みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/10/28

頭の回転が速い人の特徴や回転を速くする方法、おすすめの本を紹介

Large conference 2705706  340
目次

頭の回転が速い人とは?

頭の回転が速い人をおもい浮かべた時、どんな人の顔が浮かぶでしょうか?職場の人、家族や友人、芸能人や著名人など誰かしらの顔が思い浮かぶはずです。逆に頭の回転が遅い人もいますが、頭の回転にはどんな違いがあるのでしょうか?頭の回転が早い人の特徴や、頭の回転を速くする方法、頭の回転を早くするのに役立つ本を紹介します。

<下に続く>

頭の回転が速い人の特徴

特徴①理解力が高い!

誰かと話をしている時、耳から入ってくる情報や目から入る情報を素早く処理して理解するのも、頭の回転が速いからこそできることです。理路整然と話ができる人なら、特に頭の回転が速くなくても、相手がわかりやすく話してくれるので理解できます。

話し合う内容もいろいろありますが、全ての人が理路整然と話をしてくれるわけではありません。中には要領を得ないまどろっこしい話し方をする人もいます。普通は何を言っているかわからないから聞いているフリをしてしまいます。頭の回転が速い人は少ない情報を逃がさずに聞き取り、相手が何を伝えようとしているか瞬時に整理して理解します。

特徴②ちょっと早口

頭の回転が速い人は、常に先を読みながら話をしたり聞いたりします。そのため話が展開するのも早くなり、気づくと早口になってしまう傾向があります。頭の回転が速い人にはちょうどいいスピードでも、通常の人には少しハイスピードに感じるのでついていけなくなってしまいます。話に夢中になるほど頭の中でどんどん進んでいくので、周囲からもう少しスピードを落としてゆっくりしゃべるようにと注意されることも少なくありません。

特徴③効率よく仕事ができる

常に先を読み行動するから、仕事においてもメリットが増えます。物事を順序立てて考える力に優れていますので、今何をすべきかをしっかり把握できています。仕事がいくつかある場合は、的確に優先順位を決め作業していくので効率よく進みます。仕事の経験が多いほど効率は良くなりますが、これから仕事を覚えるという時も、持ち前の理解力の高さを発揮し短期間でコツを覚えます。

特徴④記憶力抜群!

頭の回転が速い人は仕事を覚えるのも速いですが、一度覚えたことはそう簡単に忘れません。情報を処理する能力に優れているので、頭にはたくさんの引き出しがあります。引き出しがたくさんあっても常に整理できているから、情報が必要な時もすぐに引き出しの場所を見つけ知識を役立てることができます。記憶力が良いと、仕事はもちろん日常生活でも役立つことは多くなります。

特徴⑤洞察力がある

情報を処理する能力に長けているので、洞察力が高いのも特徴です。例えば新卒での就職や転職で新しい職場に配属された時、周囲の人をよく観察して職場の雰囲気や人間関係を短期間で把握できます。これは友人関係にも生かすことができます。

人間観察をするにもジロジロとガン見するのではなく、さりげなく見たりすれ違ったりする時にチェックするので相手に気づかれることなく観察できます。人間関係がスムーズなら問題なしと判断できます。なんとなくめんどくさそうな人がいても、素早く判断できるから適度な距離を保つなど対処できるのが強みです。

特徴⑥好奇心旺盛である

頭の回転が速い人は、たくさんの情報を持っています。既に多くの情報を持っていても、それに満足することはなく、もっともっと情報が欲しいと求めています。好奇心旺盛だから、自分の知らないことを見つけると、それを知りたいと思うので質問が多くなります。興味を持ったことをそのままにしておけないので、必ず質問して自己解決しておくのです。常に周囲にアンテナを張り巡らせリサーチしているので、リサーチ力も身に付きます。

好奇心旺盛な人の長所や短所!好奇心が強い事が仕事や就職にも役立つ?好奇心旺盛な人とは? 好奇心旺盛とは、知らない事や珍しいこと、不思議なことに興味を抱いたり、関...

