みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/11/18

都道府県別の平均年収ランキング!年収が高い地域と低い地域の特徴や差!

Large pexels photo 54539  1
目次

都道府県別の平均年収ランキングを紹介

商社マン年収

皆様は年収でいくら受け取っていますか。
金銭の話になると、誰がいくら受け取っているのか、非常に気になる話題です。
「気になるけれど、聞いてまで知りたくない。」と思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな気になるの皆様の年収を、都道府県別の平均年収ランキングとしてご紹介いたします。
又、平均年収が高い都道府県と低い都道府県の違いについても解説いたします。

<下に続く>

都道府県別平均年収ランキング

平成28年の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」を実施した結果、以下の通りでした。

1位  東京都  605.9万円
2位  神奈川県  544.2万円
3位  愛知県  536.2万円
4位  大阪府  526.5万円
5位  茨城県  502.7万円
6位  京都府  494.1万円
7位  滋賀県  491.8万円
8位  三重県  488.3万円
9位  兵庫県  484.8万円
10位  栃木県  475.9万円
11位 千葉県  473.1万円
12位 静岡県  472.4万円
13位 奈良県  467.5万円
14位 広島県  464.6万円
15位 山梨県  461.2万円
16位 群馬県  460.6万円
17位 岐阜県  456.1万円
18位 宮城県  455.4万円
19位 富山県  451.8万円
20位 長野県  449.2万円
21位 岡山県  448.1万円
22位 山口県  443.8万円
23位 埼玉県  443.2万円
24位 福岡県  437.1万円
25位 石川県  435.3万円
26位 和歌山県  435.2万円
27位 香川県  433.8万円
28位 徳島県  432.5万円
29位 福井県  430.2万円
30位 北海道  417.2万円
31位 愛媛県  414.7万円
32位 福島県  410.8万円
33位 新潟県  408.7万円
34位 大分県  398.3万円
35位 長崎県  397.3万円
36位 島根県  397.1万円
37位 高知県  396.3万円
38位 熊本県  394.7万円
39位 佐賀県  389.4万円
40位 鳥取県  384.9万円
41位 鹿児島県  384.4万円
42位 山形県  371.4万円
43位 秋田県  370.9万円
44位 宮崎県  367.8万円
45位 青森県  365.4万円
46位 岩手県  362.1万円
47位 沖縄県  349.8万円

上記をご覧いただくと分かるように、都心部が高く、地方は低い平均年収であることが分かります。
このような差がある平均年収が高い都道府県と低い都道府県には、どのような違いがあるのでしょうか。
平均年収が高い都道府県の特徴、平均年収が低い都道府県の特徴、其々の特徴についてを解き明かしてまいります。

<下に続く>

平均年収が高い都道府県の特徴とは?

東京

平均年収が高い都道府県では、どのような特徴があるのでしょうか。
上位の都道府県の特徴を見てまいります。

特徴:その1 一人あたりの給与取得額が高い

一番の特徴は勤めている人が月々に受け取る給与額が高いことです。
都心部や上位に入っている都道府県には、大手上場企業があり、大変栄えています。
大手上場企業が栄える為には、それを運営する人間が必要です。
その為、求人を多く出します。
求人を出す企業は1社ではありませんので、そこで競争が発生します。
一人でも多く優秀な人材を確保したい企業側としては、少しでも他社より高額な給与設定をし、応募者を集うのです。
このような要素もあり、初年給から300万円越えという人も多くいる為、一人あたりの給与取得額が高くなるのです。
 

特徴:その2 店が多い

スーパーやコンビニといった小売業、服や靴といったアパレル業、レストランやバーといった飲食業等の店が、都心には沢山あります。
隣り合わせや向かい合わせでコンビニがあるという光景も珍しくはありません。
大手企業に勤める人はもちろんのこと、地方の人も数多く利用します。
日本以外の海外の人も観光で訪れる為、人工は必然的に増え、それに比例して店も増えるのです。

特徴:その3 駐車場が狭い

平均年収が高い都道府県では、限られた場所に所狭しと様々な店やビルが並んでいる為、車を止めるスペースが非常に少ないです。
店周辺を走りやっと見つけたパーキングでも、ビルや店等の建物の間に設置されている為狭く、3台~6台しか停めることができないところが数多くあります。
数歩先にもパーキングがあるというところも場所によってはありますが、やはり数台しか停められません。
その為、路上も利用出来るよう、コインパーキングが設置されています。それでも満車で停められないことは多々あります。
入口が狭いところは需要が少ないので、空いている場合が大いにあります。
運転に自信のある方は、少し離れた狭いところに停めて歩くことをおすすめします。

特徴:その4 駅が多い

都心部では、車を利用する人以外にも、電車やバスを利用する人も多数おります。
都心の駅の区間は2分~5分と短く、歩いても行ける距離でも電車が通っています。
人通りが激しい都心では、自転車や徒歩で移動するよりも、電車を利用して移動した方がスムーズに目的地に着きます。
行きたいと思う繁華街やビルが駅の目の前にありますので、観光客やショッピング客が多く利用しています。
又、ホームから線路に落ちないようにと、ホームと線路の間にパーティションを立て、電車入口が開くと同時にパーティションの入口部分も開くという駅も多くなりました。
様々な年齢層が利用する駅ですので、事故防止パーティションがあることでとても安心して利用することができます。
このような要素もあってなのか、人混みに紛れて動くよりも電車を利用する人が増加しているようです。

特徴:その5 家賃が高い

人が多く集まる都心では、地方と比べると土地の値段が高いです。
土地の値段が高いので、必然的に固定資産税等の税金も高くなります。
その為、地方では家賃4万円程の物件でも、都心では家賃10万円以上というのも珍しい話ではありません。
駅付近や、スーパー、百貨店、コンビニ等の近辺になると、立地条件が良い物件ということで、価格が跳ね上がります。
ですが、元々給与基準が高い地域ですので、問題なく住むことが可能なのです。
上京したての学生や新社会人には、とても厳しい現実かもしれません。

<下に続く>

平均年収が低い都道府県の特徴

海を見つめる老人

平均年収が高い都道府県とは逆に、低い都道府県ではとのような特徴があるのでしょうか。
平均年収が高い都道府県と比較をしてみます。

特徴:その1 一人あたりの県民取得額が低い

平均年収が低い都道府県では、小中企業も含めた企業が少なく、独自に運営している人が多いのが特徴です。
個人事業主となる為、収入の上限が決まっており、一定額で止まってしまいます。
大手企業に売込みに行ったとしても、働いているのは自分とその家族だけなので、人材が少なく、物理的な面でも対応が追いつかないのが現実です。
無理をしてしまうと身体を壊してしまい、一切収入がないというのも珍しい話ではありません。
その為、一人ひとりの取得額が低くなるというのは頷ける結果です。
 

特徴:その2 店が少ない

地方ではスーパーやコンビニといった小売業、服や靴といったアパレル業、レストランやバーといった飲食業等の店は、街の中心部にあったり、観光地にあるのみで、都心と比べると非常に少ないです。
街の中心部や観光地付近に住んでいる人であれば、楽に済ませる買い物も、中心部から少し離れた場所に住んでいる人は、車を利用しないと行けない距離ですので、とても不便です。
その為、一週間もしくは、一ヶ月に必要な物をまとめて購入する人が多いので、頻繁に利用客がいる都心と比べて、利用者は激減します。
利用客が減ると、店の売上が下がり、営業ができなくなってしまいます。
新しく出来た店でも、利用客が頻繁に見込める場所でないと、すぐに営業停止になってしまう可能性が大きいです。
個人経営をしている人が多数な為、仲間内で売り買いをしていることが多いので、本当に必要になった時以外は、店に行くことはしません。
その為、徐々に利用者も減り、店も減っていくのです。

特徴:その3 駐車場が広い

都心部に比べて、地方は土地が余っているので、駐車スペースがとても広いです。
10台以上停めることの出来るパーキングが多数あります。
駅周辺やショッピングモール内は特に広いです。
建物と建物の距離が非常に長い地方にとって、車は移動手段として必要不可欠。
一家に一台ではなく、一人一台所有している家庭も珍しくありません。
その為、賃貸物件でも、一家に最低二台は停められるよう、駐車スペースを設けている物件が数多くあります。

特徴:その4 駅が少ない

地方では、田んぼや畑が多い為、車移動が主になり、電車やバスを使うことはほとんどありません。
場所によっては、電車もバスもないという都道府県もあります。
上京して、電車が通っていることに驚いたという人も多くいる程です。
電車が通っている都道府県でも、駅と駅の区間が最低でも10分~20分と長いのも特徴的です。
一駅で隣町もしくは、隣の県に行く感覚です。
都心にはあった駅ビルもコンビニも都道府県によってはないところもあります。
殺風景な駅はそれだけではなく、駅員さんもいない無人駅という場所も数多くあります。

特徴:その5 家賃が低い

地方では、元々の土地単価が安い為、固定資産税等の税金も安く納めることができます。
その為、家賃が月々2万円、3万円、4万円という物件は多くあります。
都心では、駅周辺やショッピングモール周辺で価格が上がっていましたが、地方では、そこまで驚くほどの価格の変動はありません。
どの場所でもどの物件でも、築年数と広さと条件で価格が変動するのです。
又、人口が年々減っているのも事実です。
その為、町内に留まらせる為に、価格を低額に設定し、住みやすいようにしています。
交渉次第では更に安い価格で住むことができます。

<下に続く>

平均年収が高い都道府県と低い都道府県の差とは?

null

各々の特徴をご覧いただくと分かる通り、其々、理由があり、特徴があるからこそ、このような結果であることがご理解いただけたかと思います。
平均年収が高い都道府県と低い都道府県とでは、具体的にはどれだけの差があるのでしょうか。

平成28年に実施した厚生労働省「賃金構造基本統計調査」の平均年収結果を元に月給を割り出したところ、1位の東京都では50.5万円、47位の沖縄県では29.2万円という結果が出ました。
その差は21.3万円。
平均年収が低い都道府県の倍の給与を高い都道府県はいたただいているということになります。
これはすごい差です。
平均年収が低い都道府県では人が少なくて人手が足りず、高い都道府県では人が多くて有り余っているというの差が、圧倒的な価格の差に比例しているのではないでしょうか。
上京の逆で地方へ行く人が今後増えるようであれば、少しは改善されるのかもしれません。
もし、平均年収が低い都道府県にお住まいでしたら、地域復興の協力を見直してみてはいかがでしょうか。

平均年収ランキング【国内企業TOP10・職業・都道府県・世界の国別】平均年収ランキングを紹介 あらゆる角度から、平均年収ランキングを調べてみました。 企業としての...

<下に続く>

平均年収が高い都道府県と低い都道府県を比較して

まとめ

平均年収の高い都道府県と低い都道府県の特徴をお話しながら比較をさせていただきましたが、皆様のお住まいの都道府県はいかがでしたか。
このように見ていきますと、平均年収が高い都道府県と低い都道府県とでは、様々な面から格差があり、正反対であることが分かりました。
今現在、地域復興運動をしている都道府県も数多くありますが、皆様一人ひとりが気付き、協力しなければ、この差は更に大きく広がっていくでしょう。
低い都道府県の水準が上がったとしても、同時に高い都道府県の水準も上がるので、差を縮めることは難しいのかもしれません。
ですが、努力の積み重ねることでその差は縮まるかもしれません。
地方では、後継ぎがいないと問題になっています。
このような地域の一つひとつの問題を一つひとつ解決することによって、水準は上がっていくのではないでしょうか。
これを読んで、少しでも今住んでいる都道府県に興味を持っていただけたら幸いです。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line