みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/11/10

おすすめの赤ワインを予算・人気銘柄・初心者でも飲みやすさ別に紹介

Large wine 2269439 640  1
目次

おすすめの赤ワインを紹介

お酒の中で大人の雰囲気を強く感じる赤ワインですが、ワイン通でない限りどれがおいしく飲みやすいのかを見分けるのは大変ですよね。
赤ワインは高いイメージもありますが、今の時代はスーパーやコンビニなどでも安いものが売っていて、3000~5000円程度で購入することが出来ます。
今回は、赤ワインをもっと知っていただけるように、赤ワインの銘柄や特徴などをご紹介していきたいと思います。

<下に続く>

赤ワインを選ぶ時のおすすめポイント

ワイン

赤ワインを選ぶときどのようなところをみて選んでいますか?
赤ワインはボトルの形やブドウの種類によって味が全く違うものも多くあります。
赤ワインの選ぶときに参考にしてほしいおすすめポイントをご紹介します。

赤ワインを選ぶ時のおすすめポイント①ボトルの形をみる

赤ワインはボトルの形が2つあります。
1つはボトルのくびれ部分がなめらかななで肩のような形のもの。もう1つはくびれ部分が角ばったようないかり肩のような形のものです。
それぞれの形によってワインのタイプが違います。
なで肩タイプは、ブルゴーニュ系の赤ワインで、ベリーのような香りを楽しむことができ、その年のブドウの具合によって味が大きく変わる繊細なワインです。
いかり肩タイプはボルドー系といわれ、色が濃く渋みや酸味を楽しむことが出来ます。
熟成期間によって様々な味を楽しめ、初心者にも飲みやすい味となっています。
このようにボトルをみて選ぶと飲みやすさや渋み・酸味の具合もわかるようになります。

赤ワインを選ぶ時のおすすめポイント ②ラベルをみる

赤ワインにもそのほかのワインにも必ずついているのがラベルです。
主にワインの名前、ブドウの収穫された時期(年)、生産された場所、国、ワインのランクなどそのワインの情報が細かく書いてあるので、読み方を覚えてどのようなことが書いてあるのかをチェックして選ぶようにしましょう。
生産された地区が狭いと高級なワインと言われていますので、そのあたりにも注目するとワイン選びが楽しくなってきます。

赤ワインを選ぶ時のおすすめポイント ③産地

同じ名前や種類のワインでも産地によって味が変わってきます。
その原因は気候といわれていて、温暖な気候や降水量などでワインの熟成度が違ってくるのです。
フランスのボルドー地方は、二種類以上の品種をブレンドして作られていて、そのブレンドの比率は生産者によって違うため、それぞれ違う味になります。
アメリカのカリフォルニアは、フランスよりも気温が高く、ブドウが熟しやすいので、糖度が高いブドウになり、甘みのあるワインに仕上がります。
このように、産地によって様々まな特徴がありますので、自分好みのワインを探すならどこの地域で生産されているかをよく知っておくことがポイントとなります。

赤ワインを選ぶ時のおすすめポイント ④価格

ワイン通や普段からワインを購入する人は、ある程度の価格のものを購入したり、安くてもいいワインを購入できるのですが、初心者のかたはそもそもワインそのものの相場を知らない人が多いので、選ぶのに苦労することもあると思います。
初心者の方が一番初めにワインを買うとき、1500円位~のものを購入するとよいとされています。
ワインはピンキリで、500円程度で購入できるものもあれば、何十万円もするものもあります。ですが、初心者でそんな高価なものを目利きすることは出来ないので、ある程度手ごろなお値段の物を選びましょう。
ワインは、1000円のものと1500円のものでは味に大きく差が出てしまうこともあるそうで、たった500円でもワインの品質や味のランクが下がってしまうので、1000円のものよりは少しランクの良い1500円くらいのものを基準に選ぶのがおすすめです。

