お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/11/14

顎クイする男性心理や顎クイに対する反対意見!壁ドンは時代遅れ?

Large pexels photo 297996  1
目次

マンガやドラマ、映画などの影響で流行った壁ドンは、はやくも時代遅れとまで言われています。今、いちばん女性の心をキュンとさせる男性の仕草の筆頭が顎クイ。

男性が女性の顎を軽く持ち上げてキスをする、顎クイからのキスや、顎クイと壁ドンのコラボなど、キスを予感させる顎クイは多くの女性の胸をキュンキュンさせています。

今回は、顎クイからキスをする男性の心理や、顎クイする男性についての女性心理、顎クイに対する反対意見などについてまとめました。ほかにも話題になっている胸キュン仕草にをいくつかご紹介していきます。

顎クイとは?

顎クイとは、女性が男性にキュンとしてしまう萌え仕草のひとつです。男性が女性の顎に手や指を添えて、強制的に自分の方へ顔を向けさせるため、半ば強引にも思える行為です。

男らしくて素敵、と喜ぶ女性がいる一方で、見下されているみたいで嫌だという女性や反対意見もあります。

マンガや映画に登場するイケメンがこれをすると胸キュン女子が続出しますが、もし現実に男性が付き合っていない女性に対してやるとしたら、かなりの勇気が必要です。

この場合、相手も好意を持っていればキスに持ち込める流れになりますが、そうでなければ相当引かれてしまいます。最悪、勘違い男のレッテルを貼られ嫌われてしまうかもしれません。

顎クイからのキスをきっかけに恋愛関係になったという恋人もいるので、カップル限定の行為ではありませんが、お互いに好意を持っていると確信できるまではやらない方が無難です。

思い余って片想いの女性に顎クイする前に、彼女の気持ちを確かめておきましょう。また、顎クイのポイントになるのがお互いの身長差です。

2人の身長差によっては、顎クイをすると唇の角度が合わなくなり、逆にキスしづらくなってしまいます。顎クイをするのにちょうど良い身長差は、キスの理想の身長差とほぼ同じ、10cm~15cm程度です。

<下に続く>

顎クイをする男性心理

カップル

心理① キスをしたい

男性が顎クイをするときは、今すぐキスをしたいサインです。したいのに、彼女が自分の方を向いていないとき、顎に手をかけて彼女の顔をキスしやすい角度に持って行きます。

この場合、彼女がしたがっているかどうかはお構いなし。とにかく、今すぐにでもキスしたい気持ちが彼の中では高まっているのです。

「これからキスするよ」と彼女に分かり安く伝わるので、キスしようとか、顔を上げてこっちを見てなんて、言葉はとてもじゃないけど恥ずかしくて言えない!という男性でも、無言でキスしたいアピールができます。

むしろ、言葉にしないからこそ効果的なのです。ムードを大切にしながら、自然にキスの流れに持って行きたいときにこそ有効な仕草といえます。

心理② 顔を見たい

顎クイをされたら、男性からの「もっとよく顔が見たい!」というサインでもあります。彼女の顔がよく見えないときや、うつむいたりよそ見をしていたりして自分の方を向いていないときにします。

今どんな表情なんだろう?とか、もっと見つめ合いたいという気持ちが顎クイという仕草に表れています。「こっちを見て!」という思いの表われなので、そのままの流れでキスをすることもありますが、そうならないことも。

向き合って見つめ合うのは恥ずかしい!という女性も、顎クイをされたら恥ずかしさをかなぐり捨てて、思い切り目と目で見つめ合いましょう。彼もそんな彼女の姿を喜んでくれるはずです。

心理③ 話を聞いて欲しい

自分が話しているのに、彼女がこちらを向いていない、そんなときに「こっちを向いてちゃんと話を聞いて」と顎クイすることもあります。ほかに気を取られていないで、真面目に話を聞いて欲しい、という無言のアピールです。

