お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/11/14

好き避けしすぎて後悔!好き避けで後悔してしまった人がやるべきこと

Large woman portrait girl color 90754
目次

好きな人から話しかけられた時に、目を合わせられなかったり、周りの人とは違う対応をとっていませんか?それらは、もしかすると、「好き避け」であるかもしれません。

本当は、その人に近づいて親しくなりたいと思っているのに、好きな人を目の前にしてしまうと、ついその人のことを避けてしまったり、上手に対応できなかったりして、後になってから、「あの人に悪いことをしたな…」と、自分を責めてしまい、自己嫌悪に陥ってしまいますよね。

そこで今回は、好き避けしすぎて後悔!好き避けで後悔してしまった人がやるべきことについて解説していきます。

好き避けとは?

好き避けとは、好きな人に対して、避けてしまったり、冷たい態度をとってしまったりといった、相手に嫌われてしまうような行動をとることを意味します。

「好きな人ほどいじめたくなる」といった、小学生の子がとる行動とよく似ていますが、大人になれば、自分の気持ちを相手へ素直に伝えるべきであり、こういう行動をしてしまうと、相手からは悪い印象を持たれやすく、好き避けを後悔した時には、既に男性から嫌われてしまい、手遅れとなってしまう可能性もあります。

<下に続く>

好き避けしてしまう女性の心理

病み

心理① 何を話せば良いのか分からないから

好き避けしてしまう女性は、好きな男性を目の前にすると、頭が真っ白になってしまい、何を話せば良いのか分からなくなるかもしれないという不安を持っているため、その不安が好きな男性に伝わらないように、自分から話しかけることができないのです。

こういった女性は、男性との恋愛経験が少ない、または男性が苦手であるといった女性に多く、男性のことを好きになってしまうと、その人しか見えなくなってしまい、気持ちに余裕がなくなってしまうのです。

そのため、好きな男性の前では、自分の気持ちが伝わらないように精一杯対応しようとするので、「顔が赤くならないだろうか」、「目を見て話せるだろうか」といった外見ばかりが気になってしまい、話す内容にまで頭が回らないことが多いのです。その結果、話す内容がしどろもどろになったり、挙動不審になってしまったりと、他の男性と同じような対応ができなくなってしまうのです。

心理② 避けてばかりで申し訳ないから

好き避けしてしまう女性は、いつかは自分から話しかけようと、チャンスを伺ってはいるものの、今までの自分の行動を振り返ってみると、「男性に悪いことばかりしている」という自己嫌悪に陥り、男性から嫌われているかもしれないという不安や、男性への申し訳なさから、チャンスを後回しにしてしまっているのです。

今まで、話しかけてこなかった女性が、いきなり話しかけてくるようなことがあれば、男性も意識してしまう可能性もありますし、もしかすると、好きな気持ちが男性に伝わってしまうかもしれないので、それらを恐れてしまうことで、行動に移すことができないのです。

心理③ 周りの目が気になってしまうから

好き避けしてしまう女性は、周りの目が気になってしまい、好きな男性と話している自分を、周りの人から見られることが苦手です。好きな男性を目の前にすると、男性との会話で精一杯になってしまい、自分を客観的に見ることができなくなるため、周りの人からどう見えているのかが分からないのです。

こういった女性は、常に冷静沈着で、プライドが高く、自分の弱みを周りの人に知られることを嫌うため、男性の前では恥ずかしそうにオドオドしていたり、親しげに会話をしていることによって、周りの人に、いつもとは違う自分を見せたくないと思っていることから、好きな男性のことを避けてしまうのです。

心理④ 自分のプライドが邪魔をしているから

好き避けしてしまう女性は、自分のプライドが高く、男性を追いかけるよりも、追いかけられたいと思っている人が多いので、そんなプライドの高さが邪魔をして、自分の気持ちを男性に伝えることができないのです。

こういった女性は、女性が男性にアプローチするのはみっともないと思っていたり、自分が1番でありたいと思っているため、自分から気持ちを伝えた方が、下に出なければいけない、相手の言うことを聞かなければならないという考えから、自分の地位を男性よりも下になってしまうことを恐れているのです。

ですので、自分の気持ちが伝わることによって、男性から優しく扱われたり、下に見られることが避けるために、好き避けの行動をとってしまうのです。

心理⑤ 好き避けすることで、男性に意識してもらいたいから

好き避けしてしまう女性は、自分から男性に対して好きな気持ちを伝えることができないため、周りの男性とは違う態度で接することによって、自分に意識を向けようと思っているのです。