特徴⑦決断力がある

例えば数人でランチをしに行った時、その中に優柔不断な人がいてなかなかメニューが決まらないと一緒にいる人も困りますし、忙しいランチ時にいつまでもメニューがきまらずなやんでいるとお店にも迷惑がかかります。さんざん悩んで、結局皆と同じメニューでいいや!ということもあります。

頭の回転が速い人は決断力があるから、お店のメニューを知っていれば行く途中で何を食べるか決めているので、席に着いたらすぐに注文ができます。初めて行くお店でも、メニューを見てパっと決められるので皆やお店の人を待たせることはありません。決断力がある人は仕事にも役立ちます。限られた時間で答えを出さなければいけない時も、最適な選択をします。決断が早いとチャンスをつかみやすくなります。

特徴⑧スポーツが得意

テキパキと無駄のない行動ができるので、頭の回転が速い人はスポーツが得意です。頭の回転が速い人は、脳が神経に命令を出すスピードも速いということです。運動神経も優れているので、瞬発力や瞬時の判断が必要とされるのはスポーツにも才能を発揮します。運動神経が鈍い人は動きも鈍くなるので、運動をしてもあまりいい結果は出せません。スポーツの得意不得意には少なからず頭の回転速度が関係しているのです。

特徴⑨話をしていて飽きない

頭の回転が速い人は、豊富な情報を持っています。話をしていると早口になりがちですが、一つのテーマから様々な方向に話が展開していくので、聞いていて飽きません。なにか質問をすると、知っていることなら詳しく教えてくれるのでためになることも多いです。

知識は豊富ですが、それを自慢げに話すわけではないから聞いている方も悪い気はしません。空気を読みながら、ユーモアも交えて話をするので楽しいと感じる人も多いようです。

<下に続く>

頭の回転を速くするのに年齢は関係ない

null

頭の回転が速い人は生まれ持った才能と思われがちです。確かにそういう人もいますが、頭の回転は年齢に関係なく速くすることができます。頭の回転は脳と関係していますので、脳を使う人ほど頭の回転は速くなり、あまり使わない人は若くても脳の回転は遅くなります。

人は年齢を重ねると老化という現実に直面します。目に見えるもの見えないものもありますが、体は年々衰えていくので脳も同じように捉えられがちです。しかし!脳は年齢を重ねてからでも、刺激を与えれば活性化させることができます。脳に与える刺激にはいくつか種類がありますが、どれも年齢に関係なくできることです。

脳にはたくさんの細胞がありますが、使わないままでいるとどんどん老化が進みます。使い細胞が多いほど、脳は年齢に関係なく若さを保つことができます。

<下に続く>

頭の回転を速くする方法や習慣を紹介

①とにかく考える

考える時は脳を使っています。何かをする時は最初に考えてから行動するクセをつけましょう。何を考えていいかわからないなら、クイズやパズルなどでもOKです。脳をトレーニングする効果が期待できるゲームもおすすめです。ここで重要なのは、正解しなければいけないというところではなく考えることです。答えが間違っていても気にする必要はありません。ただしどこが間違っていたのか見直し、考え直してみるのは必要です。ポイントは楽しく取り組めることです。

仕事で行き詰まった時は、なぜそうなったのか原因を考えてみましょう。原因が分かれば自ずと解決策も見いだせます。考えもせず解決しようとしてもまた新たな失敗を生み出す可能性があります。仕事面でも考えるということはとても大切です。

②文字を書く

パソコンやスマホで文字を書く場合、自動で変換してくれるので文字を考えなくても済みます。今は年賀状も全て印刷で済みますし、友達に近況報告をするのもメールかLINEが主流です。パソコンやスマホに慣れてしまうと、いざ手書きで漢字を書こうとしても忘れてしまうことはありませんか?これは手で文字を書くということをしないから、脳への刺激が減っているからです。