彼が真剣なまなざし顎クイをしてきたら、本気で何か伝えようとしている証拠です。真面目に話をきいてあげましょう。

心理④ 仲直りをしたい

ケンカの最中、さわぐ彼女を黙らせる手段として使うこともあります。はじめは黙って聞いていたけれど、だんだん彼女がエスカレートして口論になり、収まりがつかなくなってしまった経験のある男性、多いのではないでしょうか。

女性は口ゲンカになるとヒートアップして、ヒステリックになってしまいます。すると言葉では抗えず「もういい加減黙って」と、言葉にできない思いを行動で示し、強引に顎クイからのキスで口を塞ぎ、黙らせようとします。

女性も、はじめはそれほど怒っていなかったのに、彼氏が反論してくるから思いも寄らす大喧嘩になってしまって、そろそろ仲直りしたいのにきっかけを失ってしまうこと、ありませんか。

こんなときに真顔で彼に顎クイからのキスをされてしまっては、黙らざるを得なくなってしまいますよね。

心理⑤ 好きな気持ちを伝えたい

話を聞いて欲しいと似ていますが、自分の思いを伝えたいとき、どうすれば上手く伝わるかわからなくて、顎クイという手段に出ることもあります。

まだ付き合う前でも、口べたな男性が気持ちを伝える手段としても有効です。ただし、お互い両思いの場合に限りますが。

まだ付き合っていないけど、良い雰囲気になってきたからそろそろ告白したい、という気持ちがそのまま顎クイからのキスに繋がることもあります。

男性の心理として、基本的に好意のない女性に対して顎クイはしません。もし付き合っていない男性からされたら、好きのサインだと考えて間違いないでしょう。

なぜ顎クイが好きなのか?顎クイが好きな女性の心理

カップル

心理① キスをされる予感

顎クイはまさにキスの前兆。彼氏にされると、これから起こるキスの予感に女性はドキドキしてしまいます。

付き合いが長くなるとキスもマンネリになってしまいますが、ふとしたときにドラマティックに顎クイをされると、いつものキスとは違う雰囲気にときめいてしまいます。

心理② 不意打ちに胸キュン

顎クイがキュンとしてしまうのは、その仕草が不意打ちでとても自然だからです。思ってもいなかったときに、いきなりされるからこそドキッとしてしまうもの。

もし、彼氏が顎クイをしようか迷っているのが態度や仕草に出てしまっていたらどうでしょう。「あ、彼は今顎クイしようか迷ってる!」と彼女に気付かれてしまいます。これではせっかくの胸キュンシーンも台無しになってしまいますよね。

また、不自然でぎこちない仕草も残念な顎クイになってしまいます。女性はスマートな不意打ちに弱いので、彼女に悟られないようにさり気なくやることが大切です。躊躇せずに素早く顎を引き寄せて、不意打ちを狙いましょう。

心理③ 彼の顔が間近でドキドキ

顎クイをされると、否応なしに彼の顔が間近になります。恥ずかしくて、至近距離で見つめ合うのがつらい、という照れ屋な女性はドキドキが止まりません。顎を固定されているので、顔を背けることもうつむくこともできず、視線が絡み合い、逃れられない感じが女性の心を虜にしてしまいます。

普段、彼との身長差があればなおさらです。並んで歩いていると、隣の彼の顔を間近に見ることはできませんが、顎クイをされると背の高い彼の顔がすぐそばに…。

見つめ合うと言葉が出なくなってしまう、むしろ2人の間に言葉なんて必要ない、そんなシチュエーションに胸キュン度が最高潮になってしまいます。

心理④ 強引な仕草が男らしい

ワイルド系や俺についてこいタイプの俺様系彼氏など、引っ張っていってくれるタイプの男性が、一般的には男らしいと言われているタイプですよね。

強引な顎クイは、男らしい男性に強引にリードしてもらうのが好きな女性にとっては堪らないのです。彼に主導権を握られている感じ、拒否権を与えられない感じが、女性をドキドキさせてしまいます。

