お金のコトをもっと身近に|みんかね

外国債券とは。外債の種類や基本知識、メリット・デメリットを詳しく解説

Large pexels photo 164661 1 1
目次

よく目にする外国債券とは実際どんなものなのか、知りたい、試したいと思う人も多いことでしょう。以下、外国債券について種類や、メリット、デメリットについてまとめてみました。

外国債券とは

債券とは

国、地方自治体、企業などが資金を投資家から集める際の借用書のようなものと理解します。借りたお金には利子が支払われ、返済はその満期日に全額返されるしくみになっています。

外貨債券とは

外国債券の範疇に入る債券は海外で発行されたものだけではありません。意外に広い範囲のものを外貨債券扱いします。

<下に続く>

外国債券の種類とは


発行体、通貨あるいは市場のいずれかが外国に属する債券を総称して外国債券と呼びます。
以下、種類別にまとめてみます。

外貨建債券

元本はもとより、利子の支払い、返済(償還という)をすべて外貨で行う債券の総称を外貨建債券と呼びます。

ショウグン債、その他の外国発行の債券

各々の国の通貨建ての債券で、市場が日本にあります。つまり日本市場で募りますが、発行体が外国に属していて外貨建てで募ります。これらをショウグン債と呼びます。

その国の市場で、その国の発行者が募る債券を指します。種類としては米ドル建て、ユーロ建てなどがあり、その国の通貨立てです。

円貨建債券

市場こそ日本ですが、発行体が外国に属していて、日本円建てで募る債券はサムライ債と呼ばれています。

購入のための資金、利子、返却金の支払いが日本円でなされる債券を円貨建債券と呼びます。外貨建てではない点で、為替の変動リスクがないところがメリットと言えます。

発行体は日本または外国に属していて、国外の市場で募りますが、円貨建てである債券です。ユーロ市場で募るので、比較的発行が低コストで出来るメリットがある一方で、市場においての政治または経済的な影響を直接受けることがあるデメリットもあります。これらをユーロ円債と呼びます。

政府やその関係機関が募る債券で、日本国債以外の外国が募るを国債ソブリン債と呼びます。

二重通貨建債券


購入資金、利子、返却金(償還金)の受け取りを日本円と外貨の二種類でできる債券を総称して、二重通貨建債券と呼びます。単に外貨建てであると、為替差から損失を出す危険もありため、日本円と外貨のコンビネーションでリスクを軽減することが出来る債券です。

デュアルカレンシー債とリバースデュアルカレンシー債

購入資金と利子の支払いが日本円でなされ、資金の返却が外貨でなされます。利子が日本円で得られ、為替の変動リスクを受けず、償還金のみ為替変動するリスクを受けます。これらをデュアルカレンシー債と呼びます。

購入資金と返却が日本円でなされ、利子の支払いが外貨でなされます。償還金は日本円で得られ、為替の変動リスクを受けず、利子が外貨であるため、為替の変動リスクを受けます。これらはリバースデュアルカレンシー債と呼ばれます。

外国債券のメリット

金利が高い

もともと株式に比べて債券は元本割れの可能性が低い上、金利が低い日本よりも外国の金利が高いために、ポートフォリオの一部を外国債券への投資することは有効な手段です。

為替差益の時期

為替変動により、収益を得られる可能性があることも魅力の一つと言えます。金利に加え、為替の変動から収益を得られるチャンスがあります。

運用リスクの低減効果

運用時に生ずるリスクの低減効果については、様々な方法がありますが、一般に外国債券は日本の株式とは別な動向を持つため、ポートフォリオの分散を計るために外債を組み入れることによって、国内市場から直接受けるリスクを減らすことができます。

<下に続く>

外国債券のデメリット

価格変動リスク

景気の動向によっては、金利が上昇したり、債券募った国や企業の信用度の低下によって、債券の価格に影響が出て、元本割れする可能性があります。

債券の利息・償還金が補償されない

債券を募る国や企業の経営、財務状況が悪化し、最悪のケースにおいて破綻を来した場合、利息や償還金の一部、または全部が支払われない可能性があります。その国の政情、経済についてある程度の知識があることが大切です。

市場で買い手がつかない恐れ

二重通貨建外債は、他の債券に比べると流通および市場規模が小さいため、買い手が手を出しにくいデメリットがあります。つまり二重通貨建債の満期を待たずに売却をしたい場合に売りにくくなる可能性があることは購入前に認識しておきたいものです。

外国債券とは。外債の種類や基本知識、メリット・デメリットを詳しく解説のまとめ


資金の運用を考えるとき、元本割れする商品は避けたい、安定した金融商品は何かと行き着く先が外国債券であるかもしれません。

投資でよく言われるのが、ハイリスク、ハイリターンです。リスクを冒すからこそ得られる高いリターンのことで、ここでもそうであると言えるでしょう。

安定した国内の市場に比べ、海外の市場は変動が大きいものです。市場は、経済的理由ばかりでなく、政治をはじめ様々なことから影響を受けるものです。その分リスクがあることを念頭に置いた上で、外国債券をポートフォリオに入れることを検討するとよいと思います。

<下に続く>

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事