<下に続く>

赤ワインはプレゼントにもおすすめ

赤ワインは見た目もおしゃれで品があるので、大人向けのプレゼントとしてもも最適です。
誕生日や記念日はもちろん、結婚祝いや昇進祝いなどいろいろな場面のプレゼントにぴったりです。
今は、ワインとグラスがセットになったギフト用としても売られていたり、ワイン選び初心者でもわかりやすいように味や品種についての説明書きがなされているところもあるので、参考にしてプレゼントとして贈ってみるのもいいでしょう。

<下に続く>

価格で見るおすすめ、1000円代の安い赤ワイン

酒屋

価格が安くても上質でおいしいワインはたくさんあります。
どのワインを選べばいいか分からないときや初めて購入するとき、高いワインを購入するのは少し抵抗がありますよね。
そんな初心者からワイン通まで楽しむことができる1000円台で購入できる安い赤ワインをご紹介いたします。

価格で見るおすすめ、1000円代の安い赤ワイン①サンタ・クリスティーナ・ロッソ

イタリアで半世紀以上愛されているロングセラーワインで、「イタリアでその名を知らないものはいない」というほど有名なワインです。
チェリーなどの果実系の味わいで、果実、酸味、タンニンなどのバランスがよく、柔らかいフレッシュな味わいとなっています。
1700~購入することができます。

価格で見るおすすめ、1000円代の安い赤ワイン②ムートン・カデ・ルージュ

ワイン愛好家のなかでも人気の高い別格ワインであるムートン・ロスチャイルドの精神を受け継いだ誰からも愛される赤ワインです。

リーズナブルな価格なのにとても質が良く、クオリティが高いワインです。
「世界で一番愛されているワイン」とされていて、様々な賞を受賞しています。
生産者であるバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社は、日本においてもボルドーワインで一番人気があるといわれています。
果実、ハーブ、バニラの香りで、豊かで調和のとれた飲みやすいワインです。

価格で見るおすすめ、1000円代の安い赤ワイン③サンタ・ディグナ・カルメネール・レゼルヴァ

自然環境への配慮や労働者を大切にする姿勢が評価されフェアトレード認証を取得したシリーズです。
ヨーロッパで絶滅したと思われていたカルメネールと少量のカベルネ・ソーヴィニヨンから造られています。
熟した黒系果実の香りとバルサミコやユーカリの表情。ブラックペッパーのアクセントに甘いタンニンが溶け込んでいるエレガントな仕上がりです。

価格で見るおすすめ、1000円代の安い赤ワイン④モンテプルチアーノ・ダブルッツオ

赤ワインの美味しさを素直に教えてくれる、圧倒的なコストパフォーマンスの高いワインです。
辛口評価と言われているルカマローニ誌で三年連続生産者トップの証、優秀生産者に選ばれています。
果実ジャムのような他にはない濃厚で濃密な味わいと邪魔にならない渋みが特徴のワインです。

<下に続く>

価格で見るおすすめ赤ワイン【~3000円】

3000円前後でも世界のワイン通や評論家から高い評価を得ている赤ワインはたくさんあります。
普段飲みから特別な日にもお勧めのコスパの高い赤ワインをご紹介いたします。

価格で見るおすすめ赤ワイン【~3000円】①コントラーダ コンチェニゴ

コンチェニゴ地区という古い地名に由来するワインで、1000円台後半から2000円台で購入できます。
24ヶ月間ゆっくりとバリックで熟成させた赤い果実の豊かなアロマとしっかりしたボディになめらかなタンニンと酸のバランスのよい、重厚な味わいが魅力です。

価格で見るおすすめ赤ワイン【~3000円】②シャトー・モン・ペラ ルージュ

シャトーモンペラは、偉大な評論家たちも絶賛する最高のボルドーワインです。
人気のワイン漫画「神の雫」に登場したことで日本でも人気が高まり、世界のワイン業界にも注目されています。
フレッシュでシルクのような滑らかさのある味わいで、スパイスにブラックチェッリー、木苺やオークの風味がバランスよく混ざりあいます。滑らかなタンニンが後をひくしっかりとしたボディで、高級ワインにも引けをとりません。