心理⑤ ギャップにドキドキ

逆に、普段はちょっと頼りない彼や甘えん坊な彼、おとなしめの彼が顎クイをすると、そのギャップに女性はキュンとしてしまいます。

いつもと違うギャップは大きな萌えポイントなので、彼にもこんな大胆な一面があったんだ!という新たな発見が、ますます彼を好きになるきっかけになります。

彼女の方が年上、または普段から彼女が主導権を握っているような関係なら、なおさらギャップの衝撃は大きくなります。いつもはおとなしく従ってくれる彼が、真顔で顎クイをしてきたら…?想像するだけで、ギャップにドキドキしてしまいますよね。

<下に続く>

顎クイに対する反対意見

反対意見①高圧的な態度に感じる

他人から顎を触られると、見下されていると感じる女性もいます。「顎で使う」という言葉があるように、顎を触ることは相手を意のままに操ろうとする、または横柄な態度だとも受け取れるのです。

特に壁ドンからの顎クイは、追い詰められて逃げ場がなくなるように感じるという意見もあり嫌がる女性もいます。キュンキュンさせてやるぜ!と思ってやってみたら逆効果だった、なんてこともあるので注意しましょう。

反対意見②顎にコンプレックスがある

顎に触られたくないという女性もいます。ニキビやうぶ毛の未処理が気になるという場合もあります。

中には顎の長さを気にしているという女性もいるので、彼女の顎がちょっと長めかな?と思うなら、顎だけに手を触れるのではなく、頬にも軽く手を添えると良いでしょう。

反対意見③ベタ過ぎて引く

壁ドンに次いで顎クイ、もう少女マンガそのもの、ドラマや映画の見過ぎで嫌だという女性もいます。自分に酔っているナルシストな男性がやりそう、これをすれば女性は皆喜ぶと思っているなら大間違い!という意見もあります。

あまりにもメジャーになりすぎて、ベタ過ぎて引く、狙いすぎの顎クイは気持ち悪いという女性もいます。いかにも顎クイをしそうな、ナルシストっぽい男性がやると高確率で引かれてしまいます。

反対意見④恥ずかしい

無理矢理目をわせられると恥ずかしいという意見もあります。キスの前には心の準備が必要という女性もいますし、もし鼻毛が見えたら恥ずかしい、唇がパサパサで今キスはちょっと、などいろんな事情で急にされるのは嫌、ということもあります。

反対意見⑤どんな反応をして良いかわからない

目を開けたままで良いのか、目を瞑ればいいのかわからない、もし目を瞑っても、勘違いだったら恥ずかしくて居ても立ってもいられなくなる、という女性の意見も。

あまりにベタ過ぎて、真面目にやっているのか、ネタでやっているのかどうかもわかりません。ふざけてされただけなのに、ドキドキしてキスを期待して違っていたら、女性は顔では笑っていても相当落ち込んでいるでしょう。

反対意見⑥ わざとらしい

流行っているからやっているのかと思う女性もいます。これをやれば女は喜ぶという仕草の鉄板みたいで嫌という声も。流行を何でも取り入れてしまうと、流行っていれば何でも良いのかと思われてしまいかねません。

流行っていることは、何でもやってみないと気が済まないという男性は、ちょっと控えめにした方が良さそうです。

顎クイだけじゃない! その他のキュン行動

仲のいい男女

①「壁ドン」

胸キュン仕草の元祖と言っても良いのが壁ドンです。壁際に立っている女性に向かって、片手または両手を付いて「ドン」と音を立てる行為です。

女性は壁と彼の間に挟まれる格好になるので、逃げ場がなくなり追い詰められた状態になります。マンガやドラマなどの胸キュンシーンとして、爆発的に火が付きました。

SNSなどでも、壁ドンをテーマにした画像やイラストが数多くアップされ、一大ブームになったのはまだ記憶に新しいですよね。

手をつくときに、一緒に肘も壁に押しつけるようにつくと、肘ドンになります。肘ドンの方が女性との距離が近いので、胸キュン度はさらに上がります。

②「腕グイ」

女性の腕を引いて、引き留めるのが腕グイです。別れ際に腕グイからのキスや、一緒に歩いていて彼女がぶつかりそうになったときにグイッと腕を引く、ケンカして彼女が行ってしまいそうになったとき、思わず腕をつかんで引き寄せるなど、腕グイにもいろいろなシチュエーションがあります。

