お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/11/14

クールジャパンとは?日本の魅力を海外に発信するクールジャパン戦略!

Large fuji
目次

クールジャパンとは?意味は?

ここ数年でよく耳にするようになった言葉クールジャパン。

私たちが普段使うような言葉ではなく、テレビや海外の方々の口から聞く事が圧倒的に多く、
【新しい日本の文化】を象徴する言葉と言っても過言ではないかもしれません。

海外で行われるイベントではクールジャパンと銘打って
日本のマンガやアニメなどを取り上げているなんてニュースもよく見ます。

また日本のポップカルチャーとしての役割を十分に果たし、
海外から絶大な人気を誇るコンテンツも多数存在しています。

しかし、具体的にクールジャパンってどんなものを指し示しているものなのか。

そんな疑問にお答えしようと思います!

<下に続く>

日本政府の国策としてのクールジャパン戦略

null

まずはクールジャパンと言う言葉発端を探りましょう。

2002年に米国ジャーナリストのダグラス・マクレイ氏が自身の論文の中で提示した事が発祥となります。

日本の近代文化を全般を指した言葉で
アニメやゲーム、映画にドラマに漫画から始まり、
ファッションから現代アートまで多岐にわたります。

国策としては海外の方に受け入れられる近代の日本の文化を発信し、
商品としてとしてサービスを展開し、日本の経済成長を促進するためのブランド戦略です。

2010年6月に経済産業省製造産業局に「クール・ジャパン室」が設置され、
日本の経済成長を狙って海外に日本の文化を発信しようと言う姿勢が強くなってきました。

またクールジャパン推進により、日本の近代文化や伝統文化を産業化して海外に発信するため「クールジャパン推進会議」も設置され、AKB48のプロデューサーである秋元康氏などが起用されています。

国が行っている経済的取り組みと言う事ですね。

クールジャパン機構とは?

あまり聞きなれない組織ですよね。
クールジャパン機構とはどのような組織なんでしょうか。

クールジャパン機構は東京都六本木ヒルズ内に位置し、日本独自の商品やサービスを海外需要開拓に関連する支援や促進を目指して2013年に官民ファンドとして設立されました。

日本の魅力を産業として成長させるためメディアやコンテンツ、食やサービス、ファッションやライフスタイルなどの分野でプロジェクトを立ち上げて取り組んでいます。

日本には、衣食住関連商品、観光、サービス、レジャー、伝統産品、教育などの分野で、いわゆる「クールジャパン」として 海外に評価されている商品やサービスが存在しますが、これまで十分な市場獲得をおこなえていませんでした。

そのため、これらの生活文化の中で生まれた「日本の魅力」を付加価値として産業発展を目指し、
海外需要の獲得及び日本国内への海外需要の取り込みにつなげる取組を重点的に展開しています。

<下に続く>

日本が海外に誇るクールジャパン文化①ファッション

日本のファッション文化と言われると着物や浴衣などの和服が思い浮かびますよね。

染物や縫製なども伝統的な日本技術がたくさんあり、
made in Japanはファッション業界でも通用するものとなっています。

そんな中で2017年の3月にクールジャパン機構が初めてとあるファションブランドに投資を行いました。

それが「45R(フォーティーファイブアール)」です。

伝統的な藍染などを使ったテキスタイルやオリジナリティのある柔らかな色合いと着ごこちを実現した加工など、制作過程における全てを日本で行い、海外展開するファッションブランド。

