お金のコトをもっと身近に|みんかね

日経平均株価と225銘柄の企業とは?わかりやすく解説!

Large pexels photo 159888
目次

日経平均株価とは?わかりやすく解説

毎日ニュースなどに出てくる日経平均とは? ひとことで言えば、日経平均株価は企業の株価の平均ですが、算出方法など分からないことも色々あるのではないでしょうか。

そこで日経平均株価とはどういったものか、この手の知識がない方にもわかりやすく解説します!

<下に続く>

日経平均株価の算出方法とは?

まずは日経平均株価の基本的な知識から

企業には上場企業と非上場企業があります。上場企業は証券取引所でその企業の株が売買されています。上場企業には資金がたくさん集められるなどのメリットがあり、日本には3.500社以上あります

上場先としては東証一部、東証二部、ジャスダック、マザーズなどがありますが、日経平均株価に関係があるのは東証一部です。東証一部は上場基準が厳しく、純資産、利益などが一定以上である必要があります。

日経平均株価の算出方法

さて、いよいよ算出方法です。日経平均株価は日経225などと呼ばれることがあります。この225とは一体何なのでしょう? それは企業数です。

最も審査の厳しい東証一部、つまり優良であることが多い企業の中から225企業を選び出し、その株価を平均化したものが日経平均株価です。225社の中にはトヨタ、NTT、ソフトバンクグループなど日本を代表する企業が並びますが、その選出方法についてはのちほど解説しますね。

ちなみに一つだけ注意したいことがあります。日経平均株価は225企業の株価の合計を、単純に225で割った平均ではない点です。

どういうことかと言うと、過去の株式分割や併合が考慮されているということです。例えばA社が以前2分割の株式分割を行ったとすると(例えば1株10,000円が2株5,000円)、A社の株価は2倍にして算出します。

こうすることで、分割・併合により日経平均株価が急激に変化しないようにしています。

日経平均株価は何を表す?

過去を振り返れば、日経平均株価の意味が見えてくる

各企業の株が買われれば日経平均株価は上がり、売られれば下がります。それは当然のことなのですが、具体的にどういう時に上がるのか、下がるのか? それを解き明かすために過去を振り返ってみましょう。

高度経済成長で日経平均株価が上昇した1950~60年代

日経平均株価の算出は1950年に始まりました。1950年代は戦後復興で上昇し、さらに高度経済成長真っただ中の1960年代は10年間で9倍以上にも! しかし1973年にはオイルショックがあり大幅に下落しました。

1980年代はバブル到来で日経平均株価は大幅上昇

null
1980年代は、バブル到来で右肩上がり。1980年の始値6,560円から1989年の終値38,915円まで上昇しました。しかし1990年代はバブル崩壊で下落。また2008年にはリーマンショックがあり、この年も大幅下落しました。2012年からはアベノミクス相場と呼ばれ、終値ベースで毎年日経平均株価は上がっています。

つまり日経平均株価は景気の良し悪しを表す

このように、歴史を振り返ってみると日経平均株価は景気を表すひとつの指標と言えることが分かります。景気が良いと投資家たち資産にも余裕ができ、資金が株式へ向かっていきます。そして株価は上がっていきます。

逆に不景気だと投資できる資金が減り、株は売られてしまいます。これが、日経平均株価が上げ下げするメカニズムです。日経平均株価をチェックすれば、今の、そして過去の景気の状態が見えてくるわけです。

日経平均株価は今後の経済の発展性も意味する

日経平均株価が上昇するということは、各企業の株価が上昇していることを意味します。株価が上がると、企業の時価総額も増加します。時価総額とは「株価×株式発行数」です。

これが増えると企業は使える資金が増えて設備投資や人材採用・育成などにあてることができます。そして新しい事業を展開したり、研究開発を進めたりすることで企業のさらなる発展が期待できます。

景気が良くなると株価が上がり、さらに景気に拍車をかけるという好循環が生まれます。

日経平均株価は外的リスクにも左右される

日経平均株価の上げ下げは、長期的な景気だけでなく短期的な外的リスクも表します。最近の例を見てみましょう。

2016年11月9日、米国大統領にトランプ氏が選出されました。その日の株価は、始値17,281円から一時16,111円まで下落しました。トランプ氏の当選により、円高リスクや経済停滞が懸念され、それが日経平均の大幅下落を呼んだわけです。

null

2017年には地政学リスクがありました。北朝鮮がミサイルを飛ばすかもしれない、という観測がされた4月、株価は18,988円から18,224円まで下落しました。いずれのケースも株価はしだいに回復しましたが、海外のリスクや不安材料が日経平均株価に出ていると言えます。

<下に続く>

日経平均株価の225銘柄の企業の選定基準は?

日経平均株価の225銘柄には入れ替えがある

日経平均株価を算出する時には225銘柄が対象になりますが、どのように選定されているでしょうか。過去については諸説ありますので、現在の225銘柄について解説します。

225銘柄は「選定基準」により除外されたり補充されたりしています。例えば2銘柄除外されればその分2銘柄補充される、ということになります。

銘柄の除外や補充は市場での流動性と産業分類間のバランスを考慮の上毎年、年に1回10月の第1営業日に見直すことが定めら決定されます。この他に合併や倒産などの場合はそのつど必要に応じて臨時に銘柄を補充します。

null

日経平均株価の銘柄の選定基準

さて、銘柄を選定するときにまず考慮されるのが流動性です。流動性とは、出来高(売買数量)が十分にあることを言います。過去5年間の売買代金と売買高当たり価格変動率((高値÷安値)÷売買高)で計測されます。

流動性が上位450位までの銘柄を高流動性銘柄群となり、これに属さなくなった銘柄が除外されます。その分、上位75位以内の非採用銘柄から新しい225銘柄が採用されます。

次は高流動性銘柄と、現在の採用銘柄の産業分類別の銘柄数分布を比較します。ある産業の銘柄が多すぎると判断された場合、流動性の低い順に除外され、少ないと判断された産業の中から流動性の高い順に補充します。

また倒産等で臨時の入れ替えが必要となった時は、除外銘柄と同じ産業分類から流動性の高い順に採用することになっています。以上のような方法で日経平均株価の225銘柄は選ばれます。

日経平均とは?が分かったら、今日からさっそく変動をチェック!

日経平均株価は日々、いや平日9時から15時の取引時間中は常に変動しています。

株式投資をしている方はもちろん、していない方も経済の状況を知るためにぜひチェックしてみてください。短期的にも、北朝鮮リスク、海外の経済情勢、国内の選挙、大規模災害などで大きく変動することがあります。

ニュースや新聞で日経平均株価を見て、「あ、やっぱり上がったな!」などと感じることができれば、あなたもちょっとした経済通ですね!

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
Add line
関連記事
おすすめ記事