どんなシチュエーションでも、自然でわざとらしさがなく、萌え狙いの意図はなく咄嗟に掴んでしまった感があるので女性好みのボディータッチと言えます。壁ドンや顎クイは高圧的で嫌という女性も、ナチュラルな腕グイには思わずキュンとしてしまうのではないでしょうか。

②「頭ぽんぽん」

頭をなでられたり、ぽんぽんと優しくタッチされたりするのに弱いのが女性。

親が子供にしたり、飼い主がペットにしたりするように、強い者や立場が上の者が下の者に対して行う行為ですが、カップルの間では上下関係という意味はなく、優しい気持ちや相手に対して可愛い、愛しいという気持ちから来るものです。

嫌味のない仕草なので、されて嫌だという女性はあまりいないでしょう。でもわざとらしく何度もやるのは禁物。女性からあざといと思われてしまいます。

③「なろ抱き」

なろ抱きの由来は、90年代にブームとなった「あすなろ白書」というドラマのワンシーンにあります。男性が女性を後ろからそっと抱きしめる、というもので、これをされると女性は守られているという安心感を得られます。

好きな男性に背後からハグされるシチュエーションは、壁ドンや顎グイのような逃げ場のない切迫感がないので、「されると嬉しい」「癒やされる」という声も多く、万人受けしそうです。

⑤「袖クル」

男性が女性を背後から抱き寄せるようにして、女性の袖をまくるという袖クルは、映画ストロボエッジのワンシーンから来ています。

ぶかぶかのパーカーを着たヒロイン役の有村架純さんが手を洗う際に、蓮役の福士蒼汰さんが背後からハグするようにパーカーの袖をくるくると撒いてくれる、というもの。

蓮を演じた福士蒼汰さん曰く、袖クルは「壁ドン以上に難しい」とのことです。有村架純さんも、「身長差がないと無理かもね」との感想。

確かに、映画の場合は2人の身長差が大きいからこそ様になっているのであり、身長差があまりないカップルだと難易度が高そうです。

⑥「耳つぶ」

男性が、女性の耳元で甘いセリフをつぶやくことを耳つぶと言い、新たな胸キュン仕草として話題になっています。「つぶやく」ではぶつぶつと独り言みたいなので、「ささやく」と言ったほうが正しいかも知れませんね。

耳元で長い言葉をささやいても、女性は全部聞き取れない可能性があるので、一言で済ませるのがポイントです。すれ違いざまに耳元でそっと「好きだよ」や、ケンカしたあとの「ごめんね」など、一言で伝わるようなセリフに女性はキュンと来てしまいます。

④「肩ズン」

これまでは、言葉を見ただけでどんな仕草を表しているのか、なんとなく分かるような仕草ばかりでしたが、肩ズンと言われてもピント来ませんよね。肩ズンは、男性が女性の肩に頭を乗せる仕草を言います。

いつもは強気で気を張っている彼が、落ち込んだときに彼女の頭に肩をズンッと乗せて誰にも言えない弱音を吐く…そんなシチュエーションに萌える女性が続出しているんです。

他にも、疲れているときや2人きりになった瞬間、たまには彼女に甘えてみたい…なんていう気持ちが見え、彼は私に安心して弱みを見せてくれると胸キュンしてしまうのです。

とはいえ、いつも甘えてばかりの彼がやっても効果はありません。普段男らしくリードしてくれる強気な彼だからこそ、そのギャップに萌えてしまうのです。

<下に続く>

壁ドンは時代遅れ?顎クイする男性心理や顎クイに対する反対意見のまとめ

壁ドンに次ぐ男性の胸キュン仕草、顎クイについての男女の心理や反対意見についてのまとめでした。顎クイは強引な感じが胸キュンしてしまう、という意見がある一方であまり好まない女性も多いということがわかりましたね。

一時期流行った壁ドンを越える萌え仕草ですが、次から次へと新しい萌え仕草が誕生するので、次は何が流行るのか予想してみるのも楽しそうですね。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事