいろんな種類のゴールドカードを発行したことにより、アメックスのゴールドカードが他のカードに埋もれてしまったことから、他のカードとの差別化を図るため、アメックスがさらにランクの高いプラチナカード、ブラックカードを発行しました。

現在では、多くの会社がいろいろなプラチナカードを発行するようになりましたが、アメックスが一番最初に発行した老舗であり、世間的に評価の高いカードだということがわかっていただけるかと思います。

プラチナカードのメリットとは?

次にプラチナカードメリットについて紹介したいと思います。

年会費が高いため、基本的には比較的贅沢な食事などをする機会が多い方、要は経済力の高い方が年会費以上のメリットを感じると思います。
とはいっても、そのカードにどんな特典が付いているかを知らなければ意味がありませんので、いくつか代表的な特典を紹介したいと思います。
あくまでも一例にすぎませんので、入会する前によく特典を比較するようにしましょう。

コンシェルジュサービス

プラチナカード会員の一番の目玉サービスと言っても過言ではありません。  
このサービスをどれだけ利用できるかで、プラチナカードの年会費のメリットが変わってきます。
では、このコンシェルジュサービスとはいったいどんなサービスなのか?

①希望に応じた旅行プランの組み立てからホテル・航空券等の予約
②同窓会で使用するホテルやレストランの紹介
③ホテルの部屋のアップグレード
など、要は今まで自分が調べて手配・予約していたものを秘書代わりに代行してくれるというサービスになります。

有名レストランが無料に?

多くのプラチナカードについている特典といえば、全国の有名レストランで2名以上でコース料理を予約すると、なんと1名分が無料になるという特典です。

フレンチや中華、和食など、全国でさまざまで飲食店で利用することができますが、カード会社によって対象店舗が異なってきます。

どのお店でも約1万円から2万円と高めのコース料理ばかりですが、家族で贅沢な食事をする機会が多い方には魅力的な特典ですね。

なんと、スイートルームが半額に!

ホテルの優待特典といえばゴールドカードでも付帯している特典ですが、プラチナカードでは、有名ホテルのスイートルームが半額になる特典が付帯されております。

夫婦や家族でスイートルームに宿泊する機会がある方は1~2泊もすれば、十分に年会費のもとが取れると思いますので、プラチナカードを持っておいて損はないでしょう。

<下に続く>

プラチナカードが取得できる年収とは?

日本でのプラチナカードを発行している主なカード会社は、
アメリカンエキスプレス(アメックス)
三井住友VISAプラチナ
JCB The Class(ザ・クラス)
などとなっています。
総合的なサービス比較になると、
保険が充実しているアメックス。
海外のサービスに重点をおいているVISAプラチナ。
国内サービスが充実しているJCB。
となっています。

プラチナカードをもてる年収は以前は、一般的には1000万以上稼いでいるといわれてましたが、最近は、正社員であれば持つことが出来るようになっています。

年収は基準の一部とされており、一番大切なのが、安定した職業についている25歳以上の方です。

持っている年代としては30代後半~50代の方が一番多く、サラリーマンの平均年収が、480万程度と言われていますので、今どき、年収が400万円~500万円程度あれば、プラチナカードを取得できるのではないかといわれています。

<下に続く>

プラチナカード申し込みの年収は自己申告制?

カード会社はさまざまな個人情報を持っているので、会員の年齢と勤務先、勤続年数などから、ある程度の年収は判断できます。

クレジットカードによっては、年収いくら以上が取得条件と決められている場合もありますが、しかしながら年収はあくまでも自己申告です。

よって、年収はあくまでも審査の基準であり、年収が低いからプラチナカードが取得できないということはありません。

カード会社にとって一番困るのは、貸し倒れが起こることですので、
仮に年収が1,000万円を超えている人でも、審査に落ちるケースもあるといわれております。

<下に続く>

では、プラチナカードで年収以外に重要視される基準は?