価格で見るおすすめ赤ワイン【~3000円】③カ・ネストラック 

レキリブリスタティント [2013] 

果実の海を渡るレキリブリスタとの名を持つとおり、ラベルにも綱渡り師が描かれています。
バルセロナの高級ワインショップ「ビラビニテカ」が総力をあげて製造している評価の高いワインです。
凝縮した果実のフレッシュさ、フィネス、余韻、アロマなどの複雑な味わいとニュアンスがバランスよく保たれています。

価格で見るおすすめ赤ワイン【~3000円】④ドゥーカ サンフェリーチェ

南イタリアのカラブリア発のシーフードによく合う赤ワインです。
カラブリアは、昼夜の寒暖差をもたらすイオニア海とシーラ山地の間という地形で、ブドウ栽培に最適な土地として知られています。
フルーツやスパイスの複雑でエレガントな香りとしなやかなタンニンが印象的なワインです。

<下に続く>

価格で見るおすすめ赤ワイン【~5000円】

プレゼントやギフトにも丁度いい値段で、イベントや少し贅沢したいときにおすすめの赤ワインをご紹介いたします。

価格で見るおすすめ赤ワイン【~5000円】①コルテ・ジャーラ・アマローネ・ヴァルポリチェッラ アレグリーニ

イタリアの銘酒で、とろけるような濃密な赤ワインです。
ダークチェリー、ベルガモットの果実味とチャーミングなアロマがソフトな口当たりで、全体的に丸みのあるジューシーでミネラル分が豊富な味わいが感じられます。

価格で見るおすすめ赤ワイン【~5000円】②シャトー・グロリア

ボルドーワイン通から高い評価を受けている赤ワインです。
収穫されたブドウを、24時間体制で温度とポンピングオーバーのタイミングを自動で制御できるタンクに移し発酵します。樽熟成は14ヶ月とやや短めに行い、樽の風味を抑えめされています。
西洋杉やレッドチェリー、カシスの華やかなアロマが広がり、長い余韻のあとに甘美なタンニンの味わいが続きます。
濃密な果実味とタンニンのバランのとれた配合でコクのある味わいに仕上がっています。

価格で見るおすすめ赤ワイン【~5000円】③ボーヌ 1991 ベルナール・ドラグランジュ

初心者からワイン通までたのしめる赤ワインです。古酒なのに価格も安く、初心者でも手を出しやすくなっています。
自社でしっかりと管理して熟成させて出荷していて、時間をかけてじっくりと作られています。
ややドライ感のある丸みを帯びた果実味で、ミネラル感も心地良く、後味には複雑な風味が続きます。

価格で見るおすすめ赤ワイン【~5000円】④ル マルキ ド カロンセギュール

ハートマークが印象的なラベルの赤ワインです。
格付け第3級のワイン「Ch.カロン・セギュール」のセカンドワインです。
「第一級シャトーと双肩する潜在能力」と絶賛されるほど完成度の高い仕上がりとなっています。
しっかりとした果実味で親しみやすく、エレガントでしなやかな明るいワインに仕上げています。 

<下に続く>

初心者でも飲みやすいおすすめ赤ワイン

ワイン選びが難しいと感じる初心者の方にもおすすめの赤ワインをご紹介いたします。

初心者でも飲みやすいおすすめ赤ワイン①コノスル ヴァラエタル

自転車が印象的なラベルで、価格は安いのに安いワインによくある二日酔いがあまり見られないワインです。
高級ワイン好きの人にも評価されているワインで、鮮烈なカシス、チェリー、プラムの香りに、ミントやコショウなどスパイスの香りが複雑性を与えている。エレガントでしっかりとした骨格を持つ、果実味豊かで深い味わいのワインです。

