お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/11/14

酒癖が悪い原因は?酒癖が悪い人の特徴や酒癖の治し方・改善法!

Large yutacar 28290
目次

酒癖の悪さによって引き起こされるトラブルは単なる迷惑行為にとどまりません。周りの人やその人の人生もめちゃくちゃになってしまう可能性だってあります。

この記事では酒癖の悪い人の特徴とその対処方法、酒癖の悪さを直すヒントをまとめました。

酒癖が悪い人の特徴

忘年会や新年会、歓送迎会などお酒を飲む機会は多いものです。できれば楽しくお酒を楽しみ、良い雰囲気で解散したいですよね。けれど一部の酒癖の悪い人のせいで雰囲気が台無しになることもあります。

まずは酒癖の悪い人がどのような言動をするのか見ていきましょう。

null

特徴① 大胆な行動をする

普段は真面目でどちらかというと気が小さい先輩。クライアントからの評判も良いのにお酒が入ったら驚きの行動をする人は酒癖の悪い人の可能性大です。

気が強くなり、周りの迷惑を顧みずに大声を出したり、他の人がいる前で罵ってみたりする人はいませんか?

お酒が入ったときのギャップが大きければ大きいほど、要注意です。
物腰が低く、言葉遣いが丁寧な人は普段からストレスを抱えている場合が多く、お酒の力でプレッシャーから解放されて気が大きく大胆な行動をするのです。

大声で歌い出したり乱暴・下品な言葉遣いをし始めたりしたら、そっと席を離れましょう。

特徴② 自慢話が多くなる

こちらも気が小さい人や普段真面目な人に多い特徴です。過去の武勇伝や「昔は○○だったのに今は~」「あなたが昇進したのは私のおかげ」などと言う人はいませんか?

自慢話を持ち出すことで注目を浴びたいという意識の現れです。大抵、中間管理職以上のパッとしない上司に多い傾向です。

普段無口な人が饒舌になると愚痴や攻撃的な言動が目立ちます。自慢話はだいたい同じ過去の栄光話を繰り返し繰り返し言っているだけなので、真面目に受け答えせずに、聞き流す位が得策です。

特徴③ 自虐的な絡みが多くなる

一緒に飲んでいて楽しい会話を弾ませようとしているのに、返ってくる言葉はネガティブなものばかり。そんな人は酒癖が悪い人です。

「あのときのAさんは思わず見惚れてしまいました」と言っても、「いや、あれはBくんが根回しをしていてくれたおかげで私なんか・・・」「この前もBくんに助けられて・・・」「本当に私なんて会社の役立たずだよ・・・」などとどんどんネガティブな方向に行ってしまう。

自虐的な方に話が行くものだから、内心面倒くさいと思っても、席を離れられないんですよね。最も厄介な絡み酒とも言えます。

特徴④ ボディタッチが増える

急に馴れ馴れしくなり、人の体に触れようとする人も酒癖の悪い人です。男性は女性に、女性は男性に、異性での接触が多くなります。見ていて気持ちの良いものではありませんよね。

「酔うとキス魔になっちゃう」などと自己申告しても相手が不快に思えば完全にセクハラです。立場を利用したものならパワハラを訴えられる可能性もあるでしょう。

悪質な場合は毅然と接し、場合によっては警察に相談すると言い切りましょう。

特徴⑤ 泥酔するまで飲もうとする

アルコールに弱いのに飲みたがる人は酒癖の悪い人です。アルコールを摂ると気分が高揚し気が強くなりがちです。
嫌なこともひとときですが忘れられ、気持ちが良くなってしまいます。

お酒には依存性があります。毎回のように酔いつぶれるまで飲もうとするのなら、医師の診察を強く薦めたほうがよいでしょう。

また自分が飲めないことに無自覚な人もいるます。飲めると思い込んでたくさん飲んでしまうので周りがアルコールをコントロール必要があります。

<下に続く>

酒癖が悪いことのデメリット

「飲みニケーション」という言葉があるくらい、日本ではお酒の席が人間関係の潤滑油になると考えられている節があります。言いにくい相談事を言えるようになったり、実は趣味が合うという発見があったり、お酒の席は楽しいことが多いでしょう。

しかし反面、行きすぎてしまうと酒癖の悪い人になり、これまでの人間関係を破綻させてしまう可能性もあります。

暴行を加えて警察沙汰になった、無理に飲んで病院に運ばれたとなれば「お酒の席だから」という言い訳は通用しません

またアルコール中毒や依存症も引き起こすなど、日常生活に支障をきたす怖れも考えられます。

また最近ではSNSで気軽に発信できる時代です。飲酒で乱れている様子を投稿されてしまうと名誉失墜にも繋がります。もちろんこの場合は投稿した本人が名誉毀損になりますが、それでも恥ずかしい記録は残ってしまいます。

