お金のコトをもっと身近に|みんかね

確定申告の時期はいつからいつまで?ペナルティーや還付申告について解説

Large pexels photo 256424 1
目次

確定申告の時期について知りたい!

サラリーマンの方で年末調整を会社でしている場合でも個人での確定申告が必要な場合があります。普段したことない確定申告をするのは大変で身構えてしまいますよね。

今回は確定申告の時期について解説をします。ご参考ください。

<下に続く>

確定申告の時期とは?

確定申告は毎年時期が決まっています。確定申告は毎年2月16日から3月15日に行われています。3月になると個人事業主の方なども集中するので税務署が混み合います。早めに提出するとスムーズでいいかもしれません。

確定申告の時期に間に合わなかったら?


確定申告の時期に残念ながら間に合わなかったらどうしたらいいのでしょうか。間に合わなかったらどうなるかいくつか例を出したのでみていきましょう。

①「延滞税の支払いが課せられる」

確定申告に間に合わなかったら期限後申告を行う必要があります。

期限後申告は場合によって延滞税や無申告加算税が課税されることも多いのでできるだけ期限に間に合わせたいですね。確定申告の期限は同時に所得税の納付期限日でもあります。確定申告が提出できないのとどうように所得税も納付できていなかった場合には延滞税が加算されます。

この延滞税は2か月を超えてしまうと税率が上がってしまいますので納付が遅れてしまった場合でも2か月以内に何とかして納付するようにした方がいいでしょう。

②「無申告加算税が課せられる」

確定申告を行わず税務調査が入ってしまい納付義務がわかった場合には金額に応じて無申告加算税が課せられます。

ただし、税務調査の前に自分で申告をした場合には税率の軽減措置があるので確定申告に遅れてしまっても自分から期限後申告を行うようにしましょう。

また、条件を満たせば無申告加算税が課税されない特例措置もあるので、確定申告に遅れてしまいそうな場合には確認しておきましょう。

③「青色申告の控除が受けられない」

個人事業主の中には青色申告を行い青色申告控除の65万円を受けている場合も多いでしょう。

残念ながら青色申告控除の要件の中には期限内に確定申告をすることというものも含まれていますので確定申告を期限内にできなかった場合には青色申告の控除を受けることができません。

65万円の控除がなくなってしまうのは非常に大きい問題ですので、個人事業主の方は早め早めに準備して期限内申告をするようにしましょう。

<下に続く>

確定申告の時期にこんなことがあったらどうすればいい?


何らかの事情により期限中に確定申告をするのが難しいという場合もあるでしょう。それぞれのケースを確認していきましょう。

確定申告の時期に出国している場合

まず、確定申告の時期に日本にいなく確定申告をすることができないという場合はどうなるでしょうか。確定申告は郵送もしくは代理人による提出も認められていますのでそれらができそうならその制度を利用すればいいかと思われます。

ただし、贈与を受けた年の翌年1月1日から3月15日までに出国する場合は、出国する日までに確定申告及び納税をしなければいけません。贈与を受けた方や受ける予定がある方は注意しておくといいですね。

贈与税は複雑ですし、申告漏れがあると延滞税や税務調査の可能性もあるのでわからない場合は税理士などの専門家に相談するのもいいかと思われます。

確定申告の時期に亡くなってしまった場合

確定申告の時期や年の途中に亡くなってしまった場合には相続人が相続があったことを知った日から4か月以内に死亡した方の所得や控除を計算した準確定申告をする必要があります。

こちらも故人の状況がよくわからない場合や相続などの問題もある場合は最初から税理士などに依頼をするのもいいかもしれません。

確定申告の時期に一括で納税できない状態にある場合

確定申告ではその前の年の所得を計算し、納付する税額を申告します。そのため、確定申告を行うと期限までに所得税の納付を行わなければならないことになります。

所得税の納付が難しい場合はどうしたらいいのでしょうか。所得税は原則的に一括納付することになっていますが、分割納付も認められているので一度に支払うことが難しい場合はそちらを利用するのもいいですね。

何もしないで延滞してしまうと延滞税が掛かりますし、所得税が払えないからといって確定申告を行わないと無申告加算税が掛かってしまう可能性もあります。
所得税を支払えないからといって確定申告そのものをしないというのは避けた方がいいでしょう。

確定申告の時期では「還付申告」も行える!


確定申告では納付すべき所得税の金額を提出するだけでなく所得税をおさめすぎてしまった場合の還付申告を行うこともできます。

サラリーマンで年末調整を会社でしている方でも医療費控除や住宅ローン控除の初年度はご自身で確定申告をすれば払った所得税がいくらか返ってきます。サラリーマンだから確定申告は関係ないというわけではなく、利用できる時は賢く利用できるといいですね。

<下に続く>

確定申告の時期はいつからいつまで?ペナルティーや還付申告について解説のまとめ

いかがでしたか?

確定申告は毎年2月16日から3月15日までの間に提出することになっています。個人事業主や年金受給者は年末調整が行われないのでご自身で確定申告を行う必要があります。

期限内に提出できないと延滞税や無申告加算税が課されたり青色申告控除を受けることができないなどの不利益をこうむる可能性があるので注意しましょう。

また、郵送や代理人による提出も認められているので、期限内に税務署に行くことができない場合はそちらを利用するのもいいですね。
確定申告はサラリーマンの方でも医療費控除などを申告すればおさめすぎた所得税が返ってくる還付申告を行うことができます。

還付申告の場合はご自身で申告しないと税金が返ってきませんのでサラリーマンの方でも確定申告の時期を知っておくことをおすすめします。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事