好き避けされた男性すれば、「いつも避けられているから、変なことでもしちゃったかな」、「なぜ、他の男性と対応が違うのだろう」と、違和感を感じるのです。それにより、女性に対して気を使っていくうちに意識するようになってしまうのです。

好き避け女性が後悔しがちな行動

null

行動① 目をそらす

好き避けしてしまう女性は、恥ずかしがり屋の人が多いので、男性の目を見て話そうとしても、緊張や恥ずかしさから逃れるためであったり、視線が自分に向けられることにより、圧迫感があり、「自分の気持ちを、男性に読み取られてしまうのではないか」という恐怖心により、男性から目をそらしてしまうのです。

ですが、目を見て話すというのは、大人としての礼儀ですし、男性からしても、「なぜ、目を見て話してくれないんだろう」、「何かやましいことでもあるのかな」と、不審に思われてしまうかもしれません。

ですので、目を見ることができないのであれば、男性の鼻を見ることで、男性からすれば、「目を見て話してくれている」と、錯覚させることができ、鼻であれば恥ずかしさや圧迫感も軽減されるので、普通に話すことができるかもしれません。

行動② 他の男性と親しくする

好き避けしてしまう女性は、好きな男性にヤキモチを焼いてほしいと思い、わざと好きではない男性と親しく会話してしまうことがあります。

異性同士が親しくすることによって、「あの2人は何かあるのではないか」と疑念を持たれることも多いですし、注目を集めます。ですので、好きな男性にも、そういった自分の姿を見てもらうことによって、嫉妬心を持ってほしいという、1種の男性へのアピールへとなっているのです。

ですが、その男性が自分に自信を持てないような性格であれば、他の男性と親しくしている姿を見ることによって、それをきっかけに女性のことを好きであっても、諦めてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

行動③ 他の男性と態度が違う

好き避けしてしまう女性は、男性に無関心であるか嫌いな場合では、緊張しないで話すことができるので、普通に対応することができるのですが、好きな男性に対しては、男性を避けようとしたり、そっけない態度をとってしまうため、他の男性と態度が違うことが多いのです。

好きな男性だと、緊張して目を合わせられなかったり、自分の気持ちが男性にバレたくないと思うがあまり、そっけない態度になってしまいがちです。ですので、男性からすれば、「なぜ、自分にだけそっけない態度なのだろう」と、女性を意識してしまうのです。

ですが、この態度が限度を超えてしまうと、男性から嫌われてしまう原因になってしまうので、露骨に態度に出すことを控えましょう。

行動④ メールやLINEを無視してしまう

好き避けしてしまう女性は、好きな男性からメールやLINEが来るのは嬉しいと思うのに、色々なことを考えているうちに、メールやLINEを無視してしまうということがあります。

どういう内容で返せば良いのか分からなくなったり、すぐに返信してしまったり、絵文字を使いすぎて、男性とのメールやLINEに時間を取りすぎて、男性に好意がバレることを恐れているからです。

<下に続く>

好き避け女性が後悔しがちな言動

null

言動① 「好きな男性はいない」と言ってしまう

好き避けしてしまう女性は、好きな男性を匂わせることで、好きな男性に気持ちを悟られることを恐れるがあまり、強がってしまい、わざと周囲に「好きな男性はいない」と公言してしまう人が多いです。

また、「好きなタイプの男性はどういう人なのか」と聞かれても、わざと好きな男性に当てはまらないようなタイプの人を探して、「こういった男性がタイプである」とも公言してしまうのです。

言動② 男性が傷つくようなことを言う

好き避けしてしまう女性は、男性の気を引こうとして、男性のことが好きであるにも関わらず、男性が傷つくようないじわるな言動をしてしまいます。普通に会話すれば良いものを、男性を突き放してしまうことによって、2人の間に壁を作ってしまうのです。

相手の立場に立って考えてみれば、女性が自分に好意を持っていることを知らない限り、傷つくようなことを言われれば、それを素直に受け取ってしまい、ショックを受けて落ち込んでしまいますし、行動が幼い印象を受けるため、悪い印象を持たれてしまうため、注意が必要です。

言動③ 好きな人の悪口を言いふらす

好き避けしてしまう女性は、好きだからこそ、周りの人に好きな人の悪口を言いふらしてしまう人が多いです。友人との会話で、好きな男性の話題になると、「あの人のどこがかっこいいのか?」、「なんかムカつくよね」というように、わざと好きな男性を陥れようとする発言をしてしまうのです。

それは、周りの人に、男性を好きであることを悟られないためであり、好きな男性の評価を落とすことで、恋のライバルを増やさないようにしており、「あの人のことは好きにならないほうが良い」ということを遠まわしに伝えているのです。

