お金のコトをもっと身近に|みんかね

外為とは。外国為替の仕組みや取引方法などFX基本知識集!

Large pexels photo 220357 1 1
目次

外為とは、それでどうやって他の人は利益を得ているか、興味のある方がいると思います。

今回は、そんな外為についてご紹介していきます。

外為とは?

外国為替を略称で外為または、英語の略称FX(Foregin Exchange)呼び、多くの投資家が投資商品として運用しています。

<下に続く>

外為(FX)の仕組みとは?


日本においては、一般的には日本円によってドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を収益とする金融商品です。

外為(FX)のメリットとは?

ある種の外貨、ドルやユーロなどは直接海外送金したり、ドル建てで預金を引き下ろしたり出来るため、海外に行く予定のある人などには特に有利な金融商品です。株式などとは異なり、国の貿易収支にも深く関わるため、国家が市場介入を行ったりすることが度々あり、ある幅以上の過剰な値動きをしないと予想出来ることもメリットと言えるでしょう。

外為(FX)のメリット①「レバレッジ」

レバレッジ、テコの原理(少ない資金で大きな取引ができる。)を活用するとはどういうことでしょうか。

例を挙げてみます。10倍のレバレッジをかけているということは、10万円を金融業者などに預けて100万円分の取引をするということです。レバレッジをかけて少ない自己資金から大きな金額の運用ができるため、大きなリターンが得られます。
しかしながら、高いレバレッジをかけると、損失がかなり大きくなるので、要注意です。

外為(FX)のメリット②「スワップポイント」

低金利が続いて、外貨預金が注目を浴始めてから久しくなります。それぞれの国が定めた金利が通貨にはあります。通常、外貨は日本円よりも金利が高いものです。スワップポイントとは、外貨を口座に持つ際、それぞれの通貨の金利が得られますが、2つの通貨の金利差を指してスワップポイントと呼びます。

外為(FX)のメリット③「24時間稼働」


外貨は世界中で取引されるため、いつ価格に変動が出るかによって、売買のタイミングを逸してしまうことがあります。
FXでは、24時間稼働で値動きをモニタリングし、自動で売買をする方法があります。ただしパソコンをインターネットに24時間接続したままというのは、一般家庭では実現しにくいため、レンタルサーバーを利用するケースが増えています。

外為(FX)のメリット④「手数料が比較的に安い」

ドルと円などの通貨では、近年売買手数料は無料にして、スプレッドで利益を得ているFX業者が多いため、トレーダーには喜ばしいことです。そのスプレッドも価格競争が激しく、安く値下がりしています。もちろん、どの通貨を売買するかによるので、日本ではあまり売買されない通貨になると、スプレッドが高くなるので、注意が必要です。

<下に続く>

外為(FX)のデメリットとは?

為替変動リスク、金利変動リスクなどが考えられます。

外為(FX)のデメリット①「投資額が0になってしまうリスクについて」

FXに関してはほぼないと見られています。それは、あまりに価格が下がった場合、ロスカットが執行されるからです。自動的に持っているポジションが決済されますので、損失がかなり大きくなりますが、すべてを失うことを未然に防ぐために行われます。これは、デメリットだけとはいい切れませんが、選択の余地がないことは認識すべきです。

外為(FX)のデメリット②「常に動きを見ておく必要がある」

為替は24時間休むことなく変動すると前述しましたが、予想外な値動きをすることが常です。持っている通貨の価格が下がれば、為替差で損失金になるリスクがあることを認識してしてください。
スワップポイントは、金利差が月ごとに変動することから、利益になる場合もあれば、損失になることもあるので、逐次調べておいた方がよいでしょう。

外為(FX)で取引できる通貨とは?

多くの通貨が取引できますが、中国元など、国の情勢で自由化されていない通貨は一般に取引がしにくいことで知られています。

<下に続く>

外為(FX)の取引方法とは?


まず、口座開設から入金します。
通常は円で利益を出したいと考えます。その場合は、円で外貨を買い、その外貨を保持します。値が動き、利益が出たところで売り、円に戻したところではじめて利益となります。

買いから、値が動き、利益が出るタイミングの掴み方に個人差があります。以下のトレーディング方法がそれです。

外為(FX)の取引方法①「スキャルピング」

「スキャルピング」とは、秒単位、分単位でわずかな利益でも売りに出して確実に利益を増やす方法です。トレーダー以外の職業には向かないトレーディング方法と言えます。

外為(FX)の取引方法②「デイトレード」

「デイトレード」とは、宵越しのトレードをしないことです。特にFXは24時間値動きがあるので、一晩中寝ずの番は出来ません。そのため、その日のうちに決済してしまいます。スタンスはスキャルピングより長く、それよりも大きなリターンを狙います。これも、トレーダー以外の職業には向かないトレーディング方法と言えます。

外為(FX)の取引方法③「スイングトレード」

「スイングトレード」は、上記の二つより大きなリターンを得るために、短期の投資法のなかでは、長いスタンスで運用します。2日から数ヵ月にかけて運用するので、一般の会社員にも可能な投資の方法です。

外為とは。外国為替の仕組みや取引方法などFX基本知識集!まとめ


いかがでしたか。日本では、外貨預金が株式などの投資より一般的で、多くの人が興味を持っているFXについてご紹介していきました。

リスクが少ないように思われがちですが、損失を出すことが投資にはつきものなので、国際情勢などに日頃から注意を払い、堅実な投資を心がけたいものです。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事