手で文字を書く時は、書き順や正しい文字を考えながら書きます。頭の回転を速くするには、文章を書くのもおすすめです。構成を考えながら書くと、脳を使うのでいい刺激になります。最近文字を書かなくなったという自覚がある人は、今日からでも文字や文章を書くことを意識してみてください。

③本を読む

本を読むのも頭の回転を速くするのに役立ちます。ただし漠然と文字を読むのではなく、読みながら登場人物を思い描いたり、シーンを思い浮かべたりしながら読むのがポイントです。本がないなら新聞でもOKです。本を読む時は音読をするのもおすすめです。文字だけを目で追うよりも声に出して読む方がイメージしやすいですし、内容も理解しやすくなります。

速く読む必要はありません。ゆっくりでもいいので、人物やシーンを頭で思い描くこと、内容をきちんと理解することを重視してください。途中で疑問に思ったり、よくわからなかったりした時は、もう一度読み直してみると答えが見えてきます。

④質のいい睡眠を取る

頭の回転を速くしそれを維持するには、脳が元気に活動できることが重要です。毎日の睡眠は体だけでなく脳を休息させるために欠かせないことです。寝不足が続くと頭がボーっとしてしまいますが、これは脳がクタクタに疲れていると悲鳴をあげているからです。無理をしても本来の力を発揮できないので、頭の回転が速い人も考えることができなくなってしまいます。

きちんと寝ているのに全然疲れが取れた気がしないという場合は、熟睡できていない可能性があります。眠りが浅いと脳は休息できません。寝る直前までスマホやパソコンをしていると、ブルーライトが脳を覚醒させるので眠ろうと思っても眠れなくなります。最低でも寝る1時間前には電源を落としておきましょう。毎日決まった時間に寝起きすること、朝起きたらカーテンを開け太陽を浴びることも大切です。不規則な生活を送っていると、頭の回転が速い人も実力を発揮できなくなってしまいます。

睡眠の質を上げるには?日常生活でや寝る前に睡眠の質を向上させる方法睡眠の質を上げる方法を紹介 社会人や主婦、学生など、忙しい人たちはなかなか睡眠の時間をとること...

⑤適度な運動

脳を活性化させるためには、酸素と血液が必要です。何もしなくても普通に息をしていれば酸素も血液も脳に届いていると思われがちですが、運動不足は血行不良や代謝の低下を招くので脳にも影響が出ます。

運動をするとたくさん酸素を取り込もうとしますから、脳へも酸素が行き渡ります。体を動かす時も脳を刺激しているので、脳細胞が活性化されます。これにより血行が促進され代謝も上がります。体の巡りが良くなれば、脳にも新鮮な酸素と血液が供給されるので活発になります。この場合の運動は激しい運動でなくてもOKです。酸素をしっかり取り込むには、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動で大丈夫です。適度な運動は脳にもいい影響を与えますので、毎日続けられる運動を選んでください。

⑥積極的なコミュニケーション

コミュニケーションの基本は会話です。話をする時もただ話をするのではなく、テーマを決めディスカッションしたり、質問し合ったりしてみましょう。考えながら話すのは、頭の回転を速くしたい時には有効な方法です。

この場合あまり人と接するのが苦手な人にとっては、気が重いと感じてしまうかもしれません。しかしコミュニケーションは頭の回転を速くするのに役立ちますから、苦手なことを克服できるよう頑張ってみてはいかがでしょうか?どうしたらうまくコミュニケーションが取れるか、考えるのも脳に刺激になるのでおすすめです。周囲にコミュニケーション力が高い人がいるなら、その人にアドバイスしてもらえばいいのです。

⑦買い物をする時お釣りを考えて支払う

買い物する時は何も考えずお札を出していませんか?もちろんそれでも悪いことではないのですが、買い物をする時にお釣りのことを考えて支払うようにしてみましょう。ただお札を出すのではなく、端数があったら小銭を出してお釣りがお札だけになるようにします。または500円玉でお釣りがもらえるように、小銭を足して支払うのもいいでしょう。

お札と小銭をいくら出せば、お釣りがいくらになるのかを考える時に脳を使います。レジでが混み合っているときは、あまり長く待たせられませんので瞬時にお釣りを判断できることが大切です。そのためにはあらかじめお財布にお札と小銭がどのくらい入っているかを把握しておくことが大切です。細かいのを出す時に備えて、常に1円~999円が出せるようにしておくと便利です。

⑧新しいことにトライする

新しいことにトライするにはそれがなんであるか考え、どうしたらクリアできるか?どうしたら楽しめるか?を考えます。新しいことに積極的にトライするのも、頭の回転を速くするのに役立ちます。例えば今まで興味がなかったジャンルの映画を観たり、音楽を聴いたりすれば今までしらなかった情報を収集しようと脳がフル活動します。初めて行く場所で思いのままに散歩してみるのもいいでしょう。

右利きの人はお箸やペンを左手で持って何かを食べたり、書いたりしてみるというのもおすすめです。いつもは利き手でやっていることを、聞き手ではない方の手を使うので最初はうまく行かないことが多いです。なんとかうまくやろうと試行錯誤している時、どうやってやったら うまくいくかを考えています。この時脳には適度な刺激が送られているので、脳が活性化します。なんども練習すると、利きて以外の手も普通に使えるようになって、生活が便利になっていきます。新しい経験は脳を鍛える効果も期待できます。

⑨便利な方よりめんどくさい方を選ぶ

生活が便利になるにつれて脳は衰えるといってもいいくらいです。もちろん便利な生活を送っていても、常に何かを考え脳を使っているなら衰えることはありません。こういう時はあえて、面倒なことをやるのもおすすめです。

お掃除ロボット任せにせず、ホウキと雑巾がけをしてみる、食洗機は使わずに手洗いする、買い物に行くときは車を使わず自転車か徒歩にするなどです。車がないと行けないような距離の場合は、できるだけ入口から遠い場所に車を停めて歩く距離を長くします。あえて面倒なことをすると、頭の回転を速くするのに欠かせない前頭葉を刺激することができます。毎日は無理でも、週に1度か2度取り入れてみてはいかがでしょうか?

<下に続く>

食べ物が頭の回転を速くする?

null

①青魚

青魚に含まれる脂は体にいいと言われていますが、実は頭の回転を速くするのにも役立ちます。その成分は青魚の脂に含まれている、DHAとEPAです。

人が何かの行動をする時は、脳が指令を出しています。脳がスムーズに指令を出すには、脳細胞の柔軟性が必要です。DHAは脳がスムーズに指令が出せるようにする脳細胞の柔軟性を維持するために欠かせない成分です。元々体内で生成されていますが、不足しやすく不足すると脳からの指令に影響が出ます。頭の回転が速い人は脳が活発なだけでなく、脳細胞に柔軟性があります。そのためにもDHAは欠かせないのです。青魚が苦手な人はサプリメントでも代用できます。

EPAも青魚に含まれている成分で、血行促進効果が期待されています。青魚を食べると血液がサラサラになると言われているのは、EPAの効果なのです。血行が促進されれば、脳にも血液が行き届き脳細胞も活性化します。

②緑茶

緑茶は日本人にとって馴染み深い飲み物です。健康効果も期待されていますが、緑茶に豊富に含まれているカテキンには、脳細胞の成長をサポートする働きがあると言われています。カフェインが入っているので寝る前はおすすめできませんが、眠気覚ましにコーヒー代わりに飲んでもいいでしょう。食事の時にも飲みやすいので、是非取り入れてみてください。飲むだけだから簡単ですが、茶葉を料理に使うこともできます。

③チョコレート

チョコレートにはカカオが使われていて、カカオにはポリフェノールが豊富に含まれています。カカオポリフェノールは認知症予防に役立つことがわかっています。カカオの香りは前頭葉にいい刺激になります。カカオに含まれるビタミンEは、脳の代謝をサポートする働きがあります。少量でも効果は期待できますから、1日1粒のチョコレートを習慣にしてみてはいかがでしょうか?ただしカカオの含有量が多いものがおすすめです。

④糖質

頭の回転を速くするためには脳が活発に活動できるよう、エネルギーが必要です。糖質は摂りすぎると太る原因になりますが、脳にとっては欠かせない栄養源です。糖質というと甘いものをイメージするかもしれません。もちろん甘いものにも糖質は含まれていますが、私たちの主食であるお米や小麦にも豊富に含まれています。

小麦を使ったパンやパスタ、ラーメンやうどんなどの麺類にも糖質が含まれています。ただし摂りすぎはよくありませんから、全体のバランスを考えて取り入れるようにしてください。

⑤柑橘系フルーツ

爽やかな酸味と香りが特徴的な柑橘系フルーツには、交感神経をサポートする働きがあります。交感神経は脳が興奮した状態になりますので、血行が促進され脳細胞も活性化します。ビタミンやミネラルも豊富に含まれていますし、柑橘系フルーツの香りだけでも効果が期待できますで、柑橘系フルーツが苦手ならアロマオイルで取り入れるのもおすすめです。

⑥大豆

大豆はタンパク質が豊富で、女性に必要なイソフラボンも豊富です。栄養価が高いのにヘルシーだから体にもいい食品です。大豆に含まれる豊富なレシチンは、脳から分泌されるアセチルコリンという成分をサポートする働きがあります。アセチルコリンは記憶力や集中力を高める作用があるので、頭の回転を速くするのに役立ちます。大豆を食べてもいいですし、納豆や豆腐など大豆の加工食品でもOKです。

<下に続く>

「頭の回転」にまつわるおすすめの本

①大人のスピード思考法―頭の回転を速くする53の具体例

タイトルを見てもわかるように、頭の回転を速くする方法を具体的に分かりやすく紹介しています。どれも意外と身近で簡単にできるというところがポイントです。本を読んですぐに実践できることがたくさん紹介されています。

②頭の回転が速くなるすごい!法

頭の回転を速くする方法を、科学的メソッドの観点から紹介しています。リラックスと集中と記憶という3つのポイントと、脳だけでなく精神と肉体とのバランスを考えたアプローチをするために役立つことを紹介しています。

③論理トレーニング101題

元々は教科書として出版された本です。問題を解きながら楽しく学べるので飽きずに続けられるのがポイントです。問題を解くために、考える必要があるので頭の回転を速くするのに役立ちそうです。問題は図示しているのでわかりやすいのがポイントです。

論理トレーニング101題
Posted with Amakuri at 2017.10.28
野矢 茂樹
産業図書

④頭の回転が速い人の話し方――あなたの会話力が武器になるユニバーサル・トーク×戦闘思考力

頭の回転をローギア、ミドルギア、トップギアに例え、戦闘思考力を高める方法を紹介しています。ギアはどれかが突出していてもダメで、3つをバランスよく使い分けることが大切だと説明しています。具体的な例を出しているので、とても分かりやすい構成になっています。

<下に続く>

頭の回転が速い人はお金の使い方も上手?

頭の回転が速い人にはメリットも増えます。そのひとつがお金の使い方です。買い物をする時も必要なものをきちんと見極められるので、無駄遣いをしません。買い物をするにも必要なものがどこにあって、どれだけ買えばいいかがわかっているから、だらだらと買い物をすることもありません。お金の使い方もそうですが、時間を有効に使えるのもメリットです。投資をする時も全体の流れをきちんと確認し、先を読み無茶はしないので成功しやすくなります。お金を有効的に使えるのも頭の回転が速いカラならではのことです。

<下に続く>

頭の回転が速い人の特徴とは?回転を速くする方法やおすすめの本を紹介まとめ

頭の回転が速い人はいくつかの共通点があります。トレーニングにより頭の回転を速くすることができますし、日常生活の中にも頭の回転を速くする方法のヒントはたくさんあるので試してみてはいかがでしょうか?

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line