ナチュラルな日本の技術を駆使した高品質な服が他国にはない日本の独自のコンテンツと成り得る点と既に海外で実績をおさめている点が評価された模様です。

オンラインショップで商品がご覧いただけるので気になる方は覗いて見てください。

45-Online Shop-

日本が海外に誇るクールジャパン文化②マンガ・アニメ

null

日本のポップカルチャーとして海外にもとても人気の高い分野です。

JAPANEXPOでは多くの来場者を記録し、マンガやアニメの展示はもちろんのこと、
日本のアイドルが現地でLIVEを行うなど盛り上がりを見せています。

ドラゴンボールやワンピースなどのマンガやアニメは世界的にも圧倒的な人気を誇り、
各国語の単行本も出されているほどです。

またそんな好きなマンガのキャラクターに一歩でも近づきたいとコスプレする海外の方も増えてきました。

キャラクターによってはマンガから出てきたのかってくらいのクオリティを誇るコスプレイヤーも存在し、日本でも高い知名度を誇る方も出てきています。

他にも初音ミクを初めとするボーカロイドやメイド喫茶なども高い人気を誇り、
メイド喫茶に関しては海外展開しているお店もあります。

このように日本のポップカルチャーは世界に誇れるものであり、
クールジャパンを代表するコンテンツと言っても過言ではありません。

<下に続く>

日本が海外に誇るクールジャパン文化③食べ物

さて、次は食べ物について見ていきましょう。
海外でも日本食はヘルシーで健康的だと大変人気ですよね。

納豆や湯葉、団子やお茶漬けなどなどテレビでも外国人が本場の味を求めて
各地を歩き回るなんて光景を目にします。

お寿司や天ぷらや焼肉などの有名店は日本国外にも出店しており、
旅行の際に現地の食事が肌にあわない時に重宝したりもします。

普段何気なく食べている食事って素晴らしいんだなと気がつく人もいるのではないでしょうか。

そんな日本の誇る食文化をクールジャパンを通して伝えていこうと、日本食のテーマパークを展開しようと言う動きがあり第一号としてイギリスに2018年春にオープン予定なんです。

すしやラーメンなどの人気の高い日本食を提供し、併設する物販では和牛、醤油や味噌といった日本国産の食材を販売、また日本の食材を使用した料理教室や日本酒の利き酒体験などのイベントも開催。

日本の食文化を伝える大きな役目を期待されています。

日本が海外に誇るクールジャパン文化④おもてなし

null
2020年のオリンピック開催に向けてパワーワードとなったおもてなし

何気ない言葉ではありますが、これも日本古来の美しい風習の1つですよね。
お客様を心より迎い入れる姿勢は日本人の奥ゆかしさを表し、
日本に旅行に来た海外の方々を大きく感動させています。

普段の何気ない気遣いや心遣いが海外の方の胸には大きく響き、
日本での体験をより一層思い出深いものにしてくれます。

当たり前のことになってしまっているかもしれませんが、その当たり前のことが海外の方々にはおもてなしの精神として受け入れられ、親日家が増えるキッカケとなっています。

また日本に住んでいると気がつきにくいですが、日本の公衆トイレは他の国に比べてとても清潔で海外の方が「日本に来てびっくりしたこと」のうちの1つとして語っています。

誰が使うかわからないからこそ、常に準備をして不快な思いを未然に防ぐと言う姿勢も海外に誇れる立派な日本人の国民性ですよね。

2020年東京オリンピックに向けて進むクールジャパン戦略

2016年に行われたリオオリンピックでのフラッグオーバーセレモニーではとてもインパクトのあるものでしたよね。

最新のAR技術やCG、照明はまさに日本の技術を集結させ言葉通りのクールジャパンの演出に一役も二役もかっていました。

「今のリアルな東京であり、昔ながらの江戸前を説明する結果になっていると感じました。ですので私は、その軽妙洒脱なストリート感覚を持つ音楽家たちにいつも通りの仕事をしてもらった次第です」(メディアガイドより)

との記載の通り、まさに新旧の日本文化の融合

今までの海外からの日本のイメージである「忍者、芸者、舞妓」などの和のテイストをうまく消化しつつも、近代的なテクノロジーやテクノやジャズをはじめとするダンストラックを取り入れ、ワクワクさせるような演出がほどこされていました。

ラストには世界的に有名なキャラクター「マリオ」に扮した安倍首相も登場し、
大きな歓声を受けていました。

2020年のオリンピック招集に向けて、
クールジャパンを全面的に打ち出した今の日本を象徴するセレモニーでした。

クールジャパンは日本の魅力の宝庫!!

日本の魅力を余すことなく世界に伝えるためのクールジャパン

メディアで取り上げられることが多いマンガやアニメやコスプレなどを見てオタク文化をクールジャパンと言い換えて発信をしているわけではなく、和食やファッションなど古来からの伝統もしっかりと伝えるべく、政府が立ち上がって取り組んでいるものです。

2020年には東京オリンピックが開催されますので、より多くの観光客を取り込もうと日本の素晴らしさを今から積極的に伝えているんですね。

経済的にも明るい要素が多く、クールジャパンの今後に期待です!

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事