初心者でも飲みやすいおすすめ赤ワイン②コントゥ・ラブレ〈赤〉

1832年に創立された歴史あるラブレ・ロワ社で製造されている赤ワインです。
ラベルのお花が可愛らしく、華やかな印象を与えてくれます。
スパイス、スミレの花などを思わせるエレガントな花束。渋みが軽く、まろやかな味わいと、長く豊かな余韻を楽しめます。
複雑な香りを感じられますが、非常に飲みやすく初心者にもおすすめできます。
ラブレ・ロワ社は、地道な努力と鋭い鑑定眼によりブルゴーニュの栄光と遺産を引き継いだネゴシアンとして評価されています。

初心者でも飲みやすいおすすめ赤ワイン③ムア ムア ティント

うさぎの描かれたラベルがとっても可愛らしい赤ワインです。
ムアムアとはスペイン語で「チュッ(キスの音)」の意味で、それに合わせてラベルもウサギがキスをしているところがえがかれています
「やさしいワイン 一生モノの基礎知識」のコスパの良い1000円台のワインに掲載された商品で、キイチゴ、スミレ、リコリスのアロマが贅沢に感じられます。
タンニンと果実味のバランスのいい酸味と、フルーツの余韻をたのしめます。

初心者でも飲みやすいおすすめ赤ワイン④カヴィロ タヴェルネッロ ランブルスコ ロッソ

ワインを普段飲まない方や初心者、女性のかたにおすすめのワインです。
華やかなバラの香りと芳醇なフルーツの香りで、甘みのあるジュースのような味わいです。
お値段も手ごろでクオリティの高い仕上がりとなっています。女子会などでもおすすめの赤ワインです。

<下に続く>

人気銘柄で見るおすすめ高級赤ワイン

特別な記念日やお祝いなどにもお勧めの高級赤ワイン。
ワインに詳しくない方でも名前を聞いたことがあるという人気銘柄のお進め高級ワインをご紹介いたします。

人気銘柄で見るおすすめ高級赤ワイン①ロマネ・コンティ

ロマネ・コンティは、ブルゴーニュ地方を代表する最高峰のワイン鋳造所です。
誰でも一度は聞いたことのある名前だと思います。
徹底したブドウの選別作業や収穫年の状態に合わせて行われる除梗で、すっきりとした味なのに果実味やタンニンなどワインに欠かせない要素がバランスよく配合され、深みのある味わいで「飲み手の魂を吸い取る」とまで賞されます。

人気銘柄で見るおすすめ高級赤ワイン②リシュブール  ドメーヌ・ルロワ

世界のワイン業界で別格の評価を受ける赤ワインです。
非常に飲みやすいワインです。
マダム自らが手掛ける貴重なドメーヌ・ルロワは、他にはない華やかさで飲むものを圧倒させるワインです。

人気銘柄で見るおすすめ高級赤ワイン③スクリーミング・イーグル

世界中のワイン通が評価するカリフォルニア・カルトワインの頂点に君臨するワインです。
カシスやブラックベリーの純粋なアロマと、 アカシアやリコリスの甘い香りが広がります。
自然なブドウの要素を最大限に贅沢に使用して、凝縮しているのに濃くなりすぎない絶妙なバランスを保った味わいです。

人気銘柄で見るおすすめ高級赤ワイン④ シャトー・ル・パンLE PIN

メドックの第一級に相当するメルロの最高傑作と言われる赤ワインです。
ワイン愛好家の憧れともされるワインで限られた数しか飲むことが出来ません。
このワインを飲んだことがあるというだけでも自慢になるほど希少なワインで、飲んだ人がこぞって「逸品」というほどの素晴らしい赤ワインです。

<下に続く>

おすすめの赤ワインを予算・人気銘柄・初心者でも飲みやすさ別に紹介のまとめ

ワイン 酒税

赤ワインを価格別、銘柄別に見てきましたがいかがでしたでしょうか?
初心者でも手軽に飲めるワインや、リーズナブルなのに質のいいワインを楽しむことが出来るものも多く、赤ワインをより身近に感じることが出来たのではないでしょうか。
安くて質のいいワインを選べば、色々なワインの比べができますので、ワインの飲み比べをしてお気に入りの赤ワインを見つけてみてはいかがでしょうか?

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line