言動④ 他の女性を男性に勧めてしまう

好き避けしてしまう女性は、男性に好意が伝わらないように、冷静でいるように装ったり、好きな男性には興味がないということをアピールするために、自分ではなく、他の女性を男性に勧めてしまうことがあります。

こういった女性は、他の女性を勧めることによって、男性がどういった反応をするのか見てみたいという気持ちも持っているのです。自分のことが好きであれば、悲しむような反応をするかもしれませんし、自分に興味がなければ、特に変わった反応を示すことはないからです。

好き避けで後悔する前にやるべきこと

null

やるべきこと① 男性の気持ちを考える

好き避けをしてしまう女性は、「自分の好意が男性にバレたくないから」、「何を話していいのか分からないから」といった、自分中心の考えだけで、その男性に対して、そっけない態度をとったり、男性が傷つくようなことを言ってしまうことが多いです。

ですが、いくら男性のことが好きだからとっている行動であるとはいえ、男性からすれば、「そっけない態度をとられた」、「傷つくようなことを言われた」ということには変わりありませんから、男性が傷ついて落ち込んでしまったり、最悪の場合、嫌われてしまう恐れもあります。

ですので、「こういった行動をすれば、された人はどう思うだろうか」と、相手の立場に立って考えてみるようにしましょう。そうすれば、そういった行動をとることは、2人の距離を縮めるどころか、逆に距離を離れさせている原因になっていると、気が付くことができるかもしれません。

やるべきこと② 男性とどういった関係になりたいのかを考える

好き避けをしてしまう女性でも、好き避けをしない女性と同じように、最終的には好きな男性と付き合うことを望んでいるものです。ですが、付き合うまでにどういった行動をとれば良いのかが分かっていないため、自分の気持ちとは真逆の行動をとったり、自分の気持ちを優先した行動をしてしまうのです。

好きな男性と話すのが緊張するから話しかけられないままでは、その男性を遠くから見ているだけで、距離を縮めることができませんし、笑顔もなく、そっけない態度ばかりを取り続けていれば、男性からも愛想を尽かされてしまいます。

付き合うために、まず必要なことは、男性から良い印象を持ってもらうことと、この女性と一緒にいて、楽しいと思わせることができるかにかかっています。そのためには、いつも無表情な女性よりも笑顔でいてくれる女性を望みますし、笑顔が多ければ、可愛いと思ってもらえることが多いため、男性に良い印象を与えることができます。

付き合うためにどうすれば良いのかが分かれば、相手に嫌われるような行動を慎むように心掛けることができますし、自分をアピールするために、男性と積極的にコミュニケーションを取ろうとしますし、その男性を理解しようとする気持ちが強くなるのです。

やるべきこと③ 自分の気持ちに素直になる

好き避けをしてしまう女性は、自己主張が苦手で、自分の気持ちに素直になれないことから、自分の気持ちとは反対のことを言ってしまったり、嫌われるような行動に出てしまうため、結局、後になってからその言動や行動に対して、罪悪感しか残らなくなってしまうのです。

ですので、普段から、嬉しいと思ったことは嬉しいと言って喜びを分かち合ったり、辛いのであれば辛いと言って、周りの人から助けを求めるなど、自分の気持ちを素直に表現することを心掛けましょう。これらを癖付けることによって、好きな男性を目の前にしても、男性に対して傷つくようなことを言ったり、嫌われるような行動をしなくなるかもしれません。

また、何事にも素直な人は、自分の気持ちを伝えることもそうですが、相手の気持ちを素直に受け取ることもできるので、お互いに主張がぶつかり合って2人の間に亀裂が生じることが少なく、人間関係を築いていく上で必要なコミュニケーション能力となり、男性へのアピールポイントになるのです。

やるべきこと④ 自分の行動を少しずつ改善する

好き避けをしてしまう女性が、いきなり、好きな男性に対して積極的になれと言われても、無理があるものです。今まで形成されてきた考え方や性格が、好き避けをしてしまっている原因なので、簡単に自分を変えることはできません。

ですが、変えようと思わなければ、いつまでも自分を変えることはできません。ですので、全てを変えようとはせず、できることから少しずつ改善すれば良いのです。

例えば、自分から話しかけれられないのであれば、1日1回は好きな男性と言葉を交わしてみたり、自分からメールを送ってみるなどの目標を立てたり、何を話して良いのか分からなければ、事前に何の話題を話そうかを考えてみるなど、具体的な目標を把握し、今までの行動を改善できるように心掛けましょう。