羽目をはずしすぎると冷静な判断もできなくなりますから、酒癖の悪さは改めた方が良いです。

酒癖が悪い原因

null

人間には潜在的な本能や願望があります。それを普段の生活では理性でコントロールしています。クライアントの理不尽な要求でも怒りをあらわにせず、冷静に説得し訴えることができるのも理性のなせる業です。

ところがアルコールでが入ると理性のたがが外れ、思いもよらない感情が爆発することがあります。暴言や自己中心的な言動、セクハラなどです。

そのため普段の生活で見ている「穏やかで礼儀正しい人がまさか・・・」というケースは決して珍しくありません。

原因① コンプレックスが強い

劣等感が強い人は常に自分と誰かを比べています。過去の成功体験の少なさから、本心では「自分を認めてほしい」という願望があります。

いつも謙遜しているような気が小さいタイプの人は非常に強いコンプレックスを持っているかもしれません。

そのためお酒が入ると、特に自分より弱い立場の人をなじったり、説教をしがちになります。また、普段の生活で愚痴っぽくネガティブな言動が多い人も要注意です。

原因② 過度のストレスを抱えている

現代社会は非常に複雑なストレス社会です。上手にストレスを発散できない人は多いでしょう。特に礼儀正しく真面目で謙虚。そんな人はお酒が入ると極端に自虐的になる可能性があります。

人間関係を壊さないように普段から気を使い、我慢しているため、抑圧されていた感情がお酒の力で緩むのです。そのため攻撃的になったり、大胆な行動をとったりします。

お酒の力で嫌なことを忘れたい、そんな気持ちになり浴びるほど飲むこともあるでしょう。お酒以外のストレス発散方法をつくれば、気持ちに余裕が出て冷静になれることもあります。

原因③ 普段から幼稚な考えをする

普段から子どもっぽい幼稚な言動をする人は、お酒の席でますます自己中心的になりがちです。普段は理性が働いていますが、アルコールで自制心が薄れてしまうからです。

そのためグループのみならず、飲食店のスタッフに絡んだり、物を壊したりといった、ある意味幼稚なトラブルが多くなります。無茶な飲み方を強要するのもこのタイプといえます。

<下に続く>

酒癖が悪いのを治すには?

酒癖の悪さを自覚している人は、回りの人の協力を仰ぐことで解消できる場合がほとんどです。自分は酒癖が悪いことを開き直って公言するのは困りますが、「自分も困っている」ことを真摯に伝えれば回りも協力してくれるでしょう。

治す方法① 飲む前に隣の人に断る

お酒の席についたら、まずは隣のひとに断りを入れましょう。「つい飲みすぎてしまう」「絡んだらごめんなさい」など伝えておきます。

その一言で隣り合った人がお酒のペースを監督してくれる可能性があります。

それに人に伝えることで自制心が強く働き、無茶な飲み方をしないようにできます。

治す方法② お酒を飲む前にナッツ類をとる

お酒を飲む前に胃が空っぽだと、酔いやすく負担も大きいです。そのためお酒を飲む前に何か口にしておくことをオススメします。

特に口にしたいのがマカダミアナッツやくるみなど、脂肪分の多いナッツ類です。脂肪分の高い食べ物はアルコールの分解を穏やかにしてくれます。

また高濃度カテキンをうたっている緑茶飲料も効果的です。アルコールという栄養素の吸収を阻害する働きがあります。

治す方法③ 専門医に相談する

酒癖を直したいのなら専門医に相談することが近道です。心療内科や神経科でも受け付けてくれるでしょう。最近ではアルコール外来も増えています。

ネットで気軽にアルコール依存症のチェックもできます。外来では家族に付き添ってもらうこともできますので、無理のない禁酒の方法など相談しましょう。

対処法④ 断酒会などのコミュニティに入る

酒癖の悪さを反省して、断酒をしようとするものの、一人では続かない、意思力が弱くすぐに投げ出してしまいそう。そんなときはモチベーション維持のため、禁酒・断酒のコミュニティに入るのも手です。

SNSを利用すれば同じように考えている人とも繋がれますし、自分から断酒の記録を発信しても良いでしょう。応援してくれる人も現れるでしょうし、誰かに見られているという状況は、やりとげる理由にもなります。

