みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/11/18

死にたくないけど生きたくない、消えたい気持ちとはどう向き合う?

Large pexels photo 91224

死にたくないと思うのは当然

誰もが人生の最後に死を迎えます。誰もが死を恐れるのは当然です。思い病気にかかっている人は、「死にたくない行きたい。」と強く願います。

また、生きるのに疲れ果て、絶望し、「もう死んでしまいたい。」と考える人もいるかもしれません。しかし心の中では「死にたくない。」と考えているのです。

<下に続く>

死にたくないけど消えたいと思うときはある

仕事に失敗した時、恋人に振られた時、大事な人がこの世からいなくなってしまった時、人はこの世から消えてしまいたいと考えたりします。

この世に価値と考えられるものがなくなり、自暴自棄になってしまうのです。

死んだ後どうなるのか、誰も知りません。死後の世界については様々な本がありますが、実際死んで、あの世というものがあるのか、それともただ無になってしまうのか、誰も答えを持っていないのです。

また、死ぬときは苦痛を伴うものです。その苦痛がないまま、消えてしまいたい。つまり、死ぬことが不可解ではあって怖いけれど、それでも消えてしまいたいと、誰もが一度は考えることがあるのです。

<下に続く>

死にたくないけど消えたいと思うときとはどんな場合

null

①仕事が辛いとき

仕事が辛くてたまらない人もたくさんいるかもしれません。「会社を辞めたい。」「もう疲れた。」「仕事が嫌でたまらない。」「死んだ方がマシかも…。」などと考え、仕事に向かう足取りも重くなり、このまま消えてしまえばどんなに楽か、そう考えてしまうのです。

現代は、ストレス社会です。しかも日本という国は、仕事第一主義の国です。有給を取ることすらままなりません。

しかも、日本人は真面目な国民です。辛いから、逃げたいからといって平気で仕事を休む人も少ないかもしれません。生活のことを考えたら、仕事を失うことも怖いことです。

死にたくはないけれど、このまま何もかも投げ出して消えてしまいたい。そう考えてしまうのです。

仕事が辛いと思ったら、転職するのも一つの手

null

ジョブクルは、転職コンシェルジュにチャットで相談できる、転職相談アプリです。

仕事がきっかけで辛い思いをしている方などはプロの転職コンシェルジュに相談してみるのも一つの手かもしれません。

登録いらずで、アプリで簡単にチャット相談ができるので、給与や職業、今の職場で悩んでいる方はぜひご相談してみてください。何か状況が変わるかもしれません。

②恋人に振られたとき

辛い恋愛体験は、ある意味人の心をズタズタに引き裂くことがあります。

恋人が浮気していた、結婚まで考えていたのに、双方の親との兼ね合いがうまくいかず、結果別れることになった、など、恋人と別れる理由は様々でしょう。

どちらにしろ大好きだった人との別れはとても辛いものです。死にたくはないけど、何もかも捨ててもう消えてしまいたい。そう考えてしまうのです。

③辛い病気にかかったとき

体の病気、心の病気、辛い病気にかかってしまったとき、人はあまりの辛さや苦痛で消えてしまいたいと思う時があります。それでもなんとか生きていこうと思うのです。

病気にかかってしまうと、健康のありがたさを実感します。辛い治療や苦しみに耐えるのは、それでも生きていたいと思うからです。

特にガンや完治するのに時間がかかる病にかかったときは、どこに救いを求めたらいいのかわからず、沈み込み、自分の運命を呪います。「死にたくないけど消えてしまいたい。」そう思ってしまうのは仕方のないことかもしれません。

④親しい人が死んだとき

家族や親しい友人が死んでしまったとき、あまりの悲しみと喪失感で、人は心のやり場に困り、消えてしまいたいと感じてしまいます。一緒に住んでいた家族が死んでしまった時など、その喪失感は想像できないほど大きいものです。

母親が来ていた服、父親が座っていた椅子。それらを見るたびに、喪失感は深まります。

⑤恥ずかしい思いをしたとき

もう考えないくらいの恥ずかしい思いをした時、人は死にたいと思わないまでも、消えてしまいたいと思います。

例えば、好きな人の前でオナラをしてしまったとか、大勢の人の前でみっともない転び方をしてしまったとか、人はそういう恥ずかしい思いをするものです。誤魔化そうとしてもどうにもごまかすことができません。穴があったら入りたいというのはまさにこのことでしょう。

こういうことは誰もが経験したことがあるかもしれません。その時は死んでしまいたいくらい恥ずかしいですが、後になってみれば笑い話になるということもあります。

⑥信頼していた人に裏切られたとき

心から信頼していた人に裏切られるということは、とても悲しいことです。悲しいと同時に悔しさ、怒り、いろんな感情があるでしょう。しかし、一番大きな感情は、悲しさです。

自分に何か非があったのか、何が原因なのか、考えてもわからない時があります。相手を責めて、怒りや悲しみから逃れようとしてもなかなかうまくいきません。

相手に対して怒りの感情を持てる人はまだ救いがありますが、心の優しい人ほど自分を責めて、消えてしまいたいと思ってしまいます。

<下に続く>

死にたくない、死を怖いと思うのは当たり前

「死んでしまいたい。」そう考えたことのある人もたくさんいるでしょう。でも、本当に死んでしまうのは怖くてできない。それは当たり前のことです。
なぜなら、死というものは、想像の範疇を超えたものだからです。

死んだ人に話を聞くことはできません。死んだらどうなるのか、死ぬ時はどれほど苦しいのか、誰も知りません。だからこそ、人は死ぬことを恐れるのです。

死後の世界は存在するとか、死の世界というものはなく、人は死ぬと無になってしまうとか、いろいろ言われています。何が真実なのか誰にもわかりません。想像することすらできないのです。

そんな想像することすらまったくできない死というものを、恐れない人がいるでしょうか?例えば自殺をする人は、現実から逃れようとして死を選びます。その失望というものがどれほど大きなものなのかは想像することはできませんが、それでも死を目前にして、怖いという感覚は必ずあるはずです。

死ぬのが怖いと思うのは当然?理由は?死の恐怖は克服できる?自分がこの世の中から消えると考えた時に、全く怖くない人は死をどうイメージしているのでしょうか?...