やるべきこと⑤ 嫌われることを考えるよりも、まずは行動を起こす

好き避けをしてしまう女性は、自分の容姿や性格に自信を持つことができないため、「こんな自分が近寄ってしまえば、男性から嫌われてしまうのではないか」と思い、積極的に行動できない人が多いです。

ですが、男性に相当な無礼を働かない限り、男性から一方的に嫌われることはありませんし、男女の関係で1番大切なことは、2人の相性です。ですので、もしかすれば、男性の方も女性のことが好きである可能性があるのに、自分に自信がないからといって、行動に起こさないままでは、お互いの距離が縮まらないため、非常にもったいない行動であると考えられます。

<下に続く>

好き避けで後悔したらやるべきこと

null

やるべきこと① 笑顔で対応する

好きな男性を避けてしまうと、男性からすれば、「何か悪いことでもしたかな」と心配させてしまう原因になってしまいます。そのため、自分から話しかけに行けないのに、男性の方から話しかけられなくなったりして、さらに、男性との仲を深めることができなくなってしまいます。

ですので、もしも、男性から話しかけられることがあれば、笑顔で対応するようにしましょう。ここで、怒ったような顔をしてしまえば、「やはり、女性に何か悪いことをしてしまったんだ」と勘違いされても仕方ありません。

好き避けしてしまっても、笑顔で対応すれば、男性も、「嫌われてなかったんだ」、「自分の思い違いだったかもしれない」と、変な気遣いをすることなく、女性と対応することができます。

やるべきこと② 男性を褒めてみる

男性は、女性から褒められて嫌な気持ちになる人は少ないはずです。もしも、好き避けをしてしまったのであれば、「○○君って気が利くよね」、「○○君って面白いね」などと、男性を褒めてみることで、好き避けによるダメージを回復することができるのです。

もしも、相手が嫌いな人であれば、どんなに良い部分があっても、直接褒めようとはしないものです。ですので、男性にも褒めることによって、嫌ってはいないということをアピールすることができますし、男性から意識されることもあるかもしれません。

やるべきこと③ 男性に素直に謝る

自分は相手のことが好きだから避けてしまったといっても、男性からすれば、女性が自分のことを好きなことには気が付いていないのですから、好き避けされたことによって、傷ついていたり、怒っているかもしれません。

そういった時には、「そっけない態度をとってごめん」、「傷つくようなことを言ってごめん」と、素直に謝ることで、男性の傷を癒しましょう。直接言いずらいのであれば、電話やメールといった方法でフォローを入れてあげましょう。男性も、女性から素直に謝れれば、きっと許してくれますし、これ以上の2人の関係の悪化を防ぐことができます。

やるべきこと④ 男性と2人きりになる

好き避けか嫌い避けかを大きく見分けるポイントとしては、好きな男性と2人きりになろうとするかというところです。嫌いな男性であれば、そもそも2人きりになりたいと思わないですし、2人きりにならないように、その人からなるべく距離を取ろうとします。

ですが、女性の方から、積極的に近くにきて2人きりになろうとする場合は、好き避けである確率が高いので、「実は、嫌いだからじゃなくて、好きだから避けていたのかな」と、男性にも、好意をにおわせることができるかもしれません。

やるべきこと⑤ 男性に色々な話題を振ってみる

女性は、男性のことが嫌いであれば、話題を振ることによって、会話を長引かせたくありませんし、その男性のことを、深く知ろうとはしないものですので、会話が途切れがちになります。

ですが、男性のことが好きであれば、緊張でぎこちない話し方になるかもしれませんが、その男性のことをもっと深く知りたいと思うものですので、心の中では、自分から話題を振って、男性のことを色々と聞き出したいと考えているのです。

ですので、男性に対して、積極的に話題を振ることによって、男性も、「この女性は、自分に興味を持ってくれているのかな」と、少なくとも女性から嫌われてはいないという確信を持つことができますし、自分のことを理解しようとしてくれているということで、嬉しい気持ちになるものですので、こういった何気ない会話が、好き避けへのフォローになるかもしれません。

好き避けしすぎて後悔!好き避けで後悔してしまった人がやるべきことのまとめ

プライド⑦

以上で、好き避けしすぎて後悔!好き避けで後悔してしまった人がやるべきことについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

好き避けする女性は、恥ずかしがり屋なツンデレの女性が多いことが分かりました。心の中では男性に気持ちを伝えたいと思っているのに、素直になることができず、あまのじゃくな行動をとってしまうのです。ですが、度が過ぎると、男性との距離を縮めるどころか、愛想を尽かされてしまう可能性もあるので、もっと、自分の気持ちに素直になることを心掛けましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事