SNSが苦手だという人は同僚や友人を巻き込んで断酒会を結成するのもいいでしょう。健康意識も高まり、三日坊主も防げます。

酒癖が悪い人への対処法

酒癖が悪い人とは付き合いたくない、関わり合いになりたくないと思うのは当然です。

なにかのトラブルに巻き込まれたら自分だけでなく家族にまで迷惑がかかりそうです。しかし会社に勤めていると関わらなければならないこともあります。
そういうとき被害・トラブルを最小限に抑えるにはどんな方法があるでしょうか。

対処法① そもそも一緒に酒の席に着かない

酒癖の悪い人と一緒に飲みに行かないことが一番の対処法です。そのため断るための文句を作っておきます。

おすすめは英会話教室に通っている、講座を受けているなど、自己啓発系の理由です。家庭の都合を理由にすると長く使えませんし、横暴な人だと無理やり連れていかれる可能性があるからです。

自己啓発系ならお金や時間を掛けている意思が相手にも伝わりますし、第三者の存在(教室や講師)があることで、ムリに誘うことがしにくくなります。

また自分の熱心さが伝わり、評価も高まるかもしれません。

対処法② 先に飲む時間を区切っておく

忘年会や前から決まっていた飲み会では断るのが難しいでしょう。
そういう場合はあらかじめ時間を決めておきます。

幹事をする立場であるなら、飲み放題や食べ放題にすると自ずと時間に区切りが生じます。幹事でなくても一次会だけ、最初の1時間だけ、と最初に断りをいれておくとスムーズです。

対処法③ 食事を勧める

酒癖が悪人が近くにいるなら、進んで食事を勧めると良いでしょう。空腹状態よりも胃のなかにものがある方がアルコールの吸収は穏やかになります。

酒癖の悪さで後から嫌な思いをするよりも、積極的にお世話をして難を逃れる戦法です。

とはいえ一人で食事の取り分けたり、水を積極的に取るように促したり、面倒くさい事も多いですよね。他の人と同盟を組み、代わる代わる世話を焼くのも一つです。

上司であったなら上機嫌になり、目を掛けてくれることも増えるかもしれません。

対処法④ 悪質なら動画を撮り本人に見せる

暴れだし手がつけられない、お店のものを破損させる、過剰なボディタッチなどあまりにもひどい場合は反省を促すために動画を撮っておきましょう。

個人的な脅しと思われないために、その場にいた人に協力を仰ぐのも大切です。

本人に見せて態度を改めればよし、反省の色が見られない、同じことを繰り返すのであれば警察に相談することも視野にいれましょう。

<下に続く>

酒癖が悪いことで有名な芸能人

芸能界でもお酒の席で威圧的になったり暴行を加えてしまうニュースがあります。

北川景子さんや向井理さんなどもお酒の席でのトラブルがスクープされました。きらびやかな芸能界で、酒癖の悪い芸能人は何も大御所と呼ばれる人とは限らないようです。

2017年6月には小出恵介さんが未成年女性との淫行問題が報じられました。実直でさわやかなイケメンのイメージでしたが、このお酒の席での失敗をきっかけに10月末現在も謹慎中。違約金は総額で5億円とも言われています。

影響が大きい芸能人ほどスポンサー企業等へも迷惑がかかります。たかがお酒、されどお酒です。人を不幸にする力があることも自覚しておきましょう。

酒癖が悪い人は認知症になりやすい?

酒癖が悪い人はストレスを抱えている場合が多いと言われています。ストレスが高いと交感神経が常に過剰に働いてしまいます。この状況が長く続くと将来的に認知症になりやすいという報告があります。

交感神経は不安や恐怖、怒りといった感情の元で、アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールといったホルモンを分泌します。このコルチゾールは脳の海馬という機関を萎縮される効果があると言われているのです。

海馬は記憶を司っている機関ですので萎縮すると、アルツハイマー型認知症になる可能性が高まります。

つまり酒癖が悪い人は認知症になりやすいと言えます。

酒癖の悪さは改善できる。周りと協力して適切な対処を

null

酒癖の悪い人は乱暴になったり自慢話ばかりし出したり、非常に面倒くさい存在です。できれば関わり合いになりたくないでしょう。

酒癖の悪さを自覚している人も、酒癖の悪さが原因で人間関係が崩壊したり、健康的な人生を送れなくなる可能性を十分理解しなくてはなりません。

周りの人と協力して酒癖の悪さをコントロールし、楽しい飲み会にしましょう。

やけ酒をしたいと思う心理や理由、効果!ヤケ酒以外のストレス解消法何も考えたくない時にするやけ酒 心がどうしようもなく、何をしたら良いのかと悩んでしまったときに...

絡み酒の意味とは?絡み酒をする人の心理・原因・対処法について絡み酒の意味とは? お酒を飲むと酔うので、普段は言えない本音が出たり、素の自分を出してしまっ...

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事