お金のコトをもっと身近に|みんかね

ファンドとは何か。意味から投資信託や投資ファンドの違いまでわかりやすく解説

Large pexels photo 159888 2 1
目次

投資の世界でたびたび目にするファンドですが、商品によって分かりやすいものとそうでないものがあります。今回は、そんなファンドについて詳しくご紹介していきます。

ファンドとは?


投資家から資金を運用目的で集めて、それを証券や不動産などの金融商品で運用することを業務にするシステムを指します。投資のプロのことです。

もともとの意味はファンド=基金

ファンドという言葉は、基金を集めることがもともとの意味ですが、現在では資産運用会社を指す言葉であったり、金融商品を指す言葉であったり広義で使われています。

資金を集めて運用する会社を「投資ファンド」と呼ぶ

投資ファンドでは、投資家から集めた資金を独自の投資目的に合ったものに投資し、その収益を投資家に分配するシステムになっています。投資目的によって、株式、公社債、未公開株式、不動産などの種類に分類するルールに乗っ取り運用されなければなりません。利益の還元方法としては分配金などがあります。

公募で資金を募って運用する投資信託(金融商品)も「ファンド」と呼ぶ

厳密には投資信託には独自の法があり、それに従ったものを投資信託と呼ぶのですが、ファンドと言う言葉が投資信託もカバーする広い意味をもつ言葉であるため混同して使われています。

投資信託(ファンド)について

投資信託が大皿、株式またはその他の有価証券をお菓子に例えます。投資信託へ投資するということは、菓子皿全体を所有できますが、中の菓子をどんなものにするか決定するのは投資信託会社の仕事です。リスクを分散するためにいろいろな種類の菓子を混ぜて菓子皿を構成します。

ファンドの仕組み

投資家は販売会社からファンドを購入しますが、販売会社は運用会社と受託会社との共同運営でファンドを構成するので、実際の運用や管理は販売会社の業務ではありません。運用会社がファンドマネジャーとなり運用方針を定めます。そしてその運用方針を受けた受託会社が事実上の投資および管理を担います。

信託銀行、運用会社とそれぞれ独立した機能になっているため、投資家から集められた資本は安全に運用されています。

ファンドの特徵

投資信託の特徴をまとめると、個人では難しい大きな規模の投資が可能であること、小額でも分散投資が可能であること、さらに専門家が運用する安心感が挙げられます。

ファンドはどこで買える?

証券会社が一般的ですが、銀行、保険会社、郵便局など多くの金融機関で投資信託を買えます。証券会社も支店窓口のある大手から、ネット証券会社までバラエティに富みニーズに合ったサービスが選べます。

最近では、下記の記事で紹介しているようにAIを活用して投資信託を運用できるサービスなども出てきているので、よろしければ合わせてご覧ください。
日本のロボアド比較!AI(人工知能)活用したおすすめロボアドバイザーで投資信託・資産運用の時代へ

<下に続く>

私募投資ファンドとは

私募投資ファンドのしくみ

多数ではなく50人以下の少数の投資家を相手の募集であること、プロ私募と言われる、定めに乗っ取った、適格機関の投資家に対して行うことです。

特徵

私募投資ファンドは投資家が限定されるので、思い通りのファンド設計ができます。また、公募投資ファンドに比べ、解約の頻度が低いこともあり、長期的で安定した運用がしやすいのが利点です。

私募投資ファンドはどこで買える?

一般には購入が難しいというのが結論です。大抵の場合、私募投資ファンドは1口の購入が高価で、小さいもので300万円以上で、1,000万円以上する場合も稀ではありません。つまり、裕福な人に向けて勧誘、販売される金融商品であるということです。

投資信託(ファンド)と投資ファンドの一番の違いについて

投資信託とファンドは、一般的に同じものとして認識されています。厳密には、投資信託は行政の監督下で投資信託委任業者によって管理、運営されるものです。ファンドとは、前に述べたように、顧客から集めた資金を投資顧問会社などのプロの投資家が運用する金融商品を指します。ファンドと呼ばれる金融商品は、多様化してしまっていて、必ずしもしかるべき行政の監督下にない場合があり、証券取引法などの金融商品取り扱い上の規制が適用されない場合があります。

<下に続く>

【番外編】ヘッジファンドについて


ヘッジファンドと聞くと、理想と現実がうらはらな金融商品というイメージを抱きます。株式、インデックスファンドのように明白な運用方針がありません。

ヘッジファンドは本来ならば、投資家は市場の動きからの影響が生み出すリスクをヘッジして安定した一定のリターンを投資家に提供することですが、実際のところリターンが比較的手数料の安いインデックスファンドと同じかそれ以下であり、手数料分損をする悪評が出ています。

ファンドとは何か定義から投資信託や投資ファンドの違いまでわかりやすく解説のまとめ

知っているようで知らないことの多いファンドですが、実際に購入する前に具体的にどのような商品なのか、投資信託なのかファンドなのかなど知っておいた方がよいことを再確認してみました。

ファンドのメリットが運用方針が明確であることであるはずが、ヘッジファンドなど運用方針がクリアでない金融商品も出回っているのでイメージが不明瞭に思えます。つまり金融商品はどれも同じではないからこそ、詳細をよく調べることをおすすめします。

<下に続く>

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
Add line
関連記事
おすすめ記事