お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/11/15

チバニアン(千葉時代)とは?日本初の地質年名に選出!行き方や場所は?

Large night portrait canon flash 74472  1
目次

チバニアンとは?場所は?

先日、日本にとっても大きなニュースが飛び込んできましたね。

地球の歴史の中に「千葉時代」という時代ができるかもしれない、というのは、驚きを通り越して衝撃と言っても良いでしょう。

今回は、その千葉時代、チバニアンについて解説します。

チバニアンとは何なのか?どこにあるのか?などもご紹介しますので、来年の正式発表に備えて、知識を蓄えておきましょうね。

<下に続く>

チバニアン選出はどのくらいすごいこと?

ニュースで「チバニアン」という言葉が出てきたとき、「え?」と思った方も多いでしょう。

何となく身近に感じるこのチバニアンという名前と、地球の歴史という壮大なテーマがなかなか結び付かない、という人もまた、多いですよね。

例えば「ジュラ紀」「白亜紀」という名前は、私たちが学生のころから学んできた中で当たり前に出てきましたよね。

その中に、千葉時代すなわちチバニアンが入るんですよ!
千葉県が、地球の歴史の仲間入りをするんです!

これまで日本が地球の歴史に、これほど積極的に絡んだことはないでしょう。

チバニアンが正式に認められれば、その後は世界中の人がチバニアンについて学び、認識することになるんですね。

チバニアンはイタリアの候補地を破って選ばれた

null

チバニアンと並んで候補地となっていたのは、イタリアのイオニアンでした。
ちなみに、イオニアンは、イオニア海という海にちなんでつけられた名前だそうです。

イオニアンは、イタリア南部の2か所の地層を申請していたようです。

チバニアンは千葉セクションと呼ばれる千葉県市原市の地層を申請し、協議で73%の票を獲得して、見事イタリアを破り、内定を掴んだんですね。大勝ちですね!

これは、国際基準地として、イオニアンよりチバニアンが相応しいということが証明されたということです。

<下に続く>

そもそも地質年代とは?チバニアンはどこに含まれる?

「チバニアン内定がすばらしいことだということはわかるけど、そもそもそれって何?」という人が大半ではないでしょうか。

地層の話しということもあって、あまり馴染みがありませんよね。

地質年代とは?

null

地球が生まれて、現在まで46億年が経ちました。

これまでの時代の移り変わりを表す、地層の変化や発掘された化石などから「ジュラ紀」「白亜紀」など命名してきました。

その時代を象徴する地層の場所や特徴などから命名されることが多く、ジュラ紀は爬虫類やアンモナイトが栄えていた時代で、その時代の地層が特に発達しているジュラ山脈を模式地としたため、「ジュラ紀」という名前になりました。

模式地は地層のお手本

この「模式地」というのは、「その時代の地層のお手本」と考えるとわかりやすいでしょう。「これぞ○○時代の地層!」と認められたところの名前がつくんですね。

ちなみに、白亜紀は恐竜などが栄えた時代で、その時代の地層が特に発達していたのがドーバー海峡のチョークという白亜を含めた地層がお手本となった為に「白亜紀」と名付けられたんですね。

つまり、チバニアンという名前が本当につけば、ある時代の地層のお手本が日本の千葉県市原市田淵の養老川沿いにある「千葉セクション」である、ということが認められるんです!

チバニアンが含まれるのはどこ?

チバニアンが正式決定すると、現代から77万年前~12万6千年前が、チバニアンと命名されることになります。

地球誕生から、先カンブリア時代・古生代・三畳紀・ジュラ紀・白亜紀・古第三紀・新第三期、の次に第四紀という現代を含む大きな時代があります。

その第四期は、更新世・現代と2分割されていて、その更新世が更に4分割されています。

その更新世が、ジェラシアン・カラブリアン・チバニアン・後期、となるんですね。

地球の誕生から現代までの時代に、チバニアンが入るというのは、改めてすごいことだということがわかりますね。

【コラム】チバニアン(千葉時代)誕生が千葉に与える経済効果は?

null

チバニアンの正式決定は、早ければ来年2018年の初め頃と言われています。

実際にチバニアンが誕生したら、千葉県にはいったいどれほどの経済効果が発生するのでしょうか?

現時点では、詳細な予想は出ていませんが、当然増えるのは「観光客」ですよね。

チバニアンを一目見たい、という人が千葉に集まれば、商店やホテル、交通や飲食店など様々なところで、今以上の経済効果が期待できるでしょう。

また、地質年代ということもあって、学校の見学や野外教室なども増えてくるでしょうね。

いずれにしても、人が集まるということは、どの土地でも望んでいることですので、77万年前のご先祖様からの贈り物なのかもしれませんね。

<下に続く>

チバニアン(千葉時代)とは?日本初の地質年名に選出!行き方や場所は?のまとめ

チバニアンという名前が教科書に載ったり、世界中の研究者に認知されるようになるなんて、夢のようなことですよね。

2020年には東京オリンピックも行われますので、ますますたくさんの人が集まってくれるのではないでしょうか。

2018年、チバニアン正式決定のニュースを待ちましょう!

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事