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※三井住友プラチナカード独自の審査基準により発行させていただきます。
三井住友 プラチナカード

公式サイト基準ではこうなっています。
これを見る限り誰でも取得できそうな感じはしますが、ただ、この独自の審査基準というのが公開されておりませんので、さっぱりわかりません。

もっとも重要な審査基準は、過去の利用実績です。
たとえば、三井住友プラチナカードを手に入れたいなら、まず最初に三井住友ゴールドカードを手に入れ、継続してカードの利用実績があれば、インビテーションが届きますので、そこから入会するのも一つの方法です。

<下に続く>

プラチナカードの年収条件はカードによって違う?

各社によって審査基準はバラバラです。
しかし、いろいろなカード会社の情報や年会費から考えると、
やはり年収700万円~1,000万円程度は必要になると思います。

ここで、各カード別に年収の比較をしてみました。

プラチナカード名 年収 年齢 年会費
アメリカンエクスプレスプラチナカード 1000万円 20代可 136,000円
ダイナースクラブカード 700万円 27歳以上 22,000円
ラグジュアリーカード 1000万円 30歳以上 54,000円
ANAVISAプラチナプレミアムカード 800万円 30歳以上 80,000円
JCBプレミアム 500万円 25歳以上 25,000円

null

<下に続く>

年収が比較的低くても作れるプラチナカード

ここでは、年収が低くてもお手軽に作成することができるプラチナカードをメリットともに紹介したいと思います。
プラチナカードを持ちたいけど、年収が・・・年会費が・・・という方は是非参考にしていただければと思います。

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)

主な特徴とメリット
①ポイントの還元率が1%、誕生日月は2%
②24時間・365日対応のコンシェルジュ
③世界中の空港のラウンジが使える
④旅行傷害保険、賠償責任保険などの付帯保険が充実
⑤ポイントは多様な商品・ポイント・マイルに交換可能

年会費は20,000円とプラチナカードの中では安く、なんといってもポイント還元率の高さが一番の魅力です。

一般加盟店でのポイント還元率は1%で、誕生日月ではそれが2%にアップします。その他にも海外での利用で1.5%に、オリコモール経由でAmazonなどのネット通販を利用すると2.5%にアップします。

ここで貯まったポイントを商品や電子マネーなどに交換すれば十分元が取れるんではないでしょうか。

もう一つの魅力は付帯保険が充実しているところです。

旅行傷害保険が最高1億円まで補償してくれるところは他のカードもありますが、このカードのポイントは個人賠償責任保険です。
補償額は最高100万円支払われます。

個人賠償責任とは、みなさんも生活している中で起こりうる事故。他人を怪我させたり、他人の物を壊したり、そんな時に支払われる保険です。

もちろん民間の傷害保険等に加入をすれば付帯されている保険もありますが、これに入らなくてもカードを持っているだけで保証をされるというのは心強いですよね。

この保険目当てに入会するのも、保険を節約する一つの方法ではないでしょうか。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

主な特徴とメリット
①プライオリティ・パスが利用可能
②プラチナ・コンシェルジェサービスが利用可能
③国際線手荷物無料宅配がついてくる
④付帯保険が充実
⑤ライフスタイルサービスが利用可能

こちらも先ほどのオリコカードと同じように、年会費20,000円と安い設定になっています。

このカードの特徴はどちらかというと空港施設のサービスが充実しています。

プライオリティパスというカードを発行すれば、国内だけでなく世界の1,000箇所以上ものラウンジが利用することができます。

また、空港から自宅まで手荷物を運んでくれるという手荷物宅配サービスや、寒い日本から暖かい国へ旅行される際、空港サービスカウンターで防寒着を預かってくれるというという防寒着お預かりサービスというのもあります。

よってこのカードは、海外へよく行かれる方にメリットがあるといえます。
仕事や旅行などでよく海外へ行かれる方、是非持っておきたいカードの一つですね。

エポスプラチナカード

主な特徴とメリット
①利用状況に応じてボーナスポイントがもらえる
②プライオリティ・パスが利用可能
③国内外で24時間365日、プラチナ・コンシェルジェサービスが利用可能
④国内外の旅行傷害保険が充実

このカードはご存知のようにショッピングセンターマルイのプラチナカードです。

年会費も税込み20,000円ポッキリとキリがいいのがいいですよね。

このカードのポイントの還元率は、通常の加盟店での還元率は0.5%と今までのカードに比べると低めのように感じますが、利用額に応じてボーナスポイントがもらえる仕組みになっております。

例えば、年間の利用額が100万円以上だと、ポイントが20,000ポイントとなりますので、利用額が多ければ多いほどお得になるということになります。

もう一つの特徴は、旅行傷害保険の充実です。
最も利用頻度が高い傷害・疾病保証については、他のクレジットカードは100万円~200万円しか保障されませんが、このカードは300万円まで保証をしてくれます。
また、国内外での死亡・後遺障害の補償については最高1億円と非常に高くなっております。

異なるカード会社が発行する海外旅行保険付きのクレジットカードを複数枚持っている場合、死亡・後遺障害以外の保険金は、複数のカードの補償額が合算されることになっておりますので、海外によく行かれる方は、メインカードは別のカードを作っておき、サブカードとしてエポスカードを作っておくと、更なる安心があるんではないでしょうか。

SBIプラチナカード

主な特徴とメリット
①旅行傷害保険とあわせて、ショッピングガード保険も充実
②世界500箇所以上の空港ラウンジが利用できる
③24時間年中無休のコンシェルジュが利用可能
④引き落とし口座を最大で5つまで登録可能

こちらのカードはSBI住信ネット銀行の子会社であるSBIカード会社が発行しているカードです。

年会費20,000円、ポイントの還元率は1%、海外障害保険についても充実しているカードといってしまうと、他のカードほぼ同じ内容で、余りメリットがあるように感じられませんが、
最大の特徴は、引き落としの口座を最大で5つまで登録することができることです。

これにより、万一残高不足があっても、他の口座から引き落とすことが可能になりますので、引き落としできないということは避けれれますね。

またネット銀行ならではの、ドル決済サービスというものがあります。
これは、海外での利用時に、SBI住信ネット銀行の外貨預金から米ドル支払いが可能になるということです。
ということは、手数料、為替変動の影響もなくその時の為替で決済されますので、海外利用時にはメリットがあるといえます。

但し、事前に、SBI住信ネット銀行の外貨普通預金に米ドルを預けておくことが条件になりますが。

セゾンプラチナ・(ビジネス)・アメリカン・エキスプレスカード

主な特徴とメリット
①24時間年中無休でプラチナ・コンシェルジェサービスが利用可能
②海外旅行時の手荷物無料宅配サービス
③0.75~1.00%ポイント還元で有効期限なし
④国内外の旅行傷害保険が充実
⑤nanaco等の電子マネーなどに対応

こちらのカードはクレディセゾンが発行しているプラチナカードで、決済ブランドはアメックスですが、アメックスはJCBと提携しているため、国内外で幅広く利用できます。

本人カードの年会費は21,600円といままで紹介したカードより少し高めですが、家族カードの年会費は3,240円と非常にお安くなっております。
家族カードでも本人カードの半額程度の年会費がかかるカードがほとんどですので、家族用を含めるとお得なカードといえます。

また、このカードには個人用とビジネス用の2種類が存在します。

どちらもスペックはほぼ変わりはなく、個人用はインビテーションでしか入会できません。
一方ビジネス用は、ビジネスと付くと法人用カードに思えます、誰でも申し込みが可能なカードです。

個人用としては、傷害保険の充実、空港ラウンジの使用可能など他のカードとほぼ内容は一緒ですが、
特徴としては休暇村の優待、星野リゾートの優待、一休プレミアムサービスの特別キャンペーンなど、他のカードにはない優待がいっぱいうけられることです。
国内旅行などが多い方はこちらの優待を利用することで、メリットがあるといえます。

その他ビジネス用になると、flierの優待利用、弁護士の紹介、会計ソフトfreeを優待価格で利用など法人には必要不可欠なサービスが特典として受けられることになります。

このようにセゾンプラチナ・(ビジネス)・アメリカン・エキスプレスカードは、他のカードにないような優待をいっぱい受けることができるカードとなっていますので、自分がよく利用するものがあれば、これを優待で受けられる点については非常にメリットになると思います。
公式サイト
入会前にどういった特典があるかを事前に調べておくことをお薦めします。

<下に続く>

年収基準を満たすなら持っておきたいプラチナカード

最後におすすめのカードを紹介したいと思います。

Orico Card THE PLATINUM

保険で選ぶならやっぱりこのカードがお薦めです。

旅行の度に保険に加入するのも手間ですし、何もなかった時にはなんとなく無駄に感じてしまいますよね。

でも、このカードさえあれば都度保険に加入する必要もなく、損害賠償保険が充実していますので、相手をケガさせてしまった、物を壊してしまったりしたときに保証してくれますので、いざというときのためにこのカードを持っておくと非常に心強いと思います。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

手頃にプラチナカードを持ちたい方にお薦めのカードです。

常に新規会員を募集しているため、入会の意志があればいつでも申込みができるのと、満20歳以上で、安定した収入さえあれば比較的入会しやすいカードです。

年会費が20,000円と格安なのも魅力の一つですが、かといって他のカードに引けを取らず、レストランなどの割引サービス、プライオリティパスの発行などの特典も充実していますので、手軽に持つには非常にお薦めの一枚です。

SBIプラチナカード

残高不足が心配な方はこれで解決!

引き落とし口座が5つまで登録できるのと、引き落とし日を自由に設定できたりもします。

このカードさえあれば、もう残高不足で悩まされることもありません。

細かいお金の管理が面倒な方に、お薦めのカードです。

楽天プレミアムカード

プラチカードと同等の特典があるのが、この楽天プレミアムカードです。

最高のポイント還元率を求める人へお薦めの一枚です。

ご存知のように楽天ポイントが貯められるカードで、還元率は最大で最大7%、通常時でも5%もあるので、非常にお得にポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは、お金にも、マイルにも交換が可能ですので、普段から楽天ポイントを貯めてる方にはお薦めの一枚です。

三井住友プラチナカード

最大の特徴は、他のカードにはない特典として、カードご利用プレゼントが付いていることです。

半年間のカード利用額が50万円以上の場合、利用合計金額の5%相当がVISAのギフトカードとして送られてくるというものです。
これが例えば、年間400万円の利用がある方なら、半年ごとに1万円分、年間で2万円分のギフトカードが届きますので、たくさん使う方にはメリットのあるカードです。

あとは何と言っても絶対的信頼感の高いVISAであることと、電子マネー搭載されていることです。
プラチナカードの中で電子マネーiD一体型となっているのはこのカード以外ありません。

また、以前はインビテーションからの申込みだけでしたが、今では新規申し込みを受け付けてくれてますので、多少は入会しやすくなっています。

<下に続く>

プラチナカードの年収の基準はどれくらい?場合別おすすめカードのまとめ

null

いろいろなカードを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

プラチナカードはステータスの高いカードで、それなりの年収と社会的地位も必要になってきます。

但し、それなりにまじめに会社に勤めて働いでいれば取得できるカードもたくさんあるのも事実です。

一般的なカードと比較すると年会費は高いですが、それに見合った特典もたくさんあります。
またカードによって、ここの特典が優れているなどの差がありますので、みなさんがなんの特典を重視するかで、持つカードも違ってきます。

今まで年会費が高いからという理由だけで取得するのをあきらめてきた方は、今一度この記事を参考に取得に向けてトライしてみるのもいんじゃないでしょうか。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line