<下に続く>

死にたいけど生きたくない、消えたいと思う気持ちとどう向き合う

null

向き合い方①今までの人生を考える

生きていたくないと考えるとき、人は今が最悪であると考えています。これ以上辛いことはないはずだし、こんな辛い思いをするくらいなら消えてしまいたいと考えるのです。しかし、本当にそうでしょうか。

人は誰でも辛いことと向き合って生きています。楽しいことばかりではないはずです。今まで生きてきたのは、その辛いことを乗り切って生きてきたからこそ、と考えるのです。失敗や不幸が続いてこんな人生なんて投げ出してしまいたいと考えるのではなく、誰もが最悪を乗り切って生きてきているのだ、自分だけではないのだ、と考えましょう。

人間は逆境を撥ね退ける力を持っています。踏まれても蹴られても、生き抜く力を誰もが持っているのです。今までの人生を考え、どれだけ今まで生き抜いてきたのかを考えることによって力も湧いてくるのです。

向き合い方②やり残していることを紙に書く

消えてしまいたい、生きていたくないと考えた時は、自分がまだやっていないやりたいことを紙に書いてみましょう。些細なことでも大きなことでも構いません。まだまだやり残したことが、たくさんあるはずです。

やりたいことがまだあるということは、まだ人生に希望があるということです。これから先、それをやり遂げることも、楽しむこともできる可能性があるのです。

死にたい、消えたいと思う原因は、もしかしたら、たった1つのことが心に重くのしかかっているからかもしれません。たった1つのことに心を煩わせているより、まだやっていないことやり残したことの方が多いはずです。そのことに向き合うことによって、生きる希望も湧いてくるはずです。

向き合い方③肩の力を抜いて楽になる

大きな絶望は、どこからやってくるのかを考えてみましょう。死にたい、生きていたくないという気持ちが大きいということは、絶望感がそれほど大きいということです。逆に考えれば、それほど何かに強い思いを抱いていた、ということになります。反動が大きすぎて絶望感が大きくなってしまったのです。

例えば、恋人に対して強い思いを抱きすぎていた、仕事を頑張りすぎていた、など思いが強すぎたり頑張りすぎていたからなのです。

何事にも一生懸命なことはとても良いことですが、時には深呼吸をして、少し立ち止まってみることも大事なことです。そして、自分を客観視して眺めてみましょう。肩の力を抜いて、柔軟な感情を心がけるのです。そうすることで、気持ちも軽くなるはずです。

向き合い方④他人と比較しない

自分と他人とを比べることほど愚かなことはありません。世の中には何億人もの人間が生きています。その一人一人が、それぞれの人生を生きているのです。

その日に食べる物もない貧しい人もいれば、使いきれないお金を持っている大金持ちもいるでしょう。自分は未だにアルバイトで、同じ年の友達でバリバリ会社で働いている人もいるかもしれません。しかし、だからといってそこで人間の優劣をつけることは意味がありません。

大切なことは、自分が自分の人生に何を見出しているかです。お金がすべてではないし、結婚がすべてではありません。お金はなくても大切な人がそばにいればそれでいいのです。結婚していなくても、打ち込める趣味があって恋人がいて、それでいいのです。

多くを望んでいては、結果的に何ひとつ手にできないこともあります。何もかもを手に入れることのできる人は一握りの人間です。人生の中で達成感を得るためには、小さな幸せを大事にし、誰の人生とも比べることのできないオリジナルの自分の人生を見つけることなのです。

向き合い方⑤自分の優れてるところを思い出す

生きていたくない、消えてしまいたいと思うときは、自分に自信をなくし、新しいことに挑戦しようとしていても、今一歩、前に踏み出せないときです。自分という存在に価値を見出すことができず、自分の殻に閉じこもり、先に進めずにいるのです。

どんな人間にも長所というものはあります。消えてしまいたいと思っているときは、自分の短所にだけしか目が向いていないのです。また、気持ちが弱っているせいで、失敗をやる前から恐れていたり、最初から「自分には無理に決まっている。」と決めつけて諦めているのです。

時には根拠のない自信を持つことも大事なのです。自信は力になります。自分が想像していないような力を発揮することが時にはあるのです。自分の優れているところを、どんな些細なことでもいいからメモに書き出し、じっくりとそれと向かい合ったみましょう。先に進む指針になるかもしれません。

<下に続く>

死にたくないけど生きたくない、消えたい気持ちとはどう向き合う?のまとめ

null

誰にでも死んでしまいたいと思う時があります。死にたいとまでは思わなくても、この世から消えてしまいたいと思うことは、たいていの人が感じたことのある感情でしょう。

しかし、死んでしまっては後戻りすることはできません。生きていればいくらでもやり直すことができるのです。最悪のことは人生につきものです。それを乗り越える力は、誰もが持っているのです。

自分を小さな場所に追い込み、責めるのはやめて、今自分が出来ることを考えてみましょう。肩の力を抜き、自分の優れているところに注目するのです。
そこから一歩踏み出すことによって、人生は大きく変わる